MENU

即日融資可能な銀行系カードローン

指さす女性

 

急なお金の調達に最適な、銀行系カードローンを紹介します。

 

「どうしても今日中に必要だ!!」という人には即日融資を行っている銀行系カードローンがおすすめです。

 

一般的にローンを組む際は、申し込みから融資まである程度の日数がかかりますが、即日融資を行っている銀行系カードローンであれば、申し込んだその日のうちに融資を受けることができます。

 

ただし即日融資を利用するためには、申し込む時間や申し込みの際に準備しておく書類など、いくつか注意することもあるのでしっかり押さえておきましょう。

 

即日融資を希望するなら銀行系カードローンを選ぼう

銀行のイラスト

 

銀行系カードローンと聞いて、なんとなく「銀行が提供しているカードローンなのかな?」と思う人もいるのではないでしょうか。
ですが、即日融資に対応しているのは銀行カードローンではなく【銀行系】カードローンです。
そこでまずは銀行カードローンと銀行系カードローンの違いについてご説明します。

 

銀行と銀行系カードローンの違い

銀行カードローンとは?

銀行カードローンは名前の通り、銀行が提供しているカードローンのことです。
メガバンクや地方銀行、ネットバンクなど多くの銀行が独自のカードローンを提供しています。
店頭や銀行ATM、ウェブで申し込みを行い、銀行ATMや提携しているコンビニのATMなどで借り入れや返済を行うことができます。

 

銀行系カードローンとは?

銀行系カードローンとは、主に銀行グループに属する消費者金融カードローンを差します。
一見、消費者金融は貸金業法が適用される金融業者なので、銀行とは無関係のように感じます。
ですが実は、メガバンクなどの大手金融機関のグループ傘下となっている消費者金融がいくつかあります。

 

例えば、アコムは三菱UFJフィナンシャルグループ、プロミスは三井住友フィナンシャルグループの子会社です。
大手金融機関の傘下という事で、安心してお金を借りることができます。

 

2つのカードローンの違いはどこがサービス提供をしているか

銀行カードローンと銀行系カードローンの大きな違いは、銀行・消費者金融のどちらがサービス提供をしているのかです。
例えば、銀行カードローンは銀行が運営しているため低金利で利用することができますが、その分審査も厳しくなります。

 

銀行系カードローンは銀行カードローンに比べると審査の難易度が低い傾向にありますが、その分金利が高い傾向にあります。
またこの他にも銀行系カードローンの場合は、圧倒的な審査スピードを持っていることで即日融資に対応することができます。

 

どこがサービス提供をしているのかによって、それぞれにメリット・デメリットがあり、状況に合わせて最適なカードローンを選ぶことが大切です。

 

銀行カードローンは即日融資ができない

消費者金融が運営している銀行系カードローンの大きな魅力とも言えるのが、審査スピードです。

 

個人向けの無担保融資に特化している消費者金融は、サービス向上の一環として審査時間の速さに力を入れてきました。そのため、最短30分審査や即日融資が可能となっています。

 

反対に銀行カードローンの場合、2018年1月より即日融資を取りやめました。(参考:「即日融資」を停止、銀行カードローン縮小へ|産経ニュース

 

審査時間も数日かかることがあり、すぐに借りたいという人には不向きなカードローンとなっています。

 

即日融資可能な銀行系カードローン

▼初めての人必見!最大30日金利0円
アコム

3.0%〜18.0%
 

1万〜800万円
 

最短1時間
 

50万円まで不要
(*1)

いつでも返せて、利息はご利用日数分だけ
・3項目の入力でお借入れ可能かわかる3秒診断
・ネットや提携ATMから24時間お借入・ご返済可能(*2)

▼最短1時間融資も可能
アイフル

3.0%〜18.0%

800万円

最短1時間

50万円まで不要

・最短1時間融資可能
・自動審査あり
・3ステップで申込み完了
優先審査のサービスあり

▼最短10秒で振込み借入(*2)
プロミス

4.5%〜17.8%

1万〜500万円

最短1時間

50万円まで不要

初めての方は30日間利息ゼロ(*1)
・最短1時間融資可能!
・24時間いつでもお申込み可能
・3項目入力で簡単3秒診断
・最短10秒で銀行口座に振り込みされる素早い借入方法「瞬フリ」(*2)

▼パソコン・スマホでWEB完結申込OK
SMBCモビット
SMBCモビット
3.0%〜18.0%

1万〜800万円

最短即日

必要

10秒で簡易審査結果表示
・WEB完結なら電話連絡・郵送物なしでお申込みもご利用も
 ネットのみ(PC・スマートフォンからも申込み可能)
・WEB完結申込あり
・申込の曜日や時間帯によっては、融資が翌日以降の取扱と
 なる場合があります。
・安定した収入があれば申込可能

プロミスレディース
プロミスレディース
4.5%〜17.8%

1万〜500万円

最短1時間

50万円まで不要

・女性オペレータが対応
初めての方は30日間利息ゼロ(*1)
・最短1時間融資可能!
・24時間いつでもお申込み可能
・3項目入力で簡単3秒診断
・最短10秒で銀行口座に振り込みされる素早い借入方法「瞬フリ」(*2)

各カードローンの注意点
アコム
※1 お借入れ総額により収入証明書が必要
※2 提携CD・ATMの詳細についてはアコムのホームページでご確認ください。
プロミス、プロミスレディース
※1 メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要
※2 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座の登録が必要

 

カードローンで即日融資を受ける際のポイント

ポイント

 

銀行系カードローンの即日融資を利用するためにはいくつかのポイントがあります。
いつでも即日融資が受けられるというわけではないので注意しましょう。

 

申し込みのタイムリミットに注意が必要

例えば、アコムやアイフルは最短30分で審査を終え融資を受けることができます。

 

ですが、振込融資を希望する場合は振込を希望する口座がある銀行の営業時間終了までに手続きを行わないと、翌日の取り扱いになってしまいます。

 

ほとんどの銀行の営業時間は、午後3時までとなっていますので、それまでに申し込みから審査、契約までを済ませておく必要があります。

 

また、申込後に店頭窓口や無人契約機で契約し、カード発行をする場合はそれぞれの営業時間内に全ての手続きを済ませておかなくてはなりません。

 

多くの銀行系カードローンの店頭窓口の営業終了時間は18時頃まで。無人契約機は22時頃までとなっているので、終了時間30分前までに契約を完了させておきましょう。

 

申込み方法や借り入れの方法によっても即日融資のタイムリミットは異なりますので、事前に確認しておくことが重要です。

 

大手銀行系カードローン4社の申込完了タイムリミットは以下のようになります。

 

プロミス アコム アイフル SMBC
モビット
振込融資
申込完了タイムリミット
21:00

(一部の銀行のみ14:00)

13:00

(楽天銀行の場合18:30)

14:00までに振込依頼 14:50までに振込依頼
ATM借入
申込完了タイムリミット
21:00

無人契約機営業時間:
9:00〜22:00

21:00

自動契約機営業時間:
8:00〜22:00
※年中無休(年末年始は除く)

21:00

無人契約機営業時間:
8:00〜22:00

19:00

ローン申込機営業時間:
8:00〜21:00

 

どんな手段で借入するかを検討しよう

即日融資を受ける時に考えなければならないのが借り入れの方法です。
即日融資で利用されているのが、振込での借り入れやカードでの借り入れです。

 

提携口座を持っているなら振込がおすすめ

通帳を見る男性

 

申し込み後、審査や契約が終わると融資が実行されます。
借り入れの手段として利用することができるのが銀行振り込みですが、利用している銀行によっては営業時間を過ぎてしまった振込は翌日の取り扱いになるので即日融資には向きません。

 

ですがアコムやプロミスなどの銀行系カードローンが提携している銀行口座を持っていれば24時間いつでも振込による融資を受けることができ、即日で借り入れをすることができます。

 

銀行系カードローンで即日融資を希望する場合には、所有している銀行口座と定形口座を照らし合わせて選ぶことで即日融資をスムーズに利用することができます。

 

振込による融資はウェブ申し込みで利用されることが多く、ウェブ申し込みは24時間いつでも好きな時に自宅のパソコンやスマホから申し込むことができます。
振込融資を希望すればカード不要で即日融資を受けることが可能です。

 

カードでの借入の場合は無人契約機でカード発行を

審査が終了し契約が終わるとカードが発行されます。
カードがあれば提携している銀行ATMやコンビニATM、無人契約機に併設されているATMなどでいつでも借り入れを行うことができます。

 

銀行系カードローンの無人契約機は曜日に関わらず、夜遅くまで営業しているので申し込みをして審査に通ると、その場でカードを受け取って借り入れをすることができます。

 

また、事前にウェブで申し込みをして無人契約機でカードを受け取るという方法もあります。
無人契約機で申し込みから契約までを一気にできるのは便利なのですが、審査の間はその場から離れられませんので、かなり時間のロスになります。

 

申し込みをスマホなどで済ませておき、審査の間に無人契約機へ移動して、審査終了の連絡が来たらすぐに契約機で契約からカード発行を行うのが効率的です。

 

身近に無人契約機がある場合は、即日融資に向いているのでおすすめです。

 

 

即日融資の審査のために知っておきたい事

ポイント

 

即日融資を受けるためのポイントはいくつかありますが、これだけを押さえていても即日融資を完璧に受けることができるというわけではありません。

 

さらに確実に借入をするために、知っておきたい事があります。

 

貸付条件の基本は「安定収入がある成人」

即日融資を受ける際の大前提として自分が貸し付け条件をクリアしているかを確認しましょう。
銀行系カードローンでは、各社それぞれで貸し付け条件を定めています。

 

例えばアコムの場合は、「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」となっています。
またプロミスは、「年齢20〜69歳のご本人に安定した収入のある方」となっています。

 

安定した収入というのがポイントで、アルバイトやパート、派遣社員や正社員など勤務形態にこだわらず、毎月一定の収入が入ってくることを安定した収入と言います。

 

3ヶ月に一回、半年に一回など高額な収入があっても安定した収入とは認められませんので注意しましょう。

 

 

必要書類は借入希望金額によって変わる

銀行系カードローンの申し込みをする際は、運転免許証などの顔写真つきの本人確認書類もしくは顔写真がない場合は健康保険証と住民票、公共料金の領収書、納税証明書などを合わせて提出します。
また借り入れ希望金額によっては収入を証明する書類が必要になります。

 

収入証明書が必要な場合

一社の銀行系カードローンの利用限度額が50万円を超える場合、または複数の銀行系カードローンで借り入れの合計額が100万円を超える場合は、収入証明書の提出を求められます。
収入を証明する書類は

 

  • 最新年度の源泉徴収票
  • 直近2ヶ月分の給与明細書と1年分の賞与明細
  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 最新年度の確定申告書・青色申告書・収支内訳書

 

などです。
カードローンによって、提出できる書類が変わってきますので、申し込み前に確認しておきましょう。

 


 

急なお金の調達に便利に利用することができるのが即日融資であり、即日融資に向いているのが銀行系カードローンです。

 

大手金融機関のグループ傘下に入っていることで安心感もあり、非常に使い勝手のいいカードローンとして広く利用されています。

 

銀行系カードローンで即日融資を利用する際は、申し込み時間や申し込み方法、貸し付け条件など事前に知っておくことでスムーズに融資を受けることができます。
事前にしっかりと確認した上で、申し込みをしてくださいね。

指さす女性

 

急なお金の調達に最適な、銀行系カードローンを紹介します。

 

「どうしても今日中に必要だ!!」という人には即日融資を行っている銀行系カードローンがおすすめです。

 

一般的にローンを組む際は、申し込みから融資まである程度の日数がかかりますが、即日融資を行っている銀行系カードローンであれば、申し込んだその日のうちに融資を受けることができます。

 

ただし即日融資を利用するためには、申し込む時間や申し込みの際に準備しておく書類など、いくつか注意することもあるのでしっかり押さえておきましょう。

 

即日融資を希望するなら銀行系カードローンを選ぼう

銀行のイラスト

 

銀行系カードローンと聞いて、なんとなく「銀行が提供しているカードローンなのかな?」と思う人もいるのではないでしょうか。
ですが、即日融資に対応しているのは銀行カードローンではなく【銀行系】カードローンです。
そこでまずは銀行カードローンと銀行系カードローンの違いについてご説明します。

 

銀行と銀行系カードローンの違い

銀行カードローンとは?

銀行カードローンは名前の通り、銀行が提供しているカードローンのことです。
メガバンクや地方銀行、ネットバンクなど多くの銀行が独自のカードローンを提供しています。
店頭や銀行ATM、ウェブで申し込みを行い、銀行ATMや提携しているコンビニのATMなどで借り入れや返済を行うことができます。

 

銀行系カードローンとは?

銀行系カードローンとは、主に銀行グループに属する消費者金融カードローンを差します。
一見、消費者金融は貸金業法が適用される金融業者なので、銀行とは無関係のように感じます。
ですが実は、メガバンクなどの大手金融機関のグループ傘下となっている消費者金融がいくつかあります。

 

例えば、アコムは三菱UFJフィナンシャルグループ、プロミスは三井住友フィナンシャルグループの子会社です。
大手金融機関の傘下という事で、安心してお金を借りることができます。

 

2つのカードローンの違いはどこがサービス提供をしているか

銀行カードローンと銀行系カードローンの大きな違いは、銀行・消費者金融のどちらがサービス提供をしているのかです。
例えば、銀行カードローンは銀行が運営しているため低金利で利用することができますが、その分審査も厳しくなります。

 

銀行系カードローンは銀行カードローンに比べると審査の難易度が低い傾向にありますが、その分金利が高い傾向にあります。
またこの他にも銀行系カードローンの場合は、圧倒的な審査スピードを持っていることで即日融資に対応することができます。

 

どこがサービス提供をしているのかによって、それぞれにメリット・デメリットがあり、状況に合わせて最適なカードローンを選ぶことが大切です。

 

銀行カードローンは即日融資ができない

消費者金融が運営している銀行系カードローンの大きな魅力とも言えるのが、審査スピードです。

 

個人向けの無担保融資に特化している消費者金融は、サービス向上の一環として審査時間の速さに力を入れてきました。そのため、最短30分審査や即日融資が可能となっています。

 

反対に銀行カードローンの場合、2018年1月より即日融資を取りやめました。(参考:「即日融資」を停止、銀行カードローン縮小へ|産経ニュース

 

審査時間も数日かかることがあり、すぐに借りたいという人には不向きなカードローンとなっています。

 

即日融資可能な銀行系カードローン

▼初めての人必見!最大30日金利0円
アコム

 


3.0%〜18.0%

1万〜800万円

最短1時間

収入証明書:50万円まで不要(*1)
いつでも返せて、利息はご利用日数分だけ
・3項目の入力でお借入れ可能かわかる3秒診断
・ネットや提携ATMから24時間お借入・ご返済可能(*2)

 

▼最短1時間融資も可能
アイフル

 


3.0%〜18.0%

800万円

最短1時間

収入証明書:50万円まで不要
・最短1時間融資可能
・自動審査あり
・3ステップで申込み完了
優先審査のサービスあり

 

▼最短10秒で振込み借入(*2)
プロミス

 


4.5%〜17.8%

1万〜500万円

最短1時間

収入証明書:50万円まで不要
初めての方は30日間利息ゼロ(*1)
・最短1時間融資可能!
・24時間いつでもお申込み可能
・3項目入力で簡単3秒診断
・最短10秒で銀行口座に振り込みされる
 素早い借入方法「瞬フリ」(*2)

 

▼パソコン・スマホでWEB完結申込OK
SMBCモビット

 

SMBCモビット


3.0%〜18.0%

1万〜800万円

最短即日

収入証明書:必要
10秒で簡易審査結果表示
・WEB完結なら電話連絡・郵送物なしでお申込みもご利用も
 ネットのみ(PC・スマートフォンからも申込み可能)
・WEB完結申込あり
・申込の曜日や時間帯によっては、融資が
 翌日以降の取扱となる場合があります。
・安定した収入があれば申込可能

 

プロミスレディース

 


4.5%〜17.8%

1万〜500万円

最短1時間

収入証明書:50万円まで不要
・女性オペレータが対応
初めての方は30日間利息ゼロ(*1)
・最短1時間融資可能!
・24時間いつでもお申込み可能
・3項目入力で簡単3秒診断
・最短10秒で銀行口座に振り込みされる
 素早い借入方法「瞬フリ」(*2)

 

各カードローンの注意点
アコム
※1 お借入れ総額により収入証明書が必要
※2 提携CD・ATMの詳細についてはアコムの
 ホームページでご確認ください。
プロミス、プロミスレディース
※1 メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要
※2 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座の登録が必要

 

カードローンで即日融資を受ける際のポイント

ポイント

 

銀行系カードローンの即日融資を利用するためにはいくつかのポイントがあります。
いつでも即日融資が受けられるというわけではないので注意しましょう。

 

申し込みのタイムリミットに注意が必要

例えば、アコムやアイフルは最短30分で審査を終え融資を受けることができます。

 

ですが、振込融資を希望する場合は振込を希望する口座がある銀行の営業時間終了までに手続きを行わないと、翌日の取り扱いになってしまいます。

 

ほとんどの銀行の営業時間は、午後3時までとなっていますので、それまでに申し込みから審査、契約までを済ませておく必要があります。

 

また、申込後に店頭窓口や無人契約機で契約し、カード発行をする場合はそれぞれの営業時間内に全ての手続きを済ませておかなくてはなりません。

 

多くの銀行系カードローンの店頭窓口の営業終了時間は18時頃まで。無人契約機は22時頃までとなっているので、終了時間30分前までに契約を完了させておきましょう。

 

申込み方法や借り入れの方法によっても即日融資のタイムリミットは異なりますので、事前に確認しておくことが重要です。

 

大手銀行系カードローン4社の申込完了タイムリミットは以下のようになります。

 

プロミス アコム アイフル SMBC
モビット
振込融資
申込完了タイムリミット
21:00

(一部の銀行のみ14:00)

13:00

(楽天銀行の場合18:30)

14:00までに振込依頼 14:50までに振込依頼
ATM借入
申込完了タイムリミット
21:00

無人契約機営業時間:
9:00〜22:00

21:00

自動契約機営業時間:
8:00〜22:00
※年中無休(年末年始は除く)

21:00

無人契約機営業時間:
8:00〜22:00

19:00

ローン申込機営業時間:
8:00〜21:00

 

どんな手段で借入するかを検討しよう

即日融資を受ける時に考えなければならないのが借り入れの方法です。
即日融資で利用されているのが、振込での借り入れやカードでの借り入れです。

 

提携口座を持っているなら振込がおすすめ

通帳を見る男性

 

申し込み後、審査や契約が終わると融資が実行されます。
借り入れの手段として利用することができるのが銀行振り込みですが、利用している銀行によっては営業時間を過ぎてしまった振込は翌日の取り扱いになるので即日融資には向きません。

 

ですがアコムやプロミスなどの銀行系カードローンが提携している銀行口座を持っていれば24時間いつでも振込による融資を受けることができ、即日で借り入れをすることができます。

 

銀行系カードローンで即日融資を希望する場合には、所有している銀行口座と定形口座を照らし合わせて選ぶことで即日融資をスムーズに利用することができます。

 

振込による融資はウェブ申し込みで利用されることが多く、ウェブ申し込みは24時間いつでも好きな時に自宅のパソコンやスマホから申し込むことができます。
振込融資を希望すればカード不要で即日融資を受けることが可能です。

 

カードでの借入の場合は無人契約機でカード発行を

審査が終了し契約が終わるとカードが発行されます。
カードがあれば提携している銀行ATMやコンビニATM、無人契約機に併設されているATMなどでいつでも借り入れを行うことができます。

 

銀行系カードローンの無人契約機は曜日に関わらず、夜遅くまで営業しているので申し込みをして審査に通ると、その場でカードを受け取って借り入れをすることができます。

 

また、事前にウェブで申し込みをして無人契約機でカードを受け取るという方法もあります。
無人契約機で申し込みから契約までを一気にできるのは便利なのですが、審査の間はその場から離れられませんので、かなり時間のロスになります。

 

申し込みをスマホなどで済ませておき、審査の間に無人契約機へ移動して、審査終了の連絡が来たらすぐに契約機で契約からカード発行を行うのが効率的です。

 

身近に無人契約機がある場合は、即日融資に向いているのでおすすめです。

 

 

即日融資の審査のために知っておきたい事

ポイント

 

即日融資を受けるためのポイントはいくつかありますが、これだけを押さえていても即日融資を完璧に受けることができるというわけではありません。

 

さらに確実に借入をするために、知っておきたい事があります。

 

貸付条件の基本は「安定収入がある成人」

即日融資を受ける際の大前提として自分が貸し付け条件をクリアしているかを確認しましょう。
銀行系カードローンでは、各社それぞれで貸し付け条件を定めています。

 

例えばアコムの場合は、「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」となっています。
またプロミスは、「年齢20〜69歳のご本人に安定した収入のある方」となっています。

 

安定した収入というのがポイントで、アルバイトやパート、派遣社員や正社員など勤務形態にこだわらず、毎月一定の収入が入ってくることを安定した収入と言います。

 

3ヶ月に一回、半年に一回など高額な収入があっても安定した収入とは認められませんので注意しましょう。

 

 

必要書類は借入希望金額によって変わる

銀行系カードローンの申し込みをする際は、運転免許証などの顔写真つきの本人確認書類もしくは顔写真がない場合は健康保険証と住民票、公共料金の領収書、納税証明書などを合わせて提出します。
また借り入れ希望金額によっては収入を証明する書類が必要になります。

 

収入証明書が必要な場合

一社の銀行系カードローンの利用限度額が50万円を超える場合、または複数の銀行系カードローンで借り入れの合計額が100万円を超える場合は、収入証明書の提出を求められます。
収入を証明する書類は

 

  • 最新年度の源泉徴収票
  • 直近2ヶ月分の給与明細書と1年分の賞与明細
  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 最新年度の確定申告書・青色申告書・収支内訳書

 

などです。
カードローンによって、提出できる書類が変わってきますので、申し込み前に確認しておきましょう。

 


 

急なお金の調達に便利に利用することができるのが即日融資であり、即日融資に向いているのが銀行系カードローンです。

 

大手金融機関のグループ傘下に入っていることで安心感もあり、非常に使い勝手のいいカードローンとして広く利用されています。

 

銀行系カードローンで即日融資を利用する際は、申し込み時間や申し込み方法、貸し付け条件など事前に知っておくことでスムーズに融資を受けることができます。
事前にしっかりと確認した上で、申し込みをしてくださいね。