MENU

免許証だけで即日キャッシングする方法

免許証

 

「早くキャッシングでお金をかりたいんだけど、色々書類を揃えてる時間はないなぁ」とお悩みではないですか?

 

実は、運転免許証さえあれば即日キャッシングを利用することができるんですよ。

 

ただし、借りるのはどの会社でも良いわけではありません。
また、いくつかの注意事項もあります。

 

このページでは、免許証だけで即日キャッシングを利用するための条件を解説し、おすすめのカードローンを紹介します。

 

最後に解説する実際の利用の流れに沿って申込をすれば、迷うことなく即日キャッシングができますよ。

 

 

免許証だけで即日キャッシングをするための条件

条件

 

免許証さえあればその日のうちにキャッシングでお金を借りることは可能ですが、もちろん誰でも無条件で借りられるわけではありません。

 

まずは免許だけで即日キャッシングを利用するための条件を確認しましょう。

 

  • 消費者金融を利用する
  • 申込条件を満たしてしている
  • 借入希望額を収入証明が必要ない金額に抑える

 

【免許証で即日キャッシングの条件】
1.消費者金融を利用する

キャッシングをする方法は、大きく銀行カードローンか消費者金融カードローンを使う2種類があります。

 

免許証で即日キャッシングを利用したい人は、消費者金融を選ぶ必要があります。

 

銀行カードローンの方が金利などの条件を見ると魅力的ですが、ここで消費者金融を選ぶのには3つの理由があります。

 

<消費者金融を選ぶ理由>1.即日融資が可能

 

銀行カードローンは2018年から審査が厳格化されました。
そのため、どの銀行に申込をしても即日融資で借入することはできなくなってしまったのです。

 

現在、申込をしたその日に借入をするためには、消費者金融を利用する必要があります。
消費者金融各社は融資のスピードでしのぎを削っており、最短30分で審査が完了しますよ。

 

<消費者金融を選ぶ理由>2.審査の通過率が高い

キャッシングを利用するためには審査に通らないといけません。

 

もし審査を受けて落ちてしまったら、時間がムダになるだけではありません。
審査に落ちたという事実が信用情報に載ってしまうことで、次回他社の審査を受ける際に不利に働いてしまうのです。
そうなったら即日キャッシングどころではなくなってしまいますよね。

 

銀行カードローンの通過率は通常20〜30%と言われています。
それと比べると、消費者金融の場合は各社50%近い通過率があります。

 

確実に審査に通るためにも消費者金融の方がオススメです。

 

<消費者金融を選ぶ理由>3.30日の無利息期間がある

金利の比較をすると、消費者金融よりも銀行カードローンの方が優れています。
銀行カードローンは少額借入時の金利が年15%未満のところが多いのに比べ、消費者金融はほとんどが年18%です。

 

しかし、消費者金融の方がオトクに利用できないかというと、そんなこともありません。

 

多くの消費者金融では30日間無利息の特典をつけており、30日の期間内であれば限度額内でいくら借りても利息は0円です。
短期間の借入であれば、消費者金融の方が圧倒的にオトクなんです。

 

【免許証で即日キャッシングの条件】
2.申込条件を満たしている

キャッシングの申込する際には、最低限の条件を満たしている必要があります。
次の条件をクリアしているかどうか確認しておいてください。

 

<申込条件>1.年齢は20歳以上。上限もあり

一つ目の申し込み条件は年齢制限です。
20歳以上の人でないとキャッシングの申込はできません。

 

免許証は18歳からとることができますが、20歳になるまではキャッシングの利用ができません。

 

また、年齢制限は上限も設定されています。
ここで紹介する消費者金融各社では、70歳以上の人も申込ができないので注意してくださいね。

 

<申込条件>2.安定した収入

もう一つの条件は安定した収入があることです。
「アルバイトだけでちゃんとした職業についていないんだけど。」という人もいますよね。
そんな人でも大丈夫です。

 

安定した収入というのは、毎月給料が振り込まれているということです。
パートやアルバイト、契約社員の人でも問題ありません。

 

ただし、無職の人や短期のバイトを不定期にやっている人は安定した収入があるとは言えないので、申込することができません。

 

【免許証で即日キャッシングの条件】
3.借入希望額を収入証明が必要ない金額に抑える

消費者金融のカードローンを利用する際は、基本的には免許証があれば申込することができます。

 

ですが借入額が高額になると、あなたの収入を証明するための書類も用意しないといけません。

 

そのため、次の条件に当てはまらないように借入希望額を抑えてください。

 

  • 借入限度額50万円を超える
  • からの借入と今回の借入希望額の合計が100万円を超える

 

これらのどちらにも当てはまらなければ、基本的には提出物は免許証だけでOKです。

 

収入が極端に少なかったり、過去に支払いで事故を起こしている場合などに、別途書類の提出を求められる場合もあります。

 

 

免許証だけで即日借入ができるおすすめ消費者金融

おすすめ消費者金融

 

それでは、免許証だけで即日キャッシングができるおすすめの消費者金融を紹介します。
ここで紹介する会社は、全て即日融資と30日間無利息の両方を兼ねそろえている大手の優良消費者金融です。

 

各社に特徴があるのであなたの状況や希望に合わせて選んでくださいね。

 

業界シェアNo.1のアコムは特に楽天銀行ユーザーにおすすめ

金利(年利) 3.0〜18.0%
最大限度額 800万円
無利息期間 契約日翌日から30日間
カード無し 不可
郵送物無し

 

アコムは消費者金融の中でナンバーワンのシェアを誇っており、店舗数も一番多いです。

 

ATMで即日キャッシングを利用する場合は、自動契約機でカードを受取らなければいけませんね。
店舗数が多いということは、全国どこにいてもカードの受け取りがしやすいということです。

 

アコムの特徴は、規模の大きさだけでなく、機能面も優れています。
特に楽天銀行の口座を持っている人で、振込融資を受けたい人にはおすすめです。

 

通常、金融機関への振込は15:00を過ぎてしまうと、口座への反映が翌営業日になってしまいますよね。

 

しかし、楽天銀行口座への振込であれば、24時間借入ができるんです。
振込で24時間借入できるのは大きなメリットですよね。

 

アコムがオススメな人
・実績で一番の会社から借入したい人
・楽天銀行口座を持っていて振込で借入をしたい人

 

>>アコムの詳細、お申込みはコチラ

 

プロミスなら銀行振込で24時間借入できる!

金利(年利) 4.5〜17.8%
最大限度額 500万円
無利息期間 初回ご利用翌日から30日間
カード無し
郵送物無し

 

プロミスは総合的なスペックが高い消費者金融です。
即日融資や30日間無利息には当然対応しており、少額借入時の金利も17.8%と他社よりも若干低く設定されています。

 

また、利便性の高さも優れています。

 

アコムの場合は楽天銀行口座に対しての振込が24時間可能なのに対して、プロミスの場合は一部を除いた銀行への振込融資が原則24時間対応可能です。
メガバンクや地銀であっても、時間を気にせずいつでも借入できるというのはうれしいですよね。

 

さらに、プロミスの契約をインターネットでした場合、カード無しの選択をすることも可能です。
家族に内緒で使うため郵送物を送ってほしくない人や、カードをなくすのが心配な人にオススメです。

 

プロミスがオススメの人
・金利が少しでも安い方がいい人
・土日や夜間に振込で借入したい人
・カードなしで利用したい人

 

>>プロミスの詳細、お申込みはコチラ

 

休日前など混み合う時期の審査はアイフルが早い

金利(年利) 3.0〜18.0%
最大限度額 800万円
無利息期間 契約日翌日から30日間
カード無し
郵送物無し 可(また、郵送の場合はカード配達時間指定可)

 

アコムでもプロミスでも即日融資に対応しており、最短30分で審査が完了しますが、土日祝日の前日などは混み合い、審査時間が長引く可能性もあります。
それでも少しでも早く借入したい人はアイフルがおすすめです。

 

インターネットで申込をした後にフリーダイヤルに電話をかけて、急いで審査をしてほしいと伝えれば、他の人よりも優先して審査をしてもらうことができます。

 

通常は申し込みをした順番に審査をされるのですが、個別に早急な審査への対応をしてくれるのは、急いでいる人にとって大きなメリットです。

 

アイフルがオススメの人
・混み合う時期に少しでも早く借入したい人
・カードなしで利用したい人

 

>>アイフルの詳細、お申込みはコチラ

 

 

運転免許証だけで今日中に最速で借入する方法

免許証だけで最速借入

 

申込をする消費者金融が決まったら、手元に免許証を用意して、早速申込を開始しましょう。

 

ここでは、少しでも早く融資を受けるための流れを紹介します。
やり方を間違えると、余計に時間がかかり、今日中に借入できなくなる可能性もあるので注意してくださいね。

 

申し込みはスマホを使ったWEB申込で!

申込方法は、WEB、電話、自動契約機の3種類があります。
この中でオススメはインターネット(WEB)での申込です。

 

相談しながら申込したいから電話を選びたいという人もいますよね。
しかし、電話の場合は通話を始めてから約20分かかります。
その間中断もできないですし、周りに誰もいない静かなところでないと難しいですよね。

 

自動契約機での申し込みは、一カ所で全てが完結するので、一番スムーズなように思われますが、審査の待ち時間を自動契約機の周りで待機しないといけない為、タイムロスがあります。

 

WEB申込はパソコンでもスマホでもできますが、オススメはスマホでの申し込みです。
書類の提出の際、スマホで画像を撮ってそのままアップできるのでスムーズで便利です。

 

また、スマホを使ったインターネットでの申込であれば、トイレや電車での移動中などどこででも操作ができますし、ちょっとしたスキマ時間で10分程度で申込が完了します。

 

WEB完結取引を希望する場合は、インターネット申込が条件の場合もあるので、迷わずインターネットで申込をしましょう。

 

審査は最短で30分!在籍確認の電話があるので注意

申込が完了すると次は審査に入ります。
最短30分で審査は完了しますが、その間に「在籍確認」の電話があるので注意してください。

 

在籍確認とは、あなたが申込時に記入した職場に本当に在籍しているということを確認するため、職場に電話がかかってくるというものです。

 

ただ、在籍確認で会社の人にカードローンの利用がバレる心配はないので安心してください。

 

カードローンの名前は出さずに、担当者の個人名であなた宛てに電話がかかってきます。

 

もしあなたがいなくても、電話に出た人が「外出している」「席を外している」と答えてくれれば、在籍確認は完了です。

 

会社の人に何の電話か聞かれたら「わからない」「クレジットカードを申し込んだ」などの返事をしておけば、それ以上突っ込まれることはないでしょう。

 

契約の方法は2通り。希望の借入方法で選ぼう

審査の結果は電話かメールで連絡が入ります。
無事審査に通過していれば、次は契約手続きに移ります。

 

契約方法は2種類あり、あなたが借入したい方法に応じて選んでください。

 

振込で借りるならインターネットで契約

スマホのイラスト

銀行口座への振込で借入をしたいなら、インターネットでの契約が良いでしょう。

家から出ずに手続きができるので、手軽な方法です。

 

ただし、金融機関の営業時間を過ぎると当日の借入ができないので、通常の金融機関の場合、振込手続きを14:00までに完了させる自信のない人は避けた方が良いでしょう。

 

インターネット契約の場合、このタイミングで本人確認書類として免許証を提出します。
スマホで免許証を撮影し、専用アプリなどでアップロードをすれば提出できます。

 

契約手続きが完了すれば、スグに借入手続きに移れます。
会員ページにログインして振込手続きを行いましょう。すぐに口座へ振り込まれますよ。

 

現金がすぐに必要なら自動契約機で契約を

ATMのイラスト

カードを使ってATMで借入したい人や、現金がすぐに必要なのに振込手続きが間に合いそうにない人は、自動契約機へ行って契約手続きをしてください。

 

審査が行われている間に最寄りの自動契約機まで移動しておけば、タイムロスが少ないですね。

 

免許証の提出は自動契約機の中に設置してあるスキャナで読み取りをすることで行います。
忘れずに免許証を持って行ってくださいね。

 

契約が完了したらその場でカードが発行されます。
カードを使えば全国の提携ATMで借り入れができますよ。

 

ただし、コンビニなどのATMは手数料がかかります。
自動契約機に併設されているATMを利用すれば手数料がかからないのでオススメです。

 

 

 

お金は借りたいけど、書類の準備が面倒でなかなか申込へ踏み出せなかったという人でも、免許証だけで利用ができればハードルがぐっと下がりますよね。

 

手軽に申し込みができて今日中に借入することも可能です。
急いでお金を借りたい人は今すぐ申込をしてくださいね。

 

 

>>身分証明書だけで借りられるカードローンはこちら