MENU

プロミスは免許証だけでお金借りれる?

免許証のイラスト

 

カードローンを利用したいけど、揃える書類が多そうなイメージがあって、なかなか申込ができずにいる人も多いですよね。

 

じつは、プロミスを利用するために必要な書類は、基本的に免許証だけあればOKです。
ただし、希望限度額やあなたの現在の状況によっては、追加で書類を求められる可能性もあります。

 

ここでは、プロミスでお金を借りるために必要な条件についてと、免許証だけで借入をする方法について解説します。

 

プロミスへ申込をするために必要な書類

必要な書類をチェック

 

プロミスへは免許証さえあれば、利用することができます。
しかし、誰でも同じ条件というわけではありません。
まずはプロミスを利用する際に必要な書類を、全て確認してみましょう。

 

免許証などの本人確認書類は全員必要

本人確認書類とは、申込をしているのがあなた本人であるということを証明するための書類です。
今回用意する運転免許証も、この本人確認書類として提出します。

 

本人確認書類は運転免許証以外にも、パスポートや健康保険証でもOKです。
ただし、健康保険証を提出する場合は顔写真が入っていないので、もう一点自宅住所が記載されている書類を提出しなければいけません。下記のいずれかを準備しておきましょう。

 

  • 住民票の写し
  • 戸籍謄本・抄本(戸籍の附票の写しが添付されているもの)
  • 印鑑登録証明書等
  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 国税または地方税の領収書
  • 納税証明書
  • 社会保険料の領収書

 

なお領収書類に関しては、申込者名義の物でないといけませんので注意しましょう。

 

借入金額によっては収入証明書類が必要

通常は、運転免許証(本人確認書類)さえあればプロミスを利用できるのですが、借入希望額によっては、もう一つ書類が必要な場合があります。

 

  • 借入希望額が50万円を超える
  • 他社からの借入残高と、今回の借入希望額の合計が100万円を超える

 

これらのどちらかに当てはまる場合は収入証明書を提出しなければいけません。
収入証明書類とは高額を借入するにあたり、あなたの収入を確認し、返済能力があるかどうかを確認するための書類です。

 

収入証明書類として認められるのは次のいずれかです。

 

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

 

すぐに用意するのが難しいという人は、借入希望額を調整して、収入証明が必要ない金額まで下げましょう。

 

こんな人は注意!免許証以外の書類を求められるケース

注意する女性

 

収入証明書類が不要な上限金額を超えなければ、基本的には免許証だけ提出すればOKなのですが、例外もあります。

 

現住所と免許証の住所が違う場合は別途書類が必要

引越しをしたばかりで、免許証の書き換えが済んでいないという人は、免許証だけでは本人確認ができません。
変更後の住所を証明するために、次のいずれかの書類を同時に提出しなければいけません。

 

  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

 

こちらも公共料金の領収証は、あなた本人名義のものでないと認められないので注意してください。

 

外国籍の人は免許証だけでは借りられない

国籍が外国籍の人の場合は運転免許証を提出するだけでは、プロミスの利用はできません。

 

  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

 

これらのどちらかを一緒に用意してください。
それ以外の条件は外国籍の人も同じなので、安心して申込してくださいね。

 

プロミスの一番カンタンな利用手順

OKサインをする女性

 

ここからは、運転免許証だけで借入をしたいという人必見の、プロミスへの一番カンタンな利用方法を解説していきます。

 

手元に用意するのは、運転免許証と申込をするためのスマホかパソコンだけです。
いくつかステップがありますが、どれも難しいことはないので、手軽に申込できますよ。

 

インターネットで申込をする

プロミスへの申込方法はインターネット、電話、自動契約機、郵送など、様々な方法がありますが、一番早くてカンタンにできるのが、インターネットでの申込です。

 

電話だと漢字の表記なども全て口頭で説明しないといけないので、少なくとも20分は静かな場所で電話をし続ける環境で申込しないといけません。

 

自動契約機で申込をする場合は、一箇所で全ての手続きが完了しますが、審査の間、自動契約機周辺から離れることができないので、ムダな待ち時間が発生します。

 

郵送はやり取りに何日もかかるうえ、記入も面倒です。手間と時間を考えると、デジタル機器が一切使えない人でなければ、利用するメリットはありません。

 

インターネットでの申込であれば、10分もあれば全ての入力が完了しますし、スマホを使えば電車の中やトイレの中などの隙間時間にサッと申込ができます。

 

申込の際には、借入限度額が高額にならないように注意してくださいね。
入力が済むと審査が行われます。

 

審査の待ち時間の間、勤務先に在籍確認の電話がかかってくる

審査の間は特にやることはありません。
ただし、在籍確認の電話があなたの会社にかかってくるので、注意してください。

 

在籍確認とは、在籍している会社にウソがないか確認するための電話です。
会社にカードローン会社から電話がかかってくるのは不安だと思いますが、この電話でカードローンの利用がばれてしまうことはないので安心してください。

 

カードローン会社の名前を名乗らずに、個人の名前でかかってきますし、あなた自身が電話に出られなかったとしても、会社の人にカードローンについて話をされることはありません。

 

電話に出た方が「席を外しています」「本日は出社していません」のような回答をしてくれれば、在籍確認は完了です。

 

借入方法によって契約と書類提出の仕方が異なる

審査が完了し、無事通過していれば、次は契約手続きに移ります。
免許証はこのタイミングで提出をするので、手元に用意しておきましょう。

 

契約手続きは、カードを受け取るか振込で借り入れするかによって、方法が異なります。

 

カードを使ってATMで借りたいなら自動契約機で契約

ATMでお金をおろす

 

現金が必要でATMで借り入れをしたい人は、自動契約機に行って契約手続きをしましょう。
できるだけ早く借り入れしたい人は、審査の間に移動をしておくとタイムロスが少なくて済みますよ。

 

免許証の提出は、自動契約機のブース内に設置してあるスキャナを使って読み込ませます。
ガイダンスに従って操作を進めれば、迷うことはありません。

 

契約手続きが完了したら、その場でカードが発行されます。
全国のコンビニATMでも使えますし、自動契約機に併設されているプロミスのATMを使えば、手数料無料で借り入れできますよ。

 

振込で借入したいならインターネットで契約

銀行口座への振込で借入したい人は、インターネットで契約をします。
忙しくて自動契約機まで行けない人や、カードを発行したくない人におすすめの契約方法です。

 

プロミスから届いたメールの指示通り、契約手続きを進めてください。
免許証提出は、スマートフォンのカメラで撮影したものをアップロードすることで行います。

 

審査が行われている間に、プロミスのスマホ用アプリをダウンロードしておけば、撮影からアップロードまでがスムーズですよ。

 

契約が完了したら、プロミスの会員ページにログインします。
会員ページ内で振込の手続きを行えば借入ができます。

 

プロミスは、一部の金融機関を除き原則24時間振込対応ができるので、ぜひ便利に活用してくださいね。

 

ただし、対象外の金融機関は営業時間(15:00)までに振込手続きを完了させないと、その日のうちに借りることができないので注意してください。

 


 

カードローンは手続きや書類をそろえるのが面倒くさいイメージがあり、申込しにくいと思っている人も多いですが、実はあなたが思っているよりもカンタンに利用できるんです。

 

免許証とスマホさえあれば申込できるので、この機会に申し込んでみてくださいね。

 

>>プロミスの詳細、お申込みはコチラ