MENU

年収200万円〜300万円でもカードローンでお金借りれるの?

本当に借りられるの?と不安に思う女性

 

「年収200万円くらいしかないから、どこもお金を貸してくれないだろうなぁ」と思いながら、インターネット情報を検索していませんか。

 

だったら、カードローンでお金を借りることを考えてください。
カードローンなら、年収が低くてもお金が借りられるからです。

 

各社が設定している利用条件にも、「安定した収入」があれば申し込みが可能なことはハッキリと明記しています。

 

それでも「本当に借りられるの?」と不安に思うこともあるはずですので、それを解消できる情報をお伝えしていきます。

 

使うなら知名度の高いカードローンで安心利用

年収200万円〜300万円でもカードローンでお金借りれるの?|お金を借りるセレクト

 

年収200万円〜300万円でもお金を借りられる、しっかりとした会社は結構あります。
でも利用のことを考えると、安心・安全でさらに便利なところを選ぶのがいいですね。

 

その安心・安全で便利なのが、知名度の高い消費者金融なんです。
その理由を説明しましょう。

 

カードローンには利用条件がある

カードローンには申し込みができる人の一定条件を示した「利用条件」が設定されています。

 

その内容は「20歳以上であること」「安定した収入があること」で、この条件さえ合えば誰でも申し込みが可能です。

 

年収200万円〜300万円の年収があるということは、利用条件の「収入があること」に該当しているので、クリアしているのと同じなんです。
低い年収を引け目に思うことは全くないので、堂々と申し込みをしてください。

 

大手消費者金融は銀行のグループ会社で安心

知名度の高い大手消費者金融の多くは、都市銀行のグループ会社として営業しています。
経営も安定していますし、キチンと法律も守っています。

 

今では、銀行の業務の一部を請け負って仕事をしているところもあるぐらいです。
銀行とのつながり、これが安心安全につながっています。

 

どんな人でも使いやすいサービスがいっぱい

年収が多かろうが、少なかろうが、利用者にとって便利なサービスがたくさんあるのが消費者金融です。

 

「できるだけ早く借りたい」「他人に知られずにお金を借りたい」「とにかく忙しいから簡単に手続きを」などの要望に応えています。
年収が少ないからこそ、少しでも得になるよう使っていきましょう。

 

低い年収でも融資してくれる理由とは

指さし

 

さて、知名度の高いカードローンがここまでしても低所得の人に融資できるのはなぜだかわかりますか?

 

それは、お金の貸し借りのルールがきちんと定められているからなんです。
そのルールとは、「返済できる範囲内で融資する」こと。
お金を借りる際には必ず審査がありますが、その時にこのルールを守っています。

 

総量規制の範囲内でというルール

お金を融資するうえで、守らないといけない法律として総量規制があります。
これは利用者の年収の3分の1以上を融資してはいけないルールで、多重債務者を増やさない目的で設定されました。

 

このルールに当てはめると、利用者の年収が300万円なら100万円まではお金を貸すことができるんです。

 

利用者も、自分の年収をしっかり把握していれば、どれだけ借りられるかの計算もできるので申し込むときの目安にもなるはずですよ。

 

年収と支出のバランスを見るというルール

審査のポイントは総量規制だけでなく、今の借金がどれだけあるのかとか、生活水準はどのレベルなのか、等も見ています。

 

申し込みの時に個人情報にまつわるいろんなことを質問されるのは、その判断材料に使っているからです。

 

年収に比べて支出の割合が多ければ融資の可能性が低くなりますし、逆に年収が少なくても支出額がそんなになければ、返済能力があると判断されやすくなります。

 

過去の実績を確認するというルール

以前にローンを組んでいた時の返済状況も見ています。
今まで滞納はないか、また遅延はしてないかをチェックすることで、利用者の「返済への意識」や「能力」を判断しているのです。

 

お金に関する過去の実績は「信用情報機関」で蓄積されています。
その情報を確認して「返済できる人」と判断されれば、年収が低くても融資してくれる可能性が見込めます。

 

確実にお金を借りるにはきちんとした準備と対応が大切

大切なポイント

 

さあ、年収200万円〜300万円でもお金が借りれるので、次はどんな準備や対応をすればいいのかを見ていきましょう。

 

上記の内容から「返済能力」さえアピールできれば、審査も通過しやすくなるわけですから、このことを踏まえて、どうすればスムーズにお金を借りられるかを整理してみました。

 

担当者とのやりとりでしっかり対応する

年収が低いとカードローン会社の担当者から確認の連絡が入る可能性があります。
基本は電話連絡なので、できるだけ早く電話にでて対応することが、審査通過の近道になります。

 

また、場合によっては収入証明書類が求められますので、それらも早めに用意して提出するようにしましょう。
とにかく、丁寧に・真摯に対応するよう努めてくださいね。

 

収入証明書類の準備をしておく

年収の低い人は、収入を証明できる書類が必要となるケースが多くみられます。
源泉徴収票や確定申告書など、公的な書類を用意しないといけません。

 

ただし給与明細書でもOKな場合もあるので、まずは何が要るのかを確認して準備するようにしてください。

 

融資希望額は低めにする

返済能力をアピールするために、借入希望金額は低めからスタートするのがコツです。

 

年収が低いと、貸す側も慎重になるのは当たり前のこと。
年収の3分の1ギリギリの額を提示しても、「本当に返済できるのか」と疑念を持たれかねません。
できるだけ必要最低限で希望金額は提示しましょう。

 

派遣社員、アルバイト、パートでも十分カードローンで借りれる

 

さて、年収が200万円にとどかない、アルバイトやパートの場合はどうなるのでしょう。
答えは、「アルバイトやパートでもカードローンは使える」です。

 

金融庁の調査でも、アルバイトやパート、さらに派遣社員でもお金を借りている実績が報告されています。(参考:金融庁委託調査 貸金業利用者に関する調査・研究

 

さらにカードローン各社に問い合わせても「収入があればOK」との回答ももらいました。
ですので、派遣社員・アルバイト・パートの低所得者の方は不安がらずに申し込んでみてください。

 

どうかご注意を!年収が低い人ほど気を付けてほしい闇金

注意

 

「年収が低いから大きな会社だとお金を貸してくれない」そんな気持ちを抱えていると、インターネット等での甘い言葉が魅力的に見えるものです。

 

「いくらでもお金貸します」「審査は一切ありません」とささやかれると、ついつい「使ってみようかな」という気持ちになってしまいがち。

 

でも、ちょっと待ってください。
金融庁の法律には「審査なし」とか「いくらでも貸し付けてよい」なんてことは一切書いていません。

 

つまり甘いキャッチコピーは闇金の可能性が高いので、申し込みを踏みとどまってほしいのです。

 

一旦闇金に手を出してしまうと、お金を借りた後に何が待っているか分かりません。
つらい現状をなんとかしたい気持ちはわかりますが、お金を借りた後のことも考えて、しっかりとした会社を選ぶようにしてくださいね。

 


 

年収200万円〜300万円でもカードローンでお金借りれること、お解りいただけましたか。

 

現代社会で生活していると、収入や年収はどうしても意識してしまいますが、まずは自分の生活を確保することが大切です。

 

安心安全で長期的にも使いやすいカードローンは、円滑に生活するためにも良いツールになるはずです。

 

不安に思わず、遠慮せずにカードローンの利用を考えてください。
そして知名度の高いところで、自分に合ったものを見つけてくださいね。

 

当サイトおすすめのカードローン一覧