MENU

銀行のキャッシュカードでお金を借りれるカードローン

「銀行でお金を借りたいなぁ。でも、住宅ローンや教育ローンのような高額なローンでないと借りられないのかな・・」と思ったことはありませんか?

お金のことで悩む女性

でも、大丈夫です!
個人でも銀行から少額のお金を借りられます

 

銀行から個人が少額を借りるには、「銀行カードローン」というサービスを利用すればいいんです。
また、銀行によっては、手持ちのキャッシュカードにカードローン機能を追加してくれるので、いつものキャッシュカードとATMでお金を借りることができます。
今は銀行も進んでいるんですね・・・!

 

ただ、そうはいってもやはり銀行なので、人によっては少し不便になってしまうなど利用する前に知っておいた方が良いこともたくさんあります
というわけで、ここでは銀行からキャッシュカードでお金を借りる方法についてくわしく紹介します。

 

キャッシュカードに機能が追加できる銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

年2.0%〜14.0%
 

最高限度額
800万円


 


 

・お申込みからご利用まで、ネットでお手続きが完結
・PCやスマホ、各種電話からお借入れやご返済が可能

三井住友銀行カードローン
銀行のキャッシュカードでお金を借りれるカードローン|お金を借りるセレクト
4.0%〜14.5%

10万〜800万円


・全国の当行・提携コンビニATMでいつでも何度でも利用手数料無料。
キャッシュカードとの併用可能
・審査は最短30分
・余裕があるときの臨時返済OK

各カードローンの注意点
みずほ銀行
※ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方で、安定した収入があり、みずほ銀行指定の保証会社である
 オリコの保証を受けることができる方
※住宅ローンをみずほ銀行で利用している場合は、利率が年0.5%下がります。
 引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。ムリなくご返済いただける範囲で、計画的にご利用ください。

 

銀行のキャッシュカードでお金を借りるメリット

銀行でお金を借りるなら、メリットが多いほうがいいですよね。
じつは、銀行のキャッシュカードでお金を借りると、以下のメリットがあるんです。

  1. 銀行なので利息が安い
  2. いつもの銀行だから安心

では、それぞれについて説明していきますね。

【銀行カードローンのメリット】
1.銀行なので利息が安い

左手で財布を持ち右手の人差し指を立てて笑う女性

お金を借りると必ず発生する利息ですが、できれば安くおさえたいですよね。
その点、銀行なら消費者金融と比べると金利が低いので、利息も安く済むんです。

 

消費者金融でお金を借りると、10万円などの少額の場合は金利18%ほどが一般的です。
それに比べると銀行の場合は、約14%を下回るところが多くあります。
4ポイント以上も低い金利で借りれるのは、とてもうれしいですよね。

 

このように、銀行カードローンでお金借りることで、返済の時に余分な出費をできるだけ低くおさえられます。

【銀行カードローンのメリット】
2.いつもの銀行だから安心

白いペンで描かれたハートマーク

銀行は、“社会的に信用が高い金融機関”と認識されていますよね。
そんな銀行からお金を借りるのは、ほかのカードローン会社よりも安心感が違います

 

また、普段使いしている銀行の口座を利用してお金を借りる場合は、“使い慣れている”という点でも安心して利用できますよね。

 

さらに、お金を借りる時は銀行ATMで、それもキャッシュカードでお金を引き出すので、「ちょっと銀行でお金を下ろしてくる」といえば誰からも「あの人、お金を借りている」なんて思われることもありません
人目が気になる人にとっても、安心できるカードローンなんです。

 

銀行キャッシュカードでATMからお金を借りる方法

ATM

ここまで、銀行のキャッシュカードでお金を借りるメリットを紹介しました。
続いては、いつものキャッシュカードを使って銀行からお金を借りる方法について説明しますね。

 

まず、「お金を借りたいな」と思ったら、各銀行ホームページのカードローン専用申込フォームから申し込み手続きをする必要があります。
もちろん、スマートフォンからでも申し込みできます。

 

この申込では、WEB上の申込み画面から「口座を持っている方」の申込みの流れに従って手続きをしましょう。

 

そして、申込後の審査に通過し次第、WEB上で契約手続きを済ませると、自動的に手持ちのキャッシュカードにローン機能が付加されています。

 

あとは、いつものキャッシュカードを持ってATMに行けば、希望額までお金を引き出すことができるんです。

 

なお銀行によっては、キャッシュカードにローン機能を追加する「キャッシュカード兼用型」以外にも、ローン専用のカードを発行してもらう「ローン専用カード型」などが用意されています。
どちらか選べる場合もあるので、申し込みの際にはしっかり確認してくださいね。

いつもの銀行キャッシュカードにローン機能が追加できない人におすすめの裏ワザ

さて、キャッシュカードでお金を借りられるメリットや方法をお伝えしてきましたが、これらはその銀行にすでに口座がある場合の話です。
現時点で、カードローンを利用したい銀行の口座やキャッシュカードがない場合は、口座開設から始める必要があるため、数週間ほど時間がかかってしまう可能性があります。

カレンダー

では、このように銀行キャッシュカードに手軽にローン機能が追加できない人は、どうしたらいいのでしょうか?

 

じつは、カードローンを利用したい銀行の口座やキャッシュカードが無くても、スグにお金を借りる方法はあるんです。

 

数枚の一万円札を持つ女性

少し金利は高くなりますが「銀行グループの消費者金融カードローン」を利用する方法もあります。
銀行グループの消費者金融カードローンとは、メガバンクのグループ会社が行っているカードローンのことです。
消費者金融というと怖いイメージを持つ人も多いのですが、こうした銀行グループの消費者金融はテレビCMや電車中吊り広告などにも露出しているような大手ばかりで安心なんです。
また、消費者金融のため手軽に使えてサービスも充実しています。
もちろん、最短即日で借入することが可能です。

 

カードローンを実施している銀行の口座がない人で手軽に利用したいなら、銀行系消費者金融カードローンも安心して使えるのでオススメですよ。

 

↓口座開設不要も!おすすめの銀行系カードローン一覧はこちら
プロミス

4.5%〜17.8%

1万〜500万円

最短1時間

50万円まで不要

初めての方は30日間利息ゼロ(*1)
・最短1時間融資可能!
・24時間いつでもお申込み可能
・3項目入力で簡単3秒診断
・最短10秒で銀行口座に振り込みされる素早い借入方法「瞬フリ」(*2)

アコム

3.0%〜18.0%
 

1万〜800万円
 

最短1時間
 

50万円まで不要
(*1)

初めての方は最大30日間金利0円
・いつでも返せて、利息はご利用日数分だけ
・3項目の入力でお借入れ可能かわかる3秒診断
・ネットや提携ATMから24時間お借入・ご返済可能(*2)

アイフル

3.0%〜18.0%

800万円

最短1時間

50万円まで不要

・最短1時間融資可能
・自動審査あり
・4ステップで申込み完了
誰にも知られずにカードの受取可能

各カードローンの注意点
アコム
※1 お借入れ総額により収入証明書が必要
※2 提携CD・ATMの詳細についてはアコムのホームページでご確認ください。
プロミス
※1 メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要
※2 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座の登録が必要

 

銀行カードローンの申込方法はとってもカンタン

ピースサインをする女性

ここまで、銀行のキャッシュカードでお金を借りる方法や、キャッシュカードがない場合に銀行からお金を借りる方法について紹介してきました。
続いては、これらの方法の手続きの詳細について紹介していきます。

 

基本的に、これらふたつの申し込み〜借入までの流れは同じで、どちらも「WEBから申し込むこと」がポイントです。

 

【申し込み〜借入までの流れ】

 

公式サイトの申し込みフォームに必要項目を入力

審査結果が出る

契約手続き(WEBまたは自動契約機)

ATMでお金を借りる

 

この流れからわかるように、手順が異なるのは“契約手続き以降”です。

 

一般的にキャッシュカードを持っている場合は、WEB上にて契約手続きを進めれば、スグにキャッシュカードにローン機能が付加され、銀行の提携ATMからお金を引き出せます。

 

一方、キャッシュカードがない場合は、無人契約機などでローン専用カードを発行してもらい、銀行の提携ATMからスグにお金を引き出すことができます。
なお、契約機を利用する場合は、「本人確認書類」を必ず持参するようにしてくださいね。

 


 

ここでは、銀行のキャッシュカードでお金を借りれるカードローンについて紹介しました。
銀行カードローンは、最短即日融資OKで手続きはカンタン、しかもいつもお財布の中にあるキャッシュカードでお金が借りられるので、とても便利です。
急ぎでお金を借りたい人、手続きをカンタンに済ませたい人、人目が気になる人にはオススメですよ。
安心してお金を借りたい時は、銀行カードローンを検討してみてくださいね。

 

「銀行でお金を借りたいなぁ。でも、住宅ローンや教育ローンのような高額なローンでないと借りられないのかな・・」と思ったことはありませんか?

お金のことで悩む女性

でも、大丈夫です!
個人でも銀行から少額のお金を借りられます

 

銀行から個人が少額を借りるには、「銀行カードローン」というサービスを利用すればいいんです。
また、銀行によっては、手持ちのキャッシュカードにカードローン機能を追加してくれるので、いつものキャッシュカードとATMでお金を借りることができます。
今は銀行も進んでいるんですね・・・!

 

ただ、そうはいってもやはり銀行なので、人によっては少し不便になってしまうなど利用する前に知っておいた方が良いこともたくさんあります
というわけで、ここでは銀行からキャッシュカードでお金を借りる方法についてくわしく紹介します。

 

キャッシュカードに機能が追加できる銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

 


年2.0%〜14.0%

最高限度額
800万円

収入証明書:−
・ネットで全て完結できる
・PCやスマホ、電話で借入や返済が可能

 

三井住友銀行カードローン

 


4.0%〜14.5%

10万〜800万円

収入証明書:−
・手数料無料の提携ATM有
・キャッシュカードとの併用可能
・余裕があるときの臨時返済OK

 

各カードローンの注意点
みずほ銀行
※ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方で、安定した
 収入があり、みずほ銀行指定の保証会社であるオリコの
 保証を受けることができる方
※住宅ローンをみずほ銀行で利用している場合は、利率が
 年0.5%下がります。
 引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。
 ムリなくご返済いただける範囲で、計画的にご利用
 ください。

 

銀行のキャッシュカードでお金を借りるメリット

銀行でお金を借りるなら、メリットが多いほうがいいですよね。
じつは、銀行のキャッシュカードでお金を借りると、以下のメリットがあるんです。

  1. 銀行なので利息が安い
  2. いつもの銀行だから安心

では、それぞれについて説明していきますね。

【銀行カードローンのメリット】
1.銀行なので利息が安い

左手で財布を持ち右手の人差し指を立てて笑う女性

お金を借りると必ず発生する利息ですが、できれば安くおさえたいですよね。
その点、銀行なら消費者金融と比べると金利が低いので、利息も安く済むんです。

 

消費者金融でお金を借りると、10万円などの少額の場合は金利18%ほどが一般的です。
それに比べると銀行の場合は、約14%を下回るところが多くあります。
4ポイント以上も低い金利で借りれるのは、とてもうれしいですよね。

 

このように、銀行カードローンでお金借りることで、返済の時に余分な出費をできるだけ低くおさえられます。

【銀行カードローンのメリット】
2.いつもの銀行だから安心

白いペンで描かれたハートマーク

銀行は、“社会的に信用が高い金融機関”と認識されていますよね。
そんな銀行からお金を借りるのは、ほかのカードローン会社よりも安心感が違います

 

また、普段使いしている銀行の口座を利用してお金を借りる場合は、“使い慣れている”という点でも安心して利用できますよね。

 

さらに、お金を借りる時は銀行ATMで、それもキャッシュカードでお金を引き出すので、「ちょっと銀行でお金を下ろしてくる」といえば誰からも「あの人、お金を借りている」なんて思われることもありません
人目が気になる人にとっても、安心できるカードローンなんです。

 

銀行キャッシュカードでATMからお金を借りる方法

ATM

ここまで、銀行のキャッシュカードでお金を借りるメリットを紹介しました。
続いては、いつものキャッシュカードを使って銀行からお金を借りる方法について説明しますね。

 

まず、「お金を借りたいな」と思ったら、各銀行ホームページのカードローン専用申込フォームから申し込み手続きをする必要があります。
もちろん、スマートフォンからでも申し込みできます。

 

この申込では、WEB上の申込み画面から「口座を持っている方」の申込みの流れに従って手続きをしましょう。

 

そして、申込後の審査に通過し次第、WEB上で契約手続きを済ませると、自動的に手持ちのキャッシュカードにローン機能が付加されています。

 

あとは、いつものキャッシュカードを持ってATMに行けば、希望額までお金を引き出すことができるんです。

 

なお銀行によっては、キャッシュカードにローン機能を追加する「キャッシュカード兼用型」以外にも、ローン専用のカードを発行してもらう「ローン専用カード型」などが用意されています。
どちらか選べる場合もあるので、申し込みの際にはしっかり確認してくださいね。

いつもの銀行キャッシュカードにローン機能が追加できない人におすすめの裏ワザ

さて、キャッシュカードでお金を借りられるメリットや方法をお伝えしてきましたが、これらはその銀行にすでに口座がある場合の話です。
現時点で、カードローンを利用したい銀行の口座やキャッシュカードがない場合は、口座開設から始める必要があるため、数週間ほど時間がかかってしまう可能性があります。

カレンダー

では、このように銀行キャッシュカードに手軽にローン機能が追加できない人は、どうしたらいいのでしょうか?

 

じつは、カードローンを利用したい銀行の口座やキャッシュカードが無くても、スグにお金を借りる方法はあるんです。

 

少し金利は高くなりますが「銀行グループの消費者金融カードローン」を利用する方法があります。
銀行グループの消費者金融カードローンとは、メガバンクのグループ会社が行っているカードローンのことです。
消費者金融というと怖いイメージを持つ人も多いのですが、こうした銀行グループの消費者金融はテレビCMや電車中吊り広告などにも露出しているような大手ばかりで安心なんです。
また、消費者金融のため手軽に使えてサービスも充実しています。
もちろん、最短即日で借入することが可能です。

 

カードローンを実施している銀行の口座がない人で手軽に利用したいなら、銀行系消費者金融カードローンも安心して使えるのでオススメですよ。

 

↓口座開設不要も!おすすめの銀行系カードローン一覧はこちら
プロミス

 


4.5%〜17.8%

1万〜500万円

最短1時間

収入証明書:50万円まで不要
初めての方は30日間利息ゼロ(*1)
・最短1時間融資可能!
・24時間いつでもお申込み可能
・3項目入力で簡単3秒診断
・最短10秒で銀行口座に振り込みされる
 素早い借入方法「瞬フリ」(*2)

 

アコム

 


3.0%〜18.0%

1万〜800万円

最短1時間

収入証明書:50万円まで不要(*1)
初めての方は最大30日間金利0円
・いつでも返せて、利息はご利用日数分だけ
・3項目の入力でお借入れ可能かわかる3秒診断
・ネットや提携ATMから24時間お借入・ご返済可能(*2)

 

アイフル

 


3.0%〜18.0%

800万円

最短1時間

収入証明書:50万円まで不要
・最短1時間融資可能
・自動審査あり
・4ステップで申込み完了
誰にも知られずにカードの受取可能

 

各カードローンの注意点
アコム
※1 お借入れ総額により収入証明書が必要
※2 提携CD・ATMの詳細についてはアコムの
 ホームページでご確認ください。
プロミス
※1 メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要
※2 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座の登録が必要\

 

銀行カードローンの申込方法はとってもカンタン

ピースサインをする女性

ここまで、銀行のキャッシュカードでお金を借りる方法や、キャッシュカードがない場合に銀行からお金を借りる方法について紹介してきました。
続いては、これらの方法の手続きの詳細について紹介していきます。

 

基本的に、これらふたつの申し込み〜借入までの流れは同じで、どちらも「WEBから申し込むこと」がポイントです。

 

【申し込み〜借入までの流れ】

 

公式サイトの申し込みフォームに必要項目を入力

審査結果が出る

契約手続き(WEBまたは自動契約機)

ATMでお金を借りる

 

この流れからわかるように、手順が異なるのは“契約手続き以降”です。

 

一般的にキャッシュカードを持っている場合は、WEB上にて契約手続きを進めれば、スグにキャッシュカードにローン機能が付加され、銀行の提携ATMからお金を引き出せます。

 

一方、キャッシュカードがない場合は、無人契約機などでローン専用カードを発行してもらい、銀行の提携ATMからスグにお金を引き出すことができます。
なお、契約機を利用する場合は、「本人確認書類」を必ず持参するようにしてくださいね。

 


 

ここでは、銀行のキャッシュカードでお金を借りれるカードローンについて紹介しました。
銀行カードローンは、最短即日融資OKで手続きはカンタン、しかもいつもお財布の中にあるキャッシュカードでお金が借りられるので、とても便利です。
急ぎでお金を借りたい人、手続きをカンタンに済ませたい人、人目が気になる人にはオススメですよ。
安心してお金を借りたい時は、銀行カードローンを検討してみてくださいね。