MENU

アコムで10万円借りた場合の利息と返済額

考える男女

 

「アコムで10万円借りたら、いくら返済しないといけないの?」
「利息の計算ってよくわからないなぁ」
とお悩みではないですか?

 

確かに金利は年〇%というような書き方をされているので、実際にいくら返済しないといけないのかわかりにくいですよね。
よくわからずに使い始めて、テキトウに使っているとなかなか返済が終わらないなんて事態にもなりかねません。

 

でも、申込をする前に正しい知識を身に着けておけば怖いことはありません。
アコムは業界では最大手の消費者金融ですし、お金を借りたい人にとって、とても頼りになる会社です。

 

ここではアコムで借入する前に知っておくべきことや、実際に10万円を借りた場合の利息、申込から返済までの流れについて詳しく説明しますね。

 

アコムで10万円借りる前に確認したい4つの特徴

4を指で示す女性

 

まずはアコムに申込をする前に、特徴を把握しておきましょう。
これらを知らずに、「借りた後は決められた通りに返せばいいんでしょ」と甘く見ていると損をしてしまいますよ。
最低限のポイントは押さえておいてくださいね。

 

  • 金利は年18%が適用される
  • 契約日の翌日から30日間は無利息で借りられる
  • 即日融資に対応
  • 楽天銀行口座があれば、ほぼ24時間借入可能

 

【アコムの特徴】
1. 金利は年18%が適用される

アコムのホームページを見ると、金利は年3.0〜18%と記載されています。
かなり範囲が広いけど、いったい何パーセントが適用されるの?と疑問に思いますよね。

 

金利は審査の結果や借入限度額に応じて異なりますが、10万円くらいの少額の場合は、18%が適用されると思って間違いありません。

 

これは、アコムの金利が特別高いわけでも低いわけでもありません。
多くの消費者金融が最高で18%の金利を適用させています。

 

【アコムの特徴】
2. 契約日の翌日から30日間は無利息で借りられる

消費者金融の金利が年18%なのに比べると、銀行カードローンは多くが15%未満に設定されており、一見そちらの方がオトクなように見えます。
しかし、アコムでは契約日の翌日から30日間は無利息で借入ができるという特典があります。

 

短期間で返済を済ませられる人は銀行カードローンを利用するよりもオトクに借りられますね。

 

【アコムの特徴】
3. 即日融資に対応

お金を借りたい時というのは急いでいることが多いですよね。
アコムは申込をしたその日に借入ができる即日融資で借入ができます。

 

カードローンを選ぶポイントは、金利だけではなく、便利に使えるというのも重要なポイントです。

 

【アコムの特徴】
4. 楽天銀行口座があれば、ほぼ24時間借入可能

アコムではATMでの借入だけでなく、銀行口座への振込で借入をすることもできます。
しかし、通常は金融機関の営業時間内に手続きを済ませなければ、その日のうちに口座に反映されません。

 

しかし、もしあなたが楽天銀行の口座を持っていれば、ほぼ24時間借入が可能です。
忙しくてATMまで行く時間がないという人でも便利に使うことができますね。

 

アコムから10万円借りた場合の利息と返済総額

電卓

 

アコムの特徴を一通り確認してきましたが、実際に返済金額がいくらになるかが気になりますよね。
ここからはアコムで10万円を年18%で借りる場合、利息がいくらになるのかを説明していきます。

 

年18%の利息は日割りで毎日加算される

年18%の金利というのは、1年間借入した場合に18%の利息が加算されるという意味です。
10万円を18%の金利で借りた場合の金額は、次の計算でわかります。

10万円×18%=18,000円

 

しかし、この金額は1年に1度に加算されるのではなく、毎日日割りで加算されます。
つまり、18,000円を365日(うるう年なら366日)で割った金額が毎日増えていくということです。

18,000円÷365=49.3円

 

10万円を借りて、返済が一度も行われていない状態では、1日あたり49.3円ずつ加算されていることになります。

 

1ヵ月あたりの利息は次の通りです。

49.3円×30日=1,479円

 

初月は30日間の無利息期間がありますが、最初は約1500円の利息が発生すると思っていてください。

 

月ごとの最低返済額は5,000円

 

次に、どれくらいのペースで返済していくか説明しますね。
アコムへ毎月返済する最低限の金額は、次の計算式で算出できます。

 

借入限度額 返済金額
30万円以下 借入残高×4.2%%
30万円超100万円以下 借入残高×3.0%
100万円超 借入残高×3.0%

借入残高×2.5%
借入残高×2.0%
借入残高×1.5%

※1000円未満は切上げです。

 

例えば、あなたの利用限度額が20万円で、10万円の借入残高があった場合

10万円×4.2%=4,200円

 

4200円の1,000円未満を切り上げるので5,000円が毎月返済する最低限の金額です。
5000円であれば無理なく返済できると思いますよね?

 

しかし、このうちの1,479円は利息の支払にあてられるということを忘れてはいけません。
5000円のうち、元金の返済にあてられるのは、残りの3,521円だけなのです。

 

月々の返済額を多くすれば支払総額は少なくなる

つまり、元金を早く返し、支払総額を少なくするためには、月々の返済金額を可能な限り多くする必要があります。
では、いくら払えばどれくらい総額がへるのでしょうか。次の表を参考にしてください。

 

月々返済額 支払月数 支払総額
5,000円 24ヶ月 119,772円
6,000円 20ヶ月 115,930円
8,000円 14ヶ月 111,565円
10,000円 11ヶ月 109,158円
20,000円 6ヶ月 104,750円
30,000円 4ヶ月 103,408円

※アコム公式サイトの返済シミュレーションで算出した数値です。
※無利息期間は計算に含まれていません。

 

最低限の5,000円だけを毎月返済し続けた場合、元金の10万円とは別に19,772円も多く支払わなくてはいけません。

 

しかし毎月たった1,000円多く返済するだけで、4ヵ月も早く返済を終えることができるのです。
当然、返済する金額が多くなればなるほど、支払月数と総額は少なくなっていきます。

 

毎月3万円返済するのは大変ですが、少なくとも10,000円は返済できるよう節約してみましょう。

 

アコムをムダなくオトクに利用する全手順

指さす女性

 

返済の計画を立てることはできましたか?
ここからは、実際にアコムに申し込みをする手順を具体的に説明していきますね。
アコムの利用は次のような順にすすんでいきます。

 

アコム流れ

 

申込から返済までの流れは、様々な方法があります。
しかし、やり方次第では手間や時間がかかってしまったり、オトクに利用できないこともあります。

 

ここでは、一番早く、便利に、オトクに利用できる方法で進めていきますね。

 

無利息期間を考慮して申込する

準備ができたら、早速申込を開始したいところですが、お金が必要な日まで日にちがあるようなら、今すぐに申込するのはオススメできません。
なぜなら、30日の無利息期間を考慮しなければいけないからです。

 

アコムの無利息期間は借入をした日からスタートするのではなく、契約をした次の日から始まります。
つまり契約後に何もせずに放っておくと、せっかくの無利息期間がムダに消費されてしまうのです。

 

申込をするベストなタイミングは、お金が必要な日の前日です。
余裕を持って午前中に申込を済ませておけば、契約が間に合わないということを回避できますね。

 

申込はインターネットで

申込方法は、インターネットがオススメです。
申込は他にも、電話、自動契約機(店舗)、郵送でもすることができます。

 

しかし、電話の場合はあなたの名前の漢字の表記などを口で説明しなければいけませんし、申込の途中で中断することもできません。

 

自動契約機や店舗に行けば、その場で申込から契約をすることもできますが、審査の間その場から離れることもできないので、ムダな待ち時間ができてしまいます。
郵送での申込は、ポストへの投函や郵送のやりとりがあるので、時間も手間もかかってしまいますね。

 

インターネットでの申込であれば、スマホやPCで空き時間を使ってサッと申込が完了します。
ネットの操作に慣れていない人でも、アコムの申込サイトを開いて、申込フォームに入力をするだけで完了するので、難しいことはありませんよ。

 

入力内容は、あなたの基本的な情報以外にも、職場の情報や、他社からの借入状況なども入力する必要がありますので、あらかじめ調べておきましょう。

 

アコムのスマホアプリで必要書類をアップロードする

スマホを操作する手

 

申込が完了したら、次は必要書類を提出します。
借入限度額が高額でなければ、必要な書類は本人確認書類だけです。
運転免許証が一番望ましいのですが、持っていない人は個人番号カードや健康保険証でも大丈夫です。

 

ただし、健康保険証の場合は顔写真が入っていないため、追加でもう一つ書類が必要です。
住民票、公共料金の領収書、納税証明書のいずれかを提出しましょう。

 

提出方法については申込完了時に届くメールにリンクが記載されています。
そこにアクセスすると、必要書類の提出方法を選択する画面が表示されます。

 

  • アプリ・アップロード
  • FAX
  • 郵送
  • 店舗・むじんくん

 

スマホアプリでのアップロードが一番手軽です。
アコムのアプリをダウンロードして、本人確認書類を撮影し、そのままアップロードしましょう。

 

審査の間に在籍確認の電話が職場にかかってくる

本人確認書類の提出が完了したら、審査が行われます。
審査の過程で心の準備が必要なのが、在籍確認の電話です。
これは、申込時に入力した勤め先に、あなたが本当に所属しているかを確認するためのものです。

 

アコムから職場に電話がかかってくるのですが、慌てる必要はありません。
もし他の人が出たとしても「アコムです」とは名乗らずに、担当者の個人名でかかってきます。

 

また、あなたが席を外していても、会社の人が「〇〇は席を外しております」と答えてくれれば、在籍確認は完了です。

 

カードローンについて一切触れることはありませんので安心です。

 

審査結果が出たら引き続きネットで契約

審査が完了し、無事通過していれば、次は契約手続きです。
契約は引き続きインターネットで行うことができます。
確認事項を読み、同意をすれば手続き完了です。

 

カードの受け取りは店頭窓口か自動契約機(むじんくん)で

契約が完了しても、カードの受け取りをしないとATMで借入することができません。
郵送で届けてもらうことも可能ですが、届くまでに時間がかかります。
店頭窓口か、自動契約機の「むじんくん」まで行けば、即発行してもらえますよ。

 

借入方法は振込かATMで

借入方法はカードを使ってATMで借りるか、あなたの口座への振込で借りる方法があります。

 

店舗やむじんくんに併設されているATMなら手数料無料

ATMのイラスト

ATMは全国のコンビニに設置してあるATMでも利用できますが、手数料がかかります。

アコムの店舗やむじんくんに併設されているアコムのATMを利用すれば、手数料無料で借入ができるので、カード受け取りの際に借入しておくとスムーズですね。

会員ページにログインすれば振込で借入できる

ログインするイラスト

銀行口座への振込は、アコムの会員ページにログインをすると利用することができます。

ただし、通常の銀行は平日の14:30まで、ゆうちょ銀行の場合は14:00までに手続きを完了させないと当日中に口座に反映されません。

 

もし楽天銀行の口座を持っていれば、ほぼ24時間、1分以内に借入ができるので便利ですよ。

 

返済は35日ごと。インターネットバンキングでの返済なら手数料無料

返済期日は、毎月固定の日付を選ぶか、35日ごとに返済をするか、どちらかを選ぶことになります。
毎月固定の日付を選んだ方が忘れずに済みそうですが、30日間無利息の特典を適用させるためには、返済は35日ごとにしなくてはいけません。

 

35日ごとだと、次の返済日を忘れてしまいそうですが、心配はいりません。
「返済をしたら、次の返済日は35日後までに返済」というルールなので、次の返済が早まる分には問題がないのです。
毎月給料日か、その次の日に返済を固定し、予め決めておいた金額を返済しましょう。

 

返済方法は、ATMを利用すると手数料がかかります。
あなたが利用しているインターネットバンキングを利用すれば手数料が無料ですし、手間もかからないのでオススメです。

 


 

アコムへの最終的な支払金額は、返済が早ければ早いほど少なくて済みます。
毎月の返済額をできるだけ多くするのに加えて、ボーナスなどの臨時収入があれば、できるだけ前倒しで返済することをおすすめします。

 

カードローンの利息は計算方法さえわかれば怖くはありません。
事前に借入と返済の計画をしっかり立てて、無理のない範囲でアコムから借入してくださいね。

 

>>アコムの詳細、お申込みはこちら