MENU

今すぐ借りれる消費者金融で大至急借りる

焦る女性

 

急な出費でお金が必要になった際、便利なのが消費者金融のカードローンです。
消費者金融の中には即日融資に対応しているところもありますので、大至急お金を借りたいという時に助かります。

 

消費者金融で即日融資を受けるには、ポイントをしっかり押さえておく必要があります。

 

消費者金融で今すぐ借りるのに押さえておきたいポイント

消費者金融で今すぐ借りたい時には押さえておきたいポイントがいくつかあります。
主なポイントは3つ。しっかりと確認しておきましょう。

 

  • 即日融資が受けられるタイムリミットを知っておく
  • 必要書類を準備しておく
  • 借りれる金額は「年収の3分の1まで」

 

即日融資が受けられるタイムリミットを知ろう

タイムリミット

 

消費者金融で即日融資を受けるには、その申込時間にも注意しておきましょう。

 

最初に借入方法についてですが、これは「カードで引き出す」方法と「口座振込」の2つの方法があります。

 

例えば、夜にお金が必要になる場合が多い場合や、急いでいる際は、基本的にカードを利用した方がいいでしょう。
口座振込の方法もありますが、口座は金融機関の営業時間内に限られます。

 

カードで引き出す方法は、基本的に遅い時間まで対応してくれますので、いざというときに便利です。

 

さらに、カードの場合、金融機関が提携しているコンビニのATMなどの利用も可能ですので、24時間すぐに借り入れることができます。
以上の点を踏まえて、それぞれのタイムリミットを見てみましょう。

 

銀行振込みで借りる場合 WEB申込で無人契約機利用
プロミス 原則24時間振込可能なため、20時までに申し込んで23時50分までに契約処理が完了すれば即日融資可能

対象外の銀行での振込の場合は14時50分までに契約画面にて処理を完了すれば可能

21時以前にはWEB上で契約を済ませて入店することを推奨

営業時間:8:00〜22:00
※店舗によって異なる

アコム
  • 楽天銀行の場合は17時30分までに手続きを済ませる
  • ゆうちょ銀行の場合は平日14時までに手続きを済ませる
  • それ以外銀行の場合は平日14時30分までに手続きを済ませる
  • ※初めて利用する人に限り
    三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行は19時まで振込可能

遅くても21時過ぎにはWEB上で契約を済ませて入店

営業時間:8:00〜22:00
※店舗によって異なる

アイフル 平日14時10分までに手続きを済ませる 21時以前にはWEB上で契約を済ませて入店することを推奨

営業時間:8:00〜22:00
※店舗によって異なる

SMBCモビット 平日14時50分までに手続きを済ませる 19時過ぎまでにWEB上で契約を済ませて入店することを推奨

営業時間:8:00〜21:00
※店舗によって異なる

 

振込融資の場合、金融機関の窓口は15時で終了しますので、基本的にはそれまでに申込を終えておく必要があります。
融資を申し込んだあとに色々と手続きもありますので、営業時間終了の2時間前ぐらいがベストなタイミングと言えます。

 

一方カードで引き出す場合、それぞれの店舗やATMによって変わってきます。
21時、22時など様々ですので、事前に比較検討しておくといいでしょう。

 

カードの場合、夜中まで対応しているところが多いので、仕事などで忙しい方でも大丈夫です。

 

必要書類を準備しておこう

消費者金融の即日融資を申し込む際、必要な書類としては以下のものがあります。

 

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 各種の健康保険証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード

 

などですが、ここではいくつかの注意点があります。

 

まずは運転免許証ですが、運転免許証を持っている方は、必ずそれを本人確認書類として提出しましょう。

 

これは平成22年に施行された貸金業法の「指定信用情報機関制度」とも関係があり、この制度によって、それぞれの金融機関は個人情報をより正確に把握する必要になったからです。(参考:貸金業法 指定信用情報機関制度|CIC

 

また、本人確認書類は顔写真付きのものが必要です。
写真付きでない証明書は、現在住所確認のための補完書類を別途求められます。
このように顔写真付きの運転免許証が、最も確実に本人確認することができるのです。

 

借りれる金額は「年収の3分の1まで」

消費者金融で即日融資を受ける場合、総量規制にも注意しておく必要があります。
消費者金融のカードローンは総量規制が適用されていますので、本人の借入は年収の3分の1までに制限されています。

 

申し込みの際に借入の希望金額を申請しますが、年収に比べてその金額が多い場合、審査に通らないことがありますので、自分が借りられる限度額を事前に把握しておくことが重要です。

 

おすすめの消費者金融カードローン

▼初めての人必見!最大30日金利0円
アコム

3.0%〜18.0%
 

1万〜800万円
 

最短1時間
 

50万円まで不要
(*1)

いつでも返せて、利息はご利用日数分だけ
・3項目の入力でお借入れ可能かわかる3秒診断
・ネットや提携ATMから24時間お借入・ご返済可能(*2)

▼最短1時間融資も可能
アイフル

3.0%〜18.0%

800万円

最短1時間

50万円まで不要

・最短1時間融資可能
・自動審査あり
・3ステップで申込み完了
優先審査のサービスあり

▼最短10秒で振込み借入(*2)
プロミス

4.5%〜17.8%

1万〜500万円

最短1時間

50万円まで不要

初めての方は30日間利息ゼロ(*1)
・最短1時間融資可能!
・24時間いつでもお申込み可能
・3項目入力で簡単3秒診断
・最短10秒で銀行口座に振り込みされる素早い借入方法「瞬フリ」(*2)

▼パソコン・スマホでWEB完結申込OK
SMBCモビット
SMBCモビット
3.0%〜18.0%

1万〜800万円

最短即日

必要

10秒で簡易審査結果表示
・WEB完結なら電話連絡・郵送物なしでお申込みもご利用も
 ネットのみ(PC・スマートフォンからも申込み可能)
・WEB完結申込あり
・申込の曜日や時間帯によっては、融資が翌日以降の取扱と
 なる場合があります。
・安定した収入があれば申込可能

各カードローンの注意点
アコム
※1 お借入れ総額により収入証明書が必要
※2 提携CD・ATMの詳細についてはアコムのホームページでご確認ください。
プロミス
※1 メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要
※2 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座の登録が必要

 

今すぐお金を借りるのに選びたい消費者金融のメリット

ガッツポーズ

 

消費者金融は何となく怖いイメージがいまだにありますが、実は利便性に優れ利用者にありがたいサービスが豊富です。

 

次に、消費者金融のメリットを見ていきましょう。

 

1.土日の振込にも対応。24時間申込OK

消費者金融の中には、提携銀行への土日振込融資に対応しているところや、24時間の申込に対応しているところもあります。

 

特にインターネット取引に対応しているお店は、24時間365日いつでも申込が可能なところが多いです。

 

いつでもすぐ申し込みができて、融資が早いのは消費者金融の大きなメリットの1つです。

 

銀行カードローンに比べて審査や融資のスピードが速い

消費者金融の場合、銀行カードローンと比べて審査や融資が速いのが特徴です。
銀行カードローンは2018年以降、即日融資の対応ができなくなりました。
(参考:「即日融資」を停止、銀行カードローン縮小へ|産経ニュース

 

審査スピードについても、消費者金融カードローンは最短30分を謳っているところが多く、アコムやプロミスの3秒診断など、借入可能か確認したい時にすぐに結果の出る仮診断も充実しています。

 

急な出費で困っている人には、消費者金融の迅速なサービスはうれしいですよね。

 

初めての利用なら無利息期間のサービスあり

消費者金融の場合、利用が初めての方に無利息期間を設けているカードローンが多いです。
これはその名前の通り、一定期間利息が無料になるサービスです。

 

消費者金融でカードローンの申込をして契約が成立すると、その翌日から規定の日数(30日間が多い)の間、無利息となるのが一般的です。
これは要するに、初月の返済については、その全額を元金の返済に充てられることを意味しています。

 

通常、カードローンの利息はスライド式のリボ払いが多いので、最初の返済時に最も多くの利息がかかります。
その分が無料になりますので、かなりお得なサービスと言えます。

 

消費者金融で即日融資を受ける流れ

消費者金融で即日融資の申込を行う際は、以下の流れに沿って行います。

 

申し込みの流れのイラスト

 

細かく見ていきましょう

 

申込はインターネットを利用したWEB申し込みが早い

最初は申込です。
これはそれぞれの業者のホームページ、無人契約機や電話から行います。

 

即日融資を希望するなら、インターネットを利用したWEB申し込みが便利で早いです。
パソコンやスマホなどで時間を気にせず24時間申し込みが可能となっています。

 

業者によって申込方法が異なりますので、しっかり確認しておきましょう。

 

審査

申込が終わると次は審査を行います。
ここでは、申込者の職業、年収、勤務年数、他社からの借入状況など、様々な事項を審査します。
実際の審査項目は、それぞれの金融機関によって異なります。

 

また、勤め先への在籍確認もこのタイミングで行われます。
消費者金融によっては、提出書類(給与明細や社会保険証)の確認のみで、電話での在籍確認を行わない会社もありますので、会社への電話連絡を避けたい方は検討しましょう。

 

契約はインターネットか無人契約機で

金融機関の審査に受かると、いよいよ契約です。
銀行口座への振込融資を希望される方は、そのままインターネットで契約を。また、カードでの借入を希望するなら、近くの無人契約機で契約をしましょう。

 

ただし振込融資の場合、金融機関の営業時間が午後3時までなので、振込が翌日の取り扱いになる恐れがあります。

 

即日融資を希望していて午後3時以降に申し込みをする方は、無人契約機で契約をし、カード発行をした上でATMから借り入れを行う必要があります。

 

消費者金融なら、当日の借入も可能

OKサインする男性

 

即日融資で振込での借入を申し込んだ方は、契約後すぐに指定口座への振込があります。
ただし、金融機関の営業時間前に契約まで終わっている方。もしくは申し込んだ消費者金融と提携している銀行口座への振込を希望された方に限ります。

 

実際の振込時間は金融機関によって異なりますので、申込時にチェックしておくといいでしょう。

 

無人契約機で契約をしカード発行した方は、無人契約機の近くにATMが設置されている場合が多いため、そこですぐに借入ができます。

 

自社ATMの場合、手数料が無料なのでお得です。

 

また、消費者金融カードローンは、コンビニエンスストアや銀行ATMなど、全国の提携ATMが豊富ですので、時間を気にせず借入や返済が可能になっています。
提携ATMの場合は、手数料がかかりますのでご注意ください。

 

 

急にお金が必要になった場合、今すぐ借りれる消費者金融の即日融資があれば助かります。
早ければ1時間程度でお金が借りれますので、急な支払いなどに充てることもできます。

 

ただ、消費者金融各社それぞれシステムが異なりますので、事前にその内容をしっかり確認しておきましょう。

焦る女性

 

急な出費でお金が必要になった際、便利なのが消費者金融のカードローンです。
消費者金融の中には即日融資に対応しているところもありますので、大至急お金を借りたいという時に助かります。

 

消費者金融で即日融資を受けるには、ポイントをしっかり押さえておく必要があります。

 

消費者金融で今すぐ借りるのに押さえておきたいポイント

消費者金融で今すぐ借りたい時には押さえておきたいポイントがいくつかあります。
主なポイントは3つ。しっかりと確認しておきましょう。

 

  • 即日融資が受けられるタイムリミットを知っておく
  • 必要書類を準備しておく
  • 借りれる金額は「年収の3分の1まで」

 

即日融資が受けられるタイムリミットを知ろう

タイムリミット

 

消費者金融で即日融資を受けるには、その申込時間にも注意しておきましょう。

 

最初に借入方法についてですが、これは「カードで引き出す」方法と「口座振込」の2つの方法があります。

 

例えば、夜にお金が必要になる場合が多い場合や、急いでいる際は、基本的にカードを利用した方がいいでしょう。
口座振込の方法もありますが、口座は金融機関の営業時間内に限られます。

 

カードで引き出す方法は、基本的に遅い時間まで対応してくれますので、いざというときに便利です。

 

さらに、カードの場合、金融機関が提携しているコンビニのATMなどの利用も可能ですので、24時間すぐに借り入れることができます。
以上の点を踏まえて、それぞれのタイムリミットを見てみましょう。

 

今すぐ借りれる消費者金融で大至急借りる|お金を借りるセレクト

 

振込融資の場合、金融機関の窓口は15時で終了しますので、基本的にはそれまでに申込を終えておく必要があります。
融資を申し込んだあとに色々と手続きもありますので、営業時間終了の2時間前ぐらいがベストなタイミングと言えます。

 

一方カードで引き出す場合、それぞれの店舗やATMによって変わってきます。
21時、22時など様々ですので、事前に比較検討しておくといいでしょう。

 

カードの場合、夜中まで対応しているところが多いので、仕事などで忙しい方でも大丈夫です。

 

必要書類を準備しておこう

消費者金融の即日融資を申し込む際、必要な書類としては以下のものがあります。

 

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 各種の健康保険証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード

 

などですが、ここではいくつかの注意点があります。

 

まずは運転免許証ですが、運転免許証を持っている方は、必ずそれを本人確認書類として提出しましょう。

 

これは平成22年に施行された貸金業法の「指定信用情報機関制度」とも関係があり、この制度によって、それぞれの金融機関は個人情報をより正確に把握する必要になったからです。(参考:貸金業法 指定信用情報機関制度|CIC

 

また、本人確認書類は顔写真付きのものが必要です。
写真付きでない証明書は、現在住所確認のための補完書類を別途求められます。
このように顔写真付きの運転免許証が、最も確実に本人確認することができるのです。

 

借りれる金額は「年収の3分の1まで」

消費者金融で即日融資を受ける場合、総量規制にも注意しておく必要があります。
消費者金融のカードローンは総量規制が適用されていますので、本人の借入は年収の3分の1までに制限されています。

 

申し込みの際に借入の希望金額を申請しますが、年収に比べてその金額が多い場合、審査に通らないことがありますので、自分が借りられる限度額を事前に把握しておくことが重要です。

 

おすすめの消費者金融カードローン

▼初めての人必見!最大30日金利0円
アコム

 


3.0%〜18.0%

1万〜800万円

最短1時間

収入証明書:50万円まで不要(*1)
いつでも返せて、利息はご利用日数分だけ
・3項目の入力でお借入れ可能かわかる3秒診断
・ネットや提携ATMから24時間お借入・ご返済可能(*2)

 

▼最短1時間融資も可能
アイフル

 


3.0%〜18.0%

800万円

最短1時間

収入証明書:50万円まで不要
・最短1時間融資可能
・自動審査あり
・3ステップで申込み完了
優先審査のサービスあり

 

▼最短10秒で振込み借入(*2)
プロミス

 


4.5%〜17.8%

1万〜500万円

最短1時間

収入証明書:50万円まで不要
初めての方は30日間利息ゼロ(*1)
・最短1時間融資可能!
・24時間いつでもお申込み可能
・3項目入力で簡単3秒診断
・最短10秒で銀行口座に振り込みされる
 素早い借入方法「瞬フリ」(*2)

 

▼パソコン・スマホでWEB完結申込OK
SMBCモビット

 

SMBCモビット


3.0%〜18.0%

1万〜800万円

最短即日

収入証明書:必要
10秒で簡易審査結果表示
・WEB完結なら電話連絡・郵送物なしでお申込みもご利用も
 ネットのみ(PC・スマートフォンからも申込み可能)
・WEB完結申込あり
・申込の曜日や時間帯によっては、融資が
 翌日以降の取扱となる場合があります。
・安定した収入があれば申込可能

 

各カードローンの注意点
アコム
※1 お借入れ総額により収入証明書が必要
※2 提携CD・ATMの詳細についてはアコムの
 ホームページでご確認ください。
プロミス
※1 メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要
※2 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座の登録が必要

 

今すぐお金を借りるのに選びたい消費者金融のメリット

ガッツポーズ

 

消費者金融は何となく怖いイメージがいまだにありますが、実は利便性に優れ利用者にありがたいサービスが豊富です。

 

次に、消費者金融のメリットを見ていきましょう。

 

1.土日の振込にも対応。24時間申込OK

消費者金融の中には、提携銀行への土日振込融資に対応しているところや、24時間の申込に対応しているところもあります。

 

特にインターネット取引に対応しているお店は、24時間365日いつでも申込が可能なところが多いです。

 

いつでもすぐ申し込みができて、融資が早いのは消費者金融の大きなメリットの1つです。

 

銀行カードローンに比べて審査や融資のスピードが速い

消費者金融の場合、銀行カードローンと比べて審査や融資が速いのが特徴です。
銀行カードローンは2018年以降、即日融資の対応ができなくなりました。
(参考:「即日融資」を停止、銀行カードローン縮小へ|産経ニュース

 

審査スピードについても、消費者金融カードローンは最短30分を謳っているところが多く、アコムやプロミスの3秒診断など、借入可能か確認したい時にすぐに結果の出る仮診断も充実しています。

 

急な出費で困っている人には、消費者金融の迅速なサービスはうれしいですよね。

 

初めての利用なら無利息期間のサービスあり

消費者金融の場合、利用が初めての方に無利息期間を設けているカードローンが多いです。
これはその名前の通り、一定期間利息が無料になるサービスです。

 

消費者金融でカードローンの申込をして契約が成立すると、その翌日から規定の日数(30日間が多い)の間、無利息となるのが一般的です。
これは要するに、初月の返済については、その全額を元金の返済に充てられることを意味しています。

 

通常、カードローンの利息はスライド式のリボ払いが多いので、最初の返済時に最も多くの利息がかかります。
その分が無料になりますので、かなりお得なサービスと言えます。

 

消費者金融で即日融資を受ける流れ

消費者金融で即日融資の申込を行う際は、以下の流れに沿って行います。

 

申し込みの流れのイラスト

 

細かく見ていきましょう

 

申込はインターネットを利用したWEB申し込みが早い

最初は申込です。
これはそれぞれの業者のホームページ、無人契約機や電話から行います。

 

即日融資を希望するなら、インターネットを利用したWEB申し込みが便利で早いです。
パソコンやスマホなどで時間を気にせず24時間申し込みが可能となっています。

 

業者によって申込方法が異なりますので、しっかり確認しておきましょう。

 

審査

申込が終わると次は審査を行います。
ここでは、申込者の職業、年収、勤務年数、他社からの借入状況など、様々な事項を審査します。
実際の審査項目は、それぞれの金融機関によって異なります。

 

また、勤め先への在籍確認もこのタイミングで行われます。
消費者金融によっては、提出書類(給与明細や社会保険証)の確認のみで、電話での在籍確認を行わない会社もありますので、会社への電話連絡を避けたい方は検討しましょう。

 

契約はインターネットか無人契約機で

金融機関の審査に受かると、いよいよ契約です。
銀行口座への振込融資を希望される方は、そのままインターネットで契約を。また、カードでの借入を希望するなら、近くの無人契約機で契約をしましょう。

 

ただし振込融資の場合、金融機関の営業時間が午後3時までなので、振込が翌日の取り扱いになる恐れがあります。

 

即日融資を希望していて午後3時以降に申し込みをする方は、無人契約機で契約をし、カード発行をした上でATMから借り入れを行う必要があります。

 

消費者金融なら、当日の借入も可能

OKサインする男性

 

即日融資で振込での借入を申し込んだ方は、契約後すぐに指定口座への振込があります。
ただし、金融機関の営業時間前に契約まで終わっている方。もしくは申し込んだ消費者金融と提携している銀行口座への振込を希望された方に限ります。

 

実際の振込時間は金融機関によって異なりますので、申込時にチェックしておくといいでしょう。

 

無人契約機で契約をしカード発行した方は、無人契約機の近くにATMが設置されている場合が多いため、そこですぐに借入ができます。

 

自社ATMの場合、手数料が無料なのでお得です。

 

また、消費者金融カードローンは、コンビニエンスストアや銀行ATMなど、全国の提携ATMが豊富ですので、時間を気にせず借入や返済が可能になっています。
提携ATMの場合は、手数料がかかりますのでご注意ください。

 

 

急にお金が必要になった場合、今すぐ借りれる消費者金融の即日融資があれば助かります。
早ければ1時間程度でお金が借りれますので、急な支払いなどに充てることもできます。

 

ただ、消費者金融各社それぞれシステムが異なりますので、事前にその内容をしっかり確認しておきましょう。