MENU

低年収でお金を借りる際に気をつけたいこと

気を付けることをチェック

 

生活費が高騰していく一方で、収入がなかなか上がらないと嘆いている人が多いのが現状です。
それでも、普段はその収入の範囲内で生活していることでしょう。

 

ですが、どうしてもお金が足りない時や、なにか予期していなかった急な出費が発生することもあります。
そんな時は、どうすれば良いのでしょうか。

 

低年収でもお金を借りる事はできる

ひらめく

 

お金が足りなかったり急な出費が発生した時に、とっさに頭に浮かぶのはお金を借りることでしょう。
もちろん、親や友人から借りることができればそれが一番安全なのでしょうが、借りにくいのも事実です。

 

そんな時に頼りになるのが、消費者金融のカードローンです。

 

とはいえ、収入が少ないので借りることができないのではと不安に思う方もいらっしゃることでしょう。
でも心配はいりません。借りることは可能です。
では、なぜ収入が低くても融資を受けることが可能なのかをご説明いたしましょう。

 

低年収でもカードローンの申し込みは可能

お金を借りる場合、銀行で借りるという方法もありますが、収入が低い場合は消費者金融のカードローンの方がお勧めです。(理由は後述します。)

 

もちろん、消費者金融もお金を貸すボランティアではありませんので、お金を借りるにも条件はあります。

 

その1つが、総量規制です。
総量規制とは、融資を受けることのできる金額の上限を決めたものです。

 

融資を受けることのできる額の上限は、年収の3分の1までです。それを超える額を借りることはできません。
逆に、年収の3分の1までの範囲であれば、融資を受けることができます。
つまり、年収が低くても、総量規制の範囲内であればお金を借りることが可能ということです。

 

仕事がパートやアルバイトで年収が100万であっても、その3分の1の30万円までなら、融資そのものは可能です。

 

ただし、消費者金融で融資を受ける場合、年収以外にもお金を借りるのに必要な条件はいくつかあります。
次にそれを見てみましょう。

 

カードローンの申し込み条件

消費者金融で融資を受けるための申し込みの条件の一つに、年齢があります。
融資が受けられるのは20歳からで、年齢の上限は満69歳までです。

 

また、申し込みに行く本人しか融資を受けることはできません。
誰かに代わりに行ってもらうということはできないということです。

 

安定した収入があることというのも条件の一つになります。
安定した収入というのが条件であり、年収などの条件はありません。
どんなに年収が低くても収入が安定していれば、総量規制の範囲内、つまり年収の3分の1の範囲内で融資を受けることができます。

 

銀行カードローンよりも消費者金融を選ぼう

融資を受けようと思う場合、銀行カードローンでも消費者金融のカードローンでも審査があります。
どちらがお勧めか気になるところでしょう。

 

端的に言うと、おすすめは消費者金融です。
なぜ、消費者金融の方がお勧めなのでしょうか。

 

まず、消費者金融の方が銀行のカードローンよりも審査通過率が高いということが挙げられます。
お金を借りたいわけですから、審査に通らなければ意味がありませんよね。

 

銀行カードローンは審査がかなり厳しく、通過率は公表されていませんが一般的に2割程度だと言われています。
それに比べ、消費者金融は45%前後の通過率があります。

 

また、消費者金融には無利息サービスがあります。
通常お金を借りるには、利息を払わなければなりませんが、大手消費者金融の場合、契約から30日などの期間限定で無利息サービスを行なっています。

 

また、銀行カードローンと異なり即日融資も可能です。
銀行カードローンであれば、審査に時間がかかるため即日融資はできませんが、消費者金融は申込時間によっては当日中に借入ができるので、急な出費でもすぐに融資を受けることができます。

 

では今から、審査通過率・無利息サービス・即日融資が可能という観点で詳しくみていきましょう。

 

【消費者金融のおすすめポイント】1.審査通過率が高い

消費者金融がお勧めの理由の一つは、審査通過率の高さです。
もちろん消費者金融でも審査はありますので、必ず審査に通るとは言えません。

 

それでも、開示されている情報によると、アコム・アイフル・プロミスのように有名な消費者金融の審査通過率はどこも45%を超えています。
半数とまではいきませんが、かなりの確率で融資を受けることが可能となります。

 

カードローン名 参考資料 新規貸付率
アコム http://pdf.irpocket.com/C8572/N9qg/G9pG/g62j.pdf 46.3%
アイフル https://www.ir-aiful.com/data/current/MD201805.pdf 48.2%
プロミス

(SMBCコンシューマーファイナンス)

http://www.smbc-cf.com/pdf/md2019_j.pdf 47.3%

※2018年5月の数値

 

審査に通らなければ融資を受けることはできませんから、審査通過率が高いというのは大きなポイントとなりますよね。

 

【消費者金融のおすすめポイント】2.無利息サービスがある

0円

 

消費者金融のおすすめポイントのもう一つは、無利息サービスがあることでしょう。

 

借りた金額に対して、通常は必ず利息がかかります。
アコムの無利息サービスは、アコムでの契約が初めてであることや、返済期日を35日ごとで契約することなどの条件はありますが、契約日の翌日から30日間、金利がかかることなく融資を受けることができます。

 

アイフルも契約が初めてであることと、無担保キャッシングローンを利用する場合に限り契約日の翌日から30日間、無利息サービスを受けることができます。

 

なお、プロミスにも無利息サービスはありますが、こちらは先ほどのアコムやアイフルとは異なり、契約日の翌日ではなく利用の翌日、つまり融資を受けてから30日間無利息サービスを受けることができます。
「契約日の翌日から」と「利用日の翌日から」では、日にちが変わってきますので、利用する消費者金融がどちらかを確認することをお勧めします。

 

【消費者金融のおすすめポイント】3.即日融資が可能

消費者金融は、即日融資が可能ということもおすすめポイントの一つです。

 

急な出費の場合、今すぐに手元にお金が必要という状況もあることでしょう。
そのような場合、やはり、即日融資が可能でなければ困ってしまいます。

 

もともと、銀行系のカードローンも即日融資が可能なところもありました。
しかし2018年1月より、銀行カードローンは即日融資が不可能になりました。

 

暴力団関係者などの反社会的勢力に対する融資を防ぐために、申込者の情報を警察庁データベースで照会することが銀行に義務付けられたのです。(参考:銀行が暴力団データ照会可能に 個人向け融資|毎日新聞
そのため審査に時間がかかり、銀行は即日融資ができなくなったのです。

 

しかし、この手順が加えられたのは銀行だけで、消費者金融には適用されませんので、消費者金融は即日融資が可能ということになります。
すぐにお金が必要な時、当日中に借りることができるのはありがたいですよね。
そういう観点からも、消費者金融はお勧めです。

 

アコム

3.0%〜18.0%
 

1万〜800万円
 

最短1時間
 

50万円まで不要
(*1)

初めての方は最大30日間金利0円
・いつでも返せて、利息はご利用日数分だけ
・3項目の入力でお借入れ可能かわかる3秒診断
・ネットや提携ATMから24時間お借入・ご返済可能(*2)

アイフル

3.0%〜18.0%

800万円

最短1時間

50万円まで不要

・最短1時間融資可能
・自動審査あり
・3ステップで申込み完了
優先審査のサービスあり

プロミス

4.5%〜17.8%

1万〜500万円

最短1時間

50万円まで不要

初めての方は30日間利息ゼロ(*1)
・最短1時間融資可能!
・24時間いつでもお申込み可能
・3項目入力で簡単3秒診断
・最短10秒で銀行口座に振り込みされる素早い借入方法「瞬フリ」(*2)

SMBCモビット
モビット
3.0%〜18.0%

1万〜800万円

最短即日

必要

10秒で簡易審査結果表示
・WEB完結なら電話連絡・郵送物なしでお申込みもご利用も
 ネットのみ(PC・スマートフォンからも申込み可能)
・WEB完結申込あり
・申込の曜日や時間帯によっては、融資が翌日以降の取扱と
 なる場合があります。
・安定した収入があれば申込可能

プロミスレディース
プロミスレディース
4.5%〜17.8%

1万〜500万円

最短1時間

50万円まで不要

・女性オペレータが対応
初めての方は30日間利息ゼロ(*1)
・最短1時間融資可能!
・24時間いつでもお申込み可能
・3項目入力で簡単3秒診断
・最短10秒で銀行口座に振り込みされる素早い借入方法「瞬フリ」(*2)

各カードローンの注意点
アコム
※1 お借入れ総額により収入証明書が必要
※2 提携CD・ATMの詳細についてはアコムのホームページでご確認ください。
プロミス、プロミスレディース
※1 メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要
※2 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座の登録が必要

 

お金を借りる際に気をつけたいこと

お金を借りる際に気を付けることを示す女性

 

急な出費で困ったときなどに、消費者金融などでお金を借りようと思うこともあるかもしれません。
とはいえ、初めて消費者金融を利用するのは少し勇気がいりますよね。
できる限りスムーズに、問題なくお金を借りたいと思いませんか。

 

ここでは、お金を借りる際の注意点などを幾つか押さえておきましょう。

 

希望借入額は低めに申請

まず借りる金額ですが、借入希望金額が少ない方が融資を受けやすい、つまり審査に通りやすいという傾向があります。

 

そもそも借入金額には上限が存在します。
総量規制というものがあり、これにより年収の3分の1までと決められています。

 

ですから、たとえ年収が低くても安定した収入があれば、その年収の3分の1までは借りることができます。

 

誤解しないでほしいのですが、年収の3分の1まで全額借りなければいけないというわけではありません。
借りる額が多ければ多いほど返済に時間がかかりますし、利息も掛かります。
また借入希望額が多くなれば、審査に通る確率も低くなります。

 

ですから融資を希望する場合は、どれだけの額が必要なのかをしっかりと検討したうえで、必要な額だけを借りるようにしましょう。

 

勤続年数は長い方が有利

お金を借りる際に重要になるポイントの一つが勤続年数です。
融資を受ける条件の一つに、「安定した収入があること」とあります。

 

貸したお金が戻ってこなければ、当然消費者金融は損失をこうむります。
消費者金融も慈善事業ではないので、それでは困りますよね。

 

ですので、融資した金額の返済が可能な安定した収入があるということが、条件の一つになるわけです。

 

そのため、勤続年数も重要なポイントになります。
もちろん年齢が若い場合は一概にも言えませんが、やはり勤続年数が短いとなると、職を転々としているというイメージがあり、返済可能な給料が必ずあるとは考えにくいのかもしれません。

 

ですから、もしアルバイトなどを掛け持ちしている場合には、勤続年数が長いところを記載するようにしましょう。

 

嘘や虚偽の申請は絶対にNG

どうしても、今すぐお金が必要という状況もあることでしょう。
そういう時には、審査に通るためにちょっとくらい年収や勤務年数などを偽っても大丈夫かも・・・と考えてしまうかもしれません。

 

しかし結論からいうと、どんなに小さな嘘もバレます。
そうなると、審査に通ることはほとんどありません。

 

では、なぜ嘘が簡単にばれてしまうのでしょうか。

 

まず本人情報に関していえば、身分証明を提出しなければいけません。
つまり、どんなに嘘の情報で仮審査に通ったとしても、免許証などの本人情報を出した時点で、嘘の申告はバレてしまいます。

 

年収の嘘もすぐにばれます。
審査する側は審査をする点でプロなわけですから、見え透いた嘘はバレてしまいますよ。

 

また総量規制で年収の3分の1以上の融資を受けられないようになっているのは、たとえ借りることができたとしても、返済に苦労してしまうのが眼に見えているので、融資の上限が決められているわけです。

 

つまり、万が一年収を偽って高額の借入が出来たとしても、結局は返済能力が追い付かず困ってしまうのは自分ということになります。
そういった意味でも、年収を偽って申告するのはやめましょう。

 

勤務先に関しては電話での在籍確認がありますので、会社が存在していない、在籍していないなどはすぐにバレてしまいます。

 

融資を受ける際には、他社での借入がないかも確認されます。
他社のことなのでバレないと考えるかもしれませんが、これもすぐにばれます。
なぜなら信用情報機関というものがあり、ここに借り入れしている情報が全て収められています。
審査の際に、この信用情報機関であなたの情報が確認されるのです。

 

他社での借入情報なども確認することができますので、嘘はすぐにバレてしまいます。
このように、嘘の申告はどれもすぐにバレてしまいますので、絶対にやめましょう。

 

過去に支払い遅延がないか確認

消費者金融を利用する際に、気を付けなければならないことは、過去に支払い遅延などがないかということです。

 

支払い遅延などはブラックリストに残されるという話を聞いたことはありませんか?

 

実際にブラックリストというものがあるわけではありません。
しかし、何の情報も残らないということではなく、支払い遅延などは個人信用情報機関に情報が残ります。

 

基本的には、長期延滞情報は2か月間延滞した時点で、個人情報機関に延滞情報が載せられます。

 

しかもこの情報はすぐには消えず、5〜10年間ほど残ることになります。

 

消費者金融をはじめ、クレジット会社なども審査を行う時には必ずこの個人情報機関のリストを確認しますので、過去10年以内に支払い遅延がある場合は、審査に通るのは難しくなってしまうでしょう。

 

過去に支払い遅延があって気になる場合は、カードローンの公式サイトなどにある3秒診断のようなものを利用して、借り入れが出来そうかどうか試してみるのも良いかもしれません。

 

また、これから初めて利用するという場合は、今後のことも考えて毎月必ず返済するようにしましょう。

 

返済が長期化すると金利が増えることに注意

金利が増える

 

お金を借りる時には、必ず金利というものがかかります。
消費者金融は、お金を貸すのが仕事です。
逆を言えば、貸した額がそのまま返ってきたとしても、利益は発生しないということになってしまいます。
それでは消費者金融は成り立ちません。

 

そこで、発生するのが金利です。
金利は、お金を借りるための手数料、もしくは、レンタル料と考えることができるかもしれません。

 

この金利ですが、お金を長く借りれば借りるほど増えることになります。
消費者金融などでお金を借りる場合、返済回数を決めることができます。
返済回数を多くすれば、一回の返済額は少なくなりますから、返済そのものは簡単になります。
しかし、その分借入の期間が長期化するため、借入残金から計算される金利は、返済回数が多いほど増えます。
つまり、最終的な返済額が多くなってしまうということです。

 

ですから、お金を借りることを考える際には、きちんと金利まで考えて返済計画を立てたうえで借りるようにしましょう。

 

10万円借りる場合の金利

例えば、10万円を消費者金融で一般的な金利18%で借りたとしましょう。
月に3000円返済した場合と、1万円を返済した場合の差額を見ていきます。

 

月3,000円返済 月1万円返済
返済回数 47回 11回
返済総額 139,639円 109,158円
利息 39,639円 9,158円

※アコムのご返済シミュレーションで計算

 

一回の返済金額を3,000円にすると返済回数は47回になり、利息と合わせた返済総額は139,639円になります。

 

次に一回の返済額を1万円にすると返済回数は11回になり、返済総額は109,158円になります。

 

毎回3000円ずつ払った場合と毎回1万円払った場合では、最終的に払う金額が約3万円も変わる計算になります。

 

そして、この借りる金額が多ければ多いほど、最終的な返済総額の差は大きくなります。
ですから、お金を借りる際には、返済金額と返済回数、返済総額もしっかりと計算するようにしましょう。

 


 

いかがでしたか。
同じお金を借りるにしても、銀行のカードローンよりも、消費者金融の方が融資を受けやすいということは理解できたかもしれません。
ただ、借りるのが簡単とはいえ返済していくのはとても大変です。

 

もちろんお金が本当に必要な時は、金利や返済金額、返済回数などもしっかりと考えたうえで利用することは何ら問題ありません。
ですが、返済能力を考えずに借りてしまうと返済することができなくなり、借金に追われることになってしまうかもしれません。

 

消費者金融をはじめ、お金を借りる際はよく計算して後悔のないように賢く利用しましょう。

気を付けることをチェック

 

生活費が高騰していく一方で、収入がなかなか上がらないと嘆いている人が多いのが現状です。
それでも、普段はその収入の範囲内で生活していることでしょう。

 

ですが、どうしてもお金が足りない時や、なにか予期していなかった急な出費が発生することもあります。
そんな時は、どうすれば良いのでしょうか。

 

低年収でもお金を借りる事はできる

ひらめく

 

お金が足りなかったり急な出費が発生した時に、とっさに頭に浮かぶのはお金を借りることでしょう。
もちろん、親や友人から借りることができればそれが一番安全なのでしょうが、借りにくいのも事実です。

 

そんな時に頼りになるのが、消費者金融のカードローンです。

 

とはいえ、収入が少ないので借りることができないのではと不安に思う方もいらっしゃることでしょう。
でも心配はいりません。借りることは可能です。
では、なぜ収入が低くても融資を受けることが可能なのかをご説明いたしましょう。

 

低年収でもカードローンの申し込みは可能

お金を借りる場合、銀行で借りるという方法もありますが、収入が低い場合は消費者金融のカードローンの方がお勧めです。(理由は後述します。)

 

もちろん、消費者金融もお金を貸すボランティアではありませんので、お金を借りるにも条件はあります。

 

その1つが、総量規制です。
総量規制とは、融資を受けることのできる金額の上限を決めたものです。

 

融資を受けることのできる額の上限は、年収の3分の1までです。それを超える額を借りることはできません。
逆に、年収の3分の1までの範囲であれば、融資を受けることができます。
つまり、年収が低くても、総量規制の範囲内であればお金を借りることが可能ということです。

 

仕事がパートやアルバイトで年収が100万であっても、その3分の1の30万円までなら、融資そのものは可能です。

 

ただし、消費者金融で融資を受ける場合、年収以外にもお金を借りるのに必要な条件はいくつかあります。
次にそれを見てみましょう。

 

カードローンの申し込み条件

消費者金融で融資を受けるための申し込みの条件の一つに、年齢があります。
融資が受けられるのは20歳からで、年齢の上限は満69歳までです。

 

また、申し込みに行く本人しか融資を受けることはできません。
誰かに代わりに行ってもらうということはできないということです。

 

安定した収入があることというのも条件の一つになります。
安定した収入というのが条件であり、年収などの条件はありません。
どんなに年収が低くても収入が安定していれば、総量規制の範囲内、つまり年収の3分の1の範囲内で融資を受けることができます。

 

銀行カードローンよりも消費者金融を選ぼう

融資を受けようと思う場合、銀行カードローンでも消費者金融のカードローンでも審査があります。
どちらがお勧めか気になるところでしょう。

 

端的に言うと、おすすめは消費者金融です。
なぜ、消費者金融の方がお勧めなのでしょうか。

 

まず、消費者金融の方が銀行のカードローンよりも審査通過率が高いということが挙げられます。
お金を借りたいわけですから、審査に通らなければ意味がありませんよね。

 

銀行カードローンは審査がかなり厳しく、通過率は公表されていませんが一般的に2割程度だと言われています。
それに比べ、消費者金融は45%前後の通過率があります。

 

また、消費者金融には無利息サービスがあります。
通常お金を借りるには、利息を払わなければなりませんが、大手消費者金融の場合、契約から30日などの期間限定で無利息サービスを行なっています。

 

また、銀行カードローンと異なり即日融資も可能です。
銀行カードローンであれば、審査に時間がかかるため即日融資はできませんが、消費者金融は申込時間によっては当日中に借入ができるので、急な出費でもすぐに融資を受けることができます。

 

では今から、審査通過率・無利息サービス・即日融資が可能という観点で詳しくみていきましょう。

 

【消費者金融のおすすめポイント】1.審査通過率が高い

消費者金融がお勧めの理由の一つは、審査通過率の高さです。
もちろん消費者金融でも審査はありますので、必ず審査に通るとは言えません。

 

それでも、開示されている情報によると、アコム・アイフル・プロミスのように有名な消費者金融の審査通過率はどこも45%を超えています。
半数とまではいきませんが、かなりの確率で融資を受けることが可能となります。

 

カードローン名 参考資料 新規貸付率
アコム http://pdf.irpocket.com/C8572/N9qg/G9pG/g62j.pdf 46.3%
アイフル https://www.ir-aiful.com/data/current/MD201805.pdf 48.2%
プロミス

(SMBCコンシューマーファイナンス)

http://www.smbc-cf.com/pdf/md2019_j.pdf 47.3%

※2018年5月の数値

 

審査に通らなければ融資を受けることはできませんから、審査通過率が高いというのは大きなポイントとなりますよね。

 

【消費者金融のおすすめポイント】2.無利息サービスがある

0円

 

消費者金融のおすすめポイントのもう一つは、無利息サービスがあることでしょう。

 

借りた金額に対して、通常は必ず利息がかかります。
アコムの無利息サービスは、アコムでの契約が初めてであることや、返済期日を35日ごとで契約することなどの条件はありますが、契約日の翌日から30日間、金利がかかることなく融資を受けることができます。

 

アイフルも契約が初めてであることと、無担保キャッシングローンを利用する場合に限り契約日の翌日から30日間、無利息サービスを受けることができます。

 

なお、プロミスにも無利息サービスはありますが、こちらは先ほどのアコムやアイフルとは異なり、契約日の翌日ではなく利用の翌日、つまり融資を受けてから30日間無利息サービスを受けることができます。
「契約日の翌日から」と「利用日の翌日から」では、日にちが変わってきますので、利用する消費者金融がどちらかを確認することをお勧めします。

 

【消費者金融のおすすめポイント】3.即日融資が可能

消費者金融は、即日融資が可能ということもおすすめポイントの一つです。

 

急な出費の場合、今すぐに手元にお金が必要という状況もあることでしょう。
そのような場合、やはり、即日融資が可能でなければ困ってしまいます。

 

もともと、銀行系のカードローンも即日融資が可能なところもありました。
しかし2018年1月より、銀行カードローンは即日融資が不可能になりました。

 

暴力団関係者などの反社会的勢力に対する融資を防ぐために、申込者の情報を警察庁データベースで照会することが銀行に義務付けられたのです。(参考:銀行が暴力団データ照会可能に 個人向け融資|毎日新聞
そのため審査に時間がかかり、銀行は即日融資ができなくなったのです。

 

しかし、この手順が加えられたのは銀行だけで、消費者金融には適用されませんので、消費者金融は即日融資が可能ということになります。
すぐにお金が必要な時、当日中に借りることができるのはありがたいですよね。
そういう観点からも、消費者金融はお勧めです。

 

アコム

 


3.0%〜18.0%

1万〜800万円

最短1時間

収入証明書:50万円まで不要(*1)
初めての方は最大30日間金利0円
・いつでも返せて、利息はご利用日数分だけ
・3項目の入力でお借入れ可能かわかる3秒診断
・ネットや提携ATMから24時間お借入・ご返済可能(*2)

 

アイフル

 


3.0%〜18.0%

800万円

最短1時間

収入証明書:50万円まで不要
・最短1時間融資可能
・自動審査あり
・3ステップで申込み完了
優先審査のサービスあり

 

プロミス

 


4.5%〜17.8%

1万〜500万円

最短1時間

収入証明書:50万円まで不要
初めての方は30日間利息ゼロ(*1)
・最短1時間融資可能!
・24時間いつでもお申込み可能
・3項目入力で簡単3秒診断
・最短10秒で銀行口座に振り込みされる
 素早い借入方法「瞬フリ」(*2)

 

SMBCモビット

 

モビット


3.0%〜18.0%

1万〜800万円

最短即日

収入証明書:必要
10秒で簡易審査結果表示
・WEB完結なら電話連絡・郵送物なしでお申込みもご利用も
 ネットのみ(PC・スマートフォンからも申込み可能)
・WEB完結申込あり
・申込の曜日や時間帯によっては、融資が
 翌日以降の取扱となる場合があります。
・安定した収入があれば申込可能

 

プロミスレディース

 


4.5%〜17.8%

1万〜500万円

最短1時間

収入証明書:50万円まで不要
・女性オペレータが対応
初めての方は30日間利息ゼロ(*1)
・最短1時間融資可能!
・24時間いつでもお申込み可能
・3項目入力で簡単3秒診断
・最短10秒で銀行口座に振り込みされる
 素早い借入方法「瞬フリ」(*2)

 

各カードローンの注意点
アコム
※1 お借入れ総額により収入証明書が必要
※2 提携CD・ATMの詳細についてはアコムの
 ホームページでご確認ください。
プロミス、プロミスレディース
※1 メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要
※2 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座の登録が必要

 

お金を借りる際に気をつけたいこと

お金を借りる際に気を付けることを示す女性

 

急な出費で困ったときなどに、消費者金融などでお金を借りようと思うこともあるかもしれません。
とはいえ、初めて消費者金融を利用するのは少し勇気がいりますよね。
できる限りスムーズに、問題なくお金を借りたいと思いませんか。

 

ここでは、お金を借りる際の注意点などを幾つか押さえておきましょう。

 

希望借入額は低めに申請

まず借りる金額ですが、借入希望金額が少ない方が融資を受けやすい、つまり審査に通りやすいという傾向があります。

 

そもそも借入金額には上限が存在します。
総量規制というものがあり、これにより年収の3分の1までと決められています。

 

ですから、たとえ年収が低くても安定した収入があれば、その年収の3分の1までは借りることができます。

 

誤解しないでほしいのですが、年収の3分の1まで全額借りなければいけないというわけではありません。
借りる額が多ければ多いほど返済に時間がかかりますし、利息も掛かります。
また借入希望額が多くなれば、審査に通る確率も低くなります。

 

ですから融資を希望する場合は、どれだけの額が必要なのかをしっかりと検討したうえで、必要な額だけを借りるようにしましょう。

 

勤続年数は長い方が有利

お金を借りる際に重要になるポイントの一つが勤続年数です。
融資を受ける条件の一つに、「安定した収入があること」とあります。

 

貸したお金が戻ってこなければ、当然消費者金融は損失をこうむります。
消費者金融も慈善事業ではないので、それでは困りますよね。

 

ですので、融資した金額の返済が可能な安定した収入があるということが、条件の一つになるわけです。

 

そのため、勤続年数も重要なポイントになります。
もちろん年齢が若い場合は一概にも言えませんが、やはり勤続年数が短いとなると、職を転々としているというイメージがあり、返済可能な給料が必ずあるとは考えにくいのかもしれません。

 

ですから、もしアルバイトなどを掛け持ちしている場合には、勤続年数が長いところを記載するようにしましょう。

 

嘘や虚偽の申請は絶対にNG

どうしても、今すぐお金が必要という状況もあることでしょう。
そういう時には、審査に通るためにちょっとくらい年収や勤務年数などを偽っても大丈夫かも・・・と考えてしまうかもしれません。

 

しかし結論からいうと、どんなに小さな嘘もバレます。
そうなると、審査に通ることはほとんどありません。

 

では、なぜ嘘が簡単にばれてしまうのでしょうか。

 

まず本人情報に関していえば、身分証明を提出しなければいけません。
つまり、どんなに嘘の情報で仮審査に通ったとしても、免許証などの本人情報を出した時点で、嘘の申告はバレてしまいます。

 

年収の嘘もすぐにばれます。
審査する側は審査をする点でプロなわけですから、見え透いた嘘はバレてしまいますよ。

 

また総量規制で年収の3分の1以上の融資を受けられないようになっているのは、たとえ借りることができたとしても、返済に苦労してしまうのが眼に見えているので、融資の上限が決められているわけです。

 

つまり、万が一年収を偽って高額の借入が出来たとしても、結局は返済能力が追い付かず困ってしまうのは自分ということになります。
そういった意味でも、年収を偽って申告するのはやめましょう。

 

勤務先に関しては電話での在籍確認がありますので、会社が存在していない、在籍していないなどはすぐにバレてしまいます。

 

融資を受ける際には、他社での借入がないかも確認されます。
他社のことなのでバレないと考えるかもしれませんが、これもすぐにばれます。
なぜなら信用情報機関というものがあり、ここに借り入れしている情報が全て収められています。
審査の際に、この信用情報機関であなたの情報が確認されるのです。

 

他社での借入情報なども確認することができますので、嘘はすぐにバレてしまいます。
このように、嘘の申告はどれもすぐにバレてしまいますので、絶対にやめましょう。

 

過去に支払い遅延がないか確認

消費者金融を利用する際に、気を付けなければならないことは、過去に支払い遅延などがないかということです。

 

支払い遅延などはブラックリストに残されるという話を聞いたことはありませんか?

 

実際にブラックリストというものがあるわけではありません。
しかし、何の情報も残らないということではなく、支払い遅延などは個人信用情報機関に情報が残ります。

 

基本的には、長期延滞情報は2か月間延滞した時点で、個人情報機関に延滞情報が載せられます。

 

しかもこの情報はすぐには消えず、5〜10年間ほど残ることになります。

 

消費者金融をはじめ、クレジット会社なども審査を行う時には必ずこの個人情報機関のリストを確認しますので、過去10年以内に支払い遅延がある場合は、審査に通るのは難しくなってしまうでしょう。

 

過去に支払い遅延があって気になる場合は、カードローンの公式サイトなどにある3秒診断のようなものを利用して、借り入れが出来そうかどうか試してみるのも良いかもしれません。

 

また、これから初めて利用するという場合は、今後のことも考えて毎月必ず返済するようにしましょう。

 

返済が長期化すると金利が増えることに注意

金利が増える

 

お金を借りる時には、必ず金利というものがかかります。
消費者金融は、お金を貸すのが仕事です。
逆を言えば、貸した額がそのまま返ってきたとしても、利益は発生しないということになってしまいます。
それでは消費者金融は成り立ちません。

 

そこで、発生するのが金利です。
金利は、お金を借りるための手数料、もしくは、レンタル料と考えることができるかもしれません。

 

この金利ですが、お金を長く借りれば借りるほど増えることになります。
消費者金融などでお金を借りる場合、返済回数を決めることができます。
返済回数を多くすれば、一回の返済額は少なくなりますから、返済そのものは簡単になります。
しかし、その分借入の期間が長期化するため、借入残金から計算される金利は、返済回数が多いほど増えます。
つまり、最終的な返済額が多くなってしまうということです。

 

ですから、お金を借りることを考える際には、きちんと金利まで考えて返済計画を立てたうえで借りるようにしましょう。

 

10万円借りる場合の金利

例えば、10万円を消費者金融で一般的な金利18%で借りたとしましょう。
月に3000円返済した場合と、1万円を返済した場合の差額を見ていきます。

 

月3,000円返済 月1万円返済
返済回数 47回 11回
返済総額 139,639円 109,158円
利息 39,639円 9,158円

※アコムのご返済シミュレーションで計算

 

一回の返済金額を3,000円にすると返済回数は47回になり、利息と合わせた返済総額は139,639円になります。

 

次に一回の返済額を1万円にすると返済回数は11回になり、返済総額は109,158円になります。

 

毎回3000円ずつ払った場合と毎回1万円払った場合では、最終的に払う金額が約3万円も変わる計算になります。

 

そして、この借りる金額が多ければ多いほど、最終的な返済総額の差は大きくなります。
ですから、お金を借りる際には、返済金額と返済回数、返済総額もしっかりと計算するようにしましょう。

 


 

いかがでしたか。
同じお金を借りるにしても、銀行のカードローンよりも、消費者金融の方が融資を受けやすいということは理解できたかもしれません。
ただ、借りるのが簡単とはいえ返済していくのはとても大変です。

 

もちろんお金が本当に必要な時は、金利や返済金額、返済回数などもしっかりと考えたうえで利用することは何ら問題ありません。
ですが、返済能力を考えずに借りてしまうと返済することができなくなり、借金に追われることになってしまうかもしれません。

 

消費者金融をはじめ、お金を借りる際はよく計算して後悔のないように賢く利用しましょう。