MENU

スマホでお金を借りるならWEB借入OKのカードローンがおすすめ

スマホを持ってOKサインをする女性

 

今月はちょっとお祝儀とか重なって生活費がピンチ!でもお金を借りるのって大変そう・・・。スマホからサクッとカンタンに借りれないかな?」
「家にパソコンはあるけど家族に見られたらバレそうだし、自分のスマホだけでお金を借りたいな・・・」

 

そんな風に思ったことはありませんか?

 

じつは、個人が保証人なしで手軽にお金を借りれるカードローン会社の中には、スマートフォンだけで申込〜借入までできるところがあるんです。

 

こうしたカードローン会社では、スマートフォンひとつあれば、わざわざお店に行って申し込む必要はないので、いつでも、どこからでも申し込み手続きができてとっても便利です。

 

さらに、誰にも知られずにこっそりとお金を借りることができるので、お金を借りていると誰にもバレたくない人にもピッタリなんです。

 

ただ、スマートフォンから手続きするには、ちょっとしたルールや準備物もあったりするので、注意が必要です。

 

そこで、ここではスマホでお金を借りる方法についてお伝えしていきますね。

 

スマホでお金を借りるメリット3つ

3本指

 

スマートフォンでお金を借りるメリットは、以下の3つです。

  1. 郵送物なし&スマホ完結OKだからバレにくい
  2. 24時間365日申込OKで誰にも会わずにどこからでも借りられる
  3. スマホのキャッシングアプリも用意されていて便利

それではひとつずつ紹介していきますね。

 

【スマホ借入のメリット】
1.郵送物なし&スマホ完結OKだからバレにくい

内緒だと口に指を当てる女性

 

スマホ借入なら、申し込みから借り入れまですべての作業をWEB上で済ませることができます。

 

これを「スマホ完結」と呼ぶこともあります。

 

審査結果はメールで送られてきますし、お金は振り込んでもらえるので、紙ベースの手続きをする必要はありません。

 

以前は、審査通過後からお金を借りるまでに、「契約書のやり取り」が必要でした。
ですが、今ではWEB上で契約書確認を済ませることができるようになったので、こうした契約書のやり取りが必要なくなったんです。

 

このように、スマホ完結ならスマートフォンだけで申し込み手続きをすべて完了できて、郵便物もないので、家族にも友人・知人にもバレにくい仕組みになっています。

 

【スマホ借入のメリット】
2.24時間365日申込OKで誰にも会わずにどこからでも借りられる

手に乗せたハートの形をしたクッション

 

スマホからのカードローン申込は「WEBから24時間365日いつでも受付可能です。

 

いつでも持ち運んでいるスマートフォンなら、自分の都合のいい時間と場所を選んで申し込みができますよね。

 

たとえば、移動中の電車の中や、真夜中の自分の部屋、そして友人とのちょっとした待ち合わせ時間でも申し込みができちゃいます。
それに申し込みのためにわざわざ窓口に行く必要がないので、誰にも会わずに済みます。

 

人目を気にすることなく、安心して手続きできるのはうれしいですね。

 

【スマホ借入のメリット】
3.スマホのキャッシングアプリも用意されていて便利

スマホを見て驚く女性

 

スマートフォンで活躍するのが「アプリ」ですが、カードローン各社もそれぞれが便利な機能がギュッと詰まったアプリを用意しています。

 

とくに、「新規申し込み」や「画像による必要書類の提出」機能は、ほとんどのアプリに導入されている機能なので、アプリでの申し込みがサクサク進められるんです。

 

ほかにも、「借入の簡易診断」「ATMや店舗の検索」「返済シュミレーション」「ローン計算」などの機能が付いているアプリもあります。
こうした機能では、自分の借りたい金額にムリがないかなどをチェックできるので、とっても便利なんです。

 

さらに「借入」や「返済」の機能を付けているところもあるので、カンタンかつスピーディーにお金を借りたり返せたりができます。

 

スマホでお金を借りるデメリットは、入力が少し面倒なこと

スマホの操作が苦手で困っている男性

 

スマートフォンを活用することで、場所や時間を気にすることなくお金を借りれる手軽さをお伝えしてきましたが、少しだけデメリットもあります。

 

それは、スマートフォンにはキーボードがないので、“入力に少し時間がかかってしまう可能性がある”ということです。

 

もちろん、アプリ機能でカンタンに操作ができるようになってるものはたくさんありますし、若い人であればキーボード入力よりもフリック入力に慣れている人も多いですよね。

 

しかし、スマートフォン初心者やフリック入力が苦手な人は、パソコンから申し込んだ方がラクに手続きできるでしょう。

 

スマホでお金を借りるときの具体的な方法をチェックしよう

さて、スマートフォンからカードローンを申し込むメリットデメリットをお伝えしましたので、次は具体的に申し込みの準備やルール、手順をお伝えしましょう。

 

まずは「条件」をチェック!スマホ借入の条件は“返済能力のある成人”

胸にこぶしを当てるスーツ姿の男性

 

じつは、数多くあるカードローンは、アコムなどの「消費者金融系」と新生銀行レイクなどの「銀行系」のふたつに分けられます。
そして、スマホからはこれらのどちらにも申込が可能ですが、それぞれについて借入の条件が異なるんです。

 

まず、消費者金融のカードローンを利用する場合は、「20歳以上であること」「本人に収入があること」というふたつの条件を満たす必要があります。

 

そのため、アルバイトやパートでいいので、本人が働いていて収入がないと申込できないんです。
これには、「総量規制(そうりょうきせい)」という“お金の借りすぎ貸しすぎを防ぐ”法律が関係しています。

 

この総量規制というルールでは、利用者の年収3分の1以上は融資することができないので、収入が無い人には融資ができず、「本人に収入があること」が必須条件なんです。

 

こうした条件の内容は、各消費者金融カードローン会社の「利用条件(貸付条件)」にきちんと記載されているので、しっかりとチェックしておくのがオススメですよ。

 

一方、銀行のカードローンの場合は、「本人に収入がなく配偶者(結婚相手)に収入のある人」でも申込OKのところがあります。
これは、銀行が「総量規制」の対象外で、“借入は年収の3分の1まで”というルールがないからです。

 

ちなみに、消費者金融系、銀行系のいずれのカードローンでも、保証人や担保は必要ないので、家族や親せきにバレることはありません。

 

次に、スマホ借入に必要な「書類」を準備しよう

書類と印鑑

 

さて次は提出する書類の準備についてです。

 

カードローンの申し込みで、最低必要となる書類は「本人確認書類」です。
本人確認書類には、以下のものが挙げられます。

 

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証

 

ただ、本人確認書類以外に「収入証明書類」が必要になることもあります。
収入証明書類とは、以下のようなもののことです。

 

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 納税証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細

 

こうした収入証明書類は、以下のような場合に必要になります。

 

  • 消費者金融カードローンの場合:原則50万円を超える契約や、他社を含めた借入総額が100万円を超える場合
  • 銀行のカードローンの場合:それぞれの銀行によって条件が異なるので、公式サイトで確認が必要

 

最後に、「申込〜契約〜借入の流れ」をチェックしよう

虫眼鏡でチェックする女性

 

続いては、具体的にどのような手順で申し込んでお金を手に入れるのかについて説明します。

 

スマホ借入の場合、お金を借りる方法はふたつあります。

 

ひとつが“口座にお金を振り込んでもらう方法”で、もうひとつが“無人契約機でカードを受け取ってATMでお金を引き出す方法”です。

 

具体的な手順は、次の通りです。

 

口座にお金を振り込んでもらう方法

ローンと書かれた通帳

 

スマホアプリから新規申し込み画面を呼び出し、必要項目をすべて正しく入力します。
情報を送信したら、審査結果を待ちましょう。(メール連絡のケースが多いです)

 

審査通過の連絡がきたら、WEB上での契約書の確認をしましょう。
内容をチェックして問題がなければ承認して契約完了です。

 

この手順の途中で、「振込」か「カード受け取り」かの選択画面が出てきますので、「振込」を選択します。
(選択画面のタイミングは各社によって異なりますので、画面指示をしっかりと確認するようにしてくださいね)

 

契約が完了したら、公式サイトのマイページから振込依頼を行うことで、自分の銀行口座に直接お金を振り込んでもらえます。

 

無人契約機でカードを受け取ってATMでお金を引き出す方法

ATMでお金を引き出す様子

 

振り込んでもらう方法と途中まではまったく同じです。

 

「振込」か「カード受け取り」かの選択画面で、「カード受け取り」を選択したら、無人契約機に来店してカードを発行してもらいましょう。

 

カードを受け取れば、提携ATMからお金をスグに引き出せます。

 

スマホから当日借入(即日融資)するなら気をつけたいポイント

腕時計

 

即日でお金を借りようと思い、スマホ借入で手続きしても、ちょっとした失敗で時間をとってしまう事があります。

 

素早く手続きしたい場合は、次のポイントに気をつけてください。

 

  • 書類の写真のピンボケに注意

    書類の写真は、細かい印字もハッキリ読み取れるように意識して撮りましょう。
    読み取れない箇所がある場合、審査が遅れる可能性があります。

  • 必要そうな書類はできるだけ用意しておく

    必要書類は念のためいくつか用意しておきましょう。とくに、収入証明書類は審査の際に提出を求められることがあります。

  • ウソの申告はダメ

    申告する情報は正確に入力し、在籍確認がきちんとできるように配慮しましょう。ウソの申告をしてもすぐにバレます。カードローン会社は個人信用情報機関で、利用者の過去・現在の借入状況や返済状況、事故情報などをチェックします。ウソがばれたり、在籍が確認できなかったりすると信用がなくなり、お金を貸してもらえない可能性があります。

  • 営業時間に注意する

    振込での借入や無人契約機の利用の場合は、営業時間をしっかりチェックしてください。

  • 希望借入額は必要最低限にする

    希望借入額は必要最低限で申し込みましょう。返済能力で「無理」と判断されると、借入が厳しくなる可能性が高くなります。

  •  


     

    スマートフォンからお金を借りると、自分の生活スタイルに合わせることができます。

     

    忙しい人や、急ぎでお金を借りたい人にはもってこいの方法です。

     

    ぜひ、スマホからの借り入れを活用してみてください。

     

    スマホを持ってOKサインをする女性

     

    今月はちょっとお祝儀とか重なって生活費がピンチ!でもお金を借りるのって大変そう・・・。スマホからサクッとカンタンに借りれないかな?」
    「家にパソコンはあるけど家族に見られたらバレそうだし、自分のスマホだけでお金を借りたいな・・・」

     

    そんな風に思ったことはありませんか?

     

    じつは、個人が保証人なしで手軽にお金を借りれるカードローン会社の中には、スマートフォンだけで申込〜借入までできるところがあるんです。

     

    こうしたカードローン会社では、スマートフォンひとつあれば、わざわざお店に行って申し込む必要はないので、いつでも、どこからでも申し込み手続きができてとっても便利です。

     

    さらに、誰にも知られずにこっそりとお金を借りることができるので、お金を借りていると誰にもバレたくない人にもピッタリなんです。

     

    ただ、スマートフォンから手続きするには、ちょっとしたルールや準備物もあったりするので、注意が必要です。

     

    そこで、ここではスマホでお金を借りる方法についてお伝えしていきますね。

     

    スマホでお金を借りるメリット3つ

    3本指

     

    スマートフォンでお金を借りるメリットは、以下の3つです。

    1. 郵送物なし&スマホ完結OKだからバレにくい
    2. 24時間365日申込OKで誰にも会わずにどこからでも借りられる
    3. スマホのキャッシングアプリも用意されていて便利

    それではひとつずつ紹介していきますね。

     

    【スマホ借入のメリット】
    1.郵送物なし&スマホ完結OKだからバレにくい

    内緒だと口に指を当てる女性

     

    スマホ借入なら、申し込みから借り入れまですべての作業をWEB上で済ませることができます。

     

    これを「スマホ完結」と呼ぶこともあります。

     

    審査結果はメールで送られてきますし、お金は振り込んでもらえるので、紙ベースの手続きをする必要はありません。

     

    以前は、審査通過後からお金を借りるまでに、「契約書のやり取り」が必要でした。
    ですが、今ではWEB上で契約書確認を済ませることができるようになったので、こうした契約書のやり取りが必要なくなったんです。

     

    このように、スマホ完結ならスマートフォンだけで申し込み手続きをすべて完了できて、郵便物もないので、家族にも友人・知人にもバレにくい仕組みになっています。

     

    【スマホ借入のメリット】
    2.24時間365日申込OKで誰にも会わずにどこからでも借りられる

    手に乗せたハートの形をしたクッション

     

    スマホからのカードローン申込は「WEBから24時間365日いつでも受付可能です。

     

    いつでも持ち運んでいるスマートフォンなら、自分の都合のいい時間と場所を選んで申し込みができますよね。

     

    たとえば、移動中の電車の中や、真夜中の自分の部屋、そして友人とのちょっとした待ち合わせ時間でも申し込みができちゃいます。
    それに申し込みのためにわざわざ窓口に行く必要がないので、誰にも会わずに済みます。

     

    人目を気にすることなく、安心して手続きできるのはうれしいですね。

     

    【スマホ借入のメリット】
    3.スマホのキャッシングアプリも用意されていて便利

    スマホを見て驚く女性

     

    スマートフォンで活躍するのが「アプリ」ですが、カードローン各社もそれぞれが便利な機能がギュッと詰まったアプリを用意しています。

     

    とくに、「新規申し込み」や「画像による必要書類の提出」機能は、ほとんどのアプリに導入されている機能なので、アプリでの申し込みがサクサク進められるんです。

     

    ほかにも、「借入の簡易診断」「ATMや店舗の検索」「返済シュミレーション」「ローン計算」などの機能が付いているアプリもあります。
    こうした機能では、自分の借りたい金額にムリがないかなどをチェックできるので、とっても便利なんです。

     

    さらに「借入」や「返済」の機能を付けているところもあるので、カンタンかつスピーディーにお金を借りたり返せたりができます。

     

    スマホでお金を借りるデメリットは、入力が少し面倒なこと

    スマホの操作が苦手で困っている男性

     

    スマートフォンを活用することで、場所や時間を気にすることなくお金を借りれる手軽さをお伝えしてきましたが、少しだけデメリットもあります。

     

    それは、スマートフォンにはキーボードがないので、“入力に少し時間がかかってしまう可能性がある”ということです。

     

    もちろん、アプリ機能でカンタンに操作ができるようになってるものはたくさんありますし、若い人であればキーボード入力よりもフリック入力に慣れている人も多いですよね。

     

    しかし、スマートフォン初心者やフリック入力が苦手な人は、パソコンから申し込んだ方がラクに手続きできるでしょう。

     

    スマホでお金を借りるときの具体的な方法をチェックしよう

    さて、スマートフォンからカードローンを申し込むメリットデメリットをお伝えしましたので、次は具体的に申し込みの準備やルール、手順をお伝えしましょう。

     

    まずは「条件」をチェック!スマホ借入の条件は“返済能力のある成人”

    胸にこぶしを当てるスーツ姿の男性

     

    じつは、数多くあるカードローンは、アコムなどの「消費者金融系」と新生銀行レイクなどの「銀行系」のふたつに分けられます。
    そして、スマホからはこれらのどちらにも申込が可能ですが、それぞれについて借入の条件が異なるんです。

     

    まず、消費者金融のカードローンを利用する場合は、「20歳以上であること」「本人に収入があること」というふたつの条件を満たす必要があります。

     

    そのため、アルバイトやパートでいいので、本人が働いていて収入がないと申込できないんです。
    これには、「総量規制(そうりょうきせい)」という“お金の借りすぎ貸しすぎを防ぐ”法律が関係しています。

     

    この総量規制というルールでは、利用者の年収3分の1以上は融資することができないので、収入が無い人には融資ができず、「本人に収入があること」が必須条件なんです。

     

    こうした条件の内容は、各消費者金融カードローン会社の「利用条件(貸付条件)」にきちんと記載されているので、しっかりとチェックしておくのがオススメですよ。

     

    一方、銀行のカードローンの場合は、「本人に収入がなく配偶者(結婚相手)に収入のある人」でも申込OKのところがあります。
    これは、銀行が「総量規制」の対象外で、“借入は年収の3分の1まで”というルールがないからです。

     

    ちなみに、消費者金融系、銀行系のいずれのカードローンでも、保証人や担保は必要ないので、家族や親せきにバレることはありません。

     

    次に、スマホ借入に必要な「書類」を準備しよう

    書類と印鑑

     

    さて次は提出する書類の準備についてです。

     

    カードローンの申し込みで、最低必要となる書類は「本人確認書類」です。
    本人確認書類には、以下のものが挙げられます。

     

    • 運転免許証
    • パスポート
    • 健康保険証

     

    ただ、本人確認書類以外に「収入証明書類」が必要になることもあります。
    収入証明書類とは、以下のようなもののことです。

     

    • 源泉徴収票
    • 住民税決定通知書
    • 納税証明書
    • 確定申告書
    • 給与明細

     

    こうした収入証明書類は、以下のような場合に必要になります。

     

    • 消費者金融カードローンの場合:原則50万円を超える契約や、他社を含めた借入総額が100万円を超える場合
    • 銀行のカードローンの場合:それぞれの銀行によって条件が異なるので、公式サイトで確認が必要

     

    最後に、「申込〜契約〜借入の流れ」をチェックしよう

    虫眼鏡でチェックする女性

     

    続いては、具体的にどのような手順で申し込んでお金を手に入れるのかについて説明します。

     

    スマホ借入の場合、お金を借りる方法はふたつあります。

     

    ひとつが“口座にお金を振り込んでもらう方法”で、もうひとつが“無人契約機でカードを受け取ってATMでお金を引き出す方法”です。

     

    具体的な手順は、次の通りです。

     

    口座にお金を振り込んでもらう方法

    ローンと書かれた通帳

     

    スマホアプリから新規申し込み画面を呼び出し、必要項目をすべて正しく入力します。
    情報を送信したら、審査結果を待ちましょう。(メール連絡のケースが多いです)

     

    審査通過の連絡がきたら、WEB上での契約書の確認をしましょう。
    内容をチェックして問題がなければ承認して契約完了です。

     

    この手順の途中で、「振込」か「カード受け取り」かの選択画面が出てきますので、「振込」を選択します。
    (選択画面のタイミングは各社によって異なりますので、画面指示をしっかりと確認するようにしてくださいね)

     

    契約が完了したら、公式サイトのマイページから振込依頼を行うことで、自分の銀行口座に直接お金を振り込んでもらえます。

     

    無人契約機でカードを受け取ってATMでお金を引き出す方法

    ATMでお金を引き出す様子

     

    振り込んでもらう方法と途中まではまったく同じです。

     

    「振込」か「カード受け取り」かの選択画面で、「カード受け取り」を選択したら、無人契約機に来店してカードを発行してもらいましょう。

     

    カードを受け取れば、提携ATMからお金をスグに引き出せます。

     

    スマホから当日借入(即日融資)するなら気をつけたいポイント

    腕時計

     

    即日でお金を借りようと思い、スマホ借入で手続きしても、ちょっとした失敗で時間をとってしまう事があります。

     

    素早く手続きしたい場合は、次のポイントに気をつけてください。

     

  • 書類の写真のピンボケに注意

    書類の写真は、細かい印字もハッキリ読み取れるように意識して撮りましょう。
    読み取れない箇所がある場合、審査が遅れる可能性があります。

  • 必要そうな書類はできるだけ用意しておく

    必要書類は念のためいくつか用意しておきましょう。とくに、収入証明書類は審査の際に提出を求められることがあります。

  • ウソの申告はダメ

    申告する情報は正確に入力し、在籍確認がきちんとできるように配慮しましょう。ウソの申告をしてもすぐにバレます。カードローン会社は個人信用情報機関で、利用者の過去・現在の借入状況や返済状況、事故情報などをチェックします。ウソがばれたり、在籍が確認できなかったりすると信用がなくなり、お金を貸してもらえない可能性があります。

  • 営業時間に注意する

    振込での借入や無人契約機の利用の場合は、営業時間をしっかりチェックしてください。

  • 希望借入額は必要最低限にする

    希望借入額は必要最低限で申し込みましょう。返済能力で「無理」と判断されると、借入が厳しくなる可能性が高くなります。

  •  


     

    スマートフォンからお金を借りると、自分の生活スタイルに合わせることができます。

     

    忙しい人や、急ぎでお金を借りたい人にはもってこいの方法です。

     

    ぜひ、スマホからの借り入れを活用してみてください。