MENU

郵送物なしのカードローンで即日お金を借りるための方法とは?

郵送物

 

「カードローンを利用したいけど、自宅に何か郵送されてきたら家族にバレてしまう・・・そんなのは困る!」と思っていませんか?
じつは、カードローンをうまく利用すれば、自宅郵送なしにすることも可能なんですよ。

 

ただ、一般的にはお金を借りると郵送物はつきものなので、しっかりと対策を練っておくことが重要です。
そこでここでは、カードローンを利用しても郵送物をなしにするための攻略方法と、カンタンな手続きだけで郵送物がなくなるオススメのカードローンを紹介します。

 

>> まずは郵便物なしで借りられるおすすめのカードローンをチェックしてみる

 

さらに、「バレる原因は郵送物だけではない」ということで、郵送物以外にも気をつけたいポイントとその対策方法も併せて紹介するので、しっかりチェックしてくださいね。

 

カードローンの郵送物だけで、家族に借金がバレてしまう理由とは?

腕を組んで考え事をする女性

 

カードローン会社からの郵送物だけで、家族に借入れしていることがバレる理由は、次のとおりです。

 

  1. 郵送物を開封される可能性があること
  2. 郵送物の差出人名を検索される
  3. 郵送物について尋ねられること

 

まず、あなた以外の家族がカードローン会社からの郵送物を勝手に開けてしまえば、ほぼ間違いなく、借入れしていることがバレます。
というのも、カードローン会社からの郵送物には、利用明細書や契約内容の確認のための書類、ローンカードなどがありますが、これを見れば借金をしていることは誰でも分かります。

 

また、カードローン会社からの郵送物では、以下のように「差出人名」から借金が知られないように配慮されています。

 

カードローン会社名 郵送物の差出人名
アコム ACカードセンター
アイフル AIセンター
プロミス 事務センター
SMBCモビット MCセンター
オリックス銀行カードローン オリックス銀行 カードデスク

 

ですが、疑問に思った家族に差出人名を検索されれば、すぐにバレてしまうでしょう。

 

スマホを見て驚く女性

 

さらに、郵送物を開封されず、差出人名で検索をされなかったとしても、家族から「この郵送物はなに?」と聞かれる可能性はゼロではありません。
このときに挙動不審になったり、返答できなかったりすると、あなたの行動のあやしさから、カードローン利用がバレる可能性があります。

 

そのため、できるだけ郵送物なしのカードローンを選ぶのはもちろんですが、万が一、家族に郵送物のことを聞かれたときのことを想定して、対応を考えておくのがおすすめです。

 

>> 郵便物なしで借りられるから家族にバレない!おすすめのカードローンはこちら

 

カードローンの自宅への郵送物は、お金を借りる前から返済中も続く

カードローン会社からの主な郵送物には、次の5つがあげられます。

 

  1. カードローン申込書や契約に関する書類
  2. ローンカード(ローン専用のカード)
  3. 利用明細書
  4. 督促状や請求書
  5. 増額融資についての案内はがき

 

上の5項目がどのタイミングで送られてくるのか、それらの対処法について説明しますので、しっかりと確認しておきましょう。

 

【カードローン会社からの郵送物】
1.カードローン申込書や契約に関する書類

カードローン申込書や契約に関する書類

 

申込書や契約に関する書類は、インターネット以外の申込方法を選んだ場合に送られます。
そのため、申込書や契約書類が送られないようにするためのポイントは、次のふたつです。

 

【郵送物を避けるポイント】
インターネット申込みを選ぶこと

インターネットからの申込みでも、申込み時の郵送物なしとならない場合もありますので、申込みをする前に事前に郵送物について確認しておく必要があります。

 

【郵送物を避けるポイント】
事前にオペレーターに確認すること

カードローン会社によっては、申込み時の郵送物ありが基本となっている場合があります。
事前にオペレーターに電話をかけ、郵送物を送らないように頼むこともできますので、気になる人は、カードローン会社のフリーダイヤルを活用しましょう。

 

【カードローン会社からの郵送物】
2.ローンカード(ローン専用のカード)

ローン専用カード

 

カードローンは、カードを使った融資のサービスですので、ローン専用のカードが自宅に送られないように気をつける必要があります。
そのため、ローンカードが郵送されないようにするためのポイントは、次のふたつです。

 

【郵送物を避けるポイント】
自動契約機があるカードローンを選ぶ

カード発行があるカードローンで自動契約機が用意されていない場合は、必ずローンカードが自宅に郵送されます。
自動契約機を活用すれば、そこでカード発行と契約手続きができますので、申込み時の郵送物をなしにできます。

 

【郵送物を避けるポイント】
カードレスで利用できるカードローンを選ぶ

最近では、ローンカードを利用しないカードローンもありますので、それを選ぶのも1つの対策になります。
WEB完結で申込むことができ、カードレスのサービスなら、申込み時の郵送物について心配する必要はありません。

 

【カードローン会社からの郵送物】
3.利用明細書

カードローン会社からの郵送物

 

カードローンの利用明細書は、郵送される場合とされない場合とがあります。
基本的には、カードローン会社の基準によりますが、消費者金融の場合は、法律によって明細書を交付することになっている点に気をつける必要があります。
そのため、利用明細書が郵送されないようにするためのポイントは、以下のとおりです。

 

【郵送物を避けるポイント】
消費者金融カードローンの場合は、WEB明細に切り替える

消費者金融のカードローンを利用する場合は、利用明細書の交付が義務づけられていますので、郵送ではなくWEB明細で受取るようにします。
電子メールや会員専用サイトで明細を確認するようにすれば、わざわざ郵便で送る必要がなくなります。

 

【郵送物を避けるポイント】
銀行カードローンの場合は、事前に公式サイトでチェックする

銀行カードローンの場合は、銀行ごとの基準で郵送するかどうか決まっています。
そのため、郵便物についての説明は、必ず公式サイトで事前に確認してから申込むことが重要です。

 

【カードローン会社からの郵送物】
4.督促状や請求書

書類

 

カードローン会社からの督促状や請求書は、ローンの返済が滞ったときに郵送されます。
返済が1日遅れただけで郵送されるものではありませんが、延滞をしないという強い意志がないと、自宅に郵送物が届いてしまいます。
そのため、督促状や請求書が郵送されないようにするためのポイントは、以下のふたつです。

 

【郵送物を避けるポイント】
無理のある借入れをしない

まず、無理のある借入れをしてしまうと、返済が困難になり、督促状や請求書が送られる原因になります。
カードローン会社のサイトには「返済シミュレーション」が用意されていることが多いので、金利負担の大きさや毎月の返済額は、なるべく確認してから申込みましょう。

 

【郵送物を避けるポイント】
返済期日を給料日に合わせる

カードローンの返済期日(返済日)は、給料日の翌日〜数日後になるように決めます。
給料日前に返済期日が到来するカードローンを選んでしまうと、お金が不足して返済に間に合わない可能性があるからです。

 

【カードローン会社からの郵送物】
5.増額融資についての案内はがき

増額融資の案内はがき

 

増額融資の案内はがきは、必ず郵送されるというものではありません。
カードローン会社ごとに、案内はがきを郵送するかどうかの方針がありますので、事前に確認しておくことが重要です。
そこで、増額融資案内はがきが郵送されないようにするために、案内はがきを郵送しないように依頼してみましょう。

 

もっとも確実に増額融資の案内が郵送されないようにするには、あらかじめオペレーターに電話で依頼しておくことです。
というのも、金融機関のホームページに案内についての説明がなく、いきなり郵送されることがあるからです。
その点、事前にオペレーターにしっかりと依頼しておけば、案内はがきの対象から外されるので、気になる人は事前に依頼しておくようにしましょう。

 

>> 郵便物なしで借りられるから家族にバレない!おすすめのカードローンはこちら

 


 

ここまで、カードローン会社からの郵送物をなくすための方法について紹介してきました。
ですが、カードローンの利用がバレるのは、自宅への郵送物だけではないんです。
そこで、続いては郵送物以外のバレやすいポイントと、その対策方法について紹介します。

 

カードローンがバレるのは自宅郵送だけじゃない!バレやすい場面と対策法

指を立てる女性

 

カードローンをバレずに利用するなら、郵送物が送られないようにするのはもちろんですが、次の5つのバレやすいポイントについても気をつけるようにしましょう。

 

  1. 必要書類を準備しているとき
  2. カードローン会社からの電話
  3. ATM明細書の取扱について
  4. 申込み時の在籍確認の電話
  5. スマホアプリの取扱い

 

それぞれについて、カンタンに説明しますね。

 

【カードローンがバレやすい場面と対策】
1.必要書類を準備しているとき

書類を見て悩む女性

 

まず、カードローンの申込みに収入証明書類が必要になることがありますが、この書類を用意するときにも注意が必要です。
源泉徴収票を自宅で探しているとき、あるいは、税務署や市区町村役場の窓口で所得証明書の交付を受けるときは、周囲に知り合いがいないかの確認が必要です。

 

「なんでそんなものが必要なの?」と聞かれたときに動揺を隠しきれていないと、怪しまれてしまいます。
もちろん、極端に神経質になる必要はありませんが、誰かが見ているかもしれないという点は忘れず、理由を聞かれたときのために事前に考えておきましょう。

 

【カードローンがバレやすい場面と対策】
2.カードローン会社からの電話

カードローン会社からの電話

 

カードローンに申込み、審査が完了すると、カードローン会社から申込み意思の確認電話(本人確認)があります。
自分の携帯電話にかかってくるのが一般的ですが、できるだけ1人でいるときに電話を受けるのがポイントです。
近くに家族や職場の同僚がいたりすると、不自然な言動から「あやしい」と思われてしまったりするからです。

 

【カードローンがバレやすい場面と対策】
3.ATM明細書の取扱について

財布と小銭とATM明細書

 

コンビニATM等を利用して借入れ・返済をする場合は、ATMが発行する明細書の取扱にも注意が必要です。
ATMの明細書をポケットに入れっ放しにしていたり、財布に入れておいたりすると、いつ誰に見られるか分かりません。
そのため、ATMが発行する明細書は、誰にも見つからない場所に隠しておきましょう。

 

【カードローンがバレやすい場面と対策】
4.申込み時の在籍確認の電話

オペレーターの人形

 

カードローンの申込審査では、在籍確認の電話があるのが一般的です。
在籍確認の電話でカードローンの利用がバレるケースは少ないですが、やはり、注意するに越したことはありません。
勤務先の同僚に「なんの電話だったの?」と聞かれることもありますので、事前に回答を考えておくのがおすすめです。

 

【カードローンがバレやすい場面と対策】
5.スマホアプリの取扱い

スマートフォンのアプリ

 

スマートフォンのアプリを利用するカードローンもありますが、スマートフォンの取扱に注意が必要です。
家族や職場の同僚、知人などにスマホの画面が見られてしまうと、それで、借入していることがバレることがあります。
ホーム画面からカードローンアプリが見えないように配置したり、スマートフォンにはしっかりとロックをかけておきましょう。

 

>> メンドクサイなと思ったら、誰にもバレず内緒で借りられるカードローンをチェック

 


 

ここまで、カードローンでバレないための方法を紹介しましたが、イメージはわきましたか?
続いては、最後に郵送物なしのカードロ―ンを紹介します。

 

カンタンに郵送物をなしにできるカードローンは?

虫眼鏡

 

消費者金融のアコム、プロミス、SMBCモビットなら、郵送物なしでの利用が可能です。
それぞれのサービスごとに、郵送物なしにするポイントがありますので、ここで確認しておきましょう。

 

【郵送物なしOKのカードローン】
アコムで郵送物なしにするなら自動契約機「むじんくん」を活用

アコム申込みはパソコンやスマホからWEB申込

アコムで郵送物なしにするためには、まず“公式サイトから申込む”ようにしてください。
このとき、振込キャッシングではなく、カードキャッシングを選択しましょう。

 

アコム契約は自動契約機「むじんくん」で行う

郵送物なしでアコムと契約するには、アコムの自動契約機「むじんくん」を活用しましょう。
全国各地に「むじんくん」が設置されていますので、最寄りのむじんくんでアコムカードの受取りと契約手続きをするだけです。

 

アコム借入れにおける注意点

アコムからの借入れで注意が必要なのは、明細書の発行ができないATMを利用したり、口座振替で返済したりする場合です。
WEB明細での受け取りに設定ができていればいいですが、そうでない場合は、自宅に郵送物として送られます。
アコムの会員専用サイトで設定変更ができるようになっていますので、申込みが完了したら、必ず明細の受取方法を「アコムホームページで確認」にしましょう。

 

【郵送物なしOKのカードローン】
プロミスで郵送物なしにするなら「Web完結」

プロミス申込みはパソコン、スマホ、ケータイからインターネットで

郵送物なしでプロミスに申込む場合は、インターネットの公式サイトから行い、契約手続き方法に「Web」を選択します。

 

プロミスはWeb契約、カード不要、口座振替だから郵送物なし

プロミスにも自動契約機があるので、自動契約機で受取るようにすれば、契約書やプロミスカードを郵送してもらう必要はありません。

 

プロミスで郵送物なしにするための注意点

プロミスの会員ページから、明細書の受取方法を「WEB明細」にするのを忘れないようにしましょう。

 

また、Web完結で借入したい場合、プロミスが指定する銀行の口座をもっている必要があります。
指定銀行は公式サイトに載っているので、しっかりとチェックしてくださいね。

 

【郵送物なしOKのカードローン】
SMBCモビットで郵送物なしにするなら「WEB完結」

SMBCモビット申込みは「WEB完結」を選択

モビットの申込みで郵送物なしにするためには、「WEB完結申込」を選ぶようにします。
パソコン、スマホからWEB完結で申し込めば、入会申込書などの契約書類の郵送物がなくなります。
ただし、WEB完結申込の場合、三菱UFJ銀行または三井住友銀行の口座が必要なので、あらかじめ開設しておきましょう。

 

SMBCモビット借入れにおける注意点

先ほどもお話したように、WEB完結申込で利用できる金融機関は、三菱UFJ銀行か三井住友銀行のいずれかです。
こうしたメガバンクの口座は給料振込先に指定されやすく、家族が通帳を確認するケースもありますよね。
このような場合は、新たに口座を用意するか、WEB完結申込は避けたほうがいいでしょう。

 


 

郵送物なしでカードローンに申し込めば、家族や知り合いに借入れがバレないのはもちろん、借入れまでの手続きが迅速になります。
必要としているお金を希望どおりに借りることが重要なのはもちろんですが、郵送物などで利用がバレないようにすることにも注意してください。

 

>> 郵便物なしで借りられるから家族にバレない!おすすめのカードローンはこちら

 

郵送物

 

「カードローンを利用したいけど、自宅に何か郵送されてきたら家族にバレてしまう・・・そんなのは困る!」と思っていませんか?
じつは、カードローンをうまく利用すれば、自宅郵送なしにすることも可能なんですよ。

 

ただ、一般的にはお金を借りると郵送物はつきものなので、しっかりと対策を練っておくことが重要です。
そこでここでは、カードローンを利用しても郵送物をなしにするための攻略方法と、カンタンな手続きだけで郵送物がなくなるオススメのカードローンを紹介します。

 

>> まずは郵便物なしで借りられるおすすめのカードローンをチェックしてみる

 

さらに、「バレる原因は郵送物だけではない」ということで、郵送物以外にも気をつけたいポイントとその対策方法も併せて紹介するので、しっかりチェックしてくださいね。

 

カードローンの郵送物だけで、家族に借金がバレてしまう理由とは?

腕を組んで考え事をする女性

 

カードローン会社からの郵送物だけで、家族に借入れしていることがバレる理由は、次のとおりです。

 

  1. 郵送物を開封される可能性があること
  2. 郵送物の差出人名を検索される
  3. 郵送物について尋ねられること

 

まず、あなた以外の家族がカードローン会社からの郵送物を勝手に開けてしまえば、ほぼ間違いなく、借入れしていることがバレます。
というのも、カードローン会社からの郵送物には、利用明細書や契約内容の確認のための書類、ローンカードなどがありますが、これを見れば借金をしていることは誰でも分かります。

 

また、カードローン会社からの郵送物では、以下のように「差出人名」から借金が知られないように配慮されています。

 

カードローン会社名 郵送物の差出人名
アコム ACカードセンター
アイフル AIセンター
プロミス 事務センター
モビット MCセンター
オリックス銀行カードローン オリックス銀行 カードデスク

 

ですが、疑問に思った家族に差出人名を検索されれば、すぐにバレてしまうでしょう。

 

スマホを見て驚く女性

 

さらに、郵送物を開封されず、差出人名で検索をされなかったとしても、家族から「この郵送物はなに?」と聞かれる可能性はゼロではありません。
このときに挙動不審になったり、返答できなかったりすると、あなたの行動のあやしさから、カードローン利用がバレる可能性があります。

 

そのため、できるだけ郵送物なしのカードローンを選ぶのはもちろんですが、万が一、家族に郵送物のことを聞かれたときのことを想定して、対応を考えておくのがおすすめです。

 

>> 郵便物なしで借りられるから家族にバレない!おすすめのカードローンはこちら

 

カードローンの自宅への郵送物は、お金を借りる前から返済中も続く

カードローン会社からの主な郵送物には、次の5つがあげられます。

 

  1. カードローン申込書や契約に関する書類
  2. ローンカード(ローン専用のカード)
  3. 利用明細書
  4. 督促状や請求書
  5. 増額融資についての案内はがき

 

上の5項目がどのタイミングで送られてくるのか、それらの対処法について説明しますので、しっかりと確認しておきましょう。

 

【カードローン会社からの郵送物】
1.カードローン申込書や契約に関する書類

カードローン申込書や契約に関する書類

 

申込書や契約に関する書類は、インターネット以外の申込方法を選んだ場合に送られます。
そのため、申込書や契約書類が送られないようにするためのポイントは、次のふたつです。

 

【郵送物を避けるポイント】
インターネット申込みを選ぶこと

インターネットからの申込みでも、申込み時の郵送物なしとならない場合もありますので、申込みをする前に事前に郵送物について確認しておく必要があります。

 

【郵送物を避けるポイント】
事前にオペレーターに確認すること

カードローン会社によっては、申込み時の郵送物ありが基本となっている場合があります。
事前にオペレーターに電話をかけ、郵送物を送らないように頼むこともできますので、気になる人は、カードローン会社のフリーダイヤルを活用しましょう。

 

【カードローン会社からの郵送物】
2.ローンカード(ローン専用のカード)

ローン専用カード

 

カードローンは、カードを使った融資のサービスですので、ローン専用のカードが自宅に送られないように気をつける必要があります。
そのため、ローンカードが郵送されないようにするためのポイントは、次のふたつです。

 

【郵送物を避けるポイント】
自動契約機があるカードローンを選ぶ

カード発行があるカードローンで自動契約機が用意されていない場合は、必ずローンカードが自宅に郵送されます。
自動契約機を活用すれば、そこでカード発行と契約手続きができますので、申込み時の郵送物をなしにできます。

 

【郵送物を避けるポイント】
カードレスで利用できるカードローンを選ぶ

最近では、ローンカードを利用しないカードローンもありますので、それを選ぶのも1つの対策になります。
WEB完結で申込むことができ、カードレスのサービスなら、申込み時の郵送物について心配する必要はありません。

 

【カードローン会社からの郵送物】
3.利用明細書

カードローン会社からの郵送物

 

カードローンの利用明細書は、郵送される場合とされない場合とがあります。
基本的には、カードローン会社の基準によりますが、消費者金融の場合は、法律によって明細書を交付することになっている点に気をつける必要があります。
そのため、利用明細書が郵送されないようにするためのポイントは、以下のとおりです。

 

【郵送物を避けるポイント】
消費者金融カードローンの場合は、WEB明細に切り替える

消費者金融のカードローンを利用する場合は、利用明細書の交付が義務づけられていますので、郵送ではなくWEB明細で受取るようにします。
電子メールや会員専用サイトで明細を確認するようにすれば、わざわざ郵便で送る必要がなくなります。

 

【郵送物を避けるポイント】
銀行カードローンの場合は、事前に公式サイトでチェックする

銀行カードローンの場合は、銀行ごとの基準で郵送するかどうか決まっています。
そのため、郵便物についての説明は、必ず公式サイトで事前に確認してから申込むことが重要です。

 

【カードローン会社からの郵送物】
4.督促状や請求書

書類

 

カードローン会社からの督促状や請求書は、ローンの返済が滞ったときに郵送されます。
返済が1日遅れただけで郵送されるものではありませんが、延滞をしないという強い意志がないと、自宅に郵送物が届いてしまいます。
そのため、督促状や請求書が郵送されないようにするためのポイントは、以下のふたつです。

 

【郵送物を避けるポイント】
無理のある借入れをしない

まず、無理のある借入れをしてしまうと、返済が困難になり、督促状や請求書が送られる原因になります。
カードローン会社のサイトには「返済シミュレーション」が用意されていることが多いので、金利負担の大きさや毎月の返済額は、なるべく確認してから申込みましょう。

 

【郵送物を避けるポイント】
返済期日を給料日に合わせる

カードローンの返済期日(返済日)は、給料日の翌日〜数日後になるように決めます。
給料日前に返済期日が到来するカードローンを選んでしまうと、お金が不足して返済に間に合わない可能性があるからです。

 

【カードローン会社からの郵送物】
5.増額融資についての案内はがき

増額融資の案内はがき

 

増額融資の案内はがきは、必ず郵送されるというものではありません。
カードローン会社ごとに、案内はがきを郵送するかどうかの方針がありますので、事前に確認しておくことが重要です。
そこで、増額融資案内はがきが郵送されないようにするために、案内はがきを郵送しないように依頼してみましょう。

 

もっとも確実に増額融資の案内が郵送されないようにするには、あらかじめオペレーターに電話で依頼しておくことです。
というのも、金融機関のホームページに案内についての説明がなく、いきなり郵送されることがあるからです。
その点、事前にオペレーターにしっかりと依頼しておけば、案内はがきの対象から外されるので、気になる人は事前に依頼しておくようにしましょう。

 

>> 郵便物なしで借りられるから家族にバレない!おすすめのカードローンはこちら

 


 

ここまで、カードローン会社からの郵送物をなくすための方法について紹介してきました。
ですが、カードローンの利用がバレるのは、自宅への郵送物だけではないんです。
そこで、続いては郵送物以外のバレやすいポイントと、その対策方法について紹介します。

 

カードローンがバレるのは自宅郵送だけじゃない!バレやすい場面と対策法

指を立てる女性

 

カードローンをバレずに利用するなら、郵送物が送られないようにするのはもちろんですが、次の5つのバレやすいポイントについても気をつけるようにしましょう。

 

  1. 必要書類を準備しているとき
  2. カードローン会社からの電話
  3. ATM明細書の取扱について
  4. 申込み時の在籍確認の電話
  5. スマホアプリの取扱い

 

それぞれについて、カンタンに説明しますね。

 

【カードローンがバレやすい場面と対策】
1.必要書類を準備しているとき

書類を見て悩む女性

 

まず、カードローンの申込みに収入証明書類が必要になることがありますが、この書類を用意するときにも注意が必要です。
源泉徴収票を自宅で探しているとき、あるいは、税務署や市区町村役場の窓口で所得証明書の交付を受けるときは、周囲に知り合いがいないかの確認が必要です。

 

「なんでそんなものが必要なの?」と聞かれたときに動揺を隠しきれていないと、怪しまれてしまいます。
もちろん、極端に神経質になる必要はありませんが、誰かが見ているかもしれないという点は忘れず、理由を聞かれたときのために事前に考えておきましょう。

 

【カードローンがバレやすい場面と対策】
2.カードローン会社からの電話

カードローン会社からの電話

 

カードローンに申込み、審査が完了すると、カードローン会社から申込み意思の確認電話(本人確認)があります。
自分の携帯電話にかかってくるのが一般的ですが、できるだけ1人でいるときに電話を受けるのがポイントです。
近くに家族や職場の同僚がいたりすると、不自然な言動から「あやしい」と思われてしまったりするからです。

 

【カードローンがバレやすい場面と対策】
3.ATM明細書の取扱について

財布と小銭とATM明細書

 

コンビニATM等を利用して借入れ・返済をする場合は、ATMが発行する明細書の取扱にも注意が必要です。
ATMの明細書をポケットに入れっ放しにしていたり、財布に入れておいたりすると、いつ誰に見られるか分かりません。
そのため、ATMが発行する明細書は、誰にも見つからない場所に隠しておきましょう。

 

【カードローンがバレやすい場面と対策】
4.申込み時の在籍確認の電話

オペレーターの人形

 

カードローンの申込審査では、在籍確認の電話があるのが一般的です。
在籍確認の電話でカードローンの利用がバレるケースは少ないですが、やはり、注意するに越したことはありません。
勤務先の同僚に「なんの電話だったの?」と聞かれることもありますので、事前に回答を考えておくのがおすすめです。

 

【カードローンがバレやすい場面と対策】
5.スマホアプリの取扱い

スマートフォンのアプリ

 

スマートフォンのアプリを利用するカードローンもありますが、スマートフォンの取扱に注意が必要です。
家族や職場の同僚、知人などにスマホの画面が見られてしまうと、それで、借入していることがバレることがあります。
ホーム画面からカードローンアプリが見えないように配置したり、スマートフォンにはしっかりとロックをかけておきましょう。

 

>> メンドクサイなと思ったら、誰にもバレず内緒で借りられるカードローンをチェック

 


 

ここまで、カードローンでバレないための方法を紹介しましたが、イメージはわきましたか?
続いては、最後に郵送物なしのカードロ―ンを紹介します。

 

カンタンに郵送物をなしにできるカードローンは?

虫眼鏡

 

消費者金融のアコム、プロミス、モビットなら、郵送物なしでの利用が可能です。
それぞれのサービスごとに、郵送物なしにするポイントがありますので、ここで確認しておきましょう。

 

【郵送物なしOKのカードローン】
アコムで郵送物なしにするなら自動契約機「むじんくん」を活用

アコム申込みはパソコンやスマホからWEB申込

アコムで郵送物なしにするためには、まず“公式サイトから申込む”ようにしてください。
このとき、振込キャッシングではなく、カードキャッシングを選択しましょう。

 

アコム契約は自動契約機「むじんくん」で行う

郵送物なしでアコムと契約するには、アコムの自動契約機「むじんくん」を活用しましょう。
全国各地に「むじんくん」が設置されていますので、最寄りのむじんくんでアコムカードの受取りと契約手続きをするだけです。

 

アコム借入れにおける注意点

アコムからの借入れで注意が必要なのは、明細書の発行ができないATMを利用したり、口座振替で返済したりする場合です。
WEB明細での受け取りに設定ができていればいいですが、そうでない場合は、自宅に郵送物として送られます。
アコムの会員専用サイトで設定変更ができるようになっていますので、申込みが完了したら、必ず明細の受取方法を「アコムホームページで確認」にしましょう。

 

【郵送物なしOKのカードローン】
プロミスで郵送物なしにするなら「Web完結」

プロミス申込みはパソコン、スマホ、ケータイからインターネットで

郵送物なしでプロミスに申込む場合は、インターネットの公式サイトから行い、契約手続き方法に「Web」を選択します。

 

プロミスはWeb契約、カード不要、口座振替だから郵送物なし

プロミスにも自動契約機があるので、自動契約機で受取るようにすれば、契約書やプロミスカードを郵送してもらう必要はありません。

 

プロミスで郵送物なしにするための注意点

プロミスの会員ページから、明細書の受取方法を「WEB明細」にするのを忘れないようにしましょう。

 

また、Web完結で借入したい場合、プロミスが指定する銀行の口座をもっている必要があります。
指定銀行は公式サイトに載っているので、しっかりとチェックしてくださいね。

 

【郵送物なしOKのカードローン】
モビットで郵送物なしにするなら「WEB完結」

モビット申込みは「WEB完結」を選択

モビットの申込みで郵送物なしにするためには、「WEB完結申込」を選ぶようにします。
パソコン、スマホからWEB完結で申し込めば、入会申込書などの契約書類の郵送物がなくなります。
ただし、WEB完結申込の場合、三菱東京UFJ銀行または三井住友銀行の口座が必要なので、あらかじめ開設しておきましょう。

 

モビット借入れにおける注意点

先ほどもお話したように、WEB完結申込で利用できる金融機関は、三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行のいずれかです。
こうしたメガバンクの口座は給料振込先に指定されやすく、家族が通帳を確認するケースもありますよね。
このような場合は、新たに口座を用意するか、WEB完結申込は避けたほうがいいでしょう。

 


 

郵送物なしでカードローンに申し込めば、家族や知り合いに借入れがバレないのはもちろん、借入れまでの手続きが迅速になります。
必要としているお金を希望どおりに借りることが重要なのはもちろんですが、郵送物などで利用がバレないようにすることにも注意してください。

 

>> 郵便物なしで借りられるから家族にバレない!おすすめのカードローンはこちら