MENU

運転免許証だけでお金を借りれるカードローンはある?

運転免許証だけで借りれるカードローン

 

「カードローンでお金を借りたいけど、提出書類を用意するのって面倒だなー」と思っていませんか?
せっかくスピーディーに審査をしてくれるカードローンでも、書類の用意ができずに申し込みができなかったら意味がありませんよね。

 

じつは、“運転免許証を用意するだけで”お金を借りれるカードローンがあるんです。
しかも、スマホやPCから今スグ申し込みでき、最短即日で融資を受けることができます。
もちろん、役所まで取りに行ったり、家族に頼まないといけないような面倒な書類の用意は一切必要ありません。

 

スマホでカードローンにスグ申し込める

 

>> 運転免許証だけでお金を借りれるカードローン一覧

 

ただし、申し込みをする際に少しだけ注意点があります。
というわけで、ここでは運転免許証だけでお金を借りるための具体的な方法や、押さえておきたい注意点についてまとめました。

 

お金を借りるのに運転免許証がいる理由は、本人確認書類が必要だから

カードローンを利用する場合、「本人確認書類」が必要です。
というのも、申し込みをしているのが、本当にあなた自身なのかを確認する必要があるからです。

 

「本人確認書類」と聞くとムズカシそうに感じるかもしれませんが、実際は「運転免許証」などのいわゆる“身分証”のことです。
こうした身分証なら、ふだんから財布やカバンに入っているので、今スグ申込ができてしまうんですよ。

 

本人確認書類のための身分証

 

本人確認ができる書類なら免許証以外でもOK

さらに、身分証であれば免許証以外でも使えます。
たとえば、「あ!免許証、車の中に置いてきちゃった!」などの場合でも、以下のような書類が手元にあればOKです。

 

  • パスポート
  • 健康保険証(追加で“住所が確認できる書類”が必要になる可能性あり)

 

>> 身分証があればスグにお金を借りれるカードローン一覧

 

運転免許証でお金を借りる方法は?実際の流れを確認しておこう

それでは、実際にお金を借りる手順を説明します。

 

お金を借りる手順を確認

 

カードローンで申し込みからお金を借りるまでの流れは、以下の通りです。

 

  1. 申込
  2. 審査
  3. 契約
  4. 借入

 

会社によって免許証を提出するタイミングは異なりますが、多くの場合は“3.契約”までに行います。

 

また、運転免許証の提出方法は、以下のふたつのうち、いずれかひとつで行います。

 

  1. スマホやデジカメで撮影してアップロード
  2. 自動契約機に設置されているスキャナで読み取る

 

(郵送で送ることができる場合もありますが、契約までに日数がかかるので今回は省きます。)

 

では、それぞれの具体的な方法について、お金を借りる手順の流れにそって順に説明していきますね。

 

【免許証の提出方法】1.スマホやデジカメで撮影してアップロード

免許証をスマホやデジカメで撮影してアップロードすればOK

 

スマホやPCで申込〜契約のすべてを済ませる方法で、スマホカメラなどで本人確認書類を撮影し、画像データをアップロードして提出します。

1-1.申込

まずは公式サイトのWEB入力フォームに、必要事項をすべて入力して申込手続きをします。
この時に契約方法を選択する項目があれば、「WEB契約」を選びましょう。

1-2.審査

その後審査が行われ、審査に通ればあなたのメールアドレスに、カードローン会社から連絡がきます。

1-3.契約

メールの案内に従って、書かれているURLにアクセスして、免許証の画像をアップロードし、運転免許証が確認されれば、本人確認書類の提出は完了です。
(会社によっては審査と本人確認書類提出の順番が逆のこともあります。)

1-4.借入

WEBで完結させる取引の場合、その後スグに自分の口座に「振込」でお金を借りることができます。
なお、ATMからお金を引き出したい場合は、ローンカードが必要なので、自宅にカードが届くまで待ちましょう。

 

>> 免許証があればOK!WEB申込でスグにお金を借りれるカードローン一覧

 

【免許証の提出方法】2.自動契約機に設置されているスキャナで読み取る

自動契約機のスキャナで本人確認書類を読み取り

 

契約手続きを自動契約機で行う場合は、契約機に設置してあるスキャナーで本人確認書類を読み取ります。
自動契約機とは、アコムの「むじんくん」、アイフルの「てまいらず」などが有名ですね。

2-1.申込

まず、先ほどと同じように、公式サイトのWEB入力フォームで申込の手続きをし、必要事項をすべて入力します。
契約方法の選択があれば、「自動契約機へ来店」を選択してくだい。

2-2.審査

入力フォームの内容を送信して、しばらく待つと、審査の結果連絡がメールか電話であります。

2-3.契約

その後、最寄りの自動契約機へ行き、運転免許証を自動契約機のスキャナーで読み取り、契約手続きを行います。
自動契約機のガイダンスに従うだけなので、操作はカンタンですが、契約機の横の受話器でオペレーターに相談しつつ手続きを進めることもできます。

2-4.借入

契約が完了すればその場でカードを受け取り、スグにATMから現金を引き出して借入できます。

 

>> 免許証だけでATMからスグにお金を借りれるカードローン一覧

 

お金を借りるとき、運転免許証以外が必要になることもあります

運転免許証以外が必要になることもあるので注意

 

カードローンでお金を借りる際には、基本的には運転免許証があればOKなのですが、以下の場合は、ほかの書類の提出が求められるケースがあります。

 

  1. 免許証に書かれている住所と現住所が異なる場合
  2. 50万円以上などの高額の借り入れを希望する場合

 

これらふたつに当てはまらない人は、今スグ免許証だけでカードローンからお金を借りることができます。

 

>> 免許証だけで今スグお金を借りれるカードローン一覧

 

もし、住所が現住所と異なっていたり、50万円以上借りようとしている人の場合は、以下のような書類が必要となるので、しっかりチェックしてくださいね。

 

1.免許証に書かれている住所と現住所が異なる場合

免許証に書かれている住所と現住所が異なる場合

 

引っ越しをしてから免許証の住所変更を行っていない場合など、免許証に記載の住所と現住所が異なる場合は、現住所を証明する書類が必要です。
現住所を証明するための書類には、以下のようなものがあります。

 

  • 住民票の写し
  • 印鑑証明書の写し
  • 公共料金の領収書(電気、都市ガス、水道等)

 

2.50万円以上などの高額の借り入れを希望する場合

高額の借り入れを希望する場合

 

借入限度額によっては、免許証以外にも、あなたの収入が証明できる書類の提出が求められます。

 

基本的な収入証明書は下記のとおりですが、カードローン会社によって認められる書類は異なりますので、申込前に公式サイトで確認しましょう。

 

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 納税証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細(直近数ヶ月分の明細と、あれば1年分の賞与明細が必要)

 

会社勤務などの場合は「源泉徴収票」、個人事業主であれば「納税証明書」か「確定申告書」の提出がオススメです。

 

収入証明書が必要となる金額は、利用するカードローンが“消費者金融”か“銀行”で異なります。
消費者金融カードローンは、アコム・アイフルなどの貸金業者が、銀行カードローンは三井住友銀行・新生銀行などの銀行が行っているサービスです。

 

収入証明書が必要な金額をチェック

 

それぞれについて、収入証明書が必要な金額をチェックしていきましょう。

【収入証明書が必要な金額】消費者金融のカードローン

消費者金融の場合は「貸金業法(かしきんぎょうほう)」という法律により、1社から50万円超を借りようとすると収入証明書が必要です。

 

また、他社からも借入がある場合は、たとえ1社からの借入額が50万円に満たなくても、合計が100万円超になる場合は収入証明書が必要なんです。

 

貸金業法によるルール

 

消費者金融で借入する際に注意が必要なのが、「貸金業法」で決められている「総量規制(そうりょうきせい)」というルールです。
このルールは、お金の借りすぎや貸しすぎを防ぐために作られているため、原則、年収の3分の1を超える金額を借りることができないんです。

 

そのため、もしあなたの年収が150万円に満たない場合は、そもそも50万円を超える金額は借りられないので注意してくださいね。

【収入証明書が必要な金額】銀行のカードローン

消費者金融で借入をする際に適用される貸金業法は、銀行のカードローンには適用されません。

 

銀行のカードローンは貸金業法が適用されない

 

その為、収入証明が必要となる金額は銀行の規定によって様々です。

 

  • みずほ銀行:200万円超
  • 三菱東京UFJ銀行バンクイック:50万円超
  • 三井住友銀行:50万円超
  • 新生銀行レイク:100万円超

 

ここまで、免許証だけでお金を借りれるカードローンでも、条件によっては「収入証明書」などほかの書類を提出する必要があることをお話ししました。

 

「収入証明書か。なんだか面倒だな」と思った人に、収入証明書を提出するメリットをひとつ紹介します。

 

収入関係の書類があれば、在籍確認が免除してもらえるケースもある!?

在籍確認を免除してもらえるケースもある

 

収入証明書類の提出は面倒ですが、提出をすることでメリットがある場合があります。
一部の消費者金融では、収入証明書を提出することで、勤め先への在籍確認の電話をせずに済ませてもらえることもあるんです。

 

もちろん、在籍確認の電話では、カードローンの利用がバレるようなことは一切、言われません。
しかし、勘の良い人が電話に出てしまえば、カードローンの在籍確認の電話だと感づかれるかもしれません。

 

通常の申し込みでは在籍確認の電話はかかってきてしまいますので、申し込み前に免除が可能かどうか確認することを忘れないようにしてください。

 

>> 会社への電話連絡なし!職場に内緒で借りれるカードローン一覧

 


 

免許証だけでお金を借りると、書類を用意する時間も手間もかからないので、とても便利ですよね。
また、免許証だけでカードローンを利用したい場合、最初は審査に通りやすくするために“希望限度額を少額にする”のがオススメですよ。

 

今まで書類の準備が面倒でカードローンの利用ができていなかった人も、この機会に申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

 

>> 免許証だけで今スグお金を借りれるカードローン一覧

 

運転免許証だけで借りれるカードローン

 

「カードローンでお金を借りたいけど、提出書類を用意するのって面倒だなー」と思っていませんか?
せっかくスピーディーに審査をしてくれるカードローンでも、書類の用意ができずに申し込みができなかったら意味がありませんよね。

 

じつは、“運転免許証を用意するだけで”お金を借りれるカードローンがあるんです。
しかも、スマホやPCから今スグ申し込みでき、最短即日で融資を受けることができます。
もちろん、役所まで取りに行ったり、家族に頼まないといけないような面倒な書類の用意は一切必要ありません。

 

スマホでカードローンにスグ申し込める

 

>> 運転免許証だけでお金を借りれるカードローン一覧

 

ただし、申し込みをする際に少しだけ注意点があります。
というわけで、ここでは運転免許証だけでお金を借りるための具体的な方法や、押さえておきたい注意点についてまとめました。

 

お金を借りるのに運転免許証がいる理由は、本人確認書類が必要だから

カードローンを利用する場合、「本人確認書類」が必要です。
というのも、申し込みをしているのが、本当にあなた自身なのかを確認する必要があるからです。

 

「本人確認書類」と聞くとムズカシそうに感じるかもしれませんが、実際は「運転免許証」などのいわゆる“身分証”のことです。
こうした身分証なら、ふだんから財布やカバンに入っているので、今スグ申込ができてしまうんですよ。

 

本人確認書類のための身分証

 

本人確認ができる書類なら免許証以外でもOK

さらに、身分証であれば免許証以外でも使えます。
たとえば、「あ!免許証、車の中に置いてきちゃった!」などの場合でも、以下のような書類が手元にあればOKです。

 

  • パスポート
  • 健康保険証(追加で“住所が確認できる書類”が必要になる可能性あり)

 

>> 身分証があればスグにお金を借りれるカードローン一覧

 

運転免許証でお金を借りる方法は?実際の流れを確認しておこう

それでは、実際にお金を借りる手順を説明します。

 

お金を借りる手順を確認

 

カードローンで申し込みからお金を借りるまでの流れは、以下の通りです。

 

  1. 申込
  2. 審査
  3. 契約
  4. 借入

 

会社によって免許証を提出するタイミングは異なりますが、多くの場合は“3.契約”までに行います。

 

また、運転免許証の提出方法は、以下のふたつのうち、いずれかひとつで行います。

 

  1. スマホやデジカメで撮影してアップロード
  2. 自動契約機に設置されているスキャナで読み取る

 

(郵送で送ることができる場合もありますが、契約までに日数がかかるので今回は省きます。)

 

では、それぞれの具体的な方法について、お金を借りる手順の流れにそって順に説明していきますね。

 

【免許証の提出方法】1.スマホやデジカメで撮影してアップロード

免許証をスマホやデジカメで撮影してアップロードすればOK

 

スマホやPCで申込〜契約のすべてを済ませる方法で、スマホカメラなどで本人確認書類を撮影し、画像データをアップロードして提出します。

1-1.申込

まずは公式サイトのWEB入力フォームに、必要事項をすべて入力して申込手続きをします。
この時に契約方法を選択する項目があれば、「WEB契約」を選びましょう。

1-2.審査

その後審査が行われ、審査に通ればあなたのメールアドレスに、カードローン会社から連絡がきます。

1-3.契約

メールの案内に従って、書かれているURLにアクセスして、免許証の画像をアップロードし、運転免許証が確認されれば、本人確認書類の提出は完了です。
(会社によっては審査と本人確認書類提出の順番が逆のこともあります。)

1-4.借入

WEBで完結させる取引の場合、その後スグに自分の口座に「振込」でお金を借りることができます。
なお、ATMからお金を引き出したい場合は、ローンカードが必要なので、自宅にカードが届くまで待ちましょう。

 

>> 免許証があればOK!WEB申込でスグにお金を借りれるカードローン一覧

 

【免許証の提出方法】2.自動契約機に設置されているスキャナで読み取る

自動契約機のスキャナで本人確認書類を読み取り

 

契約手続きを自動契約機で行う場合は、契約機に設置してあるスキャナーで本人確認書類を読み取ります。
自動契約機とは、アコムの「むじんくん」、アイフルの「てまいらず」などが有名ですね。

2-1.申込

まず、先ほどと同じように、公式サイトのWEB入力フォームで申込の手続きをし、必要事項をすべて入力します。
契約方法の選択があれば、「自動契約機へ来店」を選択してくだい。

2-2.審査

入力フォームの内容を送信して、しばらく待つと、審査の結果連絡がメールか電話であります。

2-3.契約

その後、最寄りの自動契約機へ行き、運転免許証を自動契約機のスキャナーで読み取り、契約手続きを行います。
自動契約機のガイダンスに従うだけなので、操作はカンタンですが、契約機の横の受話器でオペレーターに相談しつつ手続きを進めることもできます。

2-4.借入

契約が完了すればその場でカードを受け取り、スグにATMから現金を引き出して借入できます。

 

>> 免許証だけでATMからスグにお金を借りれるカードローン一覧

 

お金を借りるとき、運転免許証以外が必要になることもあります

運転免許証以外が必要になることもあるので注意

 

カードローンでお金を借りる際には、基本的には運転免許証があればOKなのですが、以下の場合は、ほかの書類の提出が求められるケースがあります。

 

  1. 免許証に書かれている住所と現住所が異なる場合
  2. 50万円以上などの高額の借り入れを希望する場合

 

これらふたつに当てはまらない人は、今スグ免許証だけでカードローンからお金を借りることができます。

 

>> 免許証だけで今スグお金を借りれるカードローン一覧

 

もし、住所が現住所と異なっていたり、50万円以上借りようとしている人の場合は、以下のような書類が必要となるので、しっかりチェックしてくださいね。

 

1.免許証に書かれている住所と現住所が異なる場合

免許証に書かれている住所と現住所が異なる場合

 

引っ越しをしてから免許証の住所変更を行っていない場合など、免許証に記載の住所と現住所が異なる場合は、現住所を証明する書類が必要です。
現住所を証明するための書類には、以下のようなものがあります。

 

  • 住民票の写し
  • 印鑑証明書の写し
  • 公共料金の領収書(電気、都市ガス、水道等)

 

2.50万円以上などの高額の借り入れを希望する場合

高額の借り入れを希望する場合

 

借入限度額によっては、免許証以外にも、あなたの収入が証明できる書類の提出が求められます。

 

基本的な収入証明書は下記のとおりですが、カードローン会社によって認められる書類は異なりますので、申込前に公式サイトで確認しましょう。

 

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 納税証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細(直近数ヶ月分の明細と、あれば1年分の賞与明細が必要)

 

会社勤務などの場合は「源泉徴収票」、個人事業主であれば「納税証明書」か「確定申告書」の提出がオススメです。

 

収入証明書が必要となる金額は、利用するカードローンが“消費者金融”か“銀行”で異なります。
消費者金融カードローンは、アコム・アイフルなどの貸金業者が、銀行カードローンは三井住友銀行・新生銀行などの銀行が行っているサービスです。

 

収入証明書が必要な金額をチェック

 

それぞれについて、収入証明書が必要な金額をチェックしていきましょう。

【収入証明書が必要な金額】消費者金融のカードローン

消費者金融の場合は「貸金業法(かしきんぎょうほう)」という法律により、1社から50万円超を借りようとすると収入証明書が必要です。

 

また、他社からも借入がある場合は、たとえ1社からの借入額が50万円に満たなくても、合計が100万円超になる場合は収入証明書が必要なんです。

 

貸金業法によるルール

 

消費者金融で借入する際に注意が必要なのが、「貸金業法」で決められている「総量規制(そうりょうきせい)」というルールです。
このルールは、お金の借りすぎや貸しすぎを防ぐために作られているため、原則、年収の3分の1を超える金額を借りることができないんです。

 

そのため、もしあなたの年収が150万円に満たない場合は、そもそも50万円を超える金額は借りられないので注意してくださいね。

【収入証明書が必要な金額】銀行のカードローン

消費者金融で借入をする際に適用される貸金業法は、銀行のカードローンには適用されません。

 

銀行のカードローンは貸金業法が適用されない

 

その為、収入証明が必要となる金額は銀行の規定によって様々です。

 

  • みずほ銀行:200万円超
  • 三菱東京UFJ銀行バンクイック:50万円超
  • 三井住友銀行:50万円超
  • 新生銀行レイク:100万円超

 

ここまで、免許証だけでお金を借りれるカードローンでも、条件によっては「収入証明書」などほかの書類を提出する必要があることをお話ししました。

 

「収入証明書か。なんだか面倒だな」と思った人に、収入証明書を提出するメリットをひとつ紹介します。

 

収入関係の書類があれば、在籍確認が免除してもらえるケースもある!?

在籍確認を免除してもらえるケースもある

 

収入証明書類の提出は面倒ですが、提出をすることでメリットがある場合があります。
一部の消費者金融では、収入証明書を提出することで、勤め先への在籍確認の電話をせずに済ませてもらえることもあるんです。

 

もちろん、在籍確認の電話では、カードローンの利用がバレるようなことは一切、言われません。
しかし、勘の良い人が電話に出てしまえば、カードローンの在籍確認の電話だと感づかれるかもしれません。

 

通常の申し込みでは在籍確認の電話はかかってきてしまいますので、申し込み前に免除が可能かどうか確認することを忘れないようにしてください。

 

>> 会社への電話連絡なし!職場に内緒で借りれるカードローン一覧

 


 

免許証だけでお金を借りると、書類を用意する時間も手間もかからないので、とても便利ですよね。
また、免許証だけでカードローンを利用したい場合、最初は審査に通りやすくするために“希望限度額を少額にする”のがオススメですよ。

 

今まで書類の準備が面倒でカードローンの利用ができていなかった人も、この機会に申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

 

>> 免許証だけで今スグお金を借りれるカードローン一覧