MENU

借入残高とは?

疑問

 

カードローンへ申し込みをする時に、こんなことで迷ったりはしていませんか?
「他社からの借入残高って何を記入したらいいの?」
「借入って住宅ローンも入れないといけないの?」

 

借入残高とはその名の通り、あなたがすでに借入しているお金の残高のことです。
しかし全ての合計を記入するとなると、何から手をつけていいのかわからなくなってしまいますよね。
審査にも大きく影響を与えるポイントなので、いい加減なことは記入できません。

 

ここでは、カードローンへ申込みをする際に記入する借入残高とは何を記入すればいいのか、またその確認方法と審査への影響について解説していきます。

 

「借入残高」の欄には何を記入すればいいの?

借入残高の記入

 

カードローンへ申し込みをする際に記入する「借入残高」には、あなたが今借入をしているお金の中で、今後も返済しなければいけないお金の残高を記入します。

 

借入には様々な種類がありますが、基本的にカードローン申し込みの際には、借入をする際に担保を必要としない「無担保の借入」の残高を記入します。

 

まずは各種借入の種類と、それが「借入残高」として含まれるかを確認してみましょう。

 

消費者金融カードローンは借入残高に含まれる

アコム、プロミスなどの消費者金融からの借入は、借入残高の中に含めましょう。
消費者金融での借入は、保証人も担保も不要な無担保の借入に分類されます。
どこのカードローンへ申込む際も、例外なく記入が必要です。

 

銀行カードローンの残高は記入不要の可能性あり

カードローンには消費者金融だけでなく、銀行カードローンもあります。
銀行カードローンも審査の際に保証人も担保も不要なので、無担保の借入に入ります。

 

しかし消費者金融の一部では、銀行カードローンの残高の記入が必要ない会社もあります。
借入残高の記入欄の下に記載不要という一文があれば、含めなくてOKです。

 

銀行カードローンと消費者金融の違い

なぜ、銀行カードローンからの借入を、借入残高の中に含めなくても良いことがあるのでしょうか。
これは、消費者金融と銀行カードローンが違う業種であることが関係しています。

 

消費者金融は貸金業に分類され、「貸金業法」が適用されます。
一方、銀行カードローンは銀行のサービスなので、適用されるのは「銀行法」です。

 

実は貸金業法で定められている規定の中に「貸金業者から借入できる金額は年収の3分の1まで」という決まり(総量規制)があるのですが、この中には銀行法が適用される銀行カードローンは含まれていないのです。

 

消費者金融の審査では、希望限度額と借入残高を見て、総量規制の基準内に収まっているかを重視しているわけですね。

 

クレジットカードはキャッシング枠のみ記入

クレジットカードの利用は、借入残高の中に入るのでしょうか。
クレカにはショッピング枠とキャッシング枠があります。

 

ショッピング枠は買い物の際に利用できる枠で、借入をしているわけではないので、借入残高には含めなくてOKです。

 

一方キャッシング枠はカード会社からお金を借りるので、借入残高の中に含めなくてはいけません。
保証人も担保も必要ない無担保の借入に分類されるので、忘れずに記入してくださいね。

 

自動車ローン、住宅ローンは有担保なので記入不要

自動車の購入や家を建てる際に借入をするローンについては、有担保の借入に分類されます。

 

自動車ローンの場合は自動車本体、住宅ローンの場合は家や土地が担保として扱われます。
そのため、借入残高の中には含める必要はありません。

 

ただしカードローン会社によっては、これらの支払いを別枠で記入しなければいけない可能性もあります。
記入欄がある場合は、正直に正しい残債を記入してくださいね。

 

借入残高の確認方法は3つ

確認方法は3つ

 

ここまで、借入残高の欄に記入するべき内容について説明しました。
無担保の借入であるカードローンや、クレジットカードのキャッシング枠の残高を確認しましょう。

 

一円単位まで正確に記入する必要はありませんが、実際の残高とかけ離れた金額を記入するのは禁物です。
あとで個人の信用情報を確認され、信用を失ってしまう可能性があります。

 

では、正確な金額はどのように確認すれば良いでしょうか。
借入残高の確認方法には、次のようなものがあります。

 

【借入残高の確認方法】
1.消費者金融の借入残高は会員ページで確認

会員専用のページが用意されている消費者金融やクレジットカードの場合は、ログインをすると借入残高を確認することができます。
インターネットにつながるスマホやパソコンがあれば、いつでもどこでも確認ができるので、一番オススメな確認方法です。

 

【借入残高の確認方法】
2.銀行カードローンの残高はインターネットバンキングで

銀行カードローンでも、会員ページがあらかじめ用意されている場合もあります。
しかし多くの銀行では、ネット上で残高を確認するためにはインターネットバンキングへ別途登録しなければいけません。
インターネットだけではなく、郵送でのやり取りが必要な場合もあります。

 

残高照会をすることだけが目的でしたら、他の方法で確認した方が早いのでオススメです。

 

【借入残高の確認方法】
3.ATMで残高照会

カードローンやクレジットカードの提携ATMを利用すれば、その端末上で残高を確認することも可能です。

 

全国のコンビニのATMでは、ほとんどのカードに対応しているので、インターネットでの確認ができない場合でも24時間確認ができますよ。

 

【借入残高の確認方法】
4.電話でも残高照会ができる

カードの裏側には、カードローン会社やクレジットカード会社の電話番号が記載されています。
その番号に電話することで、借入残高を確認することもできます。

 

ただし、コールセンターの営業時間は、平日の日中に限られていることもあるので注意しましょう。

 

カードローン申込時の借入残高の注意点

借入残高の注意点

 

借入残高の記入は、審査において重視されるポイントの一つです。
ただ他社の借入残高を合計して記入するだけとはいえ、あらかじめ知っておくべき注意点があります。
審査に通過できる確率を上げるためにも、ぜひチェックしてください。

 

嘘は絶対NG!信用情報を見れば借入残高はつつ抜け

「借入残高は自己申告だから、少なめに記入しよう」と思っている人は絶対にやめてください。
カードローンの審査の際には、あなたが入力した内容だけでなく、個人の信用情報を元に判断しています。

 

信用情報とは、個人の借入残高やローンの申し込み履歴、返済状況などの情報が記載されたものです。
JICCやCIC、全国銀行個人信用情報センターなどの機関がカードローン会社からの情報を収集し管理しています。

 

審査の際にこの情報とあなたの申し込み内容を照らし合わせて、あまりにもかけ離れた金額が記載してあった場合は、マイナスの評価をつけられる可能性があるので、正しく記入しましょう。

 

借入残高、希望借入限度額、年収のバランスが大切

借入残高は正しく記入する必要がありますが、それに合わせて借入希望限度額とあなたの年収にも注目してみてください。

 

審査では、あなたの年収と「希望限度額+他社の借入残高」のバランスを重視されてます。
希望限度額と借入残高の合計が高すぎると、支払い能力がないと判断されて、審査でマイナスの評価をつけられてしまいます。

 

希望限度額は余裕をもって高めに設定したいところですが、審査の通過を第一に考えると必要最低限に抑えておいた方が良いでしょう。

 

借入残高だけでなく借入件数にも注目

ここまで借入残高について詳しく説明してきましたが、同時に借入件数も審査で重視されるポイントです。
できる限り借入件数は少ない方が、有利にはたらきます。

 

借入残高を今すぐに減らすことはできませんが、借入件数は減らすことができるかもしれないので、確認してみてください。
以前利用したことのあるカードローンを解約せずにいると、それも件数のうちの1つとしてカウントされてしまいます。

 

借入残高がすでにないものや、ほんの少額しか残っていないものはあらかじめ完済させて、解約手続きをしておきましょう。

 


 

他社からの借入残高を確認する作業は面倒ですが、審査の際にはとても重視されるポイントです。
漏れのないように、しっかり確認してから申し込みをしてくださいね。

 

 

当サイトおすすめのカードローン一覧