MENU

フリーローンは低金利でおすすめの借入先

考える女性

「できるだけ低い金利でお金が借りたい」
「自動車や住宅以外のローンって金利が高いんだよなぁ」
と、利用目的が自由なローン(フリーローン)で金利が安いところが見つからずにお悩みではないですか?

 

フリーローンは多くの会社が様々な種類のローンを提供しており、選択肢が多すぎて、なかなか自分にぴったり合ったサービスを見つけにくいですよね。
ここでは、あなたの状況に合わせて、おすすめの金利が安いフリーローンを種類別に紹介します。

 

フリーローンの特徴は?低金利で借りられる?

 

ここでは、使用目的が比較的自由なローンのことをフリーローンと言いますが、その他の住宅ローンや自動車ローンなどと比べて、どのような特徴があるのか見ていきましょう。

 

【フリーローンの特徴】
1.様々な目的で利用できる

自由な人

 

一番大きい特徴が、様々な目的で利用できるということです。
自動車ローンなら自動車の購入のみ、住宅ローンなら家の購入に使用目的が限定されてしまいますよね。

 

その点、フリーローンなら

 

  • 旅行のための資金
  • 結婚式への参加
  • 家電製品の購入

 

など、の様々な場面で利用ができます。
ただし、銀行のフリーローンを利用する場合、事業用資金の借り入れはできませんので注意してくださいね。

 

【フリーローンの特徴】
2.担保なしで借入できる

安心

 

ローンの種類によっては、担保が必要なものがあります。
担保は、万が一あなたが支払いを滞納したときの補填として、借入した金額と同等の価値のあるものを差し出すために使われます。
しかし、その場合、担保となるものがない場合はお金を借りることができないということになりますよね。

 

その点、フリーローンの多くは担保が必要なく借り入れができるので安心です。
担保の代わりに、ローン会社や保証会社からの審査があります。
過去の借り入れ状況や、現在の仕事の収入などから、総合的にあなたに貸し出しができるかを判断するのです。

 

年齢制限や安定した収入の条件を満たしていれば申し込みが可能なので、資産を持っていない人でも安心です。

 

【フリーローンの特徴】
3.様々な会社の豊富な商品から選べる

選択肢

 

フリーローンと一口に言っても、様々な種類のものがあります。
多くの銀行が提供している多目的ローンや、銀行のカードローンをはじめ、消費者金融なども選択肢に入ります。
競争が激しい業界であり、どの会社も他社に負けないよう様々なサービスを展開しています。

 


 

しかし、これだけ様々な種類のフリーローンがあったら、初めてお金を借りる人はどこから借りたらいいのか迷ってしまいますよね。
ここからは、フリーローンの種類別に、それぞれのメリット、デメリット、おすすめのローン商品を紹介していきます。

 

利用目的が決まっているなら銀行の多目的ローン

 

利用目的が明確に決まっており、それ以外の目的での借り入れはしなくて良いという人には、銀行の「多目的ローン」がおすすめです。
申込時に希望した金額が一括で入金され、あらかじめ決めておいた計画に基づいて返済を進めていくというものです。

 

多目的ローンのメリットは低金利なこと

電卓

 

この多目的ローンのメリットは、比較的金利が安く抑えられているということです。
いつでも必要なだけ借入ができるカードローンの上限金利が14〜18%程度の金利であるのに対し、多目的ローンはおおよそ5〜7%と、かなりやすく設定されています。

 

とにかく金利の安さを重視し、借入も返済も計画的に行いたいという人におすすめです。

 

多目的ローンのデメリットは追加の借入ができず、繰り上げ返済に手数料がかかること

お金のマーク

 

多目的ローンのデメリットは、契約した金額が一括で振り込まれるということです。
「今回の海外旅行のため」や「限定の腕時計を購入するため」などの目的が明確に決まっているのであれば問題ありませんが、「いつお金が必要になるかわからない」という人は、随時借り入れができないので向いていません。

 

また、返済の計画は、後から気軽に変更することはできませんし、返済期間の変更には手数料がかかります。
できるだけ早く返したいからという理由で、月々の返済を多めに設定すると、後で痛い目を見る可能性がありますので注意してください。

 

大手銀行のおすすめ多目的ローン

指さす女性

 

多目的ローンは多くの銀行で取り扱いがありますが、それぞれに特徴があります。
現状の金利の安さだけでなく、独自の基準なども参考に選んでくださいね。

 

変動金利と固定金利が選べるみずほ銀行の多目的ローン

 

金利
(2018年2月時点)
変動金利 年5.875%

固定金利 年6.650%

借入可能金額 10万円〜300万円
借入条件
  • 借入時の年齢20〜66歳で最終返済時年齢が満71歳未満であること
  • 勤続年数(自営の場合営業年数)2年以上であること
  • 前年度の年収が200万円以上で安定した収入が見込めること
  • 保証会社の保証を受けられること
借入期間 6か月以上7年以内
保証料 不要

 

多目的ローンの多くは、半年ごとに金利が見直される「変動金利」を採用していることが多いです。
変動金利は、契約したときの金利が安かったとしても、社会情勢や景気により、後から大幅に変動する可能性があるので、ある程度のリスクがあります。

 

その点、みずほ銀行の多目的ローンは、変動金利だけでなく固定金利も用意されているので安心です。
現時点での金利は変動金利の方が安く設定されていますが、後々のリスクを考慮すると、金利が激変するリスクがないので固定金利の方が安心ですね。

 

特に高額の借入をし、長期間で返済していく予定の人にはおすすめです。

 

三菱UFJ銀行のネットDE多目的ローンは変動年5.475%の低金利

 

金利
(2018年2月時点)
変動金利 年5.475%
借入可能金額 50万円〜300万円
借入条件
  • 借入時の年齢20歳以上、最終返済時満70歳の誕生日までであること
  • 勤続年数(自営の場合営業年数)1年以上であること
  • 前年度の年収が200万円以上で安定した収入が見込めること
  • パソコンのEメールアドレスがあること
  • 保証会社の保証を受けられること
借入期間 6か月以上10年以内
保証料 不要

 

変動金利の多目的ローンに申込むと決めており、現時点での金利で検討するのであれば、三菱UFJ銀行の「ネットDE多目的ローン」がおすすめです。
変動金利なので、これから金利が変わる可能性はありますが、2018年2月の時点で、ここで紹介する3社の中で一番金利が安いのは三菱UFJ銀行です。

 

三井住友銀行のフリーローンは無担保と有担保が選べる

担保なし
金利
(2018年2月時点)
変動金利 年5.975%
借入可能金額 10万円〜300万円
借入条件
  • 借入時の年齢20歳以上65歳以下であること
  • 前年度の年収が200万円以上で安定した収入があること
  • 契約時に三井住友銀行の窓口かローン契約機に行くことができること
  • 保証会社の保証を受けられること
借入期間 1年以上10年以内
保証料 不要

 

担保あり
金利
(2018年2月時点)
保証料外枠方式 変動金利 年2.775%

保証料内枠方式 変動金利 年2.975%

借入可能金額 50万円〜1億円
借入条件
  • 借入時の年齢20歳以上70歳の誕生日までであり、完済時満年齢が80歳の誕生日までであること
  • 原則、三井住友銀行指定の団体信用生命保険に加入できること
  • 保証会社の保証を受けられること
借入期間 1年以上30年以内
保証料 保証料外枠方式の場合、融資期間に応じて借入時に一括で以下の保証料が必要

10年 8,544円
20年 14,834円
30年 19,137円

 

多目的ローンには、担保なしで借入ができるという特徴があります。
でも、もしあなたが不動産を担保に入れることができるのであれば、三井住友銀行のフリーローンを利用すれば、より低金利でお金を借りることができますよ。

 

金利の設定は2種類あり、「保証料内枠方式」を選んだ場合は、別途保証料を支払う必要はありませんが、若干利息が上乗せされます。
「保証料外枠方式」を選ぶと、借入時に保証料を一括で支払う必要がある代わりに、後の金利が安くなります。

 

追加借入と随時返済をしたいなら銀行カードローン

 

利用目的が自由のフリーローンで一番金利が安く抑えられるのは多目的ローンなのですが、もし追加で借入をしたり、余裕があるときに多めに返済をしたいなら、銀行のカードローンがおすすめです。

 

銀行カードローンのメリットはいつでも借入と返済ができること

ATM

 

銀行カードローンが多目的ローンと異なる点は、限度額内であればいつでもATMで借入ができるということと、最低返済額以上であれば繰り上げ返済ができるということです。

 

最初に一括で借入をする場合、借入した全額に利息がかかってきます。
しかし、カードローンのように必要な金額をその都度借入するようにすれば、借入した金額以外には利息がかからないので、借入するお金の使い道が定まっていない人にはおすすめです。

 

また、毎月最低限の金額を返済するだけでなく、余裕があるときに多めに返済ができるので、予定より早く完済することも可能です。

 

銀行カードローンのデメリットは多目的ローンより金利が高いこと

考える女性

 

銀行カードローンのデメリットは、少額の借入では多目的ローンよりも金利が高いことです。
100万円未満の限度額の場合は、上限の金利に設定されることが多いので、14%を超える金利になります。

 

しかし、希望借入金額が多目的ローンで設定されている300万円よりも高額になる場合は、ぐっと金利が安くなります。
また、銀行のカードローンは消費者金融と比べると低金利です。
カードローンを選ぶ際に銀行か消費者金融で迷ったとき、金利で選ぶなら銀行カードローンがおすすめです。

 

おすすめの銀行カードローン

おすすめ3社

 

銀行カードローンを選ぶポイントも、金利の安さだけではありません。
返済のことも併せて検討してくださいね。

 

みずほ銀行カードローンは2〜14%の低金利が魅力

 

金利
(2018年2月時点)
年2.0%〜14.0%
借入可能金額 10万円〜800万円
借入条件
  • 契約時の年齢が20歳以上66歳未満であること
  • 安定した収入が見込めること
  • 保証会社の保証を受けられること

 

カードローンを金利で選ぶなら、みずほ銀行のカードローンがおすすめです。
上限の金利が年14.0%というのは、銀行カードローンのなかでもトップクラスの水準です。

 

ただし、みずほ銀行の口座が必要であったり、毎月の返済を銀行引き落としにしないといけないなどの縛りもあります。
利便性を追求するなら、ほかの銀行カードローンも検討が必要です。

 

三菱UFJ銀行のバンクイックは無理のない返済が可能

 

金利
(2018年2月時点)
年1.8%〜14.6%
借入可能金額 10万円〜500万円
借入条件
  • 契約時の年齢が20歳以上65歳未満であること
  • 安定した収入が見込めること
  • 保証会社(アコム(株))の保証を受けられること

 

バンクイックは三菱UFJ銀行のカードローン商品です。
みずほ銀行カードローンほどではありませんが、カードローンの中では低い方の金利であり、お得に借入ができます。

 

金利以外のポイントは、無理のない返済ができるということです。
適用の金利によって異なりますが、1か月あたり1,000円からの返済が可能です。
返済はできるだけ短期間でした方が、最終的な支払金額が少なくて済みますが、毎月無理なく返済をしたい人におすすめです。

 

即日融資希望の人、短期で返済予定の人は消費者金融がおすすめ

 

金利だけを見ると、消費者金融よりも銀行から借入する方が圧倒的にメリットがあるのですが、使い方によっては消費者金融で借入した方がいいこともあります。
急いでいる時や、短期間で返済する人にとっては大きなメリットがあります。

 

消費者金融のメリットは即日融資が可能なことと30日間無利息の特典

30日間

 

消費者金融が銀行よりも優れている一番のポイントは、即日融資が可能なことです。
銀行のカードローンでは、早くても翌日からの融資になってしまいますが、消費者金融なら申込む時間帯が早ければ、当日中に借入ができます。

 

また、30日間の無利息期間の特典を設けている会社が多く、短期間で返済ができれば一切の利息を支払わずに完済することも可能です。

 

消費者金融のデメリットは金利が高いこと

カレンダー

 

反対に、返済期間が長くなってしまう場合は消費者金融はおすすめできません。
消費者金融の上限金利は多くの会社で18.0%に設定されており、銀行カードローンと比べて割高です。

 

借入金額が高ければ高いほど、支払う利息の金額も大きくなるので、消費者金融から借入する場合は、短期間での返済か、少額の借入をするということを守って利用しましょう。

 

30日無利息期間ありの即日融資可能な消費者金融3社

指さす女性

 

それでは、消費者金融のおすすめを紹介します。
30日間無利息の特典があり、即日融資が可能なカードローンの中から3社をピックアップしました。

 

プロミスは振込で原則24時間借入できる

 

金利
(2018年2月時点)
年4.5%〜17.8%
借入可能金額 1万円〜500万円
借入条件
  • 契約時の年齢が20歳以上69歳以下であること
  • 安定した収入が見込めること

 

カードローンの借入は、ATMでの借入の他、インターネットの会員ページにログインして、銀行口座への振込で借入をすることも可能です。
しかし、銀行の営業時間はほとんどが平日の15:00までであり、時間外に振込手続きをすると、翌営業日に反映されてしまいます。

 

しかしプロミスの場合は、一部の金融機関を除いて土日でも15:00以降でも関係なく、24時間振込での借入が可能です。

 

金利の安さだけでなく、借入の利便性も重視する人におすすめです。

 

アコムは楽天銀行で24時間振込で借入可

 

金利
(2018年2月時点)
年3.0%〜18.0%
借入可能金額 1万円〜800万円
借入条件
  • 契約時の年齢が20歳以上69歳以下であること
  • 安定した収入が見込めること

 

プロミスと同様に、アコムでも振込先に応じて24時間融資が可能な銀行があります。
アコムは楽天銀行を振込先に設定した場合、土日でも24時間借入ができます。
あなたが持っている銀行口座に応じて借入先を検討しても良いでしょう。

 

アイフルは急いでいる人を優先して審査してくれる

 

金利
(2018年2月時点)
年3.0%〜18.0%
借入可能金額 1万円〜800万円
借入条件
  • 契約時の年齢が20歳以上69歳以下であること
  • 安定した収入が見込めること

 

消費者金融のメリットの中で、即日融資をしてくれるというのが大きいポイントです。
もちろん、プロミスもアコムも即日融資は可能なのですが、アイフルの場合は特に利用者への配慮が行き届いています。
急いでいる人は、インターネットでの申し込みが完了したら、アイフルのフリーダイヤルへ電話すれば、優先して審査をしてくれますよ。

 


 

ここまで説明したことをまとめてみましょう。

 

  • 利用目的が決まっていて、計画的に利用するなら多目的ローン
  • 低金利でいつでも出し入れしたいなら銀行カードローン
  • 即日融資が可能で無利息期間があることに魅力を感じるなら消費者金融のカードローン

 

利用目的が自由なフリーローンは種類が多すぎて、どれを選べば良いか迷ってしまうという人は、ぜひこの基準を参考に選んでみてくださいね。

 

当サイトおすすめのカードローンはこちら