MENU

近くの消費者金融でお金を借りるならどこ?近くになくても大手なら借りれる

考える女性

 

急にお金が必要になり、できるだけ自宅や勤務先の近くで借りられる消費者金融を探していませんか?
消費者金融を探すと、「○○ファイナンス」「▲▲ローン」など聞きなれないものから、「アコム」「プロミス」など広告でよく見るものまでたくさんあり、どれがいいのか迷ってしまいますよね。

 

近くの消費者金融からお金を借りるなら、「アコム」「プロミス」など広告でよく見る“大手”の消費者金融が絶対にオススメです。
大手消費者金融なら、全国に店舗数も多く、どこに住んでいても借入しやすいからです。

 

こうした有名どころは、銀行のグループ会社であることがほとんどなので、法律をしっかりと守って、ブランドイメージが落ちないように努力しています。
そのため、借りるときも借りたあとも、安心して利用し続けられるんですね。

 

さらに、近所に大手消費者金融がない場合でも、大手の場合は最短即日の振込キャッシングが用意されているので、店舗に行かなくても当日中に口座にお金を振り込んでもらえます。

 

また、絶対に借りてはいけないのが「ヤミ金融」です。

 

闇金

 

家のポストに入っていたチラシや、駅近くなどに張り付けてある紙切れに書いてある「○○ファイナンス」などには、絶対に電話しないようにしてくださいね。
雪だるま式に借金が増えてしまい、人生が壊れてしまいます。

 

というわけで、ここでは大手消費者金融4社それぞれの特徴と、安全に近くでお金を借りたい人が中小よりも大手消費者金融を利用するメリットについて紹介します。

 

>> オススメの大手消費者金融はこちらからチェック

 

近くの消費者金融はどこがいい?大手消費者金融4社なら近くになくても借入できる

 

指をさす女性

 

まずは、大手消費者金融のどこがあなたにとってもっとも借りやすいかを比較してみましょう。

アイフル アコム プロミス SMBCモビット
店舗数 912(*1) 1,068(*1) 963(*1、*6) 350以上(*2)
インターネット申込 24時間OK 24時間OK 24時間OK 24時間OK
WEB完結
(カードなし)

○

×

○

○

会社への電話連絡なし

△
(*4)

△
(*4)

△
(*4)

○
(*5)

初回特典 “契約日”翌日から30日間無利息 “契約日”翌日から30日間無利息 “初回借入日”翌日から30日間無利息(*3)

×

金利 3.0〜18.0% 3.0〜18.0% 4.5〜17.8 3.0〜18.0%

大手消費者金融4社を比較した表

(*1:2017年3月末、*2:2017年7月時点調べ、*3:メールアドレス登録のうえ、Web明細を利用、*4:インターネット申込後に電話で相談、*5:直近2ヶ月分の給与明細または健康保険証+直近1ヶ月分の給与明細が必要、*6:有人店舗18、自動契約機945)

 

この表からわかるように、アイフル・アコム・プロミスは店舗数が多いため、日本に住んでいるほとんどの人にとって身近な場所に店舗があります。
また、これら3社は初回特典として金利0円になる無利息サービスを実施しているので、近くでスグに借りられるうえに、オトクに利用できるんです。

 

また、モビットは店舗数がやや少なめですが、「WEB完結」というスマホなどのインターネット環境があれば、“日本中どこに住んでいてもお金が借りられるサービス”があります。
そのため、近くにモビット店舗がない人でも、モビットからお金を借りられるんですね。
なお、このWEB完結を利用すれば、いっさいの電話連絡や郵送物をなしにできるため、会社への電話連絡がイヤという人にもとてもオススメです。

 

さて、大手消費者金融4社について特徴を比較しましたが、気になる消費者金融はありましたか?
これらの消費者金融からスグにお金を借りたい人は、それぞれの会社の当日対応締め切り時間をチェックしておきましょう。

 

近くの大手消費者金融4社の当日対応しめきり時間をチェックしよう

 

チェックする男性

 

大手4社の申込から借入までの流れは、次のとおりです。

 

  1. インターネット申込(→審査)
  2. 契約(インターネットまたは自動契約機)
  3. 借入(振込キャッシングまたはATM借入)

 

そして、当日中に対応してもらい即日融資を受けるためには、以下のような締め切り時間までに手続きを完了させる必要があるんです。

 

 

【当日対応の締めきり時間】
アイフル アコム プロミス SMBCモビット
インターネット申込 振込キャッシング希望 14時頃 【楽天銀行】

21時頃

 

【初回利用かつ三菱UFJ銀行・ゆうちょ・三井住友銀行】
平日17時頃

 

【その他】
平日13時半頃

20時頃

 

【24時間振込対象外銀行】
平日13時50分頃

12時半頃
カード発行希望 21時前 21時前 21時前 20時前
契約 インターネット契約&振込キャッシング 平日14時半前 【楽天銀行】

22時

 

【初回かつ三菱UFJ銀行・ゆうちょ・三井住友銀行】
平日17時半頃

 

【その他】
平日14時頃

23時50分頃

 

【24時間振込対象外銀行】
14時50分

13時頃
自動契約機契約&カード発行 21時30分前 22時前 22時前 21時半前
振込キャッシング依頼 平日14時半頃 【楽天銀行】

23時50分

 

【初回かつ三菱UFJ銀行・ゆうちょ・三井住友】
平日18時

 

【その他】
平日14時半

元旦以外の24時まで

 

【24時間振込対象外銀行】
平日14時50分

平日14時半頃
ATM借入 【コンビニ、イオン銀行、セブン銀行】

24時間

 

【都市銀行】
各行の営業時間による

【コンビニ、イオン銀行、セブン銀行】

24時間

 

【都市銀行】
各行の営業時間による

【コンビニ、イオン銀行、セブン銀行】

24時間

 

【ゆうちょ・都市銀行】
各行の営業時間による

【コンビニ、イオン銀行、セブン銀行】

24時間

 

【都市銀行】
各行の営業時間による

当日対応締め切り時間

(2018年12月公式HPおよび電話調べ)

 

上記の時間は目安なので、審査に時間がかかる場合は上記時間内でも翌日以降の借入となってしまいます。
できるだけ早めに手続きしてくださいね。

 

また、それぞれの消費者金融によって、遅くまで対応してもらえる振込先が異なります。
遅くまで対応してもらえる銀行と消費者金融名は以下の通りですので、すでに持っている口座があれば参考にしてみてくださいね

 

各消費者金融の「遅くまで対応してくれる銀行」と「対応時間」

 

時計

 

銀行名 当日対応締め切り時間 消費者金融名
楽天銀行 申込:21時

契約:22時
振込:23時50分

アコム
三菱UFJ銀行

ゆうちょ銀行
三井住友銀行

申込:平日17時頃

契約:平日17時半頃
振込:平日18時頃

アコム(初回利用のみ)
一部を除き原則全ての金融機関 申込:20時頃

契約:23時50分頃
振込:元旦以外の24時まで

プロミス

(2018年12月公式HPおよび電話調べ)

 

ここまで、大手消費者金融4社の特徴や対応時間を比較しつつ、近くで借りたい人がどこを選ぶといいかを説明しました。
ただ、「なぜ大手がそんなにもいいの?」と不振に思う人もいますよね。
そこで最後に、近くでお金を借りたいと考えている人にとって、その他の消費者金融ではなく、大手消費者金融がオススメな理由についてお話しします。

 

近くでお金を借りたい人が大手消費者金融を利用するメリットは4つ

 

近くでお金を借りたいと思っている人にとって、大手消費者金融を選ぶのがオススメの理由は以下の4つです。

 

  1. 店舗数が多いので自宅近くにある可能性が高い
  2. インターネット申込や振込キャッシングが可能なので、店舗に行かなくても借入できる
  3. 借入や返済はコンビニATMでもできる
  4. 無利息サービスがある

 

これらの内容を具体的に説明していきますね。

 

【近くで借りたいなら大手消費者金融を選ぶメリット】
1.店舗数が多いので自宅近くにある可能性が高い

 

ピースサインする女性

 

大手消費者金融は、多いところだと“全国各地に1,000店舗以上”もあるため、自宅や職場近くに店舗がある可能性が高いんです。
店舗を利用すれば、その日のうちにローン専用カードを手にすることができ、時間がかかったり、郵送によってバレたりするリスクもなくなります。

 

もちろん、消費者金融には大手企業以外もありますが、中小の消費者金融は店舗数が圧倒的に少なく、そもそも店舗がなかったり特定の地域にしか店舗がなかったりします。
基本的に、来店できる店舗がないと“郵送でしか対応ができない”ので、時間がかかったり郵送物のせいで身近な人にバレてしまったりするリスクがあるんです。

 

消費者金融名 店舗数
中小の消費者金融
ライフティ なし(*2)
セントラル 15(関東5、中四国10)(*2)
フクホー 1(大阪)(*2)
アロー なし(*2)
大手の消費者金融
アイフル 912(*1)
アコム 1,068(*1)
プロミス 963(有人店舗18、自動契約機945)(*1)
SMBCモビット 350以上(*2)

(*1:2017年3月末、*2:2017年7月時点調べ)

 

表からもわかるように、中小と大手では圧倒的に店舗数が異なるため、近くの消費者金融で借りたい人には大手消費者金融がオススメなんです。

 

【近くで借りたいなら大手消費者金融を選ぶメリット】
2.インターネット申込や振込キャッシングが可能なので、店舗に行かなくても借入できる

 

パソコンとスマートフォン

 

大手消費者金融では、店舗が多いだけではなく、店舗に行かなくても申込から借入、返済までできるというメリットがあります。
というのも、インターネットだけで申込・契約・借入・返済ができるため、わざわざ移動することなく、完全に家に居ながら手続ができるんです。

 

それに比べて、中小の消費者金融はWEBから申込はできても、身分証明書や契約書類を郵送でやり取りしないといけないなど、インターネット手続の環境があまり整っていません。
そのため中小消費者金融でお金を借りようとすると、時間も手間もかかってしまい、モタモタしていることでバレる危険性も出てきます。

 

消費者金融名 郵送が必要な書類
中小の消費者金融
ライフティ 契約書(*1)
セントラル 身分証明書(*1)
フクホー 契約書(*1)
アロー 公式HPに情報なし(*1)
大手の消費者金融
アイフル なし(*2)
アコム なし(*2)
プロミス なし(*2)
SMBCモビット なし(*2)

(*1:2017年7月時点調べ、*2:郵送以外の方法(インターネットや来店)を選択した場合)

 

この表からもわかるように、カンタンに申し込み手続きができ、スグにお金を借りられるのは“大手”なんです。

 

【近くで借りたいなら大手消費者金融を選ぶメリット】
3.借入や返済はコンビニATMでもできる

 

ATM

 

大手消費者金融では都市銀行や地方銀行、さらには全国のコンビニATMで、借入や返済ができる環境が整えられています。
近くに店舗がなくても、コンビニや銀行さえあれば簡単にお金を出し入れできるので、とても便利なんです。

 

一方で、中小の消費者金融では借入や返済に利用できる提携ATMが、以下の表のようにそもそもなかったり、利用可能なATMが限られていたりと不便ですね。

 

消費者金融名 利用できるATM
中小の消費者金融
ライフティ セブン銀行のみ
セントラル セブン銀行のみ
フクホー ATM利用なし(振込のみ)
アロー 公式HPに情報なし
大手の消費者金融
アイフル 三菱UFJ銀行・イオン銀行・セブン銀行・西日本シティ銀行・親和銀行・ローソンATM・E-net
アコム 三菱UFJ銀行・イオン銀行・セブン銀行・ローソンATM・E-net・ほか地方銀行ATM
プロミス 三井住友銀行・ゆうちょ銀行・セブン銀行・ローソンATM・E-net・ほか地方銀行ATM
SMBCモビット 三井住友銀行・三菱UFJ銀行・イオン銀行・セブン銀行・ほか地方銀行ATM・ローソンATM・E-net・Loppi

(2017年7月時点調べ)

 

借入がスグにできることはもちろん、返済が滞らないためにも、利用できるATMの数は多いほど安心ですよね。
せっかく借入するのであれば、大手消費者金融が安心ですよ。

 

【近くで借りたいなら大手消費者金融を選ぶメリット】
4.無利息サービスがある

 

無利息

 

大手消費者金融には、ある一定の期間、無利息になるサービスが用意されています。
無利息サービスとは、初回利用者を対象に、期間中は金利が0円になり利息が発生しないサービスです。
期間中に借りたお金を全額返済すれば、利息の支払いは0円でムダな出費がなく、経済的な負担も軽くすみます。
期間の長さは会社によって異なりますが、30日間としているところが多いです。
ほとんどの人にとって利息は少なくすませたいものなので、とてもうれしいサービスですね。

 

じつは、この無利息サービスは中小消費者金融にも存在しますが、まだ一部の会社だけの実施なので、どの会社が実施しているのかを探すのに時間をとられてしまいます。
また追加融資が受けられない、そもそもの金利が高いなど、大手に比べると不便さを感じる部分があるんです。

 

消費者金融名 無利息期間 通常金利
(年率)
中小の消費者金融
ライフティ 35日間 8.0〜20.0%
セントラル 30日間(初回借入分のみ) 4.8〜18.0%
フクホー なし 7.3〜18.0%
アロー なし 15.00〜19.94%
大手の消費者金融
アイフル 30日間 3.0〜18.0%
アコム 30日間 3.0〜18.0%
プロミス 30日間 4.5〜17.8%
SMBCモビット なし 3.0〜18.0%

(2017年7月時点調べ)

 


 

ここまで、近くの消費者金融からスグにお金を借りたい人に向けて、大手消費者金融を選ぶメリットを4つ紹介しました。
それぞれの消費者金融の審査のポイントは以下の記事でチェックしてみてくださいね。

 

 

また、結局どれにすればいいか迷ってしまう人は、当サイトおすすめのカードローン一覧からあなたにピッタリのカードローンを診断してみてください。

 

あなたの条件で選べる!最適なカードローン無料診断はこちらから

当サイトおすすめのカードローンはこちら