MENU

新生銀行レイクALSAの初回限度額はいくらぐらいなの?

考える女性

 

新しく生まれ変わったレイクASLA。
使ってみたいと検討を始めたものの、初回限度額がいくらになるか予想がつかず、「計画が立てられない…。」と申し込みをためらってはいませんか?
そんな人に是非知ってほしいことがあります。

 

初めてレイクASLAを利用する場合、初回限度額は50万円以下の可能性が高く、最高融資額(最高限度額)の500万円を借りることは厳しいとされているんです。

 

しかしその反面、うまく利用することで利用限度額が増えていく仕組みも持ち合わせています。

 

でもどうして、初回限度額は高額利用ができないのか、何が影響しているのか。
そこには法律が絡む現実と「初回利用」という壁がありました。

 

今回は高額利用ができない事情を中心に、どうすれば限度額を増やせるのかも含めお伝えしていきます。

 

初回限度額は低めに設定される

総量規制

 

レイクALSAを含むカードローンを使用する際には、必ず利用限度額が設定されます。
審査によって個々人に決められるものですが、その基準は公開されていないため、ここで「あなたは〇〇万円」と言えるものではないんです。

 

しかし初回限度額は低く設定される傾向があるのも事実で、複数の口コミ情報を見ると、50万円がボーダーとなっていることが見えてきます。

 

レイクALSAでは1万円から最高500万円まで(最高限度額)融資できるとなっているのに、なぜ初回限度額はなぜ低めに設定されるのか、いくつか思い当たる理由がありました。

 

レイクALSAは総量規制の対象のため50万円以上の借り入れは難しい

初回限度額の目安としては50万円以下で考えておいてください。
その理由は総量規制にあります。

 

総量規制とは、貸金業法の中にある法律のひとつで「利用者の年収3分の1以上の融資はできない」というものです。

 

レイクALSAはこの規制対象になっているため、自社のHPでも「総量規制の導入により・・・」と説明しています。(参考:お申込みに必要な書類|レイクALSA

 

そして、利用限度額の総額が50万円を超えるもしくは他社の借入れとの総額の合計が100万円を超える利用者には、収入証明書類の提出を求めているんです。

 

総量規制のルールで考えれば、年収300万円なら100万円までは融資してもらえる範囲内です。

 

しかし利用限度額50万円を超える場合は収入証明書類が必要になり、厳しいチェックになることが十分に考えられます。

 

このハードルを越えるのは結構難しく、突破できたとしてもまれなケースといわざるをえません。
初回限度額の目安は50万円以下と考えておきましょう。

 

個人の返済能力が利用限度額を決める

総量規制もさることながら、個人の返済能力も重視されます。
どれくらいの収入があり支出割合はどの程度か、を申し込み時に提供された情報に加え信用情報をもとに確認しているんです。
※信用情報とは、個人のお金に関する履歴情報のことで、信用情報機関で管理されている。

 

収入が多く支出割合が少なければ、返済できるお金が確保できると判断されるでしょう。
しかし逆に、入が少ないうえ支出割合が大きければ、返済が厳しい金銭環境とみなされ、場合によっては審査通過ができないこともあり得ます。

 

このような審査を経て、利用者が返済できるであろう範囲で金額が決まるんです。
「返済能力」、これが限度額の決め手となります。

 

初回利用者は返済能力の裏付けがない

審査で返済能力ありと判断したとはいえ、この時点では「返済できるだろう」という想定範囲内での決定になります。
なぜかというと、レイクALSAでの実績がないからです。

 

事実カードローン利用者の中には、返済できずに滞納してしまったり、返済不能になる人も多くいます。

 

つまりレイクALSAにとって「確実に返済してもらえる」確証がないので、まだまだ不安要素が払しょくできないんです。

 

そのため利用者が「返済できるであろう」範囲内の額から、さらに「必ず返済できる金額」として、限度額を低く設定していると考えられます。

 

ずっとこの初回限度額でしか使えないの?

大丈夫

 

さてレイクALSAを使うのであれば、初回限度額が50万円以下で借りることが無難だということは分かりました。

 

しかし利用するにしてもこの限度額のままだと、活用範囲も狭く使いにくいカードになるかも・・と気になりますよね。

 

でも大丈夫です。
レイクALSAでは、タイミングをみて「増額可能」の連絡をくれるからです。

 

先ほどもお伝えしましたが、会社としては返済能力を重要視しているので、遅延・滞納の無い利用実績を積み上げていけば限度額を増やしてもらえるんです。

 

もちろん収入額が増えていることも有利に働きますね。
長期利用を考えるなら、優良利用者で使い続けていきましょう。

 

優良利用者になるためのコツ

ポイント

 

優良利用者になるためにはちょっとしたコツがあります。
ご紹介しましょう。

 

  • 申し込み時は、希望利用額を必要最低限(低め)にしておくこと
  • 利用中は「少額の借入⇒早めの返済」を繰り返すこと
  • 利用しないのは逆効果なので、できるだけ利用実績をつくること
  • 遅延・滞納は絶対NG

 

これらを意識して使ってみてください。

 


 

さて、いろいろとお伝えしましたが、これまでの説明をまとめてみましょう。

 

  • 個人に対し利用限度額が設定される
  • レイクALSAは総量規制の対象 初回限度額の目安は50万円以下。
  • 限度額の決め手は「返済能力」で、利用限度額は審査によって決められる
  • 初回限度額は利用実績がないため低く設定される可能性が大きい
  • 限度額は時期が来れば増額できる。そのコツは優良利用者でいること。

 

ご理解いただけましたでしょうか。
初回限度額は少なくとも、多くのサービスがあるレイクASLAなら、十分使いやすいカードローンといえます。

 

自分にとって使いやすいカードローンにするためにも、しっかりと使い込んでいってください。

 

>>レイクALSAの詳細、お申し込みはこちら