MENU

アイフルは派遣社員でも申し込み可能?

派遣社員の女性

 

一昔前と比べて、消費者金融も身近な存在になりました。
それでも、やはり、まだまだ疑問点は多いようです。

 

その一つが、派遣社員でも利用できるのか?ということです。
結論から言うと、派遣社員の人でも申し込み条件に適っていれば利用できます。

 

では、派遣社員の人が消費者金融を利用する際に気を付けたいポイントを押さえていきましょう。
ここでは、アイフルを例にとって検証していきます。

 

派遣社員でもアイフルの申し込みは可能!

派遣社員でも申し込みOK

 

基本的に、派遣社員だからアイフルを利用できないということはありません。
それでも、全ての派遣社員の人が審査に通るわけでないのです。

 

アイフルの申し込み条件から、派遣社員でも条件によって審査に通りやすいパターンと、通りにくいパターンがあるということを押さえておきましょう。

 

アイフルの申し込み条件

アイフルを利用する場合、まずは審査に通らなければなりません。

 

申し込みを行なう際に最低条件があります。
一つ目は年齢で、満20歳以上69歳までという条件があります。

 

もう一つの条件が、仕事をしていることです。
安定した収入があれば、申し込みは可能です。

 

ですから正社員でなくても、派遣社員やアルバイト、フリーターなど、毎月定期的に収入がある人は申し込むことができます。

 

短期契約の派遣社員は難しい

同じ派遣社員であっても、短期契約の場合は話が少し変わってきます。
アイフルの申込条件の一つに、「定期的な収入と返済能力があること」というものがあります。
長期契約の派遣社員であれば、定期的に安定した収入が発生するので問題はありません。

 

しかし短期契約の派遣社員となると、安定した収入が続くわけではないため、必ず返済できるという確信が得られません。

 

ですから短期の派遣社員の場合は、申し込めたとしても審査に通る可能性は低くなってしまいます。

 

派遣社員でもアイフルの審査に通りやすいポイント

ポイント

 

派遣社員であっても、ポイントを押さえておけば審査に通りやすくなります。
派遣社員が審査に通りやすくなるポイントを押さえておきましょう。

 

【派遣社員でも審査に通りやすいポイント】
1.派遣元への登録期間、勤続年数が長い

審査に通りやすくなるポイントの一つは勤務年数です。
会社員であれば会社への連続勤務年数、派遣社員であれば派遣先への登録年数が重要なポイントになります。

 

勤続年数が短いと、どうしても職を転々としているというイメージを受けます。
そうなると、今職についていたとしても、またその職を失って収入が無くなるかもしれないと考えられてしまいます。

 

収入が無くなると、当然返済能力が無くなり、返済が滞る可能性も出てきます。
そう考えると、どうしても勤続年数が長い方が有利ということになります。

 

【派遣社員でも審査に通りやすいポイント】
2.年収が多い

 

審査に通りやすくなるもう一つのポイントは、収入です。
派遣社員と言っても技術職のように収入が高い場合は、それだけ返済能力が高いと見込まれますので、当然審査にも通りやすくなります。

 

【派遣社員でも審査に通りやすいポイント】
3.他社からの借入数や借入金額が少ない

 

他者からの借り入れがあるかどうかも、大きなポイントになります。
アイフル一社であれば問題ありませんが、他のところでもすでに借り入れがある場合は、どうしても返済能力が低いとみられがちになります。

 

アイフルで借入を希望する場合は、まず他社の借り入れをすべて返済し、その後アイフルに融資の申し込みを行なうようにしてください。

 

派遣社員は在籍確認に注意が必要

在籍確認

 

融資を受ける場合には、必ず審査が行われます。
そしてその中で、在籍確認が行われます。
これは会社員であろうが派遣社員であろうが関係なく、すべての人を対象に行われるものです。

 

在籍確認を受ける際に、派遣社員の人の場合いくつか注意点があります。
その注意点のいくつかをピックアップしましょう。

 

在籍確認は職場への電話が基本

通常、在籍確認は電話で行われます。

 

そもそも、在籍確認とは何のことでしょうか。
これは、申込書類に記載した勤務先に本当に努めているかをアイフルが電話をして確認するというものです。

 

電話での在籍確認の際、アイフルが社名を名乗ることはありません。
オペレーターさんの個人名で利用者の知り合いのように電話をかけてきます。

 

また在籍確認のために会社に電話をかける前に、利用者本人に「今からかけますが宜しいですか?」という確認が入り、その後実際に会社に電話が入るという流れになります。

 

派遣元に電話が入るため事前の準備をしておこう

派遣社員の人の場合、在籍確認の連絡は普段働いている派遣先ではなく、登録をしている派遣元へかかります。

 

派遣元では登録者が実際に働いているわけではないので、在籍確認の電話があった際に「〇〇というものは在籍しておりません」と回答される恐れがあります。
ですので、事前に在籍確認が行われることを派遣元へ伝えておくこと必要があります。

 

ただし、アイフルを利用するというのはやはり言いにくいかもしれませんので、「クレジットカードを作るのに在籍確認が必要なので」などと理由を伝えておいて、対応してもらえるようにしておくといいですね。

 

在籍確認で面倒なことにならないように、準備をしておきましょう。

 

どうしても難しい場合は書類での在籍確認を希望しよう

派遣元に電話されるのは困るという人もいることでしょう。
そのような場合、アイフルに直接相談してみましょう。

 

公式ホームページから申し込みを行なうと、折り返しで申し込み確認の電話がかかってきます。
この時に、どうしても在籍確認を電話以外の方法で行ってほしいとお願いします。

 

アイフルに確認したところ、勤務先がはっきりとわかる書類でも対応してくれるとのことです。

 

社名入りの健康保険証、会社名の入った給与明細、会社名の入った社員証

 

以上のような書類を提出することで、在籍確認の代わりとしてくれるのです。

 

電話連絡の際に、具体的にどの書類を提出すればよいのかを確認し、それがスムーズに提出できるように事前に準備をしておきましょう。

 

どうしても電話での在籍確認をされると困るという人は、一度相談してみてください。

 


 

いかがでしたか。
派遣社員の人であっても、満20歳以上69歳未満で、安定した収入があれば、申し込むことは可能です。

 

また、アイフルは電話連絡以外での在籍確認にも、積極的に対応してくれます。
派遣社員の人で、消費者金融などを利用したことのない人は、最初は不安を感じるかもしれませんが、アイフルはとても親切に対応してくれます。
必要な時には計画的に利用してみてください。

 

>> アイフルの詳細確認、お申込みはこちら