MENU

銀行カードローンの返済方法

銀行

 

私たちの生活に身近な銀行。
その銀行が取り扱っている商品のひとつにカードローンがあります。
低金利で安心利用できる銀行カードローンを、利用したいなぁと思っている人もいるようですね。

 

しかし使いたい思いはあるものの、堅苦しいイメージを持っていたり、簡単に借りられても返済の時はルールに縛られそうだと諦めムードの人もいるのではないでしょうか。

 

もちろん、お金を借りるのですから、それなりのルールや約束事はあります。
それに消費者金融のような派手なパフォーマンスも少ないことから、「堅苦しい」と思われるのも仕方ありません。

 

でも、そこは銀行。
しっかりとした枠組みのなかでの、柔軟なサービスを用意しているんですね。
もちろん、返済方法も複数用意されていることに加え、消費者金融とは違ったメリットもあります。

 

そこで今回は、銀行の返済方法にスポットをあててご紹介していきます。
また、バンクイック、三井住友銀行カードローン、みずほ銀行カードローンについては、具体的な返済方法についてお伝えしていきましょう。
銀行カードローンの堅苦しくないサービスが見えてくるはずですよ。

 

銀行カードローンの返済方法の特徴

銀行口座

 

銀行カードローンの特徴、それは銀行機能と連携しているところです。
利用する銀行口座を持っていればサービスの幅もひろがります。

 

特にインターネットバンキングをカードローンのサービスに絡ませているところが、消費者金融と異なる点になります。
その特徴が色濃く出ているのが3大メガバンク。
さてどんな返済方法があるのでしょうか。

 

メガバンク3行の返済方法

返済方法

 

善は急げ!でメガバンク3行の返済方法を調べてみたところ、次の3種類でした。

 

  • 口座引落しや口座振替
  • ATM
  • 振込(インターネットバンキング)

 

利用者が、自分にとって使いやすい方法を選ぶことができます。
インターネットバンキングを使っての返済は、銀行ならではですね。
では、3大メガバンクのそれぞれの内容を詳しく見ていきましょう。

 

バンクイックの返済方法

メガバンクの中でもTOPの三菱UFJ銀行。
その三菱UFJ銀行が扱っているカードローンがバンクイックです。

 

スピード審査に定評があり、最短翌営業日にはキャッシングがOKとなります。
銀行口座がなくてもカードローンを利用することができますし、もちろん預金口座があればさらに使いやすさが広がります。

 

また、土日祝日もカードが受け取れるテレビ窓口も用意されているなど、申込者目線でのサービスが強みです。

 

【バンクイックの返済方法】
1.自動支払い(口座引落し)

三菱UFJ銀行の本人名義の口座から、引き落とされるシステムです。
決まった日に自動的に引き落とされるので、返済を忘れる心配はありません。

 

【バンクイックの返済方法】
2.ATM

いつでも返済可能(ほぼ24時間利用可能)で、ATM利用にかかる手数料も無料です。
三菱UFJ銀行口座を持っていない場合は、返済方法はATM利用となりますが、コンビニATMも利用できるので不便さはありませんね。

 

利用できるATM
三菱UFJ銀行ATM・セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM・E-net(コンビニATM)

 

【バンクイックの返済方法】
3.振り込み

三菱UFJダイレクト(インターネットバンキング)を利用していることが条件です。
スマホやPCがあれば、会員ページから手続きをするだけで簡単に返済できます。
もちろん手数料は無料です。

 

返済期日は35日ごとか毎月指定

バンクイックの返済期日は、35日ごとの返済か毎月指定した日に返済するか、どちらかを選ぶことができ、指定日は利用者が希望の返済日を指定できます。

 

>>バンクイックの詳細、申し込みはコチラ

 

三井住友銀行カードローンの返済方法

三井住友銀行カードローンは、バンクイックに追随するように人気のあるカードローンです。

 

低金利も去ることながら、預金口座があればそのキャッシュカードにローン機能を付けてもらうことができます。
わざわざ専用カードを作る必要がないので、申し込み手続きの時間も短縮されるので助かりますね。
では、返済方法をチェックしましょう。

 

【三井住友銀行カードローンの返済方法】
1.口座振替

三井住友銀行の口座から、決まった日に引き落とされます。
バンクイック同様、こちらも返済を忘れる心配はありませんね。

 

【三井住友銀行カードローンの返済方法】
2.ATM

三井住友銀行のATMをはじめ、E-net・ローソン銀行ATM・セブン銀行ATM・ゆうちょ銀行ATMが利用できます。

 

手数料は無料で、三井住友銀行普通預金口座があればそのキャッシュカードでも返済できるのが特徴です。
ただし、キャッシュカードがつかえるATMは、三井住友銀行本支店ATMとコンビニATMです。
ゆうちょ銀行のATMでは使えませんので、ご注意くださいね。

 

利用できるATM
三井住友銀行のATM・E-net・ローソン銀行ATM・セブン銀行ATM・ゆうちょ銀行ATM

 

【三井住友銀行カードローンの返済方法】
3.振り込み

SMBCダイレクト (インターネットバンキング)を使って、カードローン口座に振込む方法です。
もちろん、SMBCダイレクトを利用していることが条件です。

 

返済日は4つから選択できる

三井住友銀行カードローンは毎月5日、15日、25日、月末より指定することができます。
収入日(給料日)に近い日程を選ぶことがコツですね。

 

>>三井住友銀行カードローンの詳細、申し込みはコチラ

 

みずほ銀行カードローンの返済方法

みずほ銀行カードローンも低金利がウリで、さらにキャッシュカードにローン機能が付くなどのサービスがあります。

 

返済方法は他の2行とちょっと異なり、基本は口座振替での返済です。
口座振替日以外で追加の返済をする場合は、ATMやインターネットバンキングからの返済となります。

 

【みずほ銀行カードローンの返済方法】
1.口座振替

みずほ銀行の普通預金口座から、毎月10日に引落しされます。
もし口座引落返済の時に残高不足になっていたら、不足分を自動で貸し出すサービス「自動融資サービス」も利用できます。
支払が滞るようなことがないのは、ありがたいですね。

 

【みずほ銀行カードローンの返済方法】
2.ATM

任意返済(繰り上げ返済)をしたい場合に、ATMから返済できます。
ローン機能兼用のみずほ銀行のキャッシュカードでも返済可能です。
ただし、ゆうちょ銀行ATM・イオン銀行ATMではキャッシュカードでの返済ができませんので気を付けてください。

 

利用できるATM
みずほ銀行ATM・E-net・ローソン銀行ATM・セブン銀行ATM・ゆうちょ銀行ATMそしてイオン銀行ATM

 

【みずほ銀行カードローンの返済方法】
3.振り込み

こちらも任意返済(繰り上げ返済)をしたい場合に使えます。
インターネットバンキングのみずほダイレクトを使って、ほぼ24時間カードローン口座への振込返済ができます。
パソコンやスマホはもちろん、テレホンバンキングを利用すると携帯電話・固定電話からでも随時返済ができるのが特徴です。(参考:みずほダイレクト[テレホンバンキング]|みずほ銀行

 

>>みずほ銀行カードローンの詳細、申し込みはコチラ

 


 

いかがでしたでしょうか。
銀行カードローン、特にメガバンク3行の返済方法は、お分かりいただけましたでしょうか。

 

銀行カードローンは即日での融資は無理ですが、金利が低いため高額の融資を考えている方には、特にメリットを感じるところが大きいでしょう。
また、銀行のシステムとの連携から得られるお得感も見逃せません。

 

返済方法をしっかりと認識した上で、安心・安全な銀行カードローンを選択肢の1つにしてみてはいかがでしょうか。

 

>>銀行からお金を借りる方法についてはコチラ