MENU

プロミスは派遣社員でも申し込み可能?

派遣社員

 

「プロミスに申し込もうか。でもなぁ・・」と考えている派遣社員の方、遠慮せず是非、申し込んでください。
なぜなら、プロミスは派遣社員でも安定した収入があれば、申し込みが可能だからです。

 

利用条件にも「安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能です」とハッキリ明記されています。
それにプロミスは銀行の傘下にある大手消費者金融なので、安全で安心です。

 

ただ派遣社員の場合、派遣元と派遣先の両方と関わりがあるので、申し込みの際にちょっと注意が必要になりますが、その点をしっかり踏まえて手続きをすれば問題ありません。

 

今回はプロミスならなぜ派遣社員でもOKなのか、申し込む際の注意点は何かを中心に、プロミスのサービスもお伝えしていきましょう。

 

プロミスなら派遣社員でも申し込みOKなのはナゼ?

給料

 

カードローン各社では必ず利用条件が明示されていて、これがクリアできていないと、申し込みができません。

 

内容としては「20歳以上」「安定した収入がある人」とザックリとした表現が多いのですが、プロミスは違います。

 

「主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能」とハッキリと明示しています。(お申込条件と必要なもの|プロミス
でもこれがなぜ派遣社員OKとつながるのか。それを具体的にご説明しましょう。

 

申し込みには収入の有無が大切

先ほど利用条件の説明をしましたが、「20歳以上」「安定した収入がある人」と明記するのは、お金を返済する能力のある人に融資したいからです。

 

ただ、安定収入といっても月々の収入金額は人それぞれ異なります。
月収100万円の人もいれば、10万円程度やそれ以下の人もいますよね。

 

収入が低ければ、「自分はあまり稼いでいないから借りられないかも」と不安に思う人も多くいるるはず。

 

そこでプロミスは「少ない収入でも融資します」の意味も含めて「主婦や学生でもパート・アルバイトなど」の表現を加えていると考えられます。

 

申し込みには属性も絡んでいる

さて、利用条件に「主婦や学生でもパート・アルバイト」とはありますが「派遣社員」の記載がありませんよね。

 

でも大丈夫、派遣社員でも十分申し込みは可能です。
なぜなら派遣社員はパート・アルバイトと属性が同じレベルと考えられているからです。

 

属性とは申し込む際の入力項目、つまり個人情報のことでその中で重要視されているひとつが「雇用形態」になります。

 

この項目は返済能力に関わる属性になり、「安定収入」の有無を判断する情報として必要なんです。
プロミスでは、パートやアルバイトは月の労働時間数の上下はあるものの、収入はあると判断しています。

 

派遣社員は労働日数では不安定ですが、収入面でパート・アルバイトより高い収入を得ている可能性があることから、申し込み条件は十分クリアになっているんです。
ですので、安心して申し込んでくださいね。

 

派遣社員が申し込みする上での注意点とは

注意点

 

では次に、申し込みOKの派遣社員が注意する点3つをお伝えしましょう。

 

【派遣社員の申し込み注意点】1.申し込み項目「勤務先情報」は派遣元で

派遣社員は、「派遣元」「派遣先」と2つの会社に属しています。
申し込みの際にどちらにすればよいのか迷うところですよね。

 

正直、どちらの会社でも問題はないのですが、プロミスの場合は派遣元で申請してください。

 

「フル入力でお申し込み」の画面では、雇用形態で「派遣社員」を選択すると、会社名入力欄に「※派遣社員の方は派遣元の会社名を入力してください。」が表示されます。

 

さらに、電話でも問い合わせてみたところ「派遣元でお申し込みをお願いします」との回答もありました。
ですので、悩むことなく「派遣元」の会社情報を伝えてください。

 

【派遣社員の申し込み注意点】2.複数の派遣会社に登録している場合在籍期間の長い会社がベター

人によっては複数の派遣会社に登録をして、いろんなところで仕事をしている人もいますよね。

 

その場合は在籍期間が長く、さらにコンスタントに仕事を紹介してくれている派遣元がベターです。

 

もし派遣元から社会保険者証を発行してもらっているなら、そこの会社名で申し込むのが良いですね。
なぜなら、継続した勤務実績が証明できて審査に通過しやすいからです。

 

社会保険者証をもらっていなくても、源泉徴収票があれば大丈夫。
※源泉徴収票は「派遣でも仕事をして収入を得ている」証明書類

 

在籍期間が長く、コンスタントに仕事がある派遣元で申し込むようにしてくださいね。

 

【派遣社員の申し込み注意点】3.ウソの申請や入力間違いには気を付けよう

審査に通過するために、自分の情報を故意に操作する人も少なくありません。
例えば、年収200万円程度なのに500万円にしてしまう等です。

 

プロミスを含め金融機関では、いろんな情報を集め照合できるシステムを持っています。
ウソの情報で申し込みしてもすぐにバレてしまい、逆に審査に落ちることにもなりかねません。
情報は正直に伝えてください。

 

なお、プロミスの申し込み画面では選択式の項目が多く、手入力する項目は少ないため、入力ミスをする可能性は低くなっていますが、最後には必ず見直すようにしてくださいね。

 

派遣社員へのプロミスの在籍確認は?

在籍確認の電話

 

申し込みがキチンとできたら、次は審査です。

 

審査は、申し込み情報(属性)を含め色んな情報をチェックされますが、その中で「在籍確認電話」があります。
そのことについても少しお伝えしておきますね。

 

在籍確認は基本電話で

申し込み時に派遣元の情報を伝えているので、在籍確認電話はそちらに入ります。
ここで疑問に感じることが1つありますよね。

 

「派遣なんだから、派遣元の会社で働いてない。だったら在籍確認取れないのでは?」という点です。
オペレーターに確認してみましたら次のような回答が返ってきました。

 

「まず、プロミスという会社名は名乗りません。私自身の名前でかけます。その上で『〇〇さんお願いできますか』とお聞きします」

 

「もし、登録社員に何の用か?ときかれたら『携帯電話がつながらなかったので』とかで、対応していきます。在籍していることさえわかればいいので」

 

とハッキリした口調で教えてくれました。

 

ただ、それでも心配な人は、派遣元に「クレジット会社から在籍確認が入ります」(カードローンを隠しておきたい場合)などと、あらかじめ伝えておいてもいいでしょうね。

 

どうしても在籍確認電話を避けたい時は、担当者と相談しよう

何らかの事情で、在籍確認電話をどうしても避けたい人、いますよね。
その場合はオペレーターや担当者に相談してみてください。

 

電話が無理だと判断してもらえれば、別の方法で対応してくれます。
その代わり色々と準備することも出てきますので、しっかり対応してくださいね。

 

プロミスは使いやすいサービスが豊富

喜ぶ女性

 

申し込みや審査をクリアして、いざ利用!となったらプロミスのサービスをしっかり活用していきましょう。

 

【プロミスのサービス】1.30日間利息0円 サービス

プロミスが初めての契約の人であれば、初回利用の翌日から30日間利息がつかないサービスです。
その間にお金を返済すれば元金のみで余分な出費がありません。

 

【プロミスのサービス】2.借りるときも返すときも銀行やATMでOK

カードで借りるなら、三井住友銀行ATMやプロミスATM、近くのコンビニATMからいつでも借りたり返したりできます。
プロミスATMと三井住友銀行ATMなら手数料が0円です。

 

【プロミスのサービス】3.瞬間振込みサービスで振込みキャッシング

自分の銀行口座にお金を振り込んでくれます。
もちろんインターネットでできるのでスマホがあればいつでも手続きできます。

 

振込み手数料無料、最短10秒で振込み可能。
一部の金融機関を除き、24時間いつでも振込み対応してくれますよ。

 

【プロミスのサービス】4.セブン銀行ATMならスマホでお金が借りれる

スマホがあれば専用カードなしで原則24時間入出金が可能です。
カードを忘れても何の心配もないサービスです。

 


 

プロミスなら、派遣社員の方でも安心して申し込めて利用できること、お解りいただけましたでしょうか。

 

派遣社員だからこそ、ちょっとお金が不足することもあるはずです。
そんな時はプロミスをうまく利用して乗り切ってもらえると嬉しいですね。

 

今、検討している方は是非申し込みましょう。
これから検討する人も、プロミスをしっかり視野に入れて考えてみてくださいね。

 

>>プロミスの詳細、お申し込みはこちら