MENU

100万円借りるにはどうしたらいい?カードローンで高額借りたい

悩む女性

 

急な出費が重なってお金が足りなくなってしまったり、どうしても高額の商品が必要になったというケースなど、毎日の生活の中でお金が急に必要になってしまうというケースはあることでしょう。

 

もちろん、貯金があれば何ら問題はないのですが、貯金もそんなにないという場合、残す手段は外で借りることになります。

 

家族や友人に借りられないという場合は、銀行ローンや消費者金融で借りることになりますが、どちらにしようか迷うという人も少なくないことでしょう。

 

一昔前までは消費者金融というと何か怖いイメージがあったかもしれませんが、少なくとも今はクリーンな会社であると言えます。

 

とはいえ、銀行ローン、消費者金融でそれぞれメリット、デメリットがあります。
ここでは、それぞれの特徴を押さえてどちらで急な出費を補うかを検討してみてください。

 

100万円借りるなら低金利の銀行カードローン

指さす女性

 

銀行カードローンは低金利なので長期的に借りるのにおすすめ

まず、お金を借りるうえで気になるのは金利でしょう。
銀行カードローンにしても、消費者金融にしても借りた額さえ返せばよいというものではありません。

 

借りた額に対して金利というものが掛かります。そして、この金利は上限こそありますが、借りる業者によって変わってきます。

 

低金利で有れば、当然返済額の合計は安くなるわけですから、なるべき金利の低いところで借りたほうが返済が楽になるといえます。

 

例えば100万円をかりる場合、みずほ銀行や三井住友銀行などは金利が年10.0%〜12.0%、三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら年13.6%〜14.6%になります。
一方、消費者金融であれば、プロミスやアコムは15%程度になります。

 

たかが1%の差と思うかもしれませんが、借りる金額が多くなればなるほど、最終的に返済する額が大きく変わってきます。金利もしっかりと検討するようにしましょう。
そういう意味では、やはり金利の低い銀行カードローンの方がお勧めです。

 

即日融資を希望するなら消費者金融にしよう

金利だけ考えると、銀行カードローンで決まりのような気がしますが、消費者金融にもメリットはあります。
消費者金融の最大のメリットは、即日融資が可能なことでしょう。

 

銀行カードローンは平成30年1月より個人向け融資の即日対応ができなくなりました。
ですので、申し込みをしても審査や融資に数日かかります。
しかも、その場で融資が可能かどうかわからないので、日数を待ったものの借入ができないということもあり得ます。

 

その点、消費者金融であれば、その日のうちに融資が可能かどうかを知ることができます。しかも、営業時間内に間に合えば、その日のうちに借り入れをすることも可能です。
ですから、今すぐにお金が必要という時には消費者金融がおすすめです。

 

▼初めての人必見!最大30日金利0円
アコム

3.0%〜18.0%
 

1万〜800万円
 

最短1時間
 

50万円まで不要
(*1)

いつでも返せて、利息はご利用日数分だけ
・3項目の入力でお借入れ可能かわかる3秒診断
・ネットや提携ATMから24時間お借入・ご返済可能(*2)

▼最短1時間融資も可能
アイフル

3.0%〜18.0%

800万円

最短1時間

50万円まで不要

・最短1時間融資可能
・自動審査あり
・3ステップで申込み完了
優先審査のサービスあり

▼最短10秒で振込み借入(*2)
プロミス

4.5%〜17.8%

1万〜500万円

最短1時間

50万円まで不要

初めての方は30日間利息ゼロ(*1)
・最短1時間融資可能!
・24時間いつでもお申込み可能
・3項目入力で簡単3秒診断
・最短10秒で銀行口座に振り込みされる素早い借入方法「瞬フリ」(*2)

▼パソコン・スマホでWEB完結申込OK
SMBCモビット
SMBCモビット
3.0%〜18.0%

1万〜800万円

最短即日

必要

10秒で簡易審査結果表示
・WEB完結なら電話連絡・郵送物なしでお申込みもご利用も
 ネットのみ(PC・スマートフォンからも申込み可能)
・WEB完結申込あり
・申込の曜日や時間帯によっては、融資が翌日以降の取扱と
 なる場合があります。
・安定した収入があれば申込可能

プロミスレディース
プロミスレディース
4.5%〜17.8%

1万〜500万円

最短1時間

50万円まで不要

・女性オペレータが対応
初めての方は30日間利息ゼロ(*1)
・最短1時間融資可能!
・24時間いつでもお申込み可能
・3項目入力で簡単3秒診断
・最短10秒で銀行口座に振り込みされる素早い借入方法「瞬フリ」(*2)

各カードローンの注意点
アコム
※1 お借入れ総額により収入証明書が必要
※2 提携CD・ATMの詳細についてはアコムのホームページでご確認ください。
プロミス、プロミスレディース
※1 メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要
※2 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座の登録が必要

 

銀行と消費者金融。返済額の差はどれくらい?

電卓

 

では実際に、100万円借りて36回払いする場合の返済額の差を見てみましょう。
なお、35回目までは同一金額になりますが、36回目は残りを支払うという形になり、毎月の返済額と異なるケースが多いようです。

 

【銀行カードローンで100万円を借りた場合】

銀行名 金利 毎月の返済額 最終返済額合計
みずほ銀行 年12% 34,343円 1,202,017円
バンクイック 13.6% 33,983円 1,223,397円
三井住友銀行 12% 33,214円 1,195,696円

※各銀行カードローンの返済シミュレーターにて算出
※みずほ銀行:住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

 

【消費者金融カードローンで100万円を借りた場合】

消費者金融名 金利 毎月の返済額 最終返済額合計
プロミス 15% 34,665円 1,247,934円
アコム 15% 34,665円 1,247,934円

※各消費者金融の返済シミュレーターにて算出

 

バンクイックとプロミスを比べていただけると分かるように、金利が3%違うと同じ期間で返済しても、返済額の合計が5万円近く変わることになります。
金利で選ぶのか、即日融資で選ぶのかをよく検討してから利用するようにしてください。

 

カードローンで100万円借りる際の審査ポイント

ポイント

 

返済能力があるかを審査される

銀行にせよ消費者金融にせよ、お金を貸す側は決してボランティアでも寄付でもありません。
当然、きちんと返済することができるかを審査します。

 

借入限度額は収入の1/3までと法律で定められています。その範囲内で返済が可能かどうかを審査されます。

 

審査に必要な書類とは?

申し込む銀行や消費者金融によって必要な書類は異なりますが、絶対に必要なものは、本人確認書類です。

 

免許証やパスポート、個人番号カードなど、顔写真付きの本人確認書類が必要になります。
また100万円を借りる場合は、収入証明書類も必要です。

 

収入証明書類とは、源泉徴収票や直近2ヶ月分の給与明細書、確定申告書や所得証明書などです。
申し込みをする前に、事前準備としてそれらをそろえておきましょう。

 

審査時には職場への在籍確認がある

審査の際、会社などに本人がきちんと在籍しているかの確認をする場合もあります。
とはいえ、銀行名や消費者金融名を名乗ることはなく、個人の名前で電話をかけてくれるようなので、プライバシーは保護されます。

 

消費者金融カードローンの場合、どうしても電話での在籍確認をしたくない時は、提出書類で対応してくれる場合もありますので、電話でオペレータに相談をしてみましょう。
>>会社への電話なしで借りられるカードローン一覧

 

信用情報の照会

ローンのサービスなどを利用する場合には、信用情報の照会が行われます。
今までのカードローンの利用履歴や、クレジットカードの返済状況などを銀行や消費者金融が見ることになります。
これまで支払いに遅延や延滞があった場合は、審査に通らない場合もあります。

 

 

借り過ぎは禁物。借入は必要最低限の金額にしよう

注意点

 

銀行や消費者金融でお金を借りようと思った場合、まず借入希望金額というものが聞かれます。
いくら借りたいかという希望を銀行などに伝えることになります。

 

もちろん必要な額は言うべきですが、あまりに高額になる場合、借入そのものを断られるケースもあります。
また、希望額まで借入可能になるとは限りません。

 

しかも当然のことながら、借入をしたものは返済しなければなりません。
借りる額が多くなればなるほど、返済期間が長くなりますし、最終合計金額も多くなります。

 

今ではわりと簡単に借り入れができる時代にはなりましたが、目先のことばかり考えて借入を行なってしまうと返済が大変になりますし、酷い場合は返済が不能となってしまうケースも多くなっています。

 

借入を検討する前に、本当に必要なのか、必要最低限の額はいくらかなのかを検討しましょう。

 

その上で、もし、本当に必要であれば、金利やいつ借りたいのかなどをしっかりと考えて借入を行なうようにしましょう。

 

当サイトおすすめのカードローンはこちら

悩む女性

 

急な出費が重なってお金が足りなくなってしまったり、どうしても高額の商品が必要になったというケースなど、毎日の生活の中でお金が急に必要になってしまうというケースはあることでしょう。

 

もちろん、貯金があれば何ら問題はないのですが、貯金もそんなにないという場合、残す手段は外で借りることになります。

 

家族や友人に借りられないという場合は、銀行ローンや消費者金融で借りることになりますが、どちらにしようか迷うという人も少なくないことでしょう。

 

一昔前までは消費者金融というと何か怖いイメージがあったかもしれませんが、少なくとも今はクリーンな会社であると言えます。

 

とはいえ、銀行ローン、消費者金融でそれぞれメリット、デメリットがあります。
ここでは、それぞれの特徴を押さえてどちらで急な出費を補うかを検討してみてください。

 

100万円借りるなら低金利の銀行カードローン

指さす女性

 

銀行カードローンは低金利なので長期的に借りるのにおすすめ

まず、お金を借りるうえで気になるのは金利でしょう。
銀行カードローンにしても、消費者金融にしても借りた額さえ返せばよいというものではありません。

 

借りた額に対して金利というものが掛かります。そして、この金利は上限こそありますが、借りる業者によって変わってきます。

 

低金利で有れば、当然返済額の合計は安くなるわけですから、なるべき金利の低いところで借りたほうが返済が楽になるといえます。

 

例えば100万円をかりる場合、みずほ銀行や三井住友銀行などは金利が年10.0%〜12.0%、三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら年13.6%〜14.6%になります。
一方、消費者金融であれば、プロミスやアコムは15%程度になります。

 

たかが1%の差と思うかもしれませんが、借りる金額が多くなればなるほど、最終的に返済する額が大きく変わってきます。金利もしっかりと検討するようにしましょう。
そういう意味では、やはり金利の低い銀行カードローンの方がお勧めです。

 

即日融資を希望するなら消費者金融にしよう

金利だけ考えると、銀行カードローンで決まりのような気がしますが、消費者金融にもメリットはあります。
消費者金融の最大のメリットは、即日融資が可能なことでしょう。

 

銀行カードローンは平成30年1月より個人向け融資の即日対応ができなくなりました。
ですので、申し込みをしても審査や融資に数日かかります。
しかも、その場で融資が可能かどうかわからないので、日数を待ったものの借入ができないということもあり得ます。

 

その点、消費者金融であれば、その日のうちに融資が可能かどうかを知ることができます。しかも、営業時間内に間に合えば、その日のうちに借り入れをすることも可能です。
ですから、今すぐにお金が必要という時には消費者金融がおすすめです。

 

▼初めての人必見!最大30日金利0円
アコム

 


3.0%〜18.0%

1万〜800万円

最短1時間

収入証明書:50万円まで不要(*1)
いつでも返せて、利息はご利用日数分だけ
・3項目の入力でお借入れ可能かわかる3秒診断
・ネットや提携ATMから24時間お借入・ご返済可能(*2)

 

▼最短1時間融資も可能
アイフル

 


3.0%〜18.0%

800万円

最短1時間

収入証明書:50万円まで不要
・最短1時間融資可能
・自動審査あり
・3ステップで申込み完了
優先審査のサービスあり

 

▼最短10秒で振込み借入(*2)
プロミス

 


4.5%〜17.8%

1万〜500万円

最短1時間

収入証明書:50万円まで不要
初めての方は30日間利息ゼロ(*1)
・最短1時間融資可能!
・24時間いつでもお申込み可能
・3項目入力で簡単3秒診断
・最短10秒で銀行口座に振り込みされる
 素早い借入方法「瞬フリ」(*2)

 

▼パソコン・スマホでWEB完結申込OK
SMBCモビット

 

SMBCモビット


3.0%〜18.0%

1万〜800万円

最短即日

収入証明書:必要
10秒で簡易審査結果表示
・WEB完結なら電話連絡・郵送物なしでお申込みもご利用も
 ネットのみ(PC・スマートフォンからも申込み可能)
・WEB完結申込あり
・申込の曜日や時間帯によっては、融資が
 翌日以降の取扱となる場合があります。
・安定した収入があれば申込可能

 

プロミスレディース

 


4.5%〜17.8%

1万〜500万円

最短1時間

収入証明書:50万円まで不要
・女性オペレータが対応
初めての方は30日間利息ゼロ(*1)
・最短1時間融資可能!
・24時間いつでもお申込み可能
・3項目入力で簡単3秒診断
・最短10秒で銀行口座に振り込みされる
 素早い借入方法「瞬フリ」(*2)

 

各カードローンの注意点
アコム
※1 お借入れ総額により収入証明書が必要
※2 提携CD・ATMの詳細についてはアコムの
 ホームページでご確認ください。
プロミス、プロミスレディース
※1 メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要
※2 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座の登録が必要

 

銀行と消費者金融。返済額の差はどれくらい?

電卓

 

では実際に、100万円借りて36回払いする場合の返済額の差を見てみましょう。
なお、35回目までは同一金額になりますが、36回目は残りを支払うという形になり、毎月の返済額と異なるケースが多いようです。

 

【銀行カードローンで100万円を借りた場合】

銀行名 金利 毎月の返済額 最終返済額合計
みずほ銀行 年12% 34,343円 1,202,017円
バンクイック 13.6% 33,983円 1,223,397円
三井住友銀行 12% 33,214円 1,195,696円

※各銀行カードローンの返済シミュレーターにて算出
※みずほ銀行:住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

 

【消費者金融カードローンで100万円を借りた場合】

消費者金融名 金利 毎月の返済額 最終返済額合計
プロミス 15% 34,665円 1,247,934円
アコム 15% 34,665円 1,247,934円

※各消費者金融の返済シミュレーターにて算出

 

バンクイックとプロミスを比べていただけると分かるように、金利が3%違うと同じ期間で返済しても、返済額の合計が5万円近く変わることになります。
金利で選ぶのか、即日融資で選ぶのかをよく検討してから利用するようにしてください。

 

カードローンで100万円借りる際の審査ポイント

ポイント

 

返済能力があるかを審査される

銀行にせよ消費者金融にせよ、お金を貸す側は決してボランティアでも寄付でもありません。
当然、きちんと返済することができるかを審査します。

 

借入限度額は収入の1/3までと法律で定められています。その範囲内で返済が可能かどうかを審査されます。

 

審査に必要な書類とは?

申し込む銀行や消費者金融によって必要な書類は異なりますが、絶対に必要なものは、本人確認書類です。

 

免許証やパスポート、個人番号カードなど、顔写真付きの本人確認書類が必要になります。
また100万円を借りる場合は、収入証明書類も必要です。

 

収入証明書類とは、源泉徴収票や直近2ヶ月分の給与明細書、確定申告書や所得証明書などです。
申し込みをする前に、事前準備としてそれらをそろえておきましょう。

 

審査時には職場への在籍確認がある

審査の際、会社などに本人がきちんと在籍しているかの確認をする場合もあります。
とはいえ、銀行名や消費者金融名を名乗ることはなく、個人の名前で電話をかけてくれるようなので、プライバシーは保護されます。

 

消費者金融カードローンの場合、どうしても電話での在籍確認をしたくない時は、提出書類で対応してくれる場合もありますので、電話でオペレータに相談をしてみましょう。
>>会社への電話なしで借りられるカードローン一覧

 

信用情報の照会

ローンのサービスなどを利用する場合には、信用情報の照会が行われます。
今までのカードローンの利用履歴や、クレジットカードの返済状況などを銀行や消費者金融が見ることになります。
これまで支払いに遅延や延滞があった場合は、審査に通らない場合もあります。

 

 

借り過ぎは禁物。借入は必要最低限の金額にしよう

注意点

 

銀行や消費者金融でお金を借りようと思った場合、まず借入希望金額というものが聞かれます。
いくら借りたいかという希望を銀行などに伝えることになります。

 

もちろん必要な額は言うべきですが、あまりに高額になる場合、借入そのものを断られるケースもあります。
また、希望額まで借入可能になるとは限りません。

 

しかも当然のことながら、借入をしたものは返済しなければなりません。
借りる額が多くなればなるほど、返済期間が長くなりますし、最終合計金額も多くなります。

 

今ではわりと簡単に借り入れができる時代にはなりましたが、目先のことばかり考えて借入を行なってしまうと返済が大変になりますし、酷い場合は返済が不能となってしまうケースも多くなっています。

 

借入を検討する前に、本当に必要なのか、必要最低限の額はいくらかなのかを検討しましょう。

 

その上で、もし、本当に必要であれば、金利やいつ借りたいのかなどをしっかりと考えて借入を行なうようにしましょう。

 

当サイトおすすめのカードローンはこちら