MENU

学生でも借金したい時に!親にバレずに即日借入できる方法

学生

 

自分は学生だから、金融機関からお金を借りるのが不安!」と思っていませんか?
学生の場合、金融機関との取引経験が少ないので、借金するのは不安ですよね・・・。

 

そんな“借入を希望しているけれど不安でいっぱい”の学生にオススメしたいのが、「学生カードローン」です。

 

学生カードローンには、親バレせずに即日で借りられるといったメリットがあるんです。
ただ、カードローンの選び方にもいくつかのポイントがあり、安易に借入をするのはとても危険です。

 

そこで、ここではあなたにピッタリの学生カードローンを紹介します。

 

学生にぴったりの借り入れ先はこちら

アコム

3.0%〜18.0%
 

1万〜800万円
 

最短1時間
 

50万円まで不要
(*1)

初めての方は最大30日間金利0円
・いつでも返せて、利息はご利用日数分だけ
・3項目の入力でお借入れ可能かわかる3秒診断
・ネットや提携ATMから24時間お借入・ご返済可能(*2)

アイフル

3.0%〜18.0%

800万円

最短1時間

50万円まで不要

・最短1時間融資可能
・自動審査あり
・3ステップで申込み完了
優先審査のサービスあり

プロミス

4.5%〜17.8%

1万〜500万円

最短1時間

50万円まで不要

初めての方は30日間利息ゼロ(*1)
・最短1時間融資可能!
・24時間いつでもお申込み可能
・3項目入力で簡単3秒診断
・最短10秒で銀行口座に振り込みされる素早い借入方法「瞬フリ」(*2)

プロミスレディース
プロミスレディース
4.5%〜17.8%

1万〜500万円

最短1時間

50万円まで不要

・女性オペレータが対応
初めての方は30日間利息ゼロ(*1)
・最短1時間融資可能!
・24時間いつでもお申込み可能
・3項目入力で簡単3秒診断
・最短10秒で銀行口座に振り込みされる素早い借入方法「瞬フリ」(*2)

 

各カードローンの注意点
アコム
※1 お借入れ総額により収入証明書が必要
※2 提携CD・ATMの詳細についてはアコムのホームページでご確認ください。
プロミス、プロミスレディース
※1 メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要
※2 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座の登録が必要

 

学生でも借金したい人におすすめなのはカードローン

学生でも、自分の貯金額よりもっとたくさんのお金を使いたいことってありますよね。
そんなとき、学生が真っ先に思いつくのは、“親や友人からの借金”ではないでしょうか。

 

学生たち

 

知り合いからの借金は、「利息」がないのでメリットしかないように思えますが、じつは多くのデメリットがあります。

 

(関連記事:「お金を借りるならどこ?借り入れ先のおすすめはココ!」)

 

そのため、誰にも迷惑をかけずにお金の用意ができる「学生カードローン」を利用するのもひとつの方法なんです。

 

学生がお金を借りるのにカードローンがオススメな理由3つ

学生がカードローンでお金を借りる

 

学生がカードローンでお金を借りるメリットには、次の3つがあります。

 

  1. 親にバレずに借りられる
  2. 学生でも社会人と同様にお金を借りられる
  3. 即日審査・即日融資でスグにお金を用意できる

 

カンタンにいうと、学生でもカードローンを利用すれば、自分だけの責任でスグにお金が受け取れます。

 

親の同意や保証人も必要ないので、自分だけの判断でお金を借りることを決められるのが魅力なんです。

 

では、これら3つのメリットについて、説明しますね。

 

【学生カードローンがオススメな理由】
1.親にバレずに借りられる

親にバレずにお金を借りる

 

カードローンの利用で「親バレしない」ためのポイントは、電話や郵送物がなく、親の同意が必要ないことです。

 

まず、学生のカードローンの利用にあたって、基本的に実家の親に電話が入ることはありません。
カードローンの審査で、本人の申込み意思を確認するための電話はありますが、自分の携帯電話にかかってくるので、親に心配をかけることはありません。

 

また、在籍確認(アルバイト先の電話確認)では、金融機関のオペレーターが「個人名」で名乗るのが基本です。
「○○消費者金融ですが・・・」とは決して言いませんので、アルバイト先にお金を借りたことが知られる心配も必要ありません。

 

次に、金融機関からの郵便物については、消費者金融カードローンの場合は、「連絡方法」を変更することで対応できます。
カードローンの申込みが完了したら、会員専用サイトにログインして、金融機関からの連絡方法(明細書の受取り)を「電子メール(電磁的交付)」に変更します。

 

消費者金融は、法律によって、明細書の交付が義務づけられていますが、電子メールや会員サイトでの確認を選択すれば、自宅に郵便物が来ることはありません。
なお、万が一、金融機関からの郵便物があった場合でも、消費者金融やサービスの名前(アコムなど)ではなく、「ACセンター」のようにプライバシーに配慮した名義で送られてきます。

 

もっとも、カードローン申込み後の「延滞」に気をつければ、金融機関からの郵便物については、とくに気にする必要はないでしょう。

 

【学生カードローンがオススメな理由】
2.学生でも社会人と同様にお金を借りられる

社会人と同じようにお金を借りられる

 

学生カードローンでは、学生であっても社会人と同じようにお金を借りられます。
ただし、以下の借り入れ条件を満たしている必要があるので、かならずチェックしておきましょう。

 

学生カードローンの借入条件は「20歳以上で毎月バイト収入があること」

一般的なカードローンでは、サービスを利用するための申込条件(借入条件)が決められています。

 

学生やアルバイト、パートでも申込みは可能ですが、「20歳以上であること」が前提となります。

 

さらに、消費者金融のカードローンには、貸付の上限額について「総量規制(そうりょうきせい)」というルールがあります。
この総量規制とは、“年収の3分の1を超える貸付になってはならない”という、お金の貸しすぎを防ぎ利用者を守るルールです。

 

年間のアルバイト収入の3分の1超の限度額は認められていませんので、希望額を申し出るときは、多くしすぎないように注意してくださいね。

 

【学生カードローンがオススメな理由】
3.即日審査・即日融資でスグにお金を用意できる

即日審査や即日融資に対応

 

大手の消費者金融なら、即日審査や即日融資にも対応可能です。
夜間以降の申込みの場合は別ですが、1時間以内にお金が受け取れることもあるんです。

 

消費者金融カードローンの申込みから、現金受取りまでは次の3つのステップで行われます。

 

  1. ホームページからWEB申込
  2. 自動契約機でローン専用カードの発行
  3. コンビニなど提携ATMを利用して現金の受取り

 

インターネットからのカードローンの申込みは365日24時間OKなので、今スグにでも可能です。
審査完了までに最短でも30分〜1時間ほどかかりますが、審査に通過したら最寄りの自動契約機で「ローン専用カード」が受け取れます。
このローン専用カードを使えば、スグにコンビニなどのATMからお金が受け取れるんです。

 


 

ここまで学生カードローンがオススメな理由3つを紹介しましたが、学生カードローンに興味はわきましたか?
ただ、やっぱりまだ不安に思う人もいますよね。

 

そこで、学生カードローンの審査や、金利、安全な金融機関の選び方について、最後にしっかりと紹介します。

 

学生がカードローンを利用する前に知っておきたいこと3つ

学生がカードローンを利用する前に知っておきたいことをチェック

 

学生がカードローンを利用する前に、しっかりと理解しておきたいことは以下の3つです。

 

  1. 審査で行われる在籍確認(ざいせきかくにん)はバレないように配慮されている
  2. 無利息キャンペーンを利用すれば返済額がオトクになる
  3. 安全な金融機関はやっぱり大手!

 

それぞれについて、くわしく説明していきますね。

 

1.審査で行われる在籍確認(ざいせきかくにん)はバレないように配慮されている

審査で行われる在籍確認について

 

先ほどもお話したように、カードローンの審査では、きちんとアルバイトをしていることを確認するため、在籍確認の手続きが行われます。
この在籍確認は、金融機関の担当者がアルバイト先に電話をかけ、あなたを呼び出す方法で行われます。

 

ただ、このときに金融機関名やサービス名では名乗らずに、「私、○○というものですが・・・」と個人名でかけてくるので、プライバシー上の心配はしなくても大丈夫です。
もし、どうしても不安なら、バイト先の先輩などに「クレジットカードを作るから確認の電話が来るかも」などの口実を考えておくのがオススメです。

 

また、カードローン会社によっては相談に応じてくれるところもあるので、申込が完了した後に電話で、在籍確認について相談してみてもいいでしょう。

 

2.無利息キャンペーンを利用すれば返済額がオトクになる

カードローンの利息を計算

 

カードローンの金利については、「無利息キャンペーン」を利用するとしても、理解しておくことが重要です。
消費者金融のカードローンでは、年率18.0%近くの金利が設定されていますが、この金利で「どのくらい利息が生じるのか?」を理解しておく必要があります。

 

カードローンの利息の計算は、「利息=借入残高×金利×利用日数÷365日」で計算します。
年率18.0%で1万円を1日借りたときの利息は、1万円×0.180×1日÷365日=4.93円となります。

 

10万円の借入れなら1日につき約49円、10万円を1ヶ月間借入れすると1,500円弱の利息が発生することが分かります。
ただし、大手消費者金融の「無利息キャンペーン」を利用すると、最初の30日分の利息が0円になります。
短期間での完済をすると、負担が大幅に少なくなりますので、できるだけ早めに借金をなくすことを心がけるようにしてください。

 

また、毎月の返済額については、最低返済額である「約定返済額(やくじょうへんさいがく)」の「3,000〜4,000円」くらいずつ返していけばいいんです。
このように、自分のペースで返済できるのもうれしいメリットですが、余裕のあるときに一括で繰上返済して完済してしまうと、金利負担を最小にできますよ。

 

3.安全な金融機関はやっぱり大手!

安心できる大手カードローン

 

安心できる業者を選ぶためには、大手のカードローンを選びましょう。
大手の消費者金融は、メガバンク(大手銀行)のグループ会社であることがほとんどです。

 

そのため、法律を遵守しており、トイチやトニといった違法な高金利で貸付られたり、違法な取立てでトラブルに巻き込まれたりする心配がありません。

 

「中小の消費者金融のほうが審査に通りやすそう」と思うかもしれませんが、安全にお金を借りるためにも、大手の消費者金融を選ぶのがオススメですよ。

 


 

ここまで、学生カードローンについて紹介してきました。
学生でも一般の社会人と同様に扱ってくれますので、アルバイトをしている学生は、カードローンの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

 

なお、カードローンの申込みには、身分を証明するための「本人確認書類」が必要です。
運転免許証かパスポート、住民基本台帳カードなどが必要になりますので、できるだけ早めに用意しておくことをおすすめします。

 

なお、こうした必要書類やスマホからのカンタン申込の流れについては、「スマホでお金を借りるならWEB借入OKのカードローンがおすすめ」の記事でくわしく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

 

学生

 

自分は学生だから、金融機関からお金を借りるのが不安!」と思っていませんか?
学生の場合、金融機関との取引経験が少ないので、借金するのは不安ですよね・・・。

 

そんな“借入を希望しているけれど不安でいっぱい”の学生にオススメしたいのが、「学生カードローン」です。

 

学生カードローンには、親バレせずに即日で借りられるといったメリットがあるんです。
ただ、カードローンの選び方にもいくつかのポイントがあり、安易に借入をするのはとても危険です。

 

そこで、ここではあなたにピッタリの学生カードローンを紹介します。

 

学生にぴったりの借り入れ先はこちら

アコム

 


3.0%〜18.0%

1万〜800万円

最短1時間

収入証明書:50万円まで不要(*1)
初めての方は最大30日間金利0円
・いつでも返せて、利息はご利用日数分だけ
・3項目の入力でお借入れ可能かわかる3秒診断
・ネットや提携ATMから24時間お借入・ご返済可能(*2)

 

アイフル

 


3.0%〜18.0%

800万円

最短1時間

収入証明書:50万円まで不要
・最短1時間融資可能
・自動審査あり
・3ステップで申込み完了
優先審査のサービスあり

 

プロミス

 


4.5%〜17.8%

1万〜500万円

最短1時間

収入証明書:50万円まで不要
初めての方は30日間利息ゼロ(*1)
・最短1時間融資可能!
・24時間いつでもお申込み可能
・3項目入力で簡単3秒診断
・最短10秒で銀行口座に振り込みされる
 素早い借入方法「瞬フリ」(*2)

 

プロミスレディース

 


4.5%〜17.8%

1万〜500万円

最短1時間

収入証明書:50万円まで不要
・女性オペレータが対応
初めての方は30日間利息ゼロ(*1)
・最短1時間融資可能!
・24時間いつでもお申込み可能
・3項目入力で簡単3秒診断
・最短10秒で銀行口座に振り込みされる
 素早い借入方法「瞬フリ」(*2)

 

 

各カードローンの注意点
アコム
※1 お借入れ総額により収入証明書が必要
※2 提携CD・ATMの詳細についてはアコムの
 ホームページでご確認ください。
プロミス、プロミスレディース
※1 メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要
※2 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座の登録が必要

 

学生でも借金したい人におすすめなのはカードローン

学生でも、自分の貯金額よりもっとたくさんのお金を使いたいことってありますよね。
そんなとき、学生が真っ先に思いつくのは、“親や友人からの借金”ではないでしょうか。

 

学生たち

 

知り合いからの借金は、「利息」がないのでメリットしかないように思えますが、じつは多くのデメリットがあります。

 

(関連記事:「お金を借りるならどこ?借り入れ先のおすすめはココ!」)

 

そのため、誰にも迷惑をかけずにお金の用意ができる「学生カードローン」を利用するのもひとつの方法なんです。

 

学生がお金を借りるのにカードローンがオススメな理由3つ

学生がカードローンでお金を借りる

 

学生がカードローンでお金を借りるメリットには、次の3つがあります。

 

  1. 親にバレずに借りられる
  2. 学生でも社会人と同様にお金を借りられる
  3. 即日審査・即日融資でスグにお金を用意できる

 

カンタンにいうと、学生でもカードローンを利用すれば、自分だけの責任でスグにお金が受け取れます。

 

親の同意や保証人も必要ないので、自分だけの判断でお金を借りることを決められるのが魅力なんです。

 

では、これら3つのメリットについて、説明しますね。

 

【学生カードローンがオススメな理由】
1.親にバレずに借りられる

親にバレずにお金を借りる

 

カードローンの利用で「親バレしない」ためのポイントは、電話や郵送物がなく、親の同意が必要ないことです。

 

まず、学生のカードローンの利用にあたって、基本的に実家の親に電話が入ることはありません。
カードローンの審査で、本人の申込み意思を確認するための電話はありますが、自分の携帯電話にかかってくるので、親に心配をかけることはありません。

 

また、在籍確認(アルバイト先の電話確認)では、金融機関のオペレーターが「個人名」で名乗るのが基本です。
「○○消費者金融ですが・・・」とは決して言いませんので、アルバイト先にお金を借りたことが知られる心配も必要ありません。

 

次に、金融機関からの郵便物については、消費者金融カードローンの場合は、「連絡方法」を変更することで対応できます。
カードローンの申込みが完了したら、会員専用サイトにログインして、金融機関からの連絡方法(明細書の受取り)を「電子メール(電磁的交付)」に変更します。

 

消費者金融は、法律によって、明細書の交付が義務づけられていますが、電子メールや会員サイトでの確認を選択すれば、自宅に郵便物が来ることはありません。
なお、万が一、金融機関からの郵便物があった場合でも、消費者金融やサービスの名前(アコムなど)ではなく、「ACセンター」のようにプライバシーに配慮した名義で送られてきます。

 

もっとも、カードローン申込み後の「延滞」に気をつければ、金融機関からの郵便物については、とくに気にする必要はないでしょう。

 

【学生カードローンがオススメな理由】
2.学生でも社会人と同様にお金を借りられる

社会人と同じようにお金を借りられる

 

学生カードローンでは、学生であっても社会人と同じようにお金を借りられます。
ただし、以下の借り入れ条件を満たしている必要があるので、かならずチェックしておきましょう。

 

学生カードローンの借入条件は「20歳以上で毎月バイト収入があること」

一般的なカードローンでは、サービスを利用するための申込条件(借入条件)が決められています。

 

学生やアルバイト、パートでも申込みは可能ですが、「20歳以上であること」が前提となります。

 

さらに、消費者金融のカードローンには、貸付の上限額について「総量規制(そうりょうきせい)」というルールがあります。
この総量規制とは、“年収の3分の1を超える貸付になってはならない”という、お金の貸しすぎを防ぎ利用者を守るルールです。

 

年間のアルバイト収入の3分の1超の限度額は認められていませんので、希望額を申し出るときは、多くしすぎないように注意してくださいね。

 

【学生カードローンがオススメな理由】
3.即日審査・即日融資でスグにお金を用意できる

即日審査や即日融資に対応

 

大手の消費者金融なら、即日審査や即日融資にも対応可能です。
夜間以降の申込みの場合は別ですが、1時間以内にお金が受け取れることもあるんです。

 

消費者金融カードローンの申込みから、現金受取りまでは次の3つのステップで行われます。

 

  1. ホームページからWEB申込
  2. 自動契約機でローン専用カードの発行
  3. コンビニなど提携ATMを利用して現金の受取り

 

インターネットからのカードローンの申込みは365日24時間OKなので、今スグにでも可能です。
審査完了までに最短でも30分〜1時間ほどかかりますが、審査に通過したら最寄りの自動契約機で「ローン専用カード」が受け取れます。
このローン専用カードを使えば、スグにコンビニなどのATMからお金が受け取れるんです。

 


 

ここまで学生カードローンがオススメな理由3つを紹介しましたが、学生カードローンに興味はわきましたか?
ただ、やっぱりまだ不安に思う人もいますよね。

 

そこで、学生カードローンの審査や、金利、安全な金融機関の選び方について、最後にしっかりと紹介します。

 

学生がカードローンを利用する前に知っておきたいこと3つ

学生がカードローンを利用する前に知っておきたいことをチェック

 

学生がカードローンを利用する前に、しっかりと理解しておきたいことは以下の3つです。

 

  1. 審査で行われる在籍確認(ざいせきかくにん)はバレないように配慮されている
  2. 無利息キャンペーンを利用すれば返済額がオトクになる
  3. 安全な金融機関はやっぱり大手!

 

それぞれについて、くわしく説明していきますね。

 

1.審査で行われる在籍確認(ざいせきかくにん)はバレないように配慮されている

審査で行われる在籍確認について

 

先ほどもお話したように、カードローンの審査では、きちんとアルバイトをしていることを確認するため、在籍確認の手続きが行われます。
この在籍確認は、金融機関の担当者がアルバイト先に電話をかけ、あなたを呼び出す方法で行われます。

 

ただ、このときに金融機関名やサービス名では名乗らずに、「私、○○というものですが・・・」と個人名でかけてくるので、プライバシー上の心配はしなくても大丈夫です。
もし、どうしても不安なら、バイト先の先輩などに「クレジットカードを作るから確認の電話が来るかも」などの口実を考えておくのがオススメです。

 

また、カードローン会社によっては相談に応じてくれるところもあるので、申込が完了した後に電話で、在籍確認について相談してみてもいいでしょう。

 

2.無利息キャンペーンを利用すれば返済額がオトクになる

カードローンの利息を計算

 

カードローンの金利については、「無利息キャンペーン」を利用するとしても、理解しておくことが重要です。
消費者金融のカードローンでは、年率18.0%近くの金利が設定されていますが、この金利で「どのくらい利息が生じるのか?」を理解しておく必要があります。

 

カードローンの利息の計算は、「利息=借入残高×金利×利用日数÷365日」で計算します。
年率18.0%で1万円を1日借りたときの利息は、1万円×0.180×1日÷365日=4.93円となります。

 

10万円の借入れなら1日につき約49円、10万円を1ヶ月間借入れすると1,500円弱の利息が発生することが分かります。
ただし、大手消費者金融の「無利息キャンペーン」を利用すると、最初の30日分の利息が0円になります。
短期間での完済をすると、負担が大幅に少なくなりますので、できるだけ早めに借金をなくすことを心がけるようにしてください。

 

また、毎月の返済額については、最低返済額である「約定返済額(やくじょうへんさいがく)」の「3,000〜4,000円」くらいずつ返していけばいいんです。
このように、自分のペースで返済できるのもうれしいメリットですが、余裕のあるときに一括で繰上返済して完済してしまうと、金利負担を最小にできますよ。

 

3.安全な金融機関はやっぱり大手!

安心できる大手カードローン

 

安心できる業者を選ぶためには、大手のカードローンを選びましょう。
大手の消費者金融は、メガバンク(大手銀行)のグループ会社であることがほとんどです。

 

そのため、法律を遵守しており、トイチやトニといった違法な高金利で貸付られたり、違法な取立てでトラブルに巻き込まれたりする心配がありません。

 

「中小の消費者金融のほうが審査に通りやすそう」と思うかもしれませんが、安全にお金を借りるためにも、大手の消費者金融を選ぶのがオススメですよ。

 


 

ここまで、学生カードローンについて紹介してきました。
学生でも一般の社会人と同様に扱ってくれますので、アルバイトをしている学生は、カードローンの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

 

なお、カードローンの申込みには、身分を証明するための「本人確認書類」が必要です。
運転免許証かパスポート、住民基本台帳カードなどが必要になりますので、できるだけ早めに用意しておくことをおすすめします。

 

なお、こうした必要書類やスマホからのカンタン申込の流れについては、「スマホでお金を借りるならWEB借入OKのカードローンがおすすめ」の記事でくわしく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!