MENU

学生ローンおすすめの借入先は?保証人不要で借りたい方向け

学生ローンおすすめの借入先は?

 

まだ学生だし、保証人なしでお金なんて借りられないよね・・・」と思っていませんか?
じつは、学生でも保証人不要で借りられるカードローンはいくつもあるんです。
ですが、どのカードローンを選んでも安心というわけではありません。

 

学生でも保証人なしで組めるローンの中には、 “ヤミ金”などの違法業者が紛れている可能性があるんです。

 

そこで、ここでは学生でも安心して借りられる大手の消費者金融、銀行のカードローンを中心に紹介しますので、自分に合ったローンを選ぶようにしてください。
また、学生カードローンの選び方に関するポイントや注意点についても紹介しています。

 

3分程度で読みきれる内容ですので、十分に理解してからカードローンの申込みを始めるようにしましょう。

 

学生ローンとは?審査の条件や保証人について

学生ローンというと、アミーゴやマルイ、イー・キャンパスなどをイメージするかもしれませんが、大手の消費者金融のカードローンを選ぶのがオススメです。

 

というのも、大手消費者金融カードローンなら、20歳以上でアルバイトをしている学生であれば、担保や保証人が必要ないのはもちろん、親に内緒でお金を借りることができるんです。

 

親に内緒でお金を借りることができる

 

また、大手消費者金融には一定期間の利息が0円になる「無利息サービス」がありますので、学生でもおトクにお金を借りられるのが最大の魅力です。

 

では、そんな学生カードローンでお金を借りるメリットを紹介しますね。

 

学生カードローンからお金を借りるメリット3つ

学生カードローンからお金を借りるメリット3つ

 

学生がカードローンでお金を借りることのメリットは、以下3つです。

 

  1. 親やアルバイト先、就職先にバレない
  2. 学生でもムリなく返済できる
  3. 借りたお金の使い道が自由である

 

それぞれについて、順番にわかりやすく説明しますので、よく理解してからカードローンを選ぶようにしてください。

 

【学生カードローンのメリット】
1.バレない配慮アリで保証人不要だから、親や就職先にも内緒にできる

カードローンでお金を借りる場合は、学生でも保証人は不要です。
親や友達に借金の保証人を頼む必要はありませんし、確認の電話が親に入ることもありません。

 

基本的には、学生でも「自分の責任」でお金を借りるサービスなので、学校や親はもちろん、就職先に知らされることはありません。

 

学生でも自分の責任でお金を借りれる

 

また、カードローンの審査では「アルバイト先に電話確認(在籍確認)」がありますが、このときに借入れしたことがバイト先にバレる心配はありません。
というのも、大手カードローンはプライバシーにも十分配慮しているので、オペレーターが個人名で電話をかけ、知り合いを装ってくれるんです。

 

さらに、自宅への郵送物がないカードローンも多いので、実家に住んでいる学生でも、借入れしやすい環境が整っています。

 

【学生カードローンのメリット】
2.無利息サービス・少額返済OKだから、学生でもムリなく完済できる

大手の消費者金融カードローンは、初めて利用する人を対象に「無利息サービス」を用意しているところがあります。
一般的な無利息サービスは、「最大30日の間、金利が0円になる」という内容です。

 

最大30日間金利0円

 

また、カードローンの返済では、毎月必ず返す必要がある最小返済額「約定返済額(やくじょうへんさいがく)」だけが決められています。
この金額はとても小さく、たとえば10万円借入れした場合でも3,000〜5,000円程度の返済にできますので、学生でも無理なく返せるのが魅力なんです。

 

ただし、毎月の返済額が少なければ、当然、返済期間は長くなりますよね。
そこで、毎月いくら返せばどれくらいで返し終わるのかや、どれくらい利息を払うのかといったことがスグにわかる「シミュレーションツール」を使ってみるのがオススメです!
このツールは多くの金融機関のサイトに用意されていますので、ぜひ活用することをオススメします。

 

【学生カードローンのメリット】
3.お金の使い道が自由だから、生活費や遊び代にも使える

カードローンで借りたお金の使い道は、原則として「自由」です。

 

お金の使い道は自由

 

事業目的でなければ、遊びや旅行、勉強など、どのようなことにも使えます。

 

このように、奨学金や自動車ローン、バイクローンなどと異なり、自由度が高いのがカードローンの大きな魅力なんです。

 


 

ここまで、学生カードローンのメリット3つについて紹介してきましたが、学生カードローンの良さはイメージできましたか?
バレない・無利息サービスや少額返済OK・利用目的自由など、カードローンは学生にはとてもうれしいサービスですね。

 

>> 学生におすすめのカードローン一覧はこちら

 

ただし、もちろん学生カードローンにもデメリットはあります。

 

学生カードローンで借入するデメリットは在籍確認があり少額しか借りられないこと

学生カードローンのデメリットは、在籍確認があることと、少額しか借りられないことです。

 

プライバシー面に配慮してくれるとはいえ、アルバイト先に電話がかかるのは、少し気がかりな部分もありますよね。
もし、アルバイト先に相談できる上司や先輩がいるときは、あらかじめ「知り合いから電話があるかもしれない」などと伝えておくのがオススメです。

 

知り合いから電話があると伝えておく

 

また、学生の場合は、アルバイト収入しかありませんので、限度額が少なくなります。
というのも、学生カードローンは「総量規制(そうりょうきせい)」というルールによって、最高でも年間バイト代の3分の1までが限度額となっているんです。
そのため、自動車やバイクの購入、海外旅行を目的としている場合は、希望額に届かないケースもあります。

 

ただ、お金の借り過ぎにカードローン会社が配慮してくれるからこそ、学生でも安心して利用できるという側面もあります。
経済力のない学生がお金を借りすぎると返済時にとても苦労しますので、カードローン会社側で制限をかけてくれることは、学生のためでもあるんですね。

 

>> 安心して借りれる!学生におすすめのカードローン一覧はこちら

 

学生のローンの借り方を知っておこう!申込〜借入の流れ

一般的な消費者金融や銀行のカードローンでは、次のような手続きの流れとなります。

 

 1.WEB申込をしてから、審査結果を待つ
 2.審査OKなら、WEBまたは自動契約機で契約手続き
 3.振込キャッシングまたは提携ATMから借入

 

それぞれについて、くわしい手順を説明しますね。

 

【学生カードローンの借り方】
1.WEB申込をしてから、審査結果を待つ

学生カードローンの申込みは、WEB申込みが便利でカンタンです。
申込みを希望するカードローン会社のホームページにアクセスし、必要事項(審査項目)を入力すれば、スグに審査してもらえます。

 

カードローンはWEB申込みが便利でカンタン

 

申込は5〜10分程度で完了しますが、カードローンごとの申込条件(20歳以上で収入があることなど)がありますので、よく確認しておくことが重要です。

 

また、在籍確認については、審査の最終段階で行われるケースが多いので、不安がある人はWEB申込が完了したらスグにカードローン会社に電話して相談してみましょう。

 

【学生カードローンの借り方】
2.審査OKなら、WEBまたは自動契約機で契約手続き

カードローンの審査に通過したら、続けて契約を行います。
カードローンの契約手続きは、基本的には「WEB契約」または「自動契約機による契約」のいずれかです。

 

WEB契約とは、カードローン会社の会員(仮会員)サイト上で行う契約手続きです。
免許証などの必要書類を、サイトのアップロード機能、または電子メールで送り、WEB上の契約書に同意するだけで手続きが完了します。

 

WEB上で契約OK

 

自動契約機(ローン申込機)は、全国各地に設置されている、契約やカード発行ができる無人店舗のことです。
たとえば、「むじんくん」などは有名ですよね。

 

ここで契約手続きを行うときは、設置されているスキャナで必要書類を読み取るだけで、カードローン会社に書類提出できるようになっています。
必要書類の提出などのカンタンな手続きで契約は完了し、スグにローン用カードを発行してもらえます。

 

ちなみに、消費者金融カードローンで50万円超の限度額を希望する場合、あるいは、他の消費者金融との残高の合計が100万円を超える場合は、「収入証明書類」も必要です。

 

一方、銀行カードローンは、銀行ごとの基準で収入証明書類を提出することになっていますので、事前に確認しておく必要があります。

 

いずれにしても、以下の書類例を参考にして、なるべく早く書類の準備をしておくのがオススメです。

 

【本人確認書類(基本的には以下のうち、ひとつ)】
・運転免許証
・パスポート
・住民基本台帳カード
・個人番号カード

 

【収入証明書類(基本的には以下のうち、ひとつ)】
・源泉徴収票
・確定申告書の写し

 

【学生カードローンの借り方】
3.振込キャッシングまたは提携ATMから借入

契約手続きが完了したら、振込または提携ATMから融資を受けます。

 

振込キャッシングまたは提携ATMから借入可能

 

振込によるキャッシングは、WEB上の手続きで行えますが、銀行の営業時間の関係で翌営業日の振込となることがあります。

 

できるだけ早くお金を受け取りたい学生は、契約手続きを自動契約機で行い、受け取ったカードを使ってコンビニなどの提携ATMからお金を引き出すのがオススメです。
カードを使った借入れなら、24時間営業のコンビニでお金を受け取れますので、土日や祭日の即日融資も可能になります。

 


 

ここまでお話してきたように、学生でも手軽に安心して利用できるカードローンがあります。
50万円以下の少額の希望なら、身分証明書だけで利用できるのもカードローンの魅力です。
怪しい業者に騙されて違法な金利や取り立てを受けることのないよう、大手の安心できるカードローン会社を利用することをオススメします。

 

↓当サイトがオススメする大手カードローン一覧はこちら

 

学生ローンおすすめの借入先は?

 

まだ学生だし、保証人なしでお金なんて借りられないよね・・・」と思っていませんか?
じつは、学生でも保証人不要で借りられるカードローンはいくつもあるんです。
ですが、どのカードローンを選んでも安心というわけではありません。

 

学生でも保証人なしで組めるローンの中には、 “ヤミ金”などの違法業者が紛れている可能性があるんです。

 

そこで、ここでは学生でも安心して借りられる大手の消費者金融、銀行のカードローンを中心に紹介しますので、自分に合ったローンを選ぶようにしてください。
また、学生カードローンの選び方に関するポイントや注意点についても紹介しています。

 

3分程度で読みきれる内容ですので、十分に理解してからカードローンの申込みを始めるようにしましょう。

 

学生ローンとは?審査の条件や保証人について

学生ローンというと、アミーゴやマルイ、イー・キャンパスなどをイメージするかもしれませんが、大手の消費者金融のカードローンを選ぶのがオススメです。

 

というのも、大手消費者金融カードローンなら、20歳以上でアルバイトをしている学生であれば、担保や保証人が必要ないのはもちろん、親に内緒でお金を借りることができるんです。

 

親に内緒でお金を借りることができる

 

また、大手消費者金融には一定期間の利息が0円になる「無利息サービス」がありますので、学生でもおトクにお金を借りられるのが最大の魅力です。

 

では、そんな学生カードローンでお金を借りるメリットを紹介しますね。

 

学生カードローンからお金を借りるメリット3つ

学生カードローンからお金を借りるメリット3つ

 

学生がカードローンでお金を借りることのメリットは、以下3つです。

 

  1. 親やアルバイト先、就職先にバレない
  2. 学生でもムリなく返済できる
  3. 借りたお金の使い道が自由である

 

それぞれについて、順番にわかりやすく説明しますので、よく理解してからカードローンを選ぶようにしてください。

 

【学生カードローンのメリット】
1.バレない配慮アリで保証人不要だから、親や就職先にも内緒にできる

カードローンでお金を借りる場合は、学生でも保証人は不要です。
親や友達に借金の保証人を頼む必要はありませんし、確認の電話が親に入ることもありません。

 

基本的には、学生でも「自分の責任」でお金を借りるサービスなので、学校や親はもちろん、就職先に知らされることはありません。

 

学生でも自分の責任でお金を借りれる

 

また、カードローンの審査では「アルバイト先に電話確認(在籍確認)」がありますが、このときに借入れしたことがバイト先にバレる心配はありません。
というのも、大手カードローンはプライバシーにも十分配慮しているので、オペレーターが個人名で電話をかけ、知り合いを装ってくれるんです。

 

さらに、自宅への郵送物がないカードローンも多いので、実家に住んでいる学生でも、借入れしやすい環境が整っています。

 

【学生カードローンのメリット】
2.無利息サービス・少額返済OKだから、学生でもムリなく完済できる

大手の消費者金融カードローンは、初めて利用する人を対象に「無利息サービス」を用意しているところがあります。
一般的な無利息サービスは、「最大30日の間、金利が0円になる」という内容です。

 

最大30日間金利0円

 

また、カードローンの返済では、毎月必ず返す必要がある最小返済額「約定返済額(やくじょうへんさいがく)」だけが決められています。
この金額はとても小さく、たとえば10万円借入れした場合でも3,000〜5,000円程度の返済にできますので、学生でも無理なく返せるのが魅力なんです。

 

ただし、毎月の返済額が少なければ、当然、返済期間は長くなりますよね。
そこで、毎月いくら返せばどれくらいで返し終わるのかや、どれくらい利息を払うのかといったことがスグにわかる「シミュレーションツール」を使ってみるのがオススメです!
このツールは多くの金融機関のサイトに用意されていますので、ぜひ活用することをオススメします。

 

【学生カードローンのメリット】
3.お金の使い道が自由だから、生活費や遊び代にも使える

カードローンで借りたお金の使い道は、原則として「自由」です。

 

お金の使い道は自由

 

事業目的でなければ、遊びや旅行、勉強など、どのようなことにも使えます。

 

このように、奨学金や自動車ローン、バイクローンなどと異なり、自由度が高いのがカードローンの大きな魅力なんです。

 


 

ここまで、学生カードローンのメリット3つについて紹介してきましたが、学生カードローンの良さはイメージできましたか?
バレない・無利息サービスや少額返済OK・利用目的自由など、カードローンは学生にはとてもうれしいサービスですね。

 

>> 学生におすすめのカードローン一覧はこちら

 

ただし、もちろん学生カードローンにもデメリットはあります。

 

学生カードローンで借入するデメリットは在籍確認があり少額しか借りられないこと

学生カードローンのデメリットは、在籍確認があることと、少額しか借りられないことです。

 

プライバシー面に配慮してくれるとはいえ、アルバイト先に電話がかかるのは、少し気がかりな部分もありますよね。
もし、アルバイト先に相談できる上司や先輩がいるときは、あらかじめ「知り合いから電話があるかもしれない」などと伝えておくのがオススメです。

 

知り合いから電話があると伝えておく

 

また、学生の場合は、アルバイト収入しかありませんので、限度額が少なくなります。
というのも、学生カードローンは「総量規制(そうりょうきせい)」というルールによって、最高でも年間バイト代の3分の1までが限度額となっているんです。
そのため、自動車やバイクの購入、海外旅行を目的としている場合は、希望額に届かないケースもあります。

 

ただ、お金の借り過ぎにカードローン会社が配慮してくれるからこそ、学生でも安心して利用できるという側面もあります。
経済力のない学生がお金を借りすぎると返済時にとても苦労しますので、カードローン会社側で制限をかけてくれることは、学生のためでもあるんですね。

 

>> 安心して借りれる!学生におすすめのカードローン一覧はこちら

 

学生のローンの借り方を知っておこう!申込〜借入の流れ

一般的な消費者金融や銀行のカードローンでは、次のような手続きの流れとなります。

 

 1.WEB申込をしてから、審査結果を待つ
 2.審査OKなら、WEBまたは自動契約機で契約手続き
 3.振込キャッシングまたは提携ATMから借入

 

それぞれについて、くわしい手順を説明しますね。

 

【学生カードローンの借り方】
1.WEB申込をしてから、審査結果を待つ

学生カードローンの申込みは、WEB申込みが便利でカンタンです。
申込みを希望するカードローン会社のホームページにアクセスし、必要事項(審査項目)を入力すれば、スグに審査してもらえます。

 

カードローンはWEB申込みが便利でカンタン

 

申込は5〜10分程度で完了しますが、カードローンごとの申込条件(20歳以上で収入があることなど)がありますので、よく確認しておくことが重要です。

 

また、在籍確認については、審査の最終段階で行われるケースが多いので、不安がある人はWEB申込が完了したらスグにカードローン会社に電話して相談してみましょう。

 

【学生カードローンの借り方】
2.審査OKなら、WEBまたは自動契約機で契約手続き

カードローンの審査に通過したら、続けて契約を行います。
カードローンの契約手続きは、基本的には「WEB契約」または「自動契約機による契約」のいずれかです。

 

WEB契約とは、カードローン会社の会員(仮会員)サイト上で行う契約手続きです。
免許証などの必要書類を、サイトのアップロード機能、または電子メールで送り、WEB上の契約書に同意するだけで手続きが完了します。

 

WEB上で契約OK

 

自動契約機(ローン申込機)は、全国各地に設置されている、契約やカード発行ができる無人店舗のことです。
たとえば、「むじんくん」などは有名ですよね。

 

ここで契約手続きを行うときは、設置されているスキャナで必要書類を読み取るだけで、カードローン会社に書類提出できるようになっています。
必要書類の提出などのカンタンな手続きで契約は完了し、スグにローン用カードを発行してもらえます。

 

ちなみに、消費者金融カードローンで50万円超の限度額を希望する場合、あるいは、他の消費者金融との残高の合計が100万円を超える場合は、「収入証明書類」も必要です。

 

一方、銀行カードローンは、銀行ごとの基準で収入証明書類を提出することになっていますので、事前に確認しておく必要があります。

 

いずれにしても、以下の書類例を参考にして、なるべく早く書類の準備をしておくのがオススメです。

 

【本人確認書類(基本的には以下のうち、ひとつ)】
・運転免許証
・パスポート
・住民基本台帳カード
・個人番号カード

 

【収入証明書類(基本的には以下のうち、ひとつ)】
・源泉徴収票
・確定申告書の写し

 

【学生カードローンの借り方】
3.振込キャッシングまたは提携ATMから借入

契約手続きが完了したら、振込または提携ATMから融資を受けます。

 

振込キャッシングまたは提携ATMから借入可能

 

振込によるキャッシングは、WEB上の手続きで行えますが、銀行の営業時間の関係で翌営業日の振込となることがあります。

 

できるだけ早くお金を受け取りたい学生は、契約手続きを自動契約機で行い、受け取ったカードを使ってコンビニなどの提携ATMからお金を引き出すのがオススメです。
カードを使った借入れなら、24時間営業のコンビニでお金を受け取れますので、土日や祭日の即日融資も可能になります。

 


 

ここまでお話してきたように、学生でも手軽に安心して利用できるカードローンがあります。
50万円以下の少額の希望なら、身分証明書だけで利用できるのもカードローンの魅力です。
怪しい業者に騙されて違法な金利や取り立てを受けることのないよう、大手の安心できるカードローン会社を利用することをオススメします。

 

↓当サイトがオススメする大手カードローン一覧はこちら