MENU

キャッシングのリボ払いによる返済方法

リボ払いとは?

 

「キャッシングのリボ払いって、どんな返済方法なの?」

 

キャッシングでお金を借りたら、その後の返済のことが気になりますよね。
一気に全額返済は厳しいですし、長期化するのも避けたいところです。

 

上手に返済していくためにはキャッシングのリボ払いについて、きちんと理解することが大切です。

 

ここでは、リボ払いの仕組みやメリットとデメリットを把握し、具体例を挟みながら無理なく長期化しない返済方法を解説していきます。

 

キャッシングのリボ払いは「残高スライドリボルビング方式」

残高スライドリボルビング方式

 

キャッシングの返済方法でよく聞く「リボ払い」とは、正式には「残高スライドリボルビング方式」といいます。

 

これは多くのキャッシングで採用されている、オーソドックスな返済方式です。

 

残高スライドリボルビング方式は残高によって返済額が決まる

残高スライドリボルビング方式とは、借入残高に応じて月々の最低返済金額が変わる返済方式です。
例えば、プロミスの場合では以下のような金額になります。

 

お借入後残高 返済金額
5万円 2,000円
10万円 4,000円
15万円 6,000円
20万円 8,000円
50万円 13,000円

 

上の表でもわかる通り、残高が高額であればそれに合わせて月々の最低返済額も高くなり、反対に少なくなれば返済額も減っていきます。

 

もちろん、これはあくまで最低限の返済額なので、もしもっと多く返済できるという人は、もっと高額の返済をしてもOKですよ。

 

消費者金融の多くは「借入後」の残高で返済が決まる

リボ払いの金額は、借入残高に応じて返済額が変動していくのが基本ですが、カードローン会社によって、若干仕様が異なるので注意が必要です。

 

多くの消費者金融の場合は、「借入後残高スライド方式」を採用しており、最後に借入をした後の金額によって、月々の最低返済額が決まります。
例えば10万円の借入をしたとすると、次の借入をするまでは10万円を元にした計算で出た最低返済額を毎月支払っていくことになります。

 

この場合、返済が進んで残高が少なくなったとしても、追加で借入をしない限りは返済額が変わりません。

 

一方、銀行カードローンの場合は、単純にその月の残高に応じて返済額が決まる方式のことが多いです。
この場合は、返済が進むと自動的に月々の最低返済額も少なくなっていきます。

 

リボ払いのメリットとデメリットは?

メリットとデメリット

 

このリボ払いは毎月一定額の返済をしていけば良いので、毎月の負担は少なくて済みますが、当然メリットだけではなくデメリットもあります。
良い点と悪い点の両方を正しく理解して、返済のプランを立てていきましょう。

 

リボ払いのメリットは月々の支払いを少なくできること

リボ払いの一番のメリットは、月々の負担を限りなく少なくすることができるということです。
借入した金額は高額だったとしても、返済は毎月ちょっとずつ無理なく返済していくことができるので、収入が少ない人でもコツコツ無理せずに返済していくことができます。

 

毎月によって返済額一定なので、「今月はいくら返済だったかな?」と迷わずに済むというのもメリットの一つです。

 

デメリットは支払いが長期化すること

一方、リボ払いのデメリットは、毎月の返済額が少額なので完済までに時間がかかるということです。

 

毎月返済する金額の内訳は「元金」と「利息」が合わさったものです。
利息の額は借入残高に応じて変動するので、高額の残高が残っている場合は、返済額に対して利息が占める割合が大きくなります。

 

また、返済が進んで残高が少なくなったとしても、月々の返済額が少なければ、利息が占める割合は大きいままなので、なかなか完済することができないのです。

 

このように全ての返済をリボ払いで済ませると、いつまで経っても完済ができません。
最低返済額以外にも積極的に月々の返済額を増やして、短期間で完済ができるよう工夫しましょう。

 

月々の返済額でこれだけ違う支払総額と支払期間

月々の返済額を計算する

 

リボ払いで毎月少額の返済だと、完済できるまでにどれだけの期間がかかるのかイメージがわかないですよね。
ここからは、具体的に利息の計算の仕方と、10万円借入した場合の返済シミュレーションを見て行きましょう。

 

毎日加算される利息に注意!10万円借入した場合の支払利息は?

返済額に対して利息が占める割合がどれだけのものかを知るために、利息の計算の仕方を理解しておきましょう。
例えば、年18%の金利で10万円を借入した場合、1年間でかかる利息は「借入金額×利率」で求めることができます。

 

10万円×18.0%=18,000円

 

この18,000円は1年で1回支払うのではなく、実は毎日日割りで加算されていきます。

18,000円÷365日=49.3円

 

毎日49.3円かかると考えると、それほど大きな負担には思えませんが、1ヶ月分積み重なると

49.3円×30日=1,470円

 

1,479円もかかってしまいます。
もし最低返済額が5,000円だったとしたら、そのうちの1,470円が利息にあてられ、

5,000円-1,470円=3,530円

 

元金は3,530円しか減らないということです。

 

もちろん、元金が減っていけば、それに合わせて利息も減っていきます。
毎月の返済額はできる限り増やして、早めに完済させてしまいましょう。

 

月々の返済額による支払総額と期間の違い

では、月々の返済額によって、最終的な支払総額と完済までにかかる期間がどれほど変わるのか、実際にシミュレーションしてみましょう。

 

次の表は10万円を18.0%の金利で借入した場合のシミュレーションです。

 

毎月の返済額 返済回数 支払総額
4,000円 32回 126,260円
5,000円 24回 119,772円
8,000円 14回 111,565円
10,000円 11回 109,158円
15,000円 8回 106,153円
20,000円 6回 104,750円

 

毎月の返済を最小限に抑えて4,000円だけ支払い続けた場合は、なんと32回(2年8ヶ月)も支払いを続けなければいけません。
しかも、利息が元金の26%もついてしまっています。
確かに月々の負担は少なくて済みますが、トータルで見るとかなり損をしているのがわかりますね。

 

一方、月々の負担を少し上げて10,000円にした場合、1年以内に完済でき、支払利息も元金の1割以内に収まっています。

 

無理のない範囲で、可能な限り返済額を増やしていきましょう。

 

キャッシングの返済方法は大きく分けて4種類

4種類の返済方法

 

次に、実際に返済をする方法について説明していきます。
あなたのライフスタイルや性格に合わせて、都合の良い方法を選んでくださいね。

 

【キャッシングの返済方法】
1.口座振替

毎月決まった日に銀行口座から自動的に引き落とされる口座振替は、返済日を忘れてしまいそうな人に最適です。
わざわざ返済手続きをしなくても、口座に残高があれば勝手に引き落としをしてくれます。

 

ただし、引き落とされるのは最低限の金額だけです。
口座振替だけでは返済が長期化するので、ほかの支払い方法も合わせて利用し、積極的に返済していきましょう。

 

【キャッシングの返済方法】
2.ATM返済

提携ATMでの返済は、コンビニに設置してあるATMを使えば、24時間いつでも返済できるので便利です。
遅くまで仕事をしている人でも、無理なく返済できますね。

 

ただし、提携ATMは手数料がかかる場合が多いです。
カードローン会社の自社ATMを利用すれば、手数料無料で利用できます。
手数料も度重なると総額はかなりの金額になるので、できるだけかからないように気を付けてくださいね。

 

【キャッシングの返済方法】
3.店舗での返済

有人店舗があるカードローンの場合は、窓口で返済することも可能です。
営業時間が平日の昼間のみの場合が多く、日中仕事をしている人は行くのは難しいかもしれませんね。

 

しかし、返済手数料は無料ですし、硬貨の取り扱いも可能です。
ATMでは1,000円未満の細かいお金の取り扱いができないので、最後の支払い時の端数の支払いができませんが、店舗なら1円単位でも支払いに応じてくれますよ。

 

【キャッシングの返済方法】
4.振込、インターネット返済

返済は、銀行振込でも可能です。
指定の口座へお金を振り込めば返済ができます。
基本的には支払手数料は自分で負担しなければいけません。(手数料無料の場合もあります)

 

銀行窓口やATMでの振込返済はあまりメリットがありませんが、インターネットバンキングを利用している人にとっては便利に使えます。
スマホで振込手続きをすれば、外に出ないで返済手続きが可能です。

 

無理せず長期化しない為の返済方法

返済

 

ここまでキャッシングの返済について、基本的なことを解説してきました。
最後に、できるだけ負担を少なくしたうえで、短期間で完済できる具体的な方法について説明します。

 

給料日直後にできるだけ多く返済

手元のお金が少なくなってくると、どうしても返済にかけられるお金が少なくなってしまいます。
そうなると、なかなか積極的な返済はできずに、毎月必要最低限だけ支払うようになってしまいがちです。

 

毎月多めに返済をしていくコツは、給料日の直後に返済日を設定することです。
給料が出た時点で無理のない範囲で、できるだけ多く返済をしてしまいましょう。

 

少しでも余裕ができたら追加返済

また、返済は月に1回しかできないということはありません。
余裕ができた時には、追加で返済することも可能です。

 

ボーナスが出たりして臨時収入が入った場合は、その都度全額返済に回してしまいましょう。

 

残高が残っているうちは、毎日少しずつ利息が加算されています。
その負担からいち早く抜け出すためにも、臨時収入で無駄遣いをしないように気を付けてくださいね。

 

スマホアプリで常に残高を確認しておこう

毎月返済をしていていると、思っていた以上に利息の負担が大きいことに気づくでしょう。
カードローンのスマホアプリを入れれば、いつでも残高照会をすることができます。

 

早く完済させたいという前のめりな気持ちを保つためにも、頻繁に残高を確認する癖をつけましょう。

 


 

キャッシングのリボ払いは、毎月無理なく返済できるありがたいシステムですが、積極的に返済しようとする気持ちがなければ、なかなか完済させることができません。
できるだけ短期間で完済できるように、計画を立てて利用してくださいね。

 

当サイトおすすめのカードローン一覧