MENU

まとまったお金が必要なら緊急で借りれるカードローン

まとまったお金が必要

 

あなたは、「まとまったお金が必要!」という状況で、どうやってお金を調達したらいいのかわからずに困っていませんか?

 

まとまったお金を用意するなら、カードローンというサービスを利用するのがオススメです。
カードローンとは、いわゆる「キャッシングサービス」のことで、手数料として利子(利息)を払うことで一時的にまとまったお金を貸してもらえるサービスです。

 

利子(利息)といっても、マンガやドラマで見るような高すぎる利子は違法で、実際には年間でも金利18%くらいまでしかかかりません。

 

そのため、10万円を1ヶ月借りた場合でも、利子(利息)は多くても1,528円ほどで済むんです。
一時的にまとまったお金が借りれて、手数料(利子)も安く済むなんて、とってもうれしいですね。

 

しかも、はじめの1ヶ月はこの手数料さえ無料で貸してくれるカードローンもいくつかあるので、友達や家族から借りるのと変わらないんです。

 

そんなカードローンは、三菱UFJ銀行バンクイックなどの「銀行系」とアコムなどの「消費者金融系」のふたつに分けられます。
そして、これらのうち、どちらからお金を借りたほうがいいのかは利用者の状況によって変わるんです。

 

カードローンの申込み後に後悔をしないためにも、サービスの選び方の基本についてキチンと理解しておくのがオススメです。
というわけで、ここではあなたにとって最適なカードローンの選び方と、まとまったお金をカードローンで借りるときに知っておきたいポイントについて紹介します。

 

↓コチラからあなたにぴったりのカードローンを無料診断できます!

 

まとまったお金が必要!明日までにお金を用意する方法は?

明日までにお金が必要で困っている女性

 

このページの説明の流れは、次のようになっています。

  1. アルバイト収入がある場合の選び方
  2. 収入がない専業主婦の対処法について
  3. カードローンで用意できる上限額について
  4. 金利の基本、その他の注意点

 

アルバイトOK!“収入あり”なら「消費者金融カードローン」がオススメ

アルバイトやパートOKの消費者金融カードローン

 

アルバイトやパートの収入があるなら、まずは、消費者金融カードローンを検討してみてはいかがでしょうか?

 

消費者金融は、「少ない金額を希望する人向け」という印象がありますが、まとまったお金が必要な場合でも活用できます。

 

消費者金融はメガバンク系の大手を選択!

消費者金融」と聞くと不安があるかもしれませんが、“メガバンク系(銀行グループ)の大手”を選べば安心です。
貸金業法をはじめとする、厳しい法律にしたがってクリーンな運営をしています。

 

もちろん、中小の消費者金融のなかにはオススメできないケースがあるのも事実ですが、だからこそ、大手の消費者金融のカードローンでまとまったお金を用意するのがオススメなんです。

 

>> 安心できるオススメの消費者金融カードローン一覧はこちら

 

まとまったお金はいくら借りれる?限度額の上限をチェックしよう

限度額の上限をチェック

 

まとまったお金を貸してくれる」とは言っても、いくらまでお金を貸してくれるのでしょうか?
というわけで、消費者金融系と銀行系のカードローンそれぞれについて、限度額の上限を紹介しますね。

 

消費者金融系カードローンの最高限度額は約500〜800万円

大手の消費者金融には、アイフルやアコム、プロミス、モビットなどがあります。

 

これらの大手の金融機関では、限度額の上限を「500万円〜800万円」に設定しています。
この限度額の範囲内で、年収の3分の1に収まるような金額であれば融資が見込めるんです。

 

銀行系カードローンの最高限度額は約500〜1,000万円

銀行カードローンでは、バンクイックやみずほ銀行カードローン、ジャパンネット銀行カードローンなどがあります。
これらの銀行では、融資額の上限を「500万円〜1,000万円」までとしています。

 

もちろん、利用者の経済状況に合わせて「この額までなら返済可能だろうから融資OK」という金額を各銀行ごとに設定しているので、誰でも高額を借りられるわけではありません。

 

どちらのカードローンを利用する場合でも、年収や他社借入額などから返済可能かどうかを考慮し、極端な高額融資に期待しないで、必要最低限の金額を希望するのがオススメです。
というのも、あまりに高額を希望すると、「返済を考えない無責任な人」というレッテルを貼られて、審査に通らない可能性があるからです。

 

↓限度額が高い!おすすめのカードローンはこちら

 

まとまったお金を借りたら利息(金利)はどうなる?

カードローンの利息計算

 

まずは、利息の求め方からカンタンに説明しますね。
カードローンの利息は、以下の式で計算します。

 

利息=借入残高×金利×利用日数÷365日

 

たとえば、年率15.0%のカードローンで100万円を7日間借りた場合の利息は、100万円×0.150×7÷365=2,876円です。

 

カードローンの金利や借入額、利用日数によって利息が変わりますが、利息の目安は電卓で簡単に確認できるので、ぜひ希望金額と日数から計算してみてくださいね。

 

以上のように求められる利息ですが、銀行と消費者金融とで特徴が異なるんです。
というわけで、それぞれについて特徴を紹介します。

 

少額ずつの返済でも利息を抑えたいなら“低金利”の「銀行カードローン」

低金利のカードローンを希望するなら、銀行カードローンを検討してみてください。
一般的な大手の消費者金融が「4.0〜18.0%」程度でお金を貸していますが、銀行の場合はバンクイックのように「1.8〜14.6%」という低い金利にしている場合があります。

 

年率1.8%なら100万円を7日間借りた場合でも、たった345円の利息の負担で済むんです。

 

ただし、カードローンの金利は審査によって決まるので、必ずしも1.8%になる保証はない点に注意しましょう。

 

短期間で返済するなら“利息0円”の「消費者金融カードローン」

短期間でまとまったお金を返済する予定なら、「利息0円サービス」がある消費者金融がオススメです。
消費者金融の中には、「初めて利用する方」を対象に「30日分の利息が0円になる」サービスを行っています。

 

そのため、短期間の利用の場合は、金利が高めの消費者金融を利用したほうが、銀行よりも金利負担が小さくなる可能性があるんですよ。

 

↓金利で選ぶならここ!おすすめのカードローン一覧はこちら

 

大手カードローンの返済方法について

大手カードローンの返済方法について

大手の消費者金融や銀行カードローンを選べば、自分のペースで返済できるようになります。
約定返済額(やくじょうへんさいがく)といって最低限、毎月返す必要がある金額は決まっていますが、この金額以上なら返済額を自分で決められるんです。

 

一括返済や繰上返済でまとめてお金を返したり、月々数千円から少しずつ返済していくことも可能です。
返済方式は、カードローンごとに若干の違いがありますので、公式サイトできちんと説明を読んでから申込むようにしましょう。

 

多重債務者がまとまったお金を必要とする場合は要注意!

多重債務者がまとまったお金を必要とする場合は要注意

 

まとまったお金が必要で借入れに成功したとしても、その後の返済は、あなたがすることになります。
ムリのある借入れをして、返済できなくなってしまうと、今以上に生活が苦しくなることもあります。

 

返済できないほどの借金を抱えてしまう人もいますので、まとまったお金が必要でも、十分に返済計画を考えてからカードローンを選ぶようにしましょう。

 

カードローンの残高が多いなら

すでにカードローンの利用残高が多くある場合は、しっかりとした返済計画を考えなければなりません。
すでに返済が困難になっている場合は、まとまったお金が借りれても、返済していけるとは限らないからです。

 

自分の収入と支出から「毎月の返済できる金額」を計算して、借金の返済が可能かどうかを考えることが重要です。
ローンのおまとめで借金の完済が目指せるような状況なら、「おまとめローン」の取扱がある金融機関がオススメです。

 

>> おまとめローンがあるカードローンのオススメ一覧はこちら

 


 

カードローンは、まとまったお金が必要なときに活用できます。
短期間で返済できそうなときは、無利息のサービスがある消費者金融を選ぶのがお得です。
長期間にわたってコツコツ返済するときは、金利が低い銀行カードローンからサービスを選んでみてはいかがでしょうか。

まとまったお金が必要

 

あなたは、「まとまったお金が必要!」という状況で、どうやってお金を調達したらいいのかわからずに困っていませんか?

 

まとまったお金を用意するなら、カードローンというサービスを利用するのがオススメです。
カードローンとは、いわゆる「キャッシングサービス」のことで、手数料として利子(利息)を払うことで一時的にまとまったお金を貸してもらえるサービスです。

 

利子(利息)といっても、マンガやドラマで見るような高すぎる利子は違法で、実際には年間でも金利18%くらいまでしかかかりません。

 

そのため、10万円を1ヶ月借りた場合でも、利子(利息)は多くても1,528円ほどで済むんです。
一時的にまとまったお金が借りれて、手数料(利子)も安く済むなんて、とってもうれしいですね。

 

しかも、はじめの1ヶ月はこの手数料さえ無料で貸してくれるカードローンもいくつかあるので、友達や家族から借りるのと変わらないんです。

 

そんなカードローンは、三菱東京UFJ銀行バンクイックなどの「銀行系」とアコムなどの「消費者金融系」のふたつに分けられます。
そして、これらのうち、どちらからお金を借りたほうがいいのかは利用者の状況によって変わるんです。

 

カードローンの申込み後に後悔をしないためにも、サービスの選び方の基本についてキチンと理解しておくのがオススメです。
というわけで、ここではあなたにとって最適なカードローンの選び方と、まとまったお金をカードローンで借りるときに知っておきたいポイントについて紹介します。

 

↓コチラからあなたにぴったりのカードローンを無料診断できます!

 

まとまったお金が必要!明日までにお金を用意する方法は?

明日までにお金が必要で困っている女性

 

このページの説明の流れは、次のようになっています。

  1. アルバイト収入がある場合の選び方
  2. 収入がない専業主婦の対処法について
  3. カードローンで用意できる上限額について
  4. 金利の基本、その他の注意点

 

アルバイトOK!“収入あり”なら「消費者金融カードローン」がオススメ

アルバイトやパートOKの消費者金融カードローン

 

アルバイトやパートの収入があるなら、まずは、消費者金融カードローンを検討してみてはいかがでしょうか?

 

消費者金融は、「少ない金額を希望する人向け」という印象がありますが、まとまったお金が必要な場合でも活用できます。

 

消費者金融はメガバンク系の大手を選択!

消費者金融」と聞くと不安があるかもしれませんが、“メガバンク系(銀行グループ)の大手”を選べば安心です。
貸金業法をはじめとする、厳しい法律にしたがってクリーンな運営をしています。

 

もちろん、中小の消費者金融のなかにはオススメできないケースがあるのも事実ですが、だからこそ、大手の消費者金融のカードローンでまとまったお金を用意するのがオススメなんです。

 

>> 安心できるオススメの消費者金融カードローン一覧はこちら

 

まとまったお金はいくら借りれる?限度額の上限をチェックしよう

限度額の上限をチェック

 

まとまったお金を貸してくれる」とは言っても、いくらまでお金を貸してくれるのでしょうか?
というわけで、消費者金融系と銀行系のカードローンそれぞれについて、限度額の上限を紹介しますね。

 

消費者金融系カードローンの最高限度額は約500〜800万円

大手の消費者金融には、アイフルやアコム、プロミス、モビットなどがあります。

 

これらの大手の金融機関では、限度額の上限を「500万円〜800万円」に設定しています。
この限度額の範囲内で、年収の3分の1に収まるような金額であれば融資が見込めるんです。

 

銀行系カードローンの最高限度額は約500〜1,000万円

銀行カードローンでは、バンクイックやみずほ銀行カードローン、ジャパンネット銀行カードローンなどがあります。
これらの銀行では、融資額の上限を「500万円〜1,000万円」までとしています。

 

もちろん、利用者の経済状況に合わせて「この額までなら返済可能だろうから融資OK」という金額を各銀行ごとに設定しているので、誰でも高額を借りられるわけではありません。

 

どちらのカードローンを利用する場合でも、年収や他社借入額などから返済可能かどうかを考慮し、極端な高額融資に期待しないで、必要最低限の金額を希望するのがオススメです。
というのも、あまりに高額を希望すると、「返済を考えない無責任な人」というレッテルを貼られて、審査に通らない可能性があるからです。

 

↓限度額が高い!おすすめのカードローンはこちら

 

まとまったお金を借りたら利息(金利)はどうなる?

カードローンの利息計算

 

まずは、利息の求め方からカンタンに説明しますね。
カードローンの利息は、以下の式で計算します。

 

利息=借入残高×金利×利用日数÷365日

 

たとえば、年率15.0%のカードローンで100万円を7日間借りた場合の利息は、100万円×0.150×7÷365=2,876円です。

 

カードローンの金利や借入額、利用日数によって利息が変わりますが、利息の目安は電卓で簡単に確認できるので、ぜひ希望金額と日数から計算してみてくださいね。

 

以上のように求められる利息ですが、銀行と消費者金融とで特徴が異なるんです。
というわけで、それぞれについて特徴を紹介します。

 

少額ずつの返済でも利息を抑えたいなら“低金利”の「銀行カードローン」

低金利のカードローンを希望するなら、銀行カードローンを検討してみてください。
一般的な大手の消費者金融が「4.0〜18.0%」程度でお金を貸していますが、銀行の場合はバンクイックのように「1.8〜14.6%」という低い金利にしている場合があります。

 

年率1.8%なら100万円を7日間借りた場合でも、たった345円の利息の負担で済むんです。

 

ただし、カードローンの金利は審査によって決まるので、必ずしも1.8%になる保証はない点に注意しましょう。

 

短期間で返済するなら“利息0円”の「消費者金融カードローン」

短期間でまとまったお金を返済する予定なら、「利息0円サービス」がある消費者金融がオススメです。
消費者金融の中には、「初めて利用する方」を対象に「30日分の利息が0円になる」サービスを行っています。

 

そのため、短期間の利用の場合は、金利が高めの消費者金融を利用したほうが、銀行よりも金利負担が小さくなる可能性があるんですよ。

 

↓金利で選ぶならここ!おすすめのカードローン一覧はこちら

 

大手カードローンの返済方法について

大手カードローンの返済方法について

大手の消費者金融や銀行カードローンを選べば、自分のペースで返済できるようになります。
約定返済額(やくじょうへんさいがく)といって最低限、毎月返す必要がある金額は決まっていますが、この金額以上なら返済額を自分で決められるんです。

 

一括返済や繰上返済でまとめてお金を返したり、月々数千円から少しずつ返済していくことも可能です。
返済方式は、カードローンごとに若干の違いがありますので、公式サイトできちんと説明を読んでから申込むようにしましょう。

 

多重債務者がまとまったお金を必要とする場合は要注意!

多重債務者がまとまったお金を必要とする場合は要注意

 

まとまったお金が必要で借入れに成功したとしても、その後の返済は、あなたがすることになります。
ムリのある借入れをして、返済できなくなってしまうと、今以上に生活が苦しくなることもあります。

 

返済できないほどの借金を抱えてしまう人もいますので、まとまったお金が必要でも、十分に返済計画を考えてからカードローンを選ぶようにしましょう。

 

カードローンの残高が多いなら

すでにカードローンの利用残高が多くある場合は、しっかりとした返済計画を考えなければなりません。
すでに返済が困難になっている場合は、まとまったお金が借りれても、返済していけるとは限らないからです。

 

自分の収入と支出から「毎月の返済できる金額」を計算して、借金の返済が可能かどうかを考えることが重要です。
ローンのおまとめで借金の完済が目指せるような状況なら、「おまとめローン」の取扱がある金融機関がオススメです。

 

>> おまとめローンがあるカードローンのオススメ一覧はこちら

 


 

カードローンは、まとまったお金が必要なときに活用できます。
短期間で返済できそうなときは、無利息のサービスがある消費者金融を選ぶのがお得です。
長期間にわたってコツコツ返済するときは、金利が低い銀行カードローンからサービスを選んでみてはいかがでしょうか。