MENU

カードローン審査基準と申し込みの流れ

カードローン審査基準と申し込みの流れ

 

カードローンを利用したいけど、審査に通るか不安に思っていませんか?

 

カードローンの「審査」は、消費者金融・銀行のどちらからお金を借りる場合であっても、必ず“契約の前”に行われ、審査を通過しないとお金を貸してもらえません。
なぜなら、お金を貸すカードローン会社側は必ず完済してもらいたいため、経済的事情が異なる人々に同じ条件でお金を貸せないからです。

 

ですが、カードローンの審査では、ただ“貸したお金をきちんと返してくれる人かどうか”をチェックしているだけなので、必要以上に怖がる必要はないんです。
あなたの収入で完済できる額だけを借りようとすれば、まったく問題ありません。

 

そうはいっても、カードローンでお金を借りた経験が少なかったり初めてだったりすると、審査は不安ですよね。
そこで、ここではカードローンの審査について説明します。
また、審査が行われるタイミングがわかるよう、申込の流れについて紹介します。

 

当サイトおすすめのカードローン

アコム

3.0%〜18.0%
 

1万〜800万円
 

最短1時間
 

50万円まで不要
(*1)

初めての方は最大30日間金利0円
・いつでも返せて、利息はご利用日数分だけ
・3項目の入力でお借入れ可能かわかる3秒診断
・ネットや提携ATMから24時間お借入・ご返済可能(*2)

アイフル

3.0%〜18.0%

800万円

最短1時間

50万円まで不要

・最短1時間融資可能
・自動審査あり
・4ステップで申込み完了
誰にも知られずにカードの受取可能

プロミス

4.5%〜17.8%

1万〜500万円

最短1時間

50万円まで不要

初めての方は30日間利息ゼロ(*1)
・最短1時間融資可能!
・24時間いつでもお申込み可能
・3項目入力で簡単3秒診断
・最短10秒で銀行口座に振り込みされる素早い借入方法「瞬フリ」(*2)

モビット
モビット
3.0%〜18.0%

1万〜800万円

最短即日

必要

10秒で簡易審査結果表示
・WEB完結なら電話連絡・郵送物なしでお申込みもご利用も
 ネットのみ(パソコン以外からも申込み可能)
・WEB完結申込あり
・申込の曜日や時間帯によっては、融資が翌日以降の取扱と
 なる場合があります。
・安定した収入があれば申込可能

各カードローンの注意点
アコム
※1 お借入れ総額により収入証明書が必要
※2 提携CD・ATMの詳細についてはアコムのホームページでご確認ください。
プロミス
※1 メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要
※2 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座の登録が必要

 

カードローンの審査では何をチェックしているの

カードローンの審査では何をチェックしている

 

先ほどお話ししたように、カードローンの審査では、“きちんと返済できそうな経済環境にあるかどうか”をチェックしています。
そのため、以下のような情報から、利用者の返済能力を総合的に評価しているんです。

 

  1. 個人情報:氏名、年齢、性別、電話番号、住所、学歴、家族構成
  2. 収入関係:年収、雇用形態、勤務先の規模、勤続年数
  3. 資産や借金関係:住宅などの資産、希望借入額
  4. 信用情報:過去の金融事故の有無、他社での借入状況
  5. など

 

なお、各社の審査基準の詳細は明らかになっていませんが、公式ページに「借入診断サービス」を設けているところもあります。
あなたも借入できそうかどうかをチェックするために、ぜひ活用してみてくださいね。

 


 

ここまで、カードローン審査のチェックポイントについて紹介してきました。
続いては、カードローンの審査が実際に行われるタイミングについて説明します。

 

カードローン審査での在籍確認などのタイミングは?

カードローン審査での在籍確認などのタイミングは?

 

カードローンでお金を借りるときの申込の流れは、以下のとおりです。

 

  1. WEBなどの申込フォームに必要な情報を入力して申し込む
  2. 申込で入力した情報をもとに仮審査(申込条件を満たしているかなど)
  3. メールなどで仮審査の結果連絡がくる
  4. 本審査(書類確認、在籍確認、申込意思確認、過去の信用情報確認など)
  5. メールなどで本審査の結果通知
  6. 契約&カード受取または振込依頼
  7. 借入

 

それでは、順番にくわしく説明していきますね。

 

申込〜仮審査〜結果連絡

WEB申込

 

まずはWEB申込の入力フォームに、先ほど紹介したチェックポイントと同じような内容を入力し、仮審査を受けます。
仮審査は、各社の申込基準を満たしているかどうかをコンピューターで選別しているため、仮審査の結果が出るのがとても早いです。

 

本審査〜結果連絡

カードローンの審査結果連絡

 

仮審査に通ったら、次は本審査に移ります。
本審査は、各カードローン会社の人によって、じっくりと行われるため、仮審査よりも時間がかかるんです。
この本審査では、主に以下のようなことをチェックしています。

 

  • 申込意思確認(本人携帯電話への連絡など)
  • 書類確認(本人確認書類、収入証明書など)
  • 在籍確認(会社への電話連絡、在籍証明できる書類確認など)
  • 過去の信用情報確認(信用情報機関への問い合わせ)

 

本審査に必要な書類は基本的には「本人確認書類」だけ!

本審査で確認される本人確認書類

 

本審査で確認される書類は、基本的には本人確認書類だけです。
本人確認書類とは、運転免許証やパスポートなど公的機関が発行している身分証明書です。
(また、健康保険証が使える会社もあります。くわしくは「免許証なし!健康保険証でお金を借りれるカードローンはある?」を参考にしてくださいね)

 

ただ、希望借入額が50万円を超えるような高額の場合、本人確認書類以外に収入証明書が必要になるカードローン会社が多いので注意しましょう。
収入証明書には、源泉徴収票や確定申告書などが挙げられますので、該当する人はきちんと準備しておいてくださいね。

 

在籍確認は本審査で必ず行われます

本審査の在籍確認

 

本審査では、在籍確認がかならず行われます。
この在籍確認では、基本的に会社への電話連絡が用いられていて、申込時に入力した勤務先で本人が実際に働いていることを電話で確認するんです。

 

もちろん、プライバシーに配慮して会社名を名乗ることはせず、オペレーターの個人名で“知り合いを装って”電話をしてくれるので、会社バレの心配はいりません。
たとえば、「私、山田太郎(オペレーター個人名)と申しますが、経理部の鈴木一郎さん(申込者)はいらっしゃいますか?」のようにカードローンの在籍確認であることは一切わからないようにしてくれます。

 

本審査では、あなたの信用情報もチェックされています

本審査では信用情報もチェック

 

さらに本審査では、クレジットカードやローン利用者の利用状況を管理している「信用情報機関」に対して、申込者の信用情報の問い合わせも行われます。
もし、過去にクレジットカードやローン、奨学金の返済を延滞していた履歴があれば、本審査が通らないケースが多いので該当する人は注意が必要です。

 

ちなみに、経済産業大臣が個人用に指定している信用情報機関は、以下の3社です。

  • CIC(シー・アイ・シー)
  • JICC(日本信用情報機構)
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)

もし、自分の信用情報が知りたい場合には、「本人開示制度」を利用すれば教えてもらえますよ。

 

ここまで本審査についてお話してきましたが、本審査のイメージはわきましたか?
本審査が通ったら、本審査通過の連絡がメールなどで届きます。
審査スピードが速いカードローン会社であれば、30分〜1時間などで本審査まで完了します。

 

契約〜カード受取または振込依頼〜借入

ATMで借入

 

本審査に通った場合は、そのまま契約手続きに進みます。
契約はWEB上や自動契約機などで行うことができ、以下のような特徴があります。

 

A.WEBで契約する場合
振込依頼もそのままできるので、最短なら即時借入ができます。ただし、平日の昼間までなどの時間制限があるケースが多いです。

 

B.自動契約機で契約する場合
ローン専用カードの受け取りもできるので、近くのATMなどから現金を引き出すことができます。ただ、最寄りの自動契約機まで出向く必要があるので、近くに契約機がない場合は少し手間がかかります。

 


 

カードローンの審査や申込の流れについて紹介しましたが、審査についての不安は解消されましたか?
ここでは一般的な審査基準や申込の流れを紹介しましたが、もちろんカードローン会社によって異なります。
そのため、審査が不安で悩んでいるのであれば、いったん各社の無料借入診断を利用してみたり、思い切って申し込んでみるのがオススメですよ。

 

あなたに最適なカードローンが見つかる!条件から選べるカードローン一覧はこちら

 

カードローン審査基準と申し込みの流れ

 

カードローンを利用したいけど、審査に通るか不安に思っていませんか?

 

カードローンの「審査」は、消費者金融・銀行のどちらからお金を借りる場合であっても、必ず“契約の前”に行われ、審査を通過しないとお金を貸してもらえません。
なぜなら、お金を貸すカードローン会社側は必ず完済してもらいたいため、経済的事情が異なる人々に同じ条件でお金を貸せないからです。

 

ですが、カードローンの審査では、ただ“貸したお金をきちんと返してくれる人かどうか”をチェックしているだけなので、必要以上に怖がる必要はないんです。
あなたの収入で完済できる額だけを借りようとすれば、まったく問題ありません。

 

そうはいっても、カードローンでお金を借りた経験が少なかったり初めてだったりすると、審査は不安ですよね。
そこで、ここではカードローンの審査について説明します。
また、審査が行われるタイミングがわかるよう、申込の流れについて紹介します。

 

当サイトおすすめのカードローン

アコム

3.0%〜18.0%
 

1万〜800万円
 

最短1時間
 

50万円まで不要
(*1)

初めての方は最大30日間金利0円
・いつでも返せて、利息はご利用日数分だけ
・3項目の入力でお借入れ可能かわかる3秒診断
・ネットや提携ATMから24時間お借入・ご返済可能(*2)

アイフル

3.0%〜18.0%

800万円

最短1時間

50万円まで不要

・最短1時間融資可能
・自動審査あり
・4ステップで申込み完了
誰にも知られずにカードの受取可能

プロミス

4.5%〜17.8%

1万〜500万円

最短1時間

50万円まで不要

初めての方は30日間利息ゼロ(*1)
・最短1時間融資可能!
・24時間いつでもお申込み可能
・3項目入力で簡単3秒診断
・最短10秒で銀行口座に振り込みされる素早い借入方法「瞬フリ」(*2)

モビット
モビット
3.0%〜18.0%

1万〜800万円

最短即日

必要

10秒で簡易審査結果表示
・WEB完結なら電話連絡・郵送物なしでお申込みもご利用も
 ネットのみ(パソコン以外からも申込み可能)
・WEB完結申込あり
・申込の曜日や時間帯によっては、融資が翌日以降の取扱と
 なる場合があります。
・安定した収入があれば申込可能

各カードローンの注意点
アコム
※1 お借入れ総額により収入証明書が必要
※2 提携CD・ATMの詳細についてはアコムのホームページでご確認ください。
プロミス
※1 メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要
※2 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座の登録が必要

 

カードローンの審査では何をチェックしているの

カードローンの審査では何をチェックしている

 

先ほどお話ししたように、カードローンの審査では、“きちんと返済できそうな経済環境にあるかどうか”をチェックしています。
そのため、以下のような情報から、利用者の返済能力を総合的に評価しているんです。

 

  1. 個人情報:氏名、年齢、性別、電話番号、住所、学歴、家族構成
  2. 収入関係:年収、雇用形態、勤務先の規模、勤続年数
  3. 資産や借金関係:住宅などの資産、希望借入額
  4. 信用情報:過去の金融事故の有無、他社での借入状況
  5. など

 

なお、各社の審査基準の詳細は明らかになっていませんが、公式ページに「借入診断サービス」を設けているところもあります。
あなたも借入できそうかどうかをチェックするために、ぜひ活用してみてくださいね。

 


 

ここまで、カードローン審査のチェックポイントについて紹介してきました。
続いては、カードローンの審査が実際に行われるタイミングについて説明します。

 

カードローン審査での在籍確認などのタイミングは?

カードローン審査での在籍確認などのタイミングは?

 

カードローンでお金を借りるときの申込の流れは、以下のとおりです。

 

  1. WEBなどの申込フォームに必要な情報を入力して申し込む
  2. 申込で入力した情報をもとに仮審査(申込条件を満たしているかなど)
  3. メールなどで仮審査の結果連絡がくる
  4. 本審査(書類確認、在籍確認、申込意思確認、過去の信用情報確認など)
  5. メールなどで本審査の結果通知
  6. 契約&カード受取または振込依頼
  7. 借入

 

それでは、順番にくわしく説明していきますね。

 

申込〜仮審査〜結果連絡

WEB申込

 

まずはWEB申込の入力フォームに、先ほど紹介したチェックポイントと同じような内容を入力し、仮審査を受けます。
仮審査は、各社の申込基準を満たしているかどうかをコンピューターで選別しているため、仮審査の結果が出るのがとても早いです。

 

本審査〜結果連絡

カードローンの審査結果連絡

 

仮審査に通ったら、次は本審査に移ります。
本審査は、各カードローン会社の人によって、じっくりと行われるため、仮審査よりも時間がかかるんです。
この本審査では、主に以下のようなことをチェックしています。

 

  • 申込意思確認(本人携帯電話への連絡など)
  • 書類確認(本人確認書類、収入証明書など)
  • 在籍確認(会社への電話連絡、在籍証明できる書類確認など)
  • 過去の信用情報確認(信用情報機関への問い合わせ)

 

本審査に必要な書類は基本的には「本人確認書類」だけ!

本審査で確認される本人確認書類

 

本審査で確認される書類は、基本的には本人確認書類だけです。
本人確認書類とは、運転免許証やパスポートなど公的機関が発行している身分証明書です。
(また、健康保険証が使える会社もあります。くわしくは「免許証なし!健康保険証でお金を借りれるカードローンはある?」を参考にしてくださいね)

 

ただ、希望借入額が50万円を超えるような高額の場合、本人確認書類以外に収入証明書が必要になるカードローン会社が多いので注意しましょう。
収入証明書には、源泉徴収票や確定申告書などが挙げられますので、該当する人はきちんと準備しておいてくださいね。

 

在籍確認は本審査で必ず行われます

本審査の在籍確認

 

本審査では、在籍確認がかならず行われます。
この在籍確認では、基本的に会社への電話連絡が用いられていて、申込時に入力した勤務先で本人が実際に働いていることを電話で確認するんです。

 

もちろん、プライバシーに配慮して会社名を名乗ることはせず、オペレーターの個人名で“知り合いを装って”電話をしてくれるので、会社バレの心配はいりません。
たとえば、「私、山田太郎(オペレーター個人名)と申しますが、経理部の鈴木一郎さん(申込者)はいらっしゃいますか?」のようにカードローンの在籍確認であることは一切わからないようにしてくれます。

 

本審査では、あなたの信用情報もチェックされています

本審査では信用情報もチェック

 

さらに本審査では、クレジットカードやローン利用者の利用状況を管理している「信用情報機関」に対して、申込者の信用情報の問い合わせも行われます。
もし、過去にクレジットカードやローン、奨学金の返済を延滞していた履歴があれば、本審査が通らないケースが多いので該当する人は注意が必要です。

 

ちなみに、経済産業大臣が個人用に指定している信用情報機関は、以下の3社です。

  • CIC(シー・アイ・シー)
  • JICC(日本信用情報機構)
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)

もし、自分の信用情報が知りたい場合には、「本人開示制度」を利用すれば教えてもらえますよ。

 

ここまで本審査についてお話してきましたが、本審査のイメージはわきましたか?
本審査が通ったら、本審査通過の連絡がメールなどで届きます。
審査スピードが速いカードローン会社であれば、30分〜1時間などで本審査まで完了します。

 

契約〜カード受取または振込依頼〜借入

ATMで借入

 

本審査に通った場合は、そのまま契約手続きに進みます。
契約はWEB上や自動契約機などで行うことができ、以下のような特徴があります。

 

A.WEBで契約する場合
振込依頼もそのままできるので、最短なら即時借入ができます。ただし、平日の昼間までなどの時間制限があるケースが多いです。

 

B.自動契約機で契約する場合
ローン専用カードの受け取りもできるので、近くのATMなどから現金を引き出すことができます。ただ、最寄りの自動契約機まで出向く必要があるので、近くに契約機がない場合は少し手間がかかります。

 


 

カードローンの審査や申込の流れについて紹介しましたが、審査についての不安は解消されましたか?
ここでは一般的な審査基準や申込の流れを紹介しましたが、もちろんカードローン会社によって異なります。
そのため、審査が不安で悩んでいるのであれば、いったん各社の無料借入診断を利用してみたり、思い切って申し込んでみるのがオススメですよ。

 

あなたに最適なカードローンが見つかる!条件から選べるカードローン一覧はこちら