徹底解説!クレジットカードのキャッシングとカードローンの違いとは?

クレジットカードのキャッシングとカードローンの違い

お金を借りる方法にはいろいろな種類がありますが、「クレジットカードのキャッシング」と「カードローン」の違いについてくわしく知っていますか。

どちらも利用限度額の範囲内で借り入れできることは分かっていても、それぞれの違いを明確に答えられる人は多くないでしょう。

そこで本記事では、クレジットカードのキャッシングとカードローンの違いについて分かりやすく紹介します。

この記事を読めば両者の違いを理解できるだけでなく、どちらが自分に合った借り入れ方法か判断できるようになるでしょう。

目次
  1. クレジットカードのキャッシングとは?カードローンとの違い
  2. クレジットカードのキャッシングとカードローンはどっちがおすすめ?
  3. クレジットカードでキャッシングができない原因とは?
  4. クレジットカードでキャッシングができない時はカードローンを使おう
  5. まとめ
  6. よくある質問

クレジットカードのキャッシングとは?カードローンとの違い

クレジットカードのキャッシングとは、クレジットカードのショッピング枠とは別に用意されたキャッシング枠を利用してお金を借りる方法です。

お金を借りる手段全般を指してキャッシングと呼ぶため、カードローンと混同する人が多くいますが、クレジットカードのキャッシングとカードローンとではいくつかの違いがあります。

この章で、それぞれの違いについてしっかり確認しておきましょう。

クレジットカードのキャッシングとカードローンの違い
①返済方法

クレジットカードのキャッシングの返済方法は、一般的にリボ払いもしくは翌月1回払いを選択できます。

これに対して、カードローンの返済方法は元からリボ払いに設定されていることが多いです。

リボ払いとは、返済日にカード会社との間で決めた最低返済額を支払う方法です。最低金額以上に支払いをすれば、完済日が早まります。

翌月1回払いとは、その名の通りカードの1ヵ月の利用金額を翌月にまとめて支払う方法です。支払い日までにまとまったお金を用意しなければいけませんが、リボ払いのように長期にわたってお金を支払わずに済むため返済の負担が少なくなります。

クレジットカードのキャッシングとカードローンの違い
②利用可能枠

利用可能枠とは、審査によって決められるもので、カード1枚で借りられる最大融資額を表します。

クレジットカードのキャッシングやカードローンの仕組みは契約時に必ず利用可能枠を決定して、その金額の範囲内でいつでも自由にお金を借りられるというものです。

クレジットカードのキャッシングはカードローンと比較すると、利用可能枠が少し低めに設定されています。具体的な金額はカード会社によって異なりますが、多くても50万円ほどです。

一方、カードローンの利用可能枠は10万円~500万円程度に設定されていることが多くなっています。

クレジットカードのキャッシングとカードローンの違い
③金利

クレジットカードのキャッシングとカードローンの最大の違いは、金利と言われています。

金利は契約先の会社や審査内容によって異なりますが、クレジットカードのキャッシングは年15.0%~18.0%カードローンは年3.0%~18.0%になっていることが多いです。

金利が低いほど返済金額は少なくなり、金利が高いとその分返済金額が多くなってしまいます。

クレジットカードのキャッシングもしくはカードローンの利用を考えているなら、必ず借りようとしている金融機関の金利がいくらに設定されているかを確認することが大切です。

クレジットカードのキャッシングとカードローンの違い
④発行会社

キャッシング枠付きのクレジットカードは主にカード会社によって発行されますが、カードローンは銀行や消費者金融が行っているサービスです。

クレジットカードのキャッシングとカードローンの違い
⑤審査にかかる時間

まず、前提としてクレジットカードにキャッシング枠を付帯するためには、審査を受ける必要があります。そして、手持ちのクレジットカードにキャッシング枠をつける場合、審査は数日~数週間かかるのが一般的です。クレジットカードの発行から始める場合には、手元にカードが来るまでに2週間~1ヵ月ほどかかります。

一方、カードローンの審査は金融機関によっては最短30分です。融資金が手元に来るまでにかかる時間は最短1時間ほどなので、すぐにお金を借りたいという人にもおすすめです。

クレジットカードのキャッシングとカードローンの違い
⑥年会費などの各種料金の有無

利用するカードにもよりますが、クレジットカードの中には入会費や年会費などが必要になるものがあります。しかし、カードローンは各種料金が発生することはありません。

クレジットカードのキャッシングとカードローンはどっちがおすすめ?

クレジットカードのキャッシングとカードローンの違いを理解できても、「自分に合うのはいったいどちらなのか分からない」という人もいるでしょう。

いずれもお金に関する契約なので適当に選ぶのではなく、自分の利用方法や家計の状況などに合った方を選択することが大切です。

そこでこの章では、それぞれの利用に適した人の特徴をいくつか紹介します。

クレジットカードのキャッシングの利用がおすすめな人

クレジットカードのキャッシングはカードローンよりも借り入れできる金額が少なく、金利が高めという特徴があります。そのため、次のような人にはクレジットカードのキャッシングがおすすめです。

  • 借り入れるお金は少額で良い人
  • 頻繁にお金を借りない人
  • 金利が高めでも気にならない人

クレジットカードにキャッシング枠を付帯すれば、買い物に使うカードとお金を借りるカードを1枚に集約できます。「カードの枚数をあまり増やしたくない」「できるだけ財布の中をすっきりさせたい」という人も、クレジットカードのキャッシングが適している人でしょう。

また、キャッシング枠の付いたクレジットカードは、誰かにカードを見られても借り入れをしているかが分かりづらいという特徴もあります。したがって、お金を借りていることがバレるのがイヤな人にもクレジットカードのキャッシングがおすすめです。

カードローンの利用がおすすめな人

カードローンはクレジットカードのキャッシングよりも借り入れできる金額が多く、金利が低めという特徴があります。そのため、次のような人にはクレジットカードのキャッシングではなく、カードローンの利用がおすすめです。

  • すぐにお金が必要な人
  • 少額から高額まで借り入れたい人
  • 頻繁にお金を借りる可能性がある人

カードローンを提供している金融機関には、無利息サービスや24時間申し込みに対応している金融機関もあります。無利息サービスを賢く利用すれば1円も利息を支払わずにお金を借りられますし、いつでも申し込みできれば急な入用にも対応できる可能性があります。

前述した通り、クレジットカードにキャッシング枠がない場合には付帯するまでに審査に数日かかるのが一般的ですが、カードローンの中には即日発行・即日融資ができるものもあるのでとても便利です。

したがって、カードローンは「できるだけお得な借り入れ方法を利用したい」「即日発行・即日融資に対応した借り入れ方法の方が良い」という人にも適しています。

クレジットカードでキャッシングができない原因とは?

クレジットカードのキャッシングを使ってお金を借りるのはとても便利ですが、何らかの事情によってキャッシングできないことがあります。

現金が必要なときにキャッシングができないと、「どうすれば良いのか」と焦ってしまうでしょう。しかし、キャッシングができない場合には必ず原因があります。

この章で、クレジットカードでキャッシングができない場合に考えられる原因をまとめてチェックしましょう。

キャッシングができない原因
①キャッシング枠の限度額に達している

審査で決定されたキャッシング枠の限度額を使い切っている場合には、使用額がリセットされるまでキャッシングができません。

使用額がリセットされるタイミングはカード会社によって異なるので、担当者に確認するか利用規約などでチェックしてみましょう。

毎月キャッシング枠の限度額に到達するなら、増額を検討するのも1つの方法です。

ただし、利用限度額を増額するためには審査に通過する必要があります。

初回契約からある程度の時間が経過していて、返済に遅れたことがなければ増額審査に申し込める可能性があるでしょう。

とは言え、増額審査は初めての審査よりも増して返済能力を厳しくチェックされる特徴があります。

初回審査に通っていても増額審査で落ちてしまうケースも十分考えられるので、安易に利用限度額の増額を検討するのはやめておきましょう。

キャッシングができない原因
②ショッピング枠がカードの限度額に達している

前述の通り、クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の2つの利用枠が付与されます。

実はショッピング枠だけでカードの限度額をすべて使ってきってしまった場合には、ショッピング枠の使用額がリセットされるまでキャッシングができません。

これは、クレジットカードのキャッシングならではの特徴といえます。

そもそもクレジットカードはショッピング枠がメインのカードであり、あくまでもキャッシング枠は付随サービスです。

少しややこしいですが、クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠の中に含まれていることを理解しておきましょう。

キャッシングができない原因
③そもそもキャッシング枠が付帯されていない

「クレジットカードにキャッシング枠が付いていると思ったら、付いていなかった」というケースです。

初めてクレジットカードでお金を借りる場合に、うまくキャッシングできないときはこの原因を疑いましょう。

クレジットカードでキャッシングするためには、必ず契約が必要です。

キャッシング枠を付帯したい場合には、カード会社に連絡をして手続きを進めてもらいましょう。

キャッシング枠を一から付帯する場合、即日融資を受けることは難しくなります。急いでお金を用意したい場合には、別の借り入れ方法を検討した方が良いでしょう。

キャッシングができない原因
④返済を延滞している

返済を延滞していると、キャッシングで借り入れができないように設定されてしまいます。

キャッシング枠かショッピング枠のどちらかの支払いが滞っている場合には、カード会社に連絡してできるだけ早めに延滞を解消しましょう。

基本的には、延滞が解消したことをカード会社が確認すると、キャッシングでお金が借りられるようになります。

ただし、延滞を何度も繰り返していたり、延滞期間が長かったりすると、延滞を解消してもキャッシングの利用再開を認めてもらえないケースもあるので注意しましょう。

キャッシングができない原因
⑤ATM等の機器操作ミス

クレジットカードに問題があるのではなく、機器の操作を間違えたことが原因でキャッシングができないこともあります。一度深呼吸をして、落ち着いて操作し直してみましょう。

特に気を付けたいのが暗証番号の入力ミスです。

何度も間違った暗証番号を入力すると、防犯上、一時的にキャッシングの利用を停止されてしまいます。

暗証番号の入力ミスが原因と考えられる場合には、カード会社に確認の電話をかけましょう。

キャッシングができない原因
⑥総量規制による制限を受けている

総量規制とは、貸金業者に対して適用される法律です。この法律によって、貸金業者は利用者の年収の3分の1を超える貸し出しが禁止されています。

したがって、他社のキャッシングやカードローンの利用額が総量規制に達した場合、当該クレジットカードのキャッシングを使ってお金を借りられなくなるという仕組みです。この状況から抜け出すためには、借り入れ額を返済する必要があります。

総量規制による制限を受けているということは、家計的にも返済が苦しい状況になっているのではないでしょうか。家計簿をつけるなどして、一度資金繰りを見直すことをおすすめします。

クレジットカードでキャッシングができない時はカードローンを使おう

クレジットカードでキャッシングができないときは、即日融資に対応したカードローンを利用するのが便利です。

すべてのカードローンで申し込みをしたその日にお金を借りられるわけではありませんが、消費者金融会社であれば最短30分で審査が終わるうえに即日融資が受けられます。

この章では、カードローンで素早くお金を用意するためのコツをいくつか紹介するので順番に確認していきましょう。

カードローンで早くお金を借りるコツ
①ネットから借り入れ申し込みをする

カードローンの主な申し込み方法は、来店、電話、郵送、ネットの4つがあります。借り入れのスピードを重視するなら、パソコンやスマホを使ってネットから申し込みましょう。

なぜならば、ネットなら24時間いつでも申し込めますし、扱い慣れた機器を使って入力を進められるからです。申し込み後の手続きもスムーズに進みやすいので、結果的に来店や電話による申し込みよりも早くお金を借りられます。

大手消費者金融の申し込み方法を表にまとめたので、借り入れ時の参考にしてください。

(2020年11月時点)
消費者金融名 申し込み方法
プロミス ネット、電話、郵送、来店
アコム ネット、電話、郵送、来店
SMBCモビット ネット、電話、郵送、
三井住友銀行内に設置されたローン契約機
アイフル ネット、電話、来店、
スマホアプリ
レイクALSA ネット、電話、自動契約機

カードローンで早くお金を借りるコツ
②申し込みが完了した時点で担当者に連絡する

カードローンの審査は、申し込みを受け付けた順番で行われるのが一般的です。そのため、急いでお金を手元に用意したい場合には、申し込みが完了したタイミングでカードローンの申し込み先に電話をかける必要があります。

「どうしてもすぐにお金が欲しい」と担当者に伝えると、審査の順番を調整してくれることがあるので試してみましょう。

電話をかけたからと言って必ず審査が早くなる保証はありませんが、できるだけの対策を取ることをおすすめします。

ただし、24時間いつでも電話対応してもらえるとは限りません。

大手消費者金融の電話番号と受付時間を表にまとめたので、申し込みする前に確認しておきましょう。

(2020年11月時点)
消費者金融名 電話番号 受付時間
プロミス 0120-24-0365
0120-86-2634(女性専用)
9時00分~
21時00分
アコム 0120-07-1000 24時間
SMBCモビット 0120-03-5000 9時00分~
21時00分
アイフル 0120-201-810
0120-201-884(女性専用)
9時00分~
18時00分
レイクALSA 0120-09-09-09 24時間

カードローンで早くお金を借りるコツ
③申し込みの時間帯に合った借り入れ方法を選択する

利用するカードローンや契約方法によっても異なりますが、主な借り入れ方法はコンビニATM」「自動契約機」「振り込み融資」の3つです。

カードローンに申し込んだ時間帯によっては、素早く借り入れできないこともあるので注意しましょう。

主な借り入れ方法ごとに特徴や申し込み時間帯に関する注意点を紹介します。

コンビニATMはほぼ24時間利用可能

カードローンを発行している消費者金融の中には、コンビニATMと提携しているところがあります。例えば、プロミス、アコム、SMBCモビット、レイクALSA、アイフルは、コンビニATMで借り入れ・返済ができる大手消費者金融です。

さらに、セブンイレブンならカードを発行していなくてもスマホATM取り引きが可能です。スマホにカードローン専用のアプリをダウンロードする必要がありますが、全国各地で営業しているセブンイレブンで借り入れ・返済ができるので利便性はかなり高いといえるでしょう。

ただし、スマホATM取引に対応していないカードローンもあるので、申し込む前によく確認することが大切です。

自動契約機は21時頃まで使用できるのが一般的

自宅や勤務先の近くにカードローンの自動契約機がある場合は、そこで契約手続きからカード発行、借り入れまでをすべて終わらせられます。自動契約機の営業時間はカードローンの契約先や曜日によって異なりますが、21時頃まで利用できるのが一般的です。

大手消費者金融の自動契約機の営業時間を表にまとめたので、契約・借り入れ時の参考にしてください。

(2020年11月時点)
消費者金融名 自動契約機の営業時間
プロミス 9時00分~21時00分  (土日祝日も同様)
アコム 9時00分~21時00分  (土日祝日も同様)
SMBCモビット 9時00分~18時00分  (土日祝日も同様)
アイフル 8時00分~22時00分  (土日祝日も同様)
レイクALSA ・平日、土日祝日
9時00分~22時00分
・日曜日
9時00分~19時00分

ただし、いずれもカードを発行するまでに30分程度かかるので、営業時間の終了間際に操作を始めるのはできるだけ避けましょう。

カードさえ発行してしまえば、営業時間が長い提携コンビニATMで借り入れできます。どれだけ遅くてもカードの発行が確実に完了する時間に自動契約機に向かいましょう。

自動契約機は21時頃まで使用できるのが一般的

振り込み融資は、銀行口座を登録して融資金を口座に直接振り込んでもらう借り入れ方法です。わざわざコンビニATMや自動契約機まで足を運ばなくてもお金が手に入るので、手間や時間をかけずに済みます。

ただし、振り込み融資を希望する場合には、振り込みの予約時間に注意が必要です。当日振り込み期限の時間までに予約が完了しなければ、その日のうちに融資金を受け取れません。

当日振り込みの受付時間は契約先や登録する銀行によって異なりますが、平日の14時までになっていることが多いです。

なお、下表の消費者金融は24時間いつでも振り込み融資に対応する銀行と提携しています。該当する銀行口座を持っている場合は、下表の消費者金融の利用を検討してみてもいいかもしれません。

消費者金融名 提携銀行名
プロミス 原則すべての金融機関 (例:三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行)
アコム 原則すべての金融機関 (三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行)
SMBCモビット 原則すべての金融機関 (三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行)

まとめ

今回は、クレジットカードのキャッシングとカードローンの違いを中心に紹介しました。説明した内容をまとめると以下の通りです。

  • クレジットカードのキャッシングとカードローンは、返済方法や金利などに違いがある
  • クレジットカードのキャッシングは、少額借り入れがしたい人や頻繁にお金を借りない人におすすめ
  • カードローンは、頻繁にお金を借りる人やできるだけ金利を抑えたい人におすすめ
  • クレジットカードのキャッシングは、さまざまな原因で利用できなくなることがある

クレジットカードのキャッシングが利用できない場合には、カードローンを利用してお金を借りるのがおすすめです。申し込みをしたその日に融資を受けられるものもあり、即日お金が欲しい人は利用を検討しましょう。

よくある質問

クレジットカードのキャッシングとカードローンの違いって?

クレジットカードのキャッシングは、クレジットカードに付帯しているキャッシング枠を使ってお金を借りることです。

カードローンは、金融機関に申し込んでお金を借りる借り入れ専用の金融商品です。

それぞれ返済方法や金利、審査にかかる時間などに違いがあります。

クレジットカードのキャッシング枠とカードローンはどちらが審査に通りやすい?

結論から言えば、「クレジットカードの方が審査に通りやすい」「カードローンだから審査に落ちる」というようなことはありません。なぜなら、審査項目はカード会社や金融機関によってまったく異なるからです。

例えば、同じカードローンでもA社の審査には落ちたのに、B社の審査に問題なく通過したというケースもあります。

クレジットカードのキャッシング枠かカードローンのどちらを利用するか迷っているならば、審査の通りやすさではなく金利や利用限度額などの条件が合う方を選択しましょう。

クレジットカードにキャッシング枠が付いていないときはどうしたらいい?

手持ちのクレジットカードにキャッシング枠がない場合には、カード会社に連絡して審査を受ける必要があります。

審査にかかる時間は利用しているカードや審査状況によって異なるので、急いでキャッシングしたい人はカード会社に結果が出るまでの目安を聞くのも良いでしょう。

とはいえ、クレジットカードのキャッシング枠の審査は、申し込みから数日かかるのが一般的です。即日融資を受けたい場合には、別の方法でお金を準備することをおすすめします。

クレジットカードのキャッシング機能が使えないんだけど?

クレジットカードのキャッシング機能が使えない時には、主に以下の原因があります。

  • キャッシング枠の限度額に達している
  • ショッピング枠がカードの限度額に達している
  • そもそもキャッシング枠が付帯されていない
  • 返済を延滞している
  • ATM等の機器操作ミス
  • 総量規制による制限を受けている

これらの原因がないか一度確認してみてください。

ABOUT ME
アバター
お金を借りるセレクト編集部
お金を借りるセレクト編集部では、安心・安全にお金を借りるための情報を発信しています。