MENU

誰にもバレないカードローンの申込のコツ

内緒

 

「カードローンでお金を借りたいけど、家族にも職場にも絶対に知られたくない!」とお悩みではないですか?

 

家族が借金をすることを毛嫌いしている人、職場での立場上カードローンの利用は威厳に関わるという人など、多くの人がカードローンの利用をできるだけ知られたくないという希望を持っていますよね。

 

確かに郵便物や電話連絡などが原因でバレてしまい、夫婦に修羅場が訪れたり、会社で変な噂が立ったりすることもあります。
でも大丈夫です。家族や職場にバレないカードローンはあります。

 

ここでは、カードローンの利用がバレないために気をつけるポイントの解説と、バレにくいおすすめのカードローンの紹介をしていきます。

 

カードローンの利用が家族や職場にバレやすいポイント

 

まずは、カードローンを利用していることが、家族や職場の人にバレてしまうのはどんな時か知っておきましょう。
これらをのポイントを押さえておけば、バレる可能性はグッと下がりますよ。

 

  1. 職場にかかってくる在籍確認の電話でバレる
  2. 自宅への郵送物が家族に見つかってバレる
  3. 通帳の記帳履歴でバレる
  4. 財布の中のローンカードが見つかってバレる

 

【バレやすいポイント】
1.職場にかかってくる在籍確認の電話でバレる

会社の電話

 

カードローンの申込をすると、審査の段階で勤め先に電話がかかってきます。
これは、会社への在籍確認をするための電話です。
カードローンの利用は安定した収入があることが条件なので、申込の際に入力した会社に本当に在籍しているかを確認する必要があるのです。

 

「会社の人が電話に出たらバレてしまうんじゃない?」
と不安になりますよね。

 

しかし、この在籍確認でカードローンの利用がバレる心配はありません。
在籍確認の目的は、あくまでその会社に在籍しているかを確認するためのものです。
信頼できる大手のカードローンを利用している限り、会社の人にカードローンの利用を伝えることはありません。

 

在籍確認の電話は、消費者金融の場合、担当者の個人名でかかってきます。
銀行カードローンの場合は銀行名を名乗りますが、「カードローン」とは言いません。

 

「●●様はいらっしゃいますか?」と、あなたを呼び出されますが、席を外していたとしても問題ありません。
電話に対応した人が「●●は席を外しております」と伝えてくれれば、あなたの在籍は確認できたものとして、電話の要件は完了です。

 

もし後から会社の人に詮索されそうになったら、
「クレジットカードを申し込んだ」
「新しい銀行口座を作ったからかな?」
というように答えておけば、カードローンの利用を特定されることはありません。
余計なことを言うと逆効果なので、注意してくださいね。

 

【バレやすいポイント】
2.自宅への郵送物が家族に見つかってバレる

 

家族にバレる原因として一番多いのは郵送物を見られることです。
基本的に、郵便物を開封されなければ、カードローンの利用がバレることはありません。

 

家族があなた宛の郵便物を開封しないとわかっている場合は、バレる可能性は低いです。
しかし、絶対ということはありませんよね。
どんな時に郵送物が届くのか、把握しておきましょう。

 

ローンカードが郵送で届く場合

カードを持つイラスト

カードの受取方法は、郵送と自動契約機の2種類が用意されている場合が多いです。

郵送にすると自宅にカードが届いてしまいます。
転送や郵便局留めもできないので注意してくださいね。
これを回避するためには、カードの受取を自動契約機にする必要があります。

 

しかしネット銀行のカードローンは店舗も自動契約機もないので、カードの受取方法は郵送だけです。
必ず自宅にカードが届きますので注意してください。

 

利用明細が自宅へ届く場合

明細書

カードローンの利用を、自社ATMや提携ATMで行う場合は、その場で明細書が発行されます。

しかし、それ以外のATMを利用すると、後日郵送で明細が送られて来ることがあります。
また、振込で借入をした場合も利用明細は発行されてしまいます。

 

これを避ける方法は二つあります。
一つは、必ず自社のATMか提携ATMを利用し、その場で利用明細を受け取ること。

 

もう一つは、インターネットのWEB明細を利用することです。
WEBで明細を確認する設定にしておけば郵送物が届くことはなく、いつでもWEBで利用履歴を確認することができます。
契約後に必ず設定を確認しておきましょう。

 

返済遅れで督促が自宅へ届く場合

督促状

万が一カードローンの返済が遅れてしまったら、自宅に催促のハガキが届く可能性があります。

 

カードや利用明細の受取は郵送を回避することができますが、返済遅れの場合は確実に回避する方法はありません。
必ず返済期日には遅れないよう注意してください。

 

どうしても遅れそうになった時は自分からローン会社に連絡を入れ、遅れそうだということと、いつまでに入金するかを伝えましょう。

 

【バレやすいポイント】
3.通帳の記帳履歴でバレる

 

振込で借入をしたり、返済方法を自動引落にする場合、通帳に取引の履歴が残ってしまいます。

 

自分で通帳の管理をしていて、家族が保管場所を知らないという人は心配ないですが、家族が見たら怪しまれる可能性が高いです。
銀行口座を利用しない方法で借入と返済をするようにしてくださいね。

 

【バレやすいポイント】
4.財布の中のローンカードが見つかってバレる

 

財布の中身は、家に無造作に置いてあると誰に見らるかわかりません。
中身のチェックをされなくても、横から覗き込んだ時に見慣れないカードがあったら怪しまれる可能性はあります。

 

財布の中に保管しておくなら、外から見えないポケットに入れておくようにしましょう。
ATMで受け取った利用明細も忘れずに、隠すか処分するようにてくださいね。

 

誰にもバレずにカードローンを申し込む際の注意点

 

ここまで、カードローンの利用がバレやすいポイントを説明しました。
では実際に申込をする際に、注意する点を見ていきましょう。

 

申込方法とカード受け取り方法に注意

スマホを持ってOKサインする女性

 

一番重要なのは、申込方法と受取方法です。
カードローンの申込方法には様々な方法が用意されていますが、ここを間違えると、家族にバレてしまう可能性があります。

 

申込方法はスマホのインターネットを利用

通常、申込方法は次の4つが用意されています。

 

  • インターネット
  • 電話
  • 自動契約機
  • 郵送

 

郵送での申込は、必ず郵便物のやりとりが発生するので、絶対に避けましょう。
電話の場合は、誰にも盗み聞きされない環境を作るのが難しいですし、途中で中断することもできません。
自動契約機で申し込みもできるのですが、自動契約機周辺での拘束時間が長くなるので、これもオススメできません。

 

一番のオススメはスマホでインターネットでの申込をすることです。
スマホなら小さい画面で、横から覗かれるリスクが減りますし、トイレにこもって操作をすれば、絶対にバレる心配はないですよね。操作時間も10分もあれば十分です。

 

カード受け取りは自動契約機で

カードの受取方法は、必ず自動契約機にしましょう。
自動契約機の設置がないカードローンは、郵送でカードを受け取るしかないので避けてくださいね。

 

誰にもバレないための申し込み手順と流れ

ヒント

 

次にどのような手順で申し込みをすれば良いのかを説明します。
家族などにバレないためのポイントも含めていますので、しっかり確認しておきましょう。

 

【バレない申込手順と流れ】
1.必要書類をそろえる

カードローンの利用をする前に、書類の提出を求められます。
申込をする前に用意しておいた方がスムーズですよ。

 

必ず提出を求められるのは、本人確認書類です。
運転免許証が好ましいのですが、なければパスポートや健康保険証でもOKです。
ただし、顔写真がない健康保険証を提出する場合、住民票か公共料金の領収書の提出が求められることがありますので注意してください。

 

また、希望する借入限度額によっては、それ以外の書類を求められることもあります。

 

【バレない申込手順と流れ】
2.公式サイトへアクセスして入力開始

ここまで確認ができたら、カードローン会社の公式サイトにアクセスしましょう。
申込フォームに必要事項を入力していきます。

 

入力するのはあなたに関する情報ばかりなので、特に難しい内容はありません。
電話番号を入力する箇所は、携帯電話の番号を入力するようにしましょう。

 

固定電話の番号を入力すると、受付確認の電話がかかってくる可能性があります。
また、メールアドレスを入力するところは、家族と共有のアドレスは避けてください。

 

【バレない申込手順と流れ】
3.受付確認の電話かメールが来る

申込フォームの入力が完了すると、受付確認の電話かメールが入ります。
入力内容の確認があり、その後の流れの説明があります。

 

【バレない申込手順と流れ】
4.職場に在籍確認の電話がかかって来る

電話

 

その後審査に入ります。
審査の途中にあなたの職場に在籍確認の電話が入ります。

 

在籍確認では、カードローンについて触れられることはありません。
挙動不審にならないように、堂々と構えておきましょう。

 

【バレない申込手順と流れ】
5.審査の結果連絡が電話かメールで来る

審査にかかる時間は、申し込んだカードローンの種類や、混み具合によって異なります。
即日融資に対応している消費者金融であれば、タイムリミットに間に合えば当日中に連絡が来るでしょう。
銀行カードローンの場合は、2〜3日かかることもあります。

 

審査結果の連絡は、電話かメールで入ります。
契約の流れについての説明がありますので、しっかり確認しておきましょう。

 

【バレない申込手順と流れ】
6.自動契約機に行きカード受け取り

インターネットでの契約をしてしまうと、自宅にカードが届いてしまいます。
必ず自動契約機に行って契約とカードの受取をしてください。
その時に、必要書類の提出を行いますので、忘れずに持って行ってくださいね。

 

明細の受取方法を確認しておこう

契約が完了したら、ATMで借入ができるのですが、その前に会員ページにログインして、明細の受取方法を確認しておきましょう。
郵送になっていたら、必ずWEB明細に切り替えて、自宅に郵送物が届かないように設定してください。

 

【バレない申込手順と流れ】
7.家族が通帳を管理している場合、振込は使わずATMで借入しよう

振込での借入もできるのですが、通帳を家族に見られる可能性がある人は、ATMで借入をするようにしましょう。
返済方法についても、自動引落は使わず、ATMで返済すれば履歴は残りません。

 

おすすめのバレにくいカードローン

おすすめする女性

 

ここまで説明した通り申込を行えば、バレる可能性はかなり低くなります。
最後に、家族や職場の人にバレにくいという視点でオススメのカードローンを紹介します。

 

プロミスならカードなしが選択可能

消費者金融のプロミスなら、ここで解説した通りに申込をすれば、バレずに借入ができます。
さらに、プロミスはWEB完結での取引にした場合でも郵送物を無しにしてくれるんです。

 

通常、インターネットで契約をすると、郵送でカードが送られてきますが、プロミスなら、カード無しで取引ができるようになります。

 

振込でのやりとりに限定されてしまうので、通帳に履歴は残ってしまいますが、カード自体が存在しないので、財布の中身を見られてバレてしまうリスクを回避することができます。
>>プロミスのお申込み、詳細はコチラ

 

SMBCモビットのWEB完結なら職場への電話連絡もカードもなし

会社の人に絶対にバレないようにしたいという人は、SMBCモビットのWEB完結をオススメします。
SMBCモビットのWEB完結は、在籍確認を健康保険証を確認することで行います。

 

また、プロミスと同じようにカード発行も無しにできるので、通帳の取り扱いに気をつければ、職場にも家族にも内緒で利用できますよ。

 

ただしSMBCモビットは、WEB完結以外の方法で申し込むと郵送物が届いてしまうので、注意してください。
>>SMBCモビットのお申込み、詳細はコチラ

 

都市部で郵送物なしの銀行カードローンを希望するならバンクイック

消費者金融だけでなく、低金利の銀行カードローンでもバレずに利用することができますよ。

 

三菱UFJ銀行のバンクイックは、銀行内に設置してある「テレビ窓口」という契約機でカード受け取りをすることができます。
※発行されたカードは、発行日の翌営業日以降、審査の結果により利用可能になります。

 

銀行の中で店舗数が一番多いので、使い勝手は抜群にいいですよ。
しかし、都道府県によっては、一つも店舗がないところもあるので注意してください。
>>バンクイックのお申込み、詳細はコチラ

 

全国対応で郵送物なしの銀行カードローンなら三井住友銀行カードローン

地方に住んでいる人でも安心して使える銀行カードローンなら、三井住友銀行のカードローンがオススメです。

 

全国どの都道府県に行っても店舗があるので、契約にも借入にも困ることはありません。
もちろんバレないで借入することができますよ。
>>三井住友銀行カードローンのお申込み、詳細はコチラ

 


 

家族や会社の人にカードローンの利用がバレてしまったら、あなたの信用を損ねてしまうことにもなりかねません。
バレないカードローンで、バレないための対策をしっかりして借入してくださいね。

 

>>家族に内緒で借りられるカードローン一覧