MENU
ローンって? 審査って? 金利って?

利用限度額
金利(年率)
審査スピード
融資スピード
こだわり
職業    
   


低金利で借りられるカードローン今日借り入れしたい方へ即日融資可能

 

 

比較で選ぶ

アコム

3.0%〜18.0%
 

1万〜800万円
 

最短1時間
 

50万円まで不要(*1)

利用者数No.1の安心感!来店不要!
・3項目の入力でお借入れ可能かわかる3秒診断
収入証明書:50万円まで不要(*1)
・ネットや提携ATMから24時間お借入・ご返済可能(*2)
最短30分で審査完了

プロミス

4.5%〜17.8%

1万〜500万円

最短1時間

50万円まで不要

最短1時間融資可能!来店不要!
収入証明書:借入れ50万円まで不要
初めての方は30日間利息ゼロ(*1)
24時間いつでもお申込み可能
・3項目入力で簡単3秒診断
・最短10秒で銀行口座に振り込みされる素早い借入方法「瞬フリ」(*2)

アイフル

3.0%〜18.0%

800万円

最短1時間

50万円まで不要

最短1時間融資可能!来店不要!
・自動審査あり
・3ステップで申込み完了
優先審査のサービスあり

SMBCモビット
モビット
3.0%〜18.0%

1万〜800万円

最短即日

必要

WEB完結申込あり!来店不要!
・10秒で簡易審査結果表示
・WEB完結なら電話連絡・郵送物なしでお申込みもご利用もネットのみ
 (PC・スマートフォンからも申込み可能)
・申込の曜日や時間帯によっては、融資が翌日以降の取扱と
 なる場合があります。
・安定した収入があれば申込可能

レイクALSA

4.5%〜18.0%
 

500万円
 

最短即日融資
 

限度額50万円を
超える場合は必要

・初回利用の場合、5万円まで180日間または借入全額60日間の
 2つの選べる特典あり!(*1)
・審査結果のお知らせ時間内なら、申込後画面で審査結果を確認できる
・来店不要で申込可能

■各カードローンの注意点■
アコム
※1 お借入れ総額により収入証明書が必要
※2 提携CD・ATMの詳細についてはアコムのホームページでご確認ください。
プロミス
※1 メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要
※2 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座の登録が必要

利用限度額
金利(年率)
審査スピード
融資スピード
こだわり





 

職業



 
 


比較で選ぶ

 

お急ぎの方向け【土日祝OK】即日融資

アコム

 


3.0%〜18.0%

1万〜800万円

最短1時間

土日祝でも審査可能!来店不要!
24時間いつでもお申込み可能
・3項目の入力でお借入れ可能かわかる3秒診断
収入証明書:借入れ50万円まで不要(*1)
最短30分で審査完了!
・ネットや提携ATMから24時間お借入・ご返済可能(*2)

 

プロミス

 


4.5%〜17.8%

1万〜500万円

最短1時間

土日祝でも審査可能!来店不要!
24時間いつでもお申込み可能
最短1時間融資可能!
収入証明書:借入れ50万円まで不要
・3項目入力で簡単3秒診断
初めての方は30日間利息ゼロ(*1)
・最短10秒で銀行口座に振り込みされる
 素早い借入方法「瞬フリ」(*2)

 

SMBCモビット

 

モビット


3.0%〜18.0%

1万〜800万円

最短即日

土日祝でも審査可能!来店不要!
24時間いつでもお申込み可能
10秒で簡易審査結果表示
収入証明書:必要
・WEB完結なら電話連絡・郵送物なしでお申込みもご利用も
 ネットのみ(PC・スマートフォンからも申込み可能)
・安定した収入があれば申込可能
・申込の曜日や時間帯によっては、融資が
 翌日以降の取扱となる場合があります。

 

アイフル

 


3.0%〜18.0%

800万円

最短1時間

土日祝でも審査可能!来店不要!
24時間いつでもお申込み可能
最短1時間融資可能!
収入証明書:借入れ50万円まで不要
・自動審査あり
・3ステップで申込み完了
優先審査のサービスあり

 

■各カードローンの注意点■
アコム
※1 お借入れ総額により収入証明書が必要
※2 提携CD・ATMの詳細についてはアコムの
 ホームページでご確認ください。
プロミス
※1 メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要
※2 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座の登録が必要

今日借り入れしたい方へ即日融資可能

お金にまつわるコラム

 

昨年2018年に、厚生労働省がおよそ6000世帯を対象に、所得と生活意識に関する調査を行ったところ「生活が苦しい」と感じている世帯は57.7%にのぼりました。

 

所得が平均を下回る世帯は全体の62.4%と、過去最多となっています。お給料は上がることが無く据え置き傾向が強く、生活費が足りないという方が増えています。

 

消費者金融利用者の借り入れ理由も、3割以上の方が「生活費・教育費の不足」が理由で利用しているというデータがあります。

 

キャッシングやカードローンは「借金」という重く暗いイメージはありますが、どうしても必要なお金を用意しないといけないという場合の強い味方でもあります。

 

家族や友人などにお金を借りるのは、人間関係にヒビが入る恐れもあり避けて通りたいところですし、そもそもお金が無い事を知られたくないという方も多いでしょう。

 

無計画に闇雲に多額を借りるというのは問題がありますが、返済計画をキチンと立てた上で必要最低限のお金をカードローンで借りるというのは、今の時代ではもはや当たり前になりつつあるのかもしれません。