MENU

保証人なしでお金を借りる方法

悩む女性

 

お金を借りたいけれど、保証人になってくれそうな人が見つからなかったり、「保証人になってほしい」と誰にも言えなかったりして悩んでいませんか?
また、「保証人なしでお金を貸してくれるところは危険なのでは?」と不安に感じていませんか?

 

じつは、安心して利用できる銀行などからでも、「カードローン」を利用すれば”保証人なし”でお金を借りることができます。

 

カードローンとは、保証人はもちろん担保も必要ないローンで、銀行はもちろん、銀行のグループ会社である大手消費者金融などでも取り扱われているんです。
保証人などを必要としないため、審査をしっかりと行ったうえで少額のみ融資しています。

 

とはいえ、最短即日審査が可能だったり、最高1,000万円以上借りられたりするカードローンもあります。
ただし、保証人なしでお金を借りるには、いくつかの条件をクリアする必要があるんです。

 

そこで、ここでは保証人なしでお金を借りる方法である「カードローン」について説明し、あなたに最適なオススメのカードローンを紹介します。

 

>> 「保証人なしでお金を借りられる「カードローン」のおすすめ一覧はこちら

 

カードローンなら保証人がいらない理由は、しっかりと審査したうえで少額融資にしているから

 

指さす女性

 

カードローンの利用で保証人がいらない理由は、大きくふたつあります。

 

  1. 信用情報や収入状況などから「返済能力」をしっかりチェックするから
  2. 少額から融資を始めることで、貸す側のリスクを最小限に抑えるから

 

このふたつについて、くわしく説明しますね。

 

【保証人がいらない理由】
1.信用情報や収入状況などから「返済能力」をしっかりチェックするから

 

チェック項目

 

カードローンの利用で保証人がいらない理由のひとつは、利用者の返済能力をしっかりとチェックしているからです。
具体的にチェックしている審査の項目は複数ありますが、とくに大きく影響するのは以下の3つです。

 

  • 定期収入があること
  • 借入額が収入に対して多すぎないこと
  • 過去の信用情報に事故情報などがないこと

 

<返済能力チェック項目>定期収入があること

 

定期的に決まった収入があれば、返済計画も立てやすく、生活の負担にならない返済額がいくらくらいなのか判断しやすいですよね。
そこで、カードローン会社は定期的な収入がある人にだけお金を貸しています。

 

 

<返済能力チェック項目>返済額が収入に対して多すぎないこと

 

借入額が収入に対して多すぎれば返済額も多くなり生活費を圧迫するため、返済はムズカシクなりますよね。
そこでカードローン会社は、利用者が希望した借入額と収入をチェックして、返済額が多くなりすぎないよう総量規制の「利用者の年収3分の1まで」の金額内で融資しています。

 

<返済能力チェック項目>過去の信用情報に事故情報などがないこと

 

過去にクレジットカードやローンなどの返済を滞納した経験がある人の場合、今回のカードローン返済も滞納してしまう恐れがありますよね。
そこで、カードローン会社は信用情報機関に問い合わせを行い、利用者の信用情報に金融事故の履歴などをチェックし、問題のある人への融資は行いません。

 


 

これら3つの項目をはじめ、勤め先の情報や在籍状況などさまざまな項目もチェックして、返済能力を判断しています。

 

【保証人がいらない理由】
2.少額から融資を始めることで、貸す側のリスクを最小限に抑えるから

 

紹介する女性

 

もうひとつのカードローンに保証人がいらない理由は、融資が少額からスタートするからです。
住宅ローンや自動車ローンのようにいきなり数百万円〜数千万円の融資は行わず、数万円〜数十万円の融資からスタートします。

 

というのも、いくら審査をしっかりしても、初めての利用者を100%信用できないので、いきなり高額を融資して貸し倒れてしまうリスクを避けるんです。
また、もしその後の返済が滞りなく行われれば、融資額を増やしてもらえますよ。

 


 

ここまで、カードローンを利用すれば”保証人なし”でお金を借りられる理由についてお話ししましたが、納得できましたか?
このように、きちんとした理由があるので、保証人なしで借入ができても安心・安全に利用できるのは嬉しいですよね。
というわけで、つづいてはカードローンの種類についてくわしく解説しますね。

 

保証人なしでキャッシングできるのは「銀行カードローン」と「銀行系大手消費者金融カードローン」

 

考える女性

 

保証人なしでも安心して利用できるカードローンには、「銀行カードローン」と「銀行系大手消費者金融カードローン」があり、それぞれメリットやデメリットなどの特徴が異なります。

 

メリットやデメリットを知ることで、どちらが自分に合うかを見極められるので、しっかりチェックしてください。

 

【保証人なしで借りれるカードローン】
1.銀行カードローン

 

銀行の代表的なローンといえば、住宅ローン・マイカーローン・事業者ローンなど大型のローンですが、これらは高額融資なので保証人や担保が必要です。
また、住宅ローンなら家を買うためだけ、マイカーローンは車を買うためだけ、と使い道も決められているので融通がきかないローンでもあるんですね。

 

しかし、銀行カードローンなら”担保不要”で、お金の使い道も”基本的には自由”となっていて、もちろん保証人も必要ありません。
そんな銀行カードローンのメリットとデメリットは、以下のとおりです。

 

【銀行カードローンの特徴】
メリット デメリット
  • 低金利
  • 高額融資が可能
  • 審査や融資に時間がかかりがち
  • 口座開設が必要な場合もある

 

銀行カードローンのメリットは「低金利で高額融資が可能なこと」

 

喜ぶ女性

 

この表のように、銀行カードローンのひとつめのメリットは、低金利なことです。
多くの銀行カードローンの上限金利は14%台となっており、消費者金融と比べると3ポイントほど低いんです。

 

また、もうひとつのメリットは高額融資が可能という点です。
先ほどお話ししたように、最初から高額なお金をかりることはできませんが、毎月返済日までにキッチリ返済を続けていくと、どんどん高額を融資してくれるようになります。

 

銀行によっては、1000万円以上も融資可能としているところもあるなど、将来的にはかなりの高額融資も期待できるんです。

 

銀行カードローンのデメリットは「時間がかかりがちで口座開設が必要な場合があること」

 

通帳

 

一方、銀行カードローンのデメリットのひとつは、審査や融資に時間がかかりやすいことです。
銀行カードローンは「審査ハードルが高い」といわれており、審査に時間がかかるため、融資までのスピードが遅い傾向があります。

 

また、銀行によっては口座開設が必要な場合が多いです。
口座を持っていない場合は、カードローンの申し込みと同時に口座開設の手続きも必要なので、借入までに1ヶ月ほどかかってしまうこともあるんです。

 

ただ、最近では口座開設不要で利用できるカードローンが登場しつつあります。
そのため、お金がスグに必要な場合は、「口座開設不要」と明記されている銀行カードローンを選びましょう。

 

銀行カードローンの利用がオススメなのは、すでに口座開設済みのサラリーマン

 

通帳を持つサラリーマン

 

銀行カードローンは以下のような人にオススメです。

 

  • サラリーマンなどの安定収入があり、お金が必要な日まで少し余裕がある人
  • 利用したいカードローンを提供している銀行に、すでに口座がある人
  • 3年以上などかけてゆっくり返済していきたいと考えている人

 

【保証人なしで借りれるカードローン】
2.大手消費者金融カードローン

 

消費者金融は、「サラ金」「街金」などとも呼ばれ、あまりいい印象がないかもしれませんが、じつは大手消費者金融の大半は銀行のグループ会社なんです。
銀行がグループ会社なので、経営基盤もしっかりしていて安定経営をしており、安心・安全に借りられます。

 

消費者金融カードローンも、保証人はもちろん担保も不要で、お金の使い道も自由です。
そんな消費者金融カードローンのメリットとデメリットは、以下のとおりです。

 

【消費者金融カードローンの特徴】
メリット デメリット
  • 融資スピードが速く、最短即日融資も可能
  • 無利息サービスがある
  • 銀行より高金利
  • イメージが悪い

 

大手消費者金融カードローンのメリットはスピードが速く無利息サービスがあること

 

無利息

 

消費者金融カードローンのメリットのひとつは、融資までのスピードが速く、最短即日融資も可能な点です。
そのため、無人契約機などを利用すれば、夕方や夜間からの申込でも最短なら当日中にお金を借りることができます。

 

また、もうひとつのメリットは一定期間の金利が0円になる「無利息サービス」があることです。
ほとんどの大手消費者金融カードローンではサービス期間を30日間としており、このサービス期間中に完済すれば、借りた金額だけ返済すればいいんです。

 

大手消費者金融カードローンのデメリットは金利が高めでイメージが悪いこと

 

腕を組んで悩む女性

 

大手消費者金融カードローンのデメリットのひとつは、銀行よりも金利が高めなことです。
じつは、審査通過率(新規貸付率)を比べたとき、消費者金融のほうが銀行よりも審査に通りやすい傾向があります。

 

そのため、返済してくれない利用者が紛れ込んでしまう可能性があるので、あらかじめ銀行よりも少し高めの金利(4〜18%ほど)にしているんです。
ただし、メリットのところでお話ししたように、無利息サービスがあるため、利息の違いはほぼ気にしなくても大丈夫な程度に抑えられています。

 

また、イメージが悪い点も消費者金融のデメリットです。
消費者金融は昔、「サラ金」「街金」などとも呼ばれていたこともあり、今の闇金(ヤミ金)に近い営業をしているところもありました。
そのため、まだ悪いイメージが強く残っており、消費者金融カードローンからの借入は怖いものと考えている人も多いんです。

 

ただ、先ほどもお話ししたように、今の大手消費者金融は銀行のグループ会社になったところがほとんどなので、闇金のような営業はできなくなりました。
そのため、大手消費者金融であれば、安心して利用できるんですね。

 

大手消費者金融カードローンがオススメなのは、少額を急いで借りたい人

 

おすすめする女性

 

消費者金融カードローンは、以下のような人にオススメです。

 

  • アルバイト・パートで毎月決まった額の収入があり、お金を急いで用意したい人
  • できるだけ短期間で返済を終わらせたいと考えている人

 


 

保証人なしでお金を借りるには、カードローンがオススメです。
カードローンには銀行カードローンと消費者金融カードローンのふたつがあり、それぞれにメリット・デメリットがあります。
どちらが自分に合っているかわからない人は、以下のおすすめ一覧を参考にしてみてくださいね。

 

当サイトおすすめのカードローンはこちら