MENU

お金を借りるならどこ?借り入れ先のおすすめはココ!

お金が急に必要となって困っている人

 

急な不幸や断れない急な誘いなど、お金が急に必要となる時ってありますよね。
また、生活がどうしても苦しくて、次の給料日までの生活費を借りたいという人もいます。

 

そんなとき、親や友達に借りたり、行政を頼ったり、お金を貸してくれる会社を探したりといろいろな解決方法がありますが、オススメなのはカードローンです。

 

なぜなら、お金の貸し借りによって人間関係にヒビが入ってしまったり、相手に心配をかけたりすることもなく、最短なら今日中にお金を貸してくれるからです。

 

カードローンとは、銀行や銀行グループの消費者金融などが行っているキャッシングサービスです。
利息を払うことで、保証人や担保の必要なく、運転免許証や健康保険証などだけで、最短即日でお金を貸してくれます。

 

もちろん、カードローンは銀行系なので法律をしっかりと守っており、利息は法律の範囲内です。
そのため、たとえば10万円を1ヶ月借りていても、利息はたったの1,528円で済むんです。(年利18.0%の場合)

 

お金を借りるおすすめの方法はカードローン

 

ただ、「それって借金だよね?本当に大丈夫なの・・・?」と心配な人もいますよね。

 

そこで、ここでは5つのお金を借りる方法についてメリット・デメリットを紹介し、カードローンの安全な利用方法についてくわしく説明します。
さらに、初めての人でも安心して借りられる、とくにオススメのカードローンを紹介しています。

 

>> あなたにぴったりのカードローンが選べる!無料診断をしてみる

 

お金を借りるならどこ?親・友人・行政には頼りにくい理由

まずは、お金を借りる方法として有名なものを5つ紹介し、それぞれのメリット・デメリットを紹介していきますね。

 

  1. 友人
  2. 行政
  3. 闇金
  4. カードローン

 

【お金を借りる方法】
1.親

親は、もっとも身近で甘えやすい存在である反面、厳しい顔を持っていますよね。

 

親からうまくお金を借りれたら、利息はかからず、もしかすると返さなくても済むかもしれません。
ですが、お金を貸してもらうまでが大変です。

 

「何に使うの」「そんなにお金かかる訳は」といろいろ問いただされたり、挙句の果てには、「バカモノ!」と怒鳴られることもあるかもしれません・・・!

 

親からお金を借りるのは難しい

 

また、「お金ばっかりかかって・・・」と親をガッカリさせてしまったり、悲しませることにもつながる可能性があります。

 

簡単そうに思えて、意外とムズカシイのが親からお金を借りることなのでしょう。

 

  • メリット:利息がかからない。返さなくても済む可能性がある。
  • デメリット:借りるまでに(親を説得すること)が必要。親を怒らせたり、悲しませたりする可能性がある。

 

【お金を借りる方法】
2.友人

友達からお金を借りる場合は、親と違ってちょっと声をかけにくいのですが、気心が知れていて、強い信頼関係があれば気軽にお金を貸してくれるでしょう。

 

また、利息なしで貸してくれる友達もいますよね。

 

ですが、お金の貸し借りはとても繊細なものです。
いくら信頼関係があったとしても、返済が遅れたりすると、これまで通りの付き合いがしにくくなったり、友人関係にヒビが入る可能性もあります。

 

友達からお金を借りると友人関係にヒビが入る可能性がある

 

さらに、心無いウワサ話が出回り友達グループに所属できなくなったり、学校や職場に行きづらくなったりすることもあるので、友達からお金を借りるのには注意が必要です。

 

  • メリット:利息がかからない。親のように怒ったり悲しんだりしない。
  • デメリット:友人関係が崩れる可能性がある。

 

【お金を借りる方法】
3.行政

行政では、安い利息で個人にお金を貸す制度を用意しているので、行政からお金を借りることもできます。
行政とは、厚生労働省や文部科学省などの政府や、県庁や市役所などの地方公共団体のことです。

 

行政からお金を借りる

 

ただし、いくつかの条件にあてはまる必要があるため、すべての人が行政からお金を借りられるわけではありません。

 

たとえば、「生活福祉資金貸付制度(せいかつふくししきんかしつけせいど)」では以下のうち、いずれかにあてはまることが条件です。

 

  • 生活が困難な低所得者世帯
  • 障がい者世帯
  • 65歳以上の高齢者世帯”

 

さらに、申請から借入までに時間がかかったり、使用目的が限られていたりするなど、気軽にはお金をかりられない一面もあるんですね。

 

ですが、そのぶん金利は低く、基本的には無利子で、連帯保証人なしでも年1.5%で借りられるんです。

 

  • メリット:利息がほとんどかからない。
  • デメリット:借りるのが大変で、スグには借りられない

 

(参考:生活福祉資金貸付制度|厚生労働省HP

 

【お金を借りる方法】
4.闇金

闇金(やみきん)は、行政とは対照的で保証人なしで条件もユルく、場合によっては審査なしでお金を貸してくれます。

 

闇金からお金を借りる

 

しかし、違法な金利を要求し、脅迫的な取り立てをしてくるところもあるので、お金を借りてしまうと精神的に追い込まれる可能性は非常に高いでしょう。

 

  • メリット:必要な額のお金をすぐに貸してくれる。
  • デメリット:違法な金利や取り立てが心配。

 

【お金を借りる方法】
5.カードローン

消費者金融や銀行のカードローンでお金を借りる

 

カードローンとは、個人が無担保・保証人無しでお金を借りられるよう、消費者金融や銀行などが行っているサービスです。
もちろん利息はかかりますが、無利息期間があったりや低金利だったりするカードローンを選べば、利息を安く抑えることができます。

 

また、カードローンでお金を借りる場合、親や友人に迷惑をかけることもありませんし、行政のような手間や時間はかからず、その日のうちにお金を借りることができます。

 

ただ、初めての申込で数十万〜数百万円などの高額を希望すると、審査に時間がかかったり審査に落ちたりするので、スグにお金が借りられないこともあるので注意が必要です。

 

また、1年以上など長期にわたってお金を借り続けていると、利息が高くなってしまうので、できるだけ早く全額返済するのがおすすめです。

 

  • メリット:即日融資OKで、無利息期間を設けているカードローンもある。ルールに従って借りるため気を遣わなくてもいい。
  • デメリット:長期借入の場合、利息が高くなってしまう。(ただし、無利息サービスをうまく利用すれば利息は安く抑えられる)

 

>> あなたにぴったりのカードローンはどれ?無料診断へ

 

オススメのカードローンには2種類ある

おすすめのカードローンは2つ

 

さて、ここまでのお話で、お金を借りる方法の中でも「カードローン」はとくに利用しやすくオススメと説明してきました。
そして、カードローンの中でもとくにオススメなのが、以下のふたつです。

 

  1. 消費者金融カードローン
  2. 銀行カードローン

 

消費者金融は、銀行に比べて金利は少々高めですが即日で借りれるなどサービスが充実しています。
一方で銀行は、消費者金融よりも審査は厳しめですが、低金利で安定利用ができます。

 

このように、それぞれメリットが異なるので、自分の生活スタイルに合う方を選ぶことが大切です。

 

というわけで、それぞれについてくわしく説明していきますね。

 

1.消費者金融カードローンは低所得でもスグに借りれる

消費者金融カードローンは低所得でも借りれる

 

先ほどもお話したように、消費者金融カードローンは、「最短即日融資」「WEB完結」「一定期間無利息」など、利用しやすいサービスがたくさん用意されています。

 

また、本人が働いてさえいれば、アルバイトやパート勤めなどで収入が少なくても、お金を借りることができます。

 

ただ、消費者金融は「総量規制(そうりょうきせい)」という法律で規制がかかっているため、「利用者の年収3分の1」までしか融資できません。
そのため、無収入の人や専業主婦は、お金を借りることができないんです。

 

>> オススメの消費者金融カードローン一覧

 

2.銀行カードローンは専業主婦でも低金利で借りれる

銀行カードローンは専業主婦でも借りれる

 

こちらも先ほどお伝えしましたが、消費者金融よりも低金利でお金を借りることができます。
限度額も高額のところが多く、そのぶん審査は厳しめですが、通過すれば低金利で高額の借入も可能です。

 

さらに、銀行カードローンの中には、専業主婦でも利用できるところもあります。
(これは、銀行は先ほどお話した「総量規制」の対象外なので、“年収の3分の1までしか借りられない”というルールが当てはまらないからなんです)

 

また、口座があれば、わざわざローン専用カードを作らなくてもキャッシュカードでお金を借りられるところもあります。

 

さらに、「最短即日融資」ができるところも増えています。

 

>> オススメの銀行カードローン一覧

 


 

カードローンは、ルールを守りながら利用すれば、気軽にカンタンに自分の事情にあった使い方ができます。

 

消費者金融でも銀行でも生活スタイルにあったカードローン選ぶことで、急なピンチを乗り切れます。

 

お金の借り先を探しているという人は、ぜひカードローンを利用してみて下さい。

 

>> あなたにぴったりのカードローンはどれ?無料診断はこちら

 

お金が急に必要となって困っている人

 

急な不幸や断れない急な誘いなど、お金が急に必要となる時ってありますよね。
また、生活がどうしても苦しくて、次の給料日までの生活費を借りたいという人もいます。

 

そんなとき、親や友達に借りたり、行政を頼ったり、お金を貸してくれる会社を探したりといろいろな解決方法がありますが、オススメなのはカードローンです。

 

なぜなら、お金の貸し借りによって人間関係にヒビが入ってしまったり、相手に心配をかけたりすることもなく、最短なら今日中にお金を貸してくれるからです。

 

カードローンとは、銀行や銀行グループの消費者金融などが行っているキャッシングサービスです。
利息を払うことで、保証人や担保の必要なく、運転免許証や健康保険証などだけで、最短即日でお金を貸してくれます。

 

もちろん、カードローンは銀行系なので法律をしっかりと守っており、利息は法律の範囲内です。
そのため、たとえば10万円を1ヶ月借りていても、利息はたったの1,528円で済むんです。(年利18.0%の場合)

 

お金を借りるおすすめの方法はカードローン

 

ただ、「それって借金だよね?本当に大丈夫なの・・・?」と心配な人もいますよね。

 

そこで、ここでは5つのお金を借りる方法についてメリット・デメリットを紹介し、カードローンの安全な利用方法についてくわしく説明します。
さらに、初めての人でも安心して借りられる、とくにオススメのカードローンを紹介しています。

 

>> あなたにぴったりのカードローンが選べる!無料診断をしてみる

 

お金を借りるならどこ?親・友人・行政には頼りにくい理由

まずは、お金を借りる方法として有名なものを5つ紹介し、それぞれのメリット・デメリットを紹介していきますね。

 

  1. 友人
  2. 行政
  3. 闇金
  4. カードローン

 

【お金を借りる方法】
1.親

親は、もっとも身近で甘えやすい存在である反面、厳しい顔を持っていますよね。

 

親からうまくお金を借りれたら、利息はかからず、もしかすると返さなくても済むかもしれません。
ですが、お金を貸してもらうまでが大変です。

 

「何に使うの」「そんなにお金かかる訳は」といろいろ問いただされたり、挙句の果てには、「バカモノ!」と怒鳴られることもあるかもしれません・・・!

 

親からお金を借りるのは難しい

 

また、「お金ばっかりかかって・・・」と親をガッカリさせてしまったり、悲しませることにもつながる可能性があります。

 

簡単そうに思えて、意外とムズカシイのが親からお金を借りることなのでしょう。

 

  • メリット:利息がかからない。返さなくても済む可能性がある。
  • デメリット:借りるまでに(親を説得すること)が必要。親を怒らせたり、悲しませたりする可能性がある。

 

【お金を借りる方法】
2.友人

友達からお金を借りる場合は、親と違ってちょっと声をかけにくいのですが、気心が知れていて、強い信頼関係があれば気軽にお金を貸してくれるでしょう。

 

また、利息なしで貸してくれる友達もいますよね。

 

ですが、お金の貸し借りはとても繊細なものです。
いくら信頼関係があったとしても、返済が遅れたりすると、これまで通りの付き合いがしにくくなったり、友人関係にヒビが入る可能性もあります。

 

友達からお金を借りると友人関係にヒビが入る可能性がある

 

さらに、心無いウワサ話が出回り友達グループに所属できなくなったり、学校や職場に行きづらくなったりすることもあるので、友達からお金を借りるのには注意が必要です。

 

  • メリット:利息がかからない。親のように怒ったり悲しんだりしない。
  • デメリット:友人関係が崩れる可能性がある。

 

【お金を借りる方法】
3.行政

行政では、安い利息で個人にお金を貸す制度を用意しているので、行政からお金を借りることもできます。
行政とは、厚生労働省や文部科学省などの政府や、県庁や市役所などの地方公共団体のことです。

 

行政からお金を借りる

 

ただし、いくつかの条件にあてはまる必要があるため、すべての人が行政からお金を借りられるわけではありません。

 

たとえば、「生活福祉資金貸付制度(せいかつふくししきんかしつけせいど)」では以下のうち、いずれかにあてはまることが条件です。

 

  • 生活が困難な低所得者世帯
  • 障がい者世帯
  • 65歳以上の高齢者世帯”

 

さらに、申請から借入までに時間がかかったり、使用目的が限られていたりするなど、気軽にはお金をかりられない一面もあるんですね。

 

ですが、そのぶん金利は低く、基本的には無利子で、連帯保証人なしでも年1.5%で借りられるんです。

 

  • メリット:利息がほとんどかからない。
  • デメリット:借りるのが大変で、スグには借りられない

 

(参考:生活福祉資金貸付制度|厚生労働省HP

 

【お金を借りる方法】
4.闇金

闇金(やみきん)は、行政とは対照的で保証人なしで条件もユルく、場合によっては審査なしでお金を貸してくれます。

 

闇金からお金を借りる

 

しかし、違法な金利を要求し、脅迫的な取り立てをしてくるところもあるので、お金を借りてしまうと精神的に追い込まれる可能性は非常に高いでしょう。

 

  • メリット:必要な額のお金をすぐに貸してくれる。
  • デメリット:違法な金利や取り立てが心配。

 

【お金を借りる方法】
5.カードローン

消費者金融や銀行のカードローンでお金を借りる

 

カードローンとは、個人が無担保・保証人無しでお金を借りられるよう、消費者金融や銀行などが行っているサービスです。
もちろん利息はかかりますが、無利息期間があったりや低金利だったりするカードローンを選べば、利息を安く抑えることができます。

 

また、カードローンでお金を借りる場合、親や友人に迷惑をかけることもありませんし、行政のような手間や時間はかからず、その日のうちにお金を借りることができます。

 

ただ、初めての申込で数十万〜数百万円などの高額を希望すると、審査に時間がかかったり審査に落ちたりするので、スグにお金が借りられないこともあるので注意が必要です。

 

また、1年以上など長期にわたってお金を借り続けていると、利息が高くなってしまうので、できるだけ早く全額返済するのがおすすめです。

 

  • メリット:即日融資OKで、無利息期間を設けているカードローンもある。ルールに従って借りるため気を遣わなくてもいい。
  • デメリット:長期借入の場合、利息が高くなってしまう。(ただし、無利息サービスをうまく利用すれば利息は安く抑えられる)

 

>> あなたにぴったりのカードローンはどれ?無料診断へ

 

オススメのカードローンには2種類ある

おすすめのカードローンは2つ

 

さて、ここまでのお話で、お金を借りる方法の中でも「カードローン」はとくに利用しやすくオススメと説明してきました。
そして、カードローンの中でもとくにオススメなのが、以下のふたつです。

 

  1. 消費者金融カードローン
  2. 銀行カードローン

 

消費者金融は、銀行に比べて金利は少々高めですが即日で借りれるなどサービスが充実しています。
一方で銀行は、消費者金融よりも審査は厳しめですが、低金利で安定利用ができます。

 

このように、それぞれメリットが異なるので、自分の生活スタイルに合う方を選ぶことが大切です。

 

というわけで、それぞれについてくわしく説明していきますね。

 

1.消費者金融カードローンは低所得でもスグに借りれる

消費者金融カードローンは低所得でも借りれる

 

先ほどもお話したように、消費者金融カードローンは、「最短即日融資」「WEB完結」「一定期間無利息」など、利用しやすいサービスがたくさん用意されています。

 

また、本人が働いてさえいれば、アルバイトやパート勤めなどで収入が少なくても、お金を借りることができます。

 

ただ、消費者金融は「総量規制(そうりょうきせい)」という法律で規制がかかっているため、「利用者の年収3分の1」までしか融資できません。
そのため、無収入の人や専業主婦は、お金を借りることができないんです。

 

>> オススメの消費者金融カードローン一覧

 

2.銀行カードローンは専業主婦でも低金利で借りれる

銀行カードローンは専業主婦でも借りれる

 

こちらも先ほどお伝えしましたが、消費者金融よりも低金利でお金を借りることができます。
限度額も高額のところが多く、そのぶん審査は厳しめですが、通過すれば低金利で高額の借入も可能です。

 

さらに、銀行カードローンの中には、専業主婦でも利用できるところもあります。
(これは、銀行は先ほどお話した「総量規制」の対象外なので、“年収の3分の1までしか借りられない”というルールが当てはまらないからなんです)

 

また、口座があれば、わざわざローン専用カードを作らなくてもキャッシュカードでお金を借りられるところもあります。

 

さらに、「最短即日融資」ができるところも増えています。

 

>> オススメの銀行カードローン一覧

 


 

カードローンは、ルールを守りながら利用すれば、気軽にカンタンに自分の事情にあった使い方ができます。

 

消費者金融でも銀行でも生活スタイルにあったカードローン選ぶことで、急なピンチを乗り切れます。

 

お金の借り先を探しているという人は、ぜひカードローンを利用してみて下さい。

 

>> あなたにぴったりのカードローンはどれ?無料診断はこちら