MENU

銀行フリーローンの審査期間

砂時計

 

銀行のフリーローンでお金を借りようとする場合、審査に何日くらいかかるか心配になったり、お金が必要な日までに間に合うのか不安になったりしますよね。

 

銀行フリーローンとは、比較的自由に利用できますが、審査に時間がかかる傾向があります。
一方、銀行カードローンであれば、使用目的は自由なうえに、最短即日で審査結果がわかり、早ければ当日中に借入できるんです。

 

そこでここでは、銀行のフリーローンとカードローンそれぞれについて、審査や融資にかかる期間などを比較しながら解説します。

 

おすすめの銀行系カードローン

みずほ銀行カードローン

年2.0%〜14.0%
 

最高限度額
800万円


 


 

・お申込みからご利用まで、ネットでお手続きが完結
・PCやスマホ、各種電話からお借入れやご返済が可能

アコム [三菱UFJフィナンシャルグループ]

3.0%〜18.0%
 

1万〜800万円
 

最短1時間
 

50万円まで不要
(*1)

初めての方は最大30日間金利0円
・いつでも返せて、利息はご利用日数分だけ
・3項目の入力でお借入れ可能かわかる3秒診断
・ネットや提携ATMから24時間お借入・ご返済可能(*2)

SMBCモビット [三井住友銀行グループ]
SMBCモビット
3.0%〜18.0%

1万〜800万円

最短即日

必要

10秒で簡易審査結果表示
・WEB完結なら電話連絡・郵送物なしでお申込みもご利用も
 ネットのみ(PC・スマートフォンからも申込み可能)
・WEB完結申込あり
・申込の曜日や時間帯によっては、融資が翌日以降の取扱と
 なる場合があります。
・安定した収入があれば申込可能

プロミス [三井住友フィナンシャルグループ]

4.5%〜17.8%

1万〜500万円

最短1時間

50万円まで不要

初めての方は30日間利息ゼロ(*1)
・最短1時間融資可能!
・24時間いつでもお申込み可能
・3項目入力で簡単3秒診断
・最短10秒で銀行口座に振り込みされる素早い借入方法「瞬フリ」(*2)

三井住友銀行カードローン
銀行フリーローンの審査期間|お金を借りるセレクト
4.0%〜14.5%

10万〜800万円


・全国の当行・提携コンビニATMでいつでも何度でも利用手数料無料。
キャッシュカードとの併用可能
・審査は最短30分
・余裕があるときの臨時返済OK

各カードローンの注意点
アコム
※1 お借入れ総額により収入証明書が必要
※2 提携CD・ATMの詳細についてはアコムのホームページでご確認ください。
みずほ銀行
※ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方で、安定した収入があり、みずほ銀行指定の保証会社である
 オリコの保証を受けることができる方
※住宅ローンをみずほ銀行で利用している場合は、利率が年0.5%下がります。
 引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。ムリなくご返済いただける範囲で、計画的にご利用ください。
プロミス
※1 メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要
※2 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座の登録が必要

 

銀行フリーローンは審査期間は数日、融資までに1週間など長めの傾向あり

 

チェックする手

 

一般的なフリーローンの申込みから融資までの流れは、以下のとおりです。
(※銀行によって多少異なることがあります)

 

  1. フリーローンの申込み
  2. 仮審査
  3. 必要書類の提出
  4. 本審査
  5. 契約手続き
  6. 融資の実行

 

銀行フリーローンには仮審査と本審査の2回の審査があり、保証機関が利用者の信用情報をじっくりと調査します。
また、金融機関によって異なるものの、収入証明書類や、領収書やパンフレットなど資金使途を証明する書類、見積書などの提出が求められます。
このように、提出する書類も多く、審査も慎重に行われるため、本審査の結果がでるまでに1週間以上かかることもあるんです。

 

そのため、スグにお金が必要で、とくに利用目的を限定されたくない場合は、カードローンを利用するのがオススメです。
というわけで、銀行のフリーローンとカードローンの違いについて、カンタンに解説しますね。

 

「フリーローン」と「カードローン」のいちばんの違いは“使い勝手の良さ”

 

考えるスーツの女性

 

銀行が提供しているローンのうち、資金の利用目的が自由なローンには、「フリーローン」と「カードローン」があり、これらの大きな違いは“使い勝手の良さ”です。

 

フリーローンの場合、借りたお金の使い道は自由ですが、契約時に“使用目的”と“必要な金額”を提示する必要があります。
そして、フリーローンで借りたお金は、契約書に書いた目的以外に使うことは禁じられています。

 

一方、カードローンの場合、事業用資金以外であれば、借りたお金の使い道は“完全に自由”です。
契約時に目的を決める必要もないので、カードローンで借りたお金は、その都度使いたいシーンで自由に使うことができます。

 

このように、フリーローンよりもカードローンの方が、とても手軽に利用できるんです。
では、フリーローンとカードローンのどちらが、自分に合っているのかを検討するために、以下の項目について、フリーローンとカードローンを比較してみましょう。

 

フリーローン カードローン
融資までの日数 数日〜1週間ほど 当日〜数日
必要な書類 身分証明書、収入証明書、見積書など 基本的に身分証明書のみ
借り入れ方法 融資額を一括で「銀行振込」 「銀行振込」「ATMキャッシング」が選べる。融資枠内なら借入・返済を何度でも自由に行える。
借り入れ金額 10万円以上などの高額が一般的 1万円などの少額でも借りられる
一般的な返済方法 元利均等返済 残高スライドリボルビング払い

 

【フリーローンとカードローンの比較】
融資までの日数

カレンダー

 

一般的には、カードローンよりもフリーローンの方が審査終了までに時間がかかります。
フリーローンの場合は、審査終了までに数日かかったり、融資までに1週間ほどかかったりするんです。
また、お金の使い道を証明するための書類(資金使途確認書類・見積書)などを提出することがあり、こうした提出書類が多いほど審査にかかる時間も長くなる可能性があります。
一方、カードローンの場合は、最短即日で審査結果はもちろん、融資まで受けられることもあるんですよ。

 

【フリーローンとカードローンの比較】
必要な書類

 

運転免許証

 

一般的な銀行カードローンで提出する書類は、基本的には運転免許証などの本人確認書類だけです。
ただし、希望額が多い場合には、源泉徴収票などの収入証明書類を提出することがあります。

 

これに対して、銀行フリーローンの場合は、本人確認書だけではなく、収入証明書類をかならず提出するケースが多いです。
さらに、お金の使い道を証明するための書類が必要なケースもあるなど、提出書類の準備が少し大変なのがフリーローンの特徴です。

 

【フリーローンとカードローンの比較】
借り入れ方法

 

ATM

 

フリーローンでは、「銀行振込」してもらうのが一般的です。
また、融資額は一括で振り込まれます。

 

これに対して、一般的なカードローンでは「銀行振込」「ATMキャッシング」を選べるようになっています。
また、「限度額の範囲内で、いつでも自由に借入れと返済ができる」のが特徴で、融資枠内であれば毎回の借入金額は自由で、ATMなどで繰り返し利用することができます。

 

【フリーローンとカードローンの比較】
借り入れ金額

 

喜ぶ女性

 

フリーローンの場合、10万円以上などの高額融資が一般的で、中には30万円以上からしか借りられない銀行もあります。
一方、カードローンの場合は、1万円などの少額からの借り入れもできるので、生活費やちょっとした出費の穴埋めなどに、気軽に利用できるんです。

 

【フリーローンとカードローンの比較】
返済方法

 

電卓と通帳

 

一般的には、フリーローンの返済方法は「元利均等返済」、カードローンは「残高スライドリボルビング払い」です。
フリーローンの「元利均等返済」は、返済額が毎月固定で、その中にローン返済分と利息が含まれています。
返済が始まった時点では、利息支払い分が多くなり、ローン残高の減りが遅くなりがちです。

 

一方、カードローンの残高スライドリボルビング払いは、ローン残高に応じて返済金額が変わります。
そのため、返済が始まった時点では返済額は多く、返済が進むと返済額は少なくなっていき、どんどん返済がラクになる分、返済期間は長くなりがちです。

 


 

ここまで、フリーローンとカードローンを比べてきましたが、どちらが気に入りましたか?
融資スピードや、必要書類の少なさ、少額から繰り返し借りられる手軽さなど、使い勝手の良さで選ぶなら、断然カードローンがオススメです。
一方、カードローンにもデメリットがあるので紹介します。

 

銀行カードローンは金利が高めだが、少額借入の場合は問題ないレべル

 

考える女性

 

銀行カードローンのデメリットは、“金利の高さ”です。
ただし、返済シミュレーションなどで、返済計画をしっかりと考えて利用すれば、カードローンを利用したとしても、大きな失敗につながることはありません。

 

たとえば、年率14.6%のカードローンと年率7.5%のフリーローンを比較した場合、10万円を借入れしたときの30日分の利息は、以下のとおりです。

 

・年率14.6%のカードローン:10万円×0.146×30÷365=1,200円
・年率7.5%のフリーローン:10万円×0.075×30÷365=616円

 

発生する利息の差は584円なので、「大きな差はない」と考えることができます。

 

そのため、数十万円などの少額借入の場合は、スグに借入できるうえ面倒な手続きも少ないカードローンがオススメです。
一方、数百万円などの高額が必要だったり、返済を長期間にしたかったりする場合は、低金利な「フリーローン」をオススメします。

 


 

ここまで銀行の目的自由なふたつのローン「フリーローン」と「カードローン」について紹介しました。
ぜひ、今のあなたの状況にもっとも合う銀行ローンを使ってくださいね。

 

 

砂時計

 

銀行のフリーローンでお金を借りようとする場合、審査に何日くらいかかるか心配になったり、お金が必要な日までに間に合うのか不安になったりしますよね。

 

銀行フリーローンとは、比較的自由に利用できますが、審査に時間がかかる傾向があります。
一方、銀行カードローンであれば、使用目的は自由なうえに、最短即日で審査結果がわかり、早ければ当日中に借入できるんです。

 

そこでここでは、銀行のフリーローンとカードローンそれぞれについて、審査や融資にかかる期間などを比較しながら解説します。

 

おすすめの銀行系カードローン

みずほ銀行カードローン

 


年2.0%〜14.0%

最高限度額
800万円

収入証明書:−
・ネットで全て完結できる
・PCやスマホ、電話で借入や返済が可能

 

アコム
[三菱UFJフィナンシャルグループ]

 


3.0%〜18.0%

1万〜800万円

最短1時間

収入証明書:50万円まで不要(*1)
初めての方は最大30日間金利0円
・いつでも返せて、利息はご利用日数分だけ
・3項目の入力でお借入れ可能かわかる3秒診断
・ネットや提携ATMから24時間お借入・ご返済可能(*2)

 

SMBCモビット [三井住友銀行グループ]

 

SMBCモビット


3.0%〜18.0%

1万〜800万円

最短即日

収入証明書:必要
10秒で簡易審査結果表示
・WEB完結なら電話連絡・郵送物なしでお申込みもご利用も
 ネットのみ(PC・スマートフォンからも申込み可能)
・WEB完結申込あり
・申込の曜日や時間帯によっては、融資が
 翌日以降の取扱となる場合があります。
・安定した収入があれば申込可能

 

プロミス [三井住友フィナンシャルグループ]

 


4.5%〜17.8%

1万〜500万円

最短1時間

収入証明書:50万円まで不要
初めての方は30日間利息ゼロ(*1)
・最短1時間融資可能!
・24時間いつでもお申込み可能
・3項目入力で簡単3秒診断
・最短10秒で銀行口座に振り込みされる
 素早い借入方法「瞬フリ」(*2)

 

三井住友銀行カードローン

 


4.0%〜14.5%

10万〜800万円

収入証明書:−
・手数料無料の提携ATM有
・キャッシュカードとの併用可能
・余裕があるときの臨時返済OK

 

各カードローンの注意点
アコム
※1 お借入れ総額により収入証明書が必要
※2 提携CD・ATMの詳細についてはアコムの
 ホームページでご確認ください。
みずほ銀行
※ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方で、安定した
 収入があり、みずほ銀行指定の保証会社であるオリコの
 保証を受けることができる方
※住宅ローンをみずほ銀行で利用している場合は、利率が
 年0.5%下がります。
 引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。
 ムリなくご返済いただける範囲で、計画的にご利用
 ください。
プロミス
※1 メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要
※2 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座の登録が必要

 

銀行フリーローンは審査期間は数日、融資までに1週間など長めの傾向あり

 

チェックする手

 

一般的なフリーローンの申込みから融資までの流れは、以下のとおりです。
(※銀行によって多少異なることがあります)

 

  1. フリーローンの申込み
  2. 仮審査
  3. 必要書類の提出
  4. 本審査
  5. 契約手続き
  6. 融資の実行

 

銀行フリーローンには仮審査と本審査の2回の審査があり、保証機関が利用者の信用情報をじっくりと調査します。
また、金融機関によって異なるものの、収入証明書類や、領収書やパンフレットなど資金使途を証明する書類、見積書などの提出が求められます。
このように、提出する書類も多く、審査も慎重に行われるため、本審査の結果がでるまでに1週間以上かかることもあるんです。

 

そのため、スグにお金が必要で、とくに利用目的を限定されたくない場合は、カードローンを利用するのがオススメです。
というわけで、銀行のフリーローンとカードローンの違いについて、カンタンに解説しますね。

 

「フリーローン」と「カードローン」のいちばんの違いは“使い勝手の良さ”

 

考えるスーツの女性

 

銀行が提供しているローンのうち、資金の利用目的が自由なローンには、「フリーローン」と「カードローン」があり、これらの大きな違いは“使い勝手の良さ”です。

 

フリーローンの場合、借りたお金の使い道は自由ですが、契約時に“使用目的”と“必要な金額”を提示する必要があります。
そして、フリーローンで借りたお金は、契約書に書いた目的以外に使うことは禁じられています。

 

一方、カードローンの場合、事業用資金以外であれば、借りたお金の使い道は“完全に自由”です。
契約時に目的を決める必要もないので、カードローンで借りたお金は、その都度使いたいシーンで自由に使うことができます。

 

このように、フリーローンよりもカードローンの方が、とても手軽に利用できるんです。
では、フリーローンとカードローンのどちらが、自分に合っているのかを検討するために、以下の項目について、フリーローンとカードローンを比較してみましょう。

 

フリーローン カードローン
融資までの日数 数日〜1週間ほど 当日〜数日
必要な書類 身分証明書、収入証明書、見積書など 基本的に身分証明書のみ
借り入れ方法 融資額を一括で「銀行振込」 「銀行振込」「ATMキャッシング」が選べる。融資枠内なら借入・返済を何度でも自由に行える。
借り入れ金額 10万円以上などの高額が一般的 1万円などの少額でも借りられる
一般的な返済方法 元利均等返済 残高スライドリボルビング払い

 

【フリーローンとカードローンの比較】
融資までの日数

カレンダー

 

一般的には、カードローンよりもフリーローンの方が審査終了までに時間がかかります。
フリーローンの場合は、審査終了までに数日かかったり、融資までに1週間ほどかかったりするんです。
また、お金の使い道を証明するための書類(資金使途確認書類・見積書)などを提出することがあり、こうした提出書類が多いほど審査にかかる時間も長くなる可能性があります。
一方、カードローンの場合は、最短即日で審査結果はもちろん、融資まで受けられることもあるんですよ。

 

【フリーローンとカードローンの比較】
必要な書類

 

運転免許証

 

一般的な銀行カードローンで提出する書類は、基本的には運転免許証などの本人確認書類だけです。
ただし、希望額が多い場合には、源泉徴収票などの収入証明書類を提出することがあります。

 

これに対して、銀行フリーローンの場合は、本人確認書だけではなく、収入証明書類をかならず提出するケースが多いです。
さらに、お金の使い道を証明するための書類が必要なケースもあるなど、提出書類の準備が少し大変なのがフリーローンの特徴です。

 

【フリーローンとカードローンの比較】
借り入れ方法

 

ATM

 

フリーローンでは、「銀行振込」してもらうのが一般的です。
また、融資額は一括で振り込まれます。

 

これに対して、一般的なカードローンでは「銀行振込」「ATMキャッシング」を選べるようになっています。
また、「限度額の範囲内で、いつでも自由に借入れと返済ができる」のが特徴で、融資枠内であれば毎回の借入金額は自由で、ATMなどで繰り返し利用することができます。

 

【フリーローンとカードローンの比較】
借り入れ金額

 

喜ぶ女性

 

フリーローンの場合、10万円以上などの高額融資が一般的で、中には30万円以上からしか借りられない銀行もあります。
一方、カードローンの場合は、1万円などの少額からの借り入れもできるので、生活費やちょっとした出費の穴埋めなどに、気軽に利用できるんです。

 

【フリーローンとカードローンの比較】
返済方法

 

電卓と通帳

 

一般的には、フリーローンの返済方法は「元利均等返済」、カードローンは「残高スライドリボルビング払い」です。
フリーローンの「元利均等返済」は、返済額が毎月固定で、その中にローン返済分と利息が含まれています。
返済が始まった時点では、利息支払い分が多くなり、ローン残高の減りが遅くなりがちです。

 

一方、カードローンの残高スライドリボルビング払いは、ローン残高に応じて返済金額が変わります。
そのため、返済が始まった時点では返済額は多く、返済が進むと返済額は少なくなっていき、どんどん返済がラクになる分、返済期間は長くなりがちです。

 


 

ここまで、フリーローンとカードローンを比べてきましたが、どちらが気に入りましたか?
融資スピードや、必要書類の少なさ、少額から繰り返し借りられる手軽さなど、使い勝手の良さで選ぶなら、断然カードローンがオススメです。
一方、カードローンにもデメリットがあるので紹介します。

 

銀行カードローンは金利が高めだが、少額借入の場合は問題ないレべル

 

考える女性

 

銀行カードローンのデメリットは、“金利の高さ”です。
ただし、返済シミュレーションなどで、返済計画をしっかりと考えて利用すれば、カードローンを利用したとしても、大きな失敗につながることはありません。

 

たとえば、年率14.6%のカードローンと年率7.5%のフリーローンを比較した場合、10万円を借入れしたときの30日分の利息は、以下のとおりです。

 

・年率14.6%のカードローン:
 10万円×0.146×30÷365=1,200円
・年率7.5%のフリーローン:
 10万円×0.075×30÷365=616円

 

発生する利息の差は584円なので、「大きな差はない」と考えることができます。

 

そのため、数十万円などの少額借入の場合は、スグに借入できるうえ面倒な手続きも少ないカードローンがオススメです。
一方、数百万円などの高額が必要だったり、返済を長期間にしたかったりする場合は、低金利な「フリーローン」をオススメします。

 


 

ここまで銀行の目的自由なふたつのローン「フリーローン」と「カードローン」について紹介しました。
ぜひ、今のあなたの状況にもっとも合う銀行ローンを使ってくださいね。