MENU

土曜日曜祝日でも借りれるカードローンのおすすめ

カレンダー

 

急に土日にお金が必要になったんだけど借りられるかな?とお悩みですか?

 

土日や祝日などの休みの日は、お金を使う機会が多くなりますよね。
でも、休みの日は金融機関も休業日で、借入ができないんじゃないかと不安な人も多いですよね。
実際に銀行は、ほとんどのところが平日の昼間しか開いていませんね。

 

でも、安心してください。

 

土日や祝日でも、申込から借入までできるカードローンがあります。
しかし、土日祝日に利用をする際には注意点もあります。

 

ここでは、土曜日、日曜日、祝日でも借入ができるカードローンの紹介と、利用をする際の注意点、申込から借入までの流れについて説明していきます。

 

土日祝日に借入したいなら消費者金融のカードローン

指さす女性

 

どのカードローンでも土日祝日の借入ができるというわけではありません。
カードローンには銀行カードローンと消費者金融カードローンの2種類があります。
この2つのうち、土日祝日に借入をしたいなら消費者金融カードローンを選んでください。

 

【消費者金融を選ぶ理由】
1.土日祝日も審査をしており即日融資に対応している

土日祝日に借入をするためには、まず土日に審査をしてくれないといけません。

 

銀行カードローンの中にも「24時間申込可」と記載があるところもあります。
しかし、銀行カードローンは土日の「審査」をしてくれるところも、即日融資をしてくれるところもありません。

 

消費者金融のカードローンなら、土日や祝日でも関係なく審査を行っており、即日融資にも対応しているので安心です。

 

【消費者金融を選ぶ理由】
2.当日カード受け取りができてATMで借入ができる

審査が完了しても、当日の借入が出来なければ意味がありませんよね。
ATMで借入をする場合、カードの受け取りをその日のうちに済ませなければいけません。

 

銀行カードローンの場合は、郵送でなければカード受け取りができないところもあり、その場合は無事審査に通ったとしても、カードが届くまでは借り入れができません。

 

消費者金融の場合は自動契約機で契約をすれば、その場でカードの受け取りができます。
また、自動契約機に併設されているATMを利用して、その場で手数料無料で借入することもできますよ。

 

【消費者金融を選ぶ理由】
3.振込融資でも土日の借入ができるカードローンもある

地方在住などの理由で、自動契約機まで行くことができないという人は、カード受け取りをしなくても振込で借入をすることも可能です。

 

問題は振込をする金融機関の営業時間ですよね。
通常は土日祝日の振込は受付できず、口座に反映されるのは翌営業日となってしまいます。

 

しかし一部の消費者金融では、提携している金融機関を利用すれば、土日祝日でも振込で借入ができる場合もあります。

 

消費者金融カードローン 土日祝振込可能な提携銀行
アコム 楽天銀行
プロミス 一部を除いた金融機関で原則可能

 

土日祝日でも借りられるおすすめカードローン

ひらめく男性

 

土日祝日にお金を借りたいなら、消費者金融がオススメと説明しましたが、もちろん消費者金融ならどこでも良いというわけではありません。

 

大手の消費者金融は、金利や条件などは似通っていますが、それぞれに特徴があります。
あなたの状況に合わせて、ベストなカードローンを選んでくださいね。

 

アコムなら楽天銀行で土日の振込融資が受けられる

金利 年3.0〜18.0%
最大限度額 800万円
無利息期間 契約日の翌日から30日間
土日祝日振込可能な提携銀行 楽天銀行

 

消費者金融で規模が一番大きいアコムは、店舗数も一番なので地方に住んでいる人でも、自動契約機を利用しやすいですよ。

 

アコムの一番の特徴は、楽天銀行の口座を持っている人は、土日祝日でもほぼ24時間借入ができるということです。
自動契約機がなくても、即日融資が受けられるのでありがたいですね。

 

プロミスは原則24時間振込融資が可能

金利 年4.5〜17.8%
最大限度額 500万円
無利息期間 初回ご利用日翌日から30日間
土日祝日振込可能な提携銀行 一部を除いた金融機関

 

土日祝日でも振込で借りられるカードローンはアコムだけではありません。
プロミスの場合は、一部を除きほとんどの金融機関で土日祝日でも24時間振込融資が可能です。

 

さらに、その後も振込融資だけの利用でカードは必要ないという人は、カード無しで使い続けることもできます。
家族に内緒で利用したいという人にもおすすめです。

 

とにかく急いでいるならアイフル

金利 年3.0〜18.0%
最大限度額 800万円
無利息期間 契約日の翌日から30日間
土日祝日振込可能な提携銀行 なし

 

土日祝日は借入を希望する人が多く、審査が集中して混雑してしまうこともあります。
消費者金融は各社「最短30分で審査」とアピールしているところが多いですが、あくまで「最短」なので、実際はもっと時間がかかってしまうのが現実です。

 

それでも、少しでも早く借入したいという人は、アイフルがオススメです。
インターネットで申込をした後に、電話で急いでいると伝えれば、他の人よりも優先して審査をしてくれるのです。

 

土日祝日の振込での借入はできませんが、自動契約機でカード受け取りができれば、他社よりも早く借入ができる可能性が高いですよ。

 

土日祝日に借入をするための注意点

注意する女性

 

おすすめの消費者金融の中から、あなたが申込するカードローンは決まりましたか?
申込を開始する前に、注意点もあるので確認しておきましょう。

 

在籍確認ができない場合は借入できる金額が減る可能性あり

土日祝日の借入で一番ネックになるのが、「在籍確認」です。
ローン会社からあなたの勤め先に電話が入り、あなたの在籍を確認するための電話です。

 

電話の内容は、ローン会社の名前は名乗らずに個人名でかかってきて、「〇〇様はいらっしゃいますか?」と、あなたが呼び出されます。

 

その場にあなたがいなくても、電話を取った人が「〇〇は本日出勤しておりません」と答えてくれれば在籍確認は完了なので、カードローンの利用が会社の人にバレる心配はありません。

 

問題は、土日祝日に会社が閉まっている時です。
誰も電話に出なければ、在籍確認をすることができません。
もし会社のカギを持っていれば、その時だけ会社に行って電話を取れればOKですが、それが出来なければ通常の在籍確認はできません。

 

在籍確認ができない可能性がある場合は、申し込みが完了した時点で電話をして相談をしておきましょう。

 

健康保険証(社会保険・組合保険)を提出すれば、それが在籍確認として認められることもありますし、給与明細を提出すればOKな場合もあります。

 

もし、どんな方法でも在籍確認が出来なければ、在籍確認が完了するまで、借入できる金額が制限されることもあるので注意しましょう。

 

当日借入できる契約方法を選ぶ

カードローンを選ぶ際には、確実に当日の借入ができる方法があると確認ができてから借入をしましょう。
ATMで借入したいなら、自動契約機でカードを受け取らないと借入ができません。
そのため、近くに自動契約機があるかどうかを調べておかなければいけません。

 

振込で借入がしたければ、あなたが土日祝日に借入ができる銀行口座を持っているかを確認しておく必要があります。

 

アコムなら楽天銀行
プロミスは、公式サイトでチェック→プロミス 金融機関一覧表

 

上記の口座があれば土日祝日でも、ほぼ24時間借入が可能です。

 

必要書類を用意しておく

即日融資が可能なカードローンを利用する前には、必ず必要書類の提出が求められます。
次の書類を忘れずに用意してくださいね。

 

本人確認書類

運転免許証

 

本人確認書類は申込をする全員が提出しなければいけません。
以下のいずれかの書類を用意しましょう。

 

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 健康保険証+住民票か公共料金の領収書

 

健康保険証の場合は顔写真が入っていないので、別途書類が必要です。
各カードローンによって提出書類が違いますが、主に以下の書類のいずれかを用意すれば問題ないでしょう。

 

  • 住民票
  • 公共料金の「領収書」(電気、ガス、水道、固定電話、NHKなど)
  • 納税証明書

 

土日は役場が開いておらず、住民票をもらいに行けないので注意してくださいね。

 

収入証明書類

 

あなたが次のいずれかに当てはまる場合、収入を証明するための書類が必要です。

 

  • 借入希望額が50万円を超える
  • 他社の借入残高と、今回の借入希望額の合計が100万円を超える

 

収入証明書は次のいずれかが求められます。

 

  • 給与明細2か月分+通年の賞与明細
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書

 

サラリーマンの人で、給与明細や源泉徴収票が会社に保管してある場合は、持って帰っておかないといけませんよ。

 

土日祝日にカードローンでお金を借りる全手順

説明する女性

 

それでは、ここからは実際に、土日祝日に消費者金融へ申込をして借入をするまでの流れについて説明しますね。

 

スマホかパソコンからインターネットで申込をする

申込方法は次のいずれかから選ぶことができます。

 

  • スマホかパソコンからインターネットで申込
  • 電話で申込
  • 自動契約機で申込

 

この中でオススメの申し込み方法はインターネットです。
お手持ちのスマホを使って、いつでもどこでも申込ができるからです。
全部の入力に10分もかからないですよ。

 

電話からの申込は、土日は混雑して、なかなかつながらないことが多いです。
繋がったとしても、口頭で全ての項目を伝えないといけないので、漢字の表記を説明するのも大変です。

 

自動契約機で申込をする場合は、1カ所ですべてが完結するので手軽ではありますが、審査の間も自動契約機から離れることができないので、せっかくの休日の記帳な時間を無駄にしてしまいます。

 

インターネットであれば、家を出る前にトイレの中の時間を有効活用することもできるので、無駄が少ないですね。

 

審査の間に在籍確認の電話がかかってくる

申込が完了すれば、審査に入ります。
アコムの場合は、申込が完了した時点で必要書類の提出をするので、スマホで撮影をし、アップロードしましょう。

 

また、在籍確認があるのはこのタイミングです。
土日祝日は会社が閉まっており、在籍確認ができないという人は、申込が完了した時点で電話で連絡をしておくとスムーズですよ。

 

審査に通過したら契約手続き

審査が完了し、無事通過していれば、次は契約手続きです。
契約方法はインターネットと自動契約機の2種類があります。
プロミスとアイフルの場合、このタイミングで必要書類を提出します。

 

振込で借入するならインターネットで契約

スマートフォン

 

振込で借入したい人は、引き続きインターネットで契約をします。
土日祝日の振込での借入はアコム(楽天銀行口座)かプロミス(一部の金融機関を除く)のいずれかでないと利用できないので注意してくださいね。

 

必要書類の提出は写真のアップロードで行うので、スマホで操作をすると、手続きがスムーズですよ。
全ての手続きが完了すれば、振込で借入ができます。

 

会員ページにログインをして、振込の操作を行えば口座に反映されます。

 

ATMで借入するなら自動契約機で契約&カード受け取り

ATMで借入をしたい人は、自動契約機で契約とカード受け取りをする必要があります。
申込が完了した時点で自動契約機に移動しておけば、タイムロスが少なくて済みますね。

 

自動契約機のブースの中に入り、ガイダンスに従って操作してください。
書類の提出はブース内のスキャナでしますので、書類を忘れずに持って行ってください。

 

契約が完了し、カードが発行されたら、ATMで借入ができます。
コンビニなどの全国の提携ATMで借入できるので便利ですが、手数料がかかるので注意しましょう。
手数料をかけずに借入をしたいなら、自動契約機に併設されているATMを使ってください。

 


 

土曜日、日曜日、祝日でもカードローンで借入することは可能です。
消費者金融のカードローンで借入をして、有意義な休日を過ごしてくださいね。

 

>>プロミスの詳細、お申込みはコチラ