MENU

金利が安いカードローンを選ぶために

お金を借りるときに気になるのは、やはり“金利”ですよね。
お金がなくて苦しいからお金を借りているので、できれば余分なお金を払いたくありません。

 

そこで、ここでは金利が安いカードローンを選ぶためのポイントについて紹介します。

 

まず、ほとんどの銀行や消費者金融などのカードローン会社では、3.0%〜18.0%などのように幅のある金利を設定しています。
こうした場合、借りるお金が高額の場合などに低い金利、少額しか借入しない場合などは高い金利が適用されるのが一般的です。
たとえば、金利3.0%〜18.0%でお金を借りる場合、10万円ほどの少額借入であれば18.0%に、500万円などの高額借入になると3.0%に近づきます。

 

そのため、自分が借入をしようと考えている金額によって、最高金利と最低金利のうちどちらをチェックするのか変わるんです。

 

たとえば、以下のふたつのカードローンの場合を考えてみましょう。

  • A.2.0%〜18.0%
  • B.7.0%〜14.0%

この場合、金利を安く済ませるには、以下のように選ぶのがオススメです。

  • 少額融資を希望している→最高金利が低い「B.7.0%〜14.0%」
  • 高額融資を希望している→最低金利が低い「A. 2.0%〜18.0%」

当サイトおすすめの低金利カードローン

みずほ銀行カードローン

年2.0%〜14.0%
 

最高限度額
800万円


 


 

・お申込みからご利用まで、ネットでお手続きが完結
・PCやスマホ、各種電話からお借入れやご返済が可能

アコム

3.0%〜18.0%
 

1万〜800万円
 

最短1時間
 

50万円まで不要
(*1)

初めての方は最大30日間金利0円
・いつでも返せて、利息はご利用日数分だけ
・3項目の入力でお借入れ可能かわかる3秒診断
・ネットや提携ATMから24時間お借入・ご返済可能(*2)

三菱UFJ銀行 バンクイック
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック
1.8%〜14.6%

10万〜500万円


50万円超は必要

・全国の三菱UFJ銀行・提携コンビニATMでいつでも何度でも利用手数料無料。
1000円単位でお借り入れOK
・借入可能か、すぐ分かるお借入診断あり
・ご利用状況に応じて、利用限度額の引き上げも可能

プロミス

4.5%〜17.8%

1万〜500万円

最短1時間

50万円まで不要

初めての方は30日間利息ゼロ(*1)
・最短1時間融資可能!
・24時間いつでもお申込み可能
・3項目入力で簡単3秒診断
・最短10秒で銀行口座に振り込みされる素早い借入方法「瞬フリ」(*2)

横浜銀行カードローン

年1.9〜14.6%
(変動金利)

10万〜1000万円
 

最短翌日
 

50万円超は必要
 

専業主婦OK
神奈川県、東京都全域、群馬県の一部地域(前橋市、高崎市、桐生市)
 に住んでいる方、もしくは勤務されている方ならお申込み可能!

・口座開設は申し込み後でOK
・最短翌日融資も可能!
・24時間いつでもお申込みOK!

各カードローンの注意点
みずほ銀行
※ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方で、安定した収入があり、みずほ銀行指定の保証会社である
 オリコの保証を受けることができる方
※住宅ローンをみずほ銀行で利用している場合は、利率が年0.5%下がります。
 引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。ムリなくご返済いただける範囲で、計画的にご利用ください。
アコム
※1 お借入れ総額により収入証明書が必要
※2 提携CD・ATMの詳細についてはアコムのホームページでご確認ください。
プロミス
※1 メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要
※2 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座の登録が必要

 

最高金利が安いのは「銀行カードローン」

少額借り入れのときは、最高金利が低いカードローンを選ぶのがいちばんオトクになります。
そして、最高金利が低い傾向にあるのが、「銀行カードローン」なんです。

 

ただし、銀行の中には消費者金融カードローンとほぼ変わらなかったりするケースもあるため、銀行カードローンの傾向としてとらえておきましょう。

 

また、最低金利も銀行カードローンの方が低い場合が多いですが、消費者金融カードローンの方が安いこともあります。

 

利息0円サービスが多いのは「消費者金融カードローン」

消費者金融カードローンは、銀行カードローンよりも金利が高くなりがちですが、「利息0円」などの無利息サービスが充実している会社が多いんです。
ただし、こうしたサービスは「30日間以内に返済すること」などの条件が付いているケースがほとんどです。

 

そのため、スグに返せるあてがある場合は、こうしたサービスを利用することで銀行カードローンでお金を借りるよりも低金利で借りることもできます。

 

 

 

このように、金利が安いカードローンを選ぶには、自分の借りたい金額や返済までにかかる日数を考える必要があります。
自分の希望借入金額の場合の金利がわからない場合は、多くのカードローン会社が行っている返済シミュレーションサービスを利用するなどして、どれくらいの金利で借り入れできるのか調べてみるのもオススメですよ。

 

低金利で借りるために知っておきたい金利の注意点ふたつ

金利については知っておくべき注意点がふたつあります。

 

ひとつめは、金利によって、お金を貸す方と借りる方それぞれに異なるメリット・デメリットが発生しているということです。
貸す側にとっては、利息が付く事で貸したお金よりも多い金額が返ってくるというメリットがありますが、借りる方にとっては、借りた金額よりも少し多く返済しなければいけないというデメリットがありますね。

 

金利は、借りる所の仕組みやそれぞれの商品、サービス内容などによって違いがありますが、金利が高くなればなるほど、返す際に負担が増えてしまいますので注意が必要です。
なお、ヤミ金などが関係する高金利のトラブルもありますので、これらについての知識を事前に得ておくと良いでしょう。

 

ふたつめは、固定金利と変動金利、という仕組みです。
これらはローンの商品でよく見かける言葉ですが、それぞれの特徴についてよく知っておくと良いでしょう。

 

簡単に言えば、一定の期間の中で金利が固定されているスタイルと変動するスタイルですが、それぞれにメリットとデメリットがあります。
将来的にどのような影響があるかというのを考えながら選ぶ事も重要で、借り換えをする際に必要な内容もありますので、よく理解した上で自分に合っていると思うスタイルを選択してみましょう。

 

お金を借りるときに気になるのは、やはり“金利”ですよね。
お金がなくて苦しいからお金を借りているので、できれば余分なお金を払いたくありません。

 

そこで、ここでは金利が安いカードローンを選ぶためのポイントについて紹介します。

 

まず、ほとんどの銀行や消費者金融などのカードローン会社では、3.0%〜18.0%などのように幅のある金利を設定しています。
こうした場合、借りるお金が高額の場合などに低い金利、少額しか借入しない場合などは高い金利が適用されるのが一般的です。
たとえば、金利3.0%〜18.0%でお金を借りる場合、10万円ほどの少額借入であれば18.0%に、500万円などの高額借入になると3.0%に近づきます。

 

そのため、自分が借入をしようと考えている金額によって、最高金利と最低金利のうちどちらをチェックするのか変わるんです。

 

たとえば、以下のふたつのカードローンの場合を考えてみましょう。

  • A.2.0%〜18.0%
  • B.7.0%〜14.0%

この場合、金利を安く済ませるには、以下のように選ぶのがオススメです。

  • 少額融資を希望している→最高金利が低い「B.7.0%〜14.0%」
  • 高額融資を希望している→最低金利が低い「A. 2.0%〜18.0%」

 

当サイトおすすめの低金利カードローン

みずほ銀行カードローン

 


年2.0%〜14.0%

最大限度額
800万円

収入証明書:−
・ネットで全て完結できる
・PCやスマホ、電話で借入や返済が可能

 

アコム

 


3.0%〜18.0%

1万〜800万円

最短1時間

収入証明書:50万円まで不要(*1)
初めての方は最大30日間金利0円
・いつでも返せて、利息はご利用日数分だけ
・3項目の入力でお借入れ可能かわかる3秒診断
・ネットや提携ATMから24時間お借入・ご返済可能(*2)

 

三菱UFJ銀行 バンクイック

 

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック


1.8%〜14.6%

10万〜500万円

収入証明書:50万円超は必要
・手数料無料の提携ATM有
・1000円単位で借入OK
・すぐ分かるお借入診断あり
・利用状況に応じて限度額の引き上げ可能

 

プロミス

 


4.5%〜17.8%

1万〜500万円

最短1時間

収入証明書:50万円まで不要
初めての方は30日間利息ゼロ(*1)
・最短1時間融資可能!
・24時間いつでもお申込み可能
・3項目入力で簡単3秒診断
・最短10秒で銀行口座に振り込みされる
 素早い借入方法「瞬フリ」(*2)

 

横浜銀行カードローン

 


年1.9〜14.6%
(変動金利)

10万〜1000万円

最短翌日

収入証明書:50万円超は必要
専業主婦OK
神奈川県、東京都全域、群馬県の一部地域(前橋市、高崎市、桐生市)に住んでいる方、もしくは勤務されている方ならお申込み可能!
・口座開設は申し込み後でOK
・最短翌日融資も可能
・24時間いつでもお申込みOK!

 

各カードローンの注意点
みずほ銀行
※ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方で、安定した
 収入があり、みずほ銀行指定の保証会社であるオリコの
 保証を受けることができる方
※住宅ローンをみずほ銀行で利用している場合は、利率が
 年0.5%下がります。
 引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。
 ムリなくご返済いただける範囲で、計画的にご利用
 ください。
アコム
※1 お借入れ総額により収入証明書が必要
※2 提携CD・ATMの詳細についてはアコムの
 ホームページでご確認ください。
プロミス
※1 メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要
※2 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座の登録が必要

 

最高金利が安いのは「銀行カードローン」

少額借り入れのときは、最高金利が低いカードローンを選ぶのがいちばんオトクになります。
そして、最高金利が低い傾向にあるのが、「銀行カードローン」なんです。

 

ただし、銀行の中には消費者金融カードローンとほぼ変わらなかったりするケースもあるため、銀行カードローンの傾向としてとらえておきましょう。

 

また、最低金利も銀行カードローンの方が低い場合が多いですが、消費者金融カードローンの方が安いこともあります。

 

利息0円サービスが多いのは「消費者金融カードローン」

消費者金融カードローンは、銀行カードローンよりも金利が高くなりがちですが、「利息0円」などの無利息サービスが充実している会社が多いんです。
ただし、こうしたサービスは「30日間以内に返済すること」などの条件が付いているケースがほとんどです。

 

そのため、スグに返せるあてがある場合は、こうしたサービスを利用することで銀行カードローンでお金を借りるよりも低金利で借りることもできます。

 

 

 

このように、金利が安いカードローンを選ぶには、自分の借りたい金額や返済までにかかる日数を考える必要があります。
自分の希望借入金額の場合の金利がわからない場合は、多くのカードローン会社が行っている返済シミュレーションサービスを利用するなどして、どれくらいの金利で借り入れできるのか調べてみるのもオススメですよ。

 

低金利で借りるために知っておきたい金利の注意点ふたつ

金利については知っておくべき注意点がふたつあります。

 

ひとつめは、金利によって、お金を貸す方と借りる方それぞれに異なるメリット・デメリットが発生しているということです。
貸す側にとっては、利息が付く事で貸したお金よりも多い金額が返ってくるというメリットがありますが、借りる方にとっては、借りた金額よりも少し多く返済しなければいけないというデメリットがありますね。

 

金利は、借りる所の仕組みやそれぞれの商品、サービス内容などによって違いがありますが、金利が高くなればなるほど、返す際に負担が増えてしまいますので注意が必要です。
なお、ヤミ金などが関係する高金利のトラブルもありますので、これらについての知識を事前に得ておくと良いでしょう。

 

ふたつめは、固定金利と変動金利、という仕組みです。
これらはローンの商品でよく見かける言葉ですが、それぞれの特徴についてよく知っておくと良いでしょう。
簡単に言えば、一定の期間の中で金利が固定されているスタイルと変動するスタイルですが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

将来的にどのような影響があるかというのを考えながら選ぶ事も重要で、借り換えをする際に必要な内容もありますので、よく理解した上で自分に合っていると思うスタイルを選択してみましょう。