MENU

30日間無金利のカードローンのおすすめ

30日間無金利

 

「30日間無金利のカードローンはいくつかあるけど、どこがおすすめ?」
「無金利って本当に一切の利息がつかないの?」

 

最初の30日間は一切の利息がつかないカードローンがいくつかありますが、自分に合ったカードローンがわからず、決めかねているのではないですか?

 

ここでは30日間無金利の特典があるオススメのカードローンを紹介し、利用する前の注意点や、申込から返済までの流れについて具体的に説明していきます。

 

30日間無金利のカードローンのおすすめ3選

早速、30日間無利息のカードローンを3つ紹介します。
どれも無金利期間だけでなく、即日融資が可能で、家族バレ対策もばっちりですよ。

 

後は、それぞれの特徴を見て、あなたのニーズにピッタリ合うカードローンを選んでくださいね。

アコム

3.0%〜18.0%
 

1万〜800万円
 

最短1時間
 

50万円まで不要
(*1)

いつでも返せて、利息はご利用日数分だけ
・3項目の入力でお借入れ可能かわかる3秒診断
・ネットや提携ATMから24時間お借入・ご返済可能(*2)

アイフル

3.0%〜18.0%

800万円

最短1時間

50万円まで不要

・最短1時間融資可能
・自動審査あり
・3ステップで申込み完了
優先審査のサービスあり

プロミス

4.5%〜17.8%

1万〜500万円

最短1時間

50万円まで不要

初めての方は30日間利息ゼロ(*1)
・最短1時間融資可能!
・24時間いつでもお申込み可能
・3項目入力で簡単3秒診断
・最短10秒で銀行口座に振り込みされる素早い借入方法「瞬フリ」(*2)

各カードローンの注意点
アコム
※1 お借入れ総額により収入証明書が必要
※2 提携CD・ATMの詳細についてはアコムのホームページでご確認ください。
プロミス
※1 メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要
※2 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座の登録が必要

 

業界最大手のアコムは楽天銀行への振込融資が24時間可能

金利 年3.0〜18.0%
最大限度額 800万円
30日無金利の条件
  • アコムでの契約がはじめて
  • 返済期日が「35日ごと」

 

アコムは業界内で最大手の消費者金融です。
店舗数も一番多いので、地方に住んでいる人でも、カード受け取りがしやすいですよ。

 

アコムの特徴は、振込融資で借入する際に、楽天銀行を振込先にすれば24時間借入が可能ということです。

 

普通は銀行の営業時間である15:00を過ぎてしまうと、振込が口座に反映されるのは翌営業日になってしまいますよね。
忙しくてなかなかATMの利用ができないけど、楽天銀行の口座を持っているという人は、振込融資が便利なアコムに申し込むと良いでしょう。

 

無利息期間を適用させるための条件は、アコムとの契約が初めてであることと、返済期日を「35日ごと」にすることです。

 

返済期日「35日ごと」とは、毎月決まった日付に返済するのではなく、最後に返済を行った日から35日後が次の返済日になるという方式です。
この場合、口座振替の登録ができないので注意してくださいね。

 

とにかく急いでいる人はアイフルへ!
スマホアプリで借入OK

金利 年3.0〜18.0%
最大限度額 800万円
30日無金利の条件
  • アイフルでの契約がはじめて
  • 「無担保キャッシングローン」への申し込み

 

ここで紹介するカードローン3社は、いずれも即日融資に対応しており、最短30分で審査が完了します。

 

しかし、休みの日の直前などは、審査が集中しやすく、もっと時間が長くかかってしまうこともあります。
その点、アイフルは急いでいる人を優先して審査をしてくれるというサービスがあります。

 

インターネットで申込をした後に、フリーダイヤルに電話をかけることで、他の人よりも早く審査をしてくれるのです。
1分でも早く借りたいという人はアイフルに申込をすると良いでしょう。

 

また、スマホアプリを使っての借入や返済も可能です。
セブン銀行ATMに限られますが、コンビニでいつでも利用できるのが嬉しいですね。

 

無利息期間の条件は、アイフルでの契約が初めてであることと、「無担保キャッシングローン」に申し込むことです。

 

「無担保キャッシングローン」とは、複数あるアイフルの商品の中の、通常のカードローンのことです。
それ以外の商品へ申込をする場合は適用外なので、注意してくださいね。

 

プロミスの無金利は初回借入時にスタート!
カード無しや24時間振込融資もあり

金利 年4.5〜17.8%
最大限度額 500万円
30日無金利の条件
  • プロミスでの契約がはじめて
  • メールアドレス登録
  • WEB明細利用

 

無金利の使い勝手を重視するのであれば、プロミスがオススメです。
他社の場合は、無金利期間が契約日の次の日から始まるので、とりあえず契約しておくということができません。

 

プロミスは初回借入日の次の日から無金利期間がスタートするので、ムダなく30日を使うことができます。

 

またプロミスの契約をインターネットでする場合、カードなしの選択が可能になります。
振込でしか借入ができなくなりますが、家族にばれたりカードをなくすリスクを無くすことができます。

 

さらに、アコムが楽天銀行への振込が24時間できるように、プロミスは一部を除いて原則24時間いつでも振込融資をうけることができます。

 

プロミスの無金利の条件は、はじめての契約であること以外に、メールアドレスの登録とWEB明細利用があります。

 

WEB明細とは、郵送で利用明細が送られてくるのではなく、インターネット上で明細が確認できるサービスです。
紙ベースで明細を残したい場合は、プリントアウトする必要がありますのでご注意ください。

 

無金利期間を有効に使うための注意点

注意

 

ここまで、無金利期間があるお勧めのカードローンを紹介しましたが、申込先は決まりましたか?
早速申込を始めたいところですが、その前に、オトクに利用するための注意点を確認しておきましょう。

 

無金利期間がいつから始まるのか確認しておく

30日間の無金利期間がいつから始まるのかを予め確認しておくことはとても重要です。

 

プロミスの場合は、初回借入日の翌日から30日間ですが、アコムとアイフルの場合は契約日の翌日が無金利期間が始まります。

 

契約日の翌日から30日間なので、即日融資のメリットを最大限に利用して、お金が必要になる日の前日に申込をしましょう。

 

金利だけでなく、利用手数料で損をしないように気を付ける

せっかく金利がかからないように気を付けていても、利用手数料に対して無頓着で、損をしてしまう人もいます。

 

コンビニATMで借入できるのは便利ですが、手数料が発生します。
ATMを利用する場合は、自社のATMか手数料がかからないATMを利用しましょう。
借入時だけでなく、返済時も手数料がかからないように注意してくださいね。

 

無金利期間をムダなく使う申込から返済までの流れ

紹介する女性

 

それでは、ここからは実際に申込をしてから返済をするまでの流れを説明しますね。
申込、契約、借入、返済には、様々な方法があります。

 

どれか一つでも間違うと、利用開始までに時間がかかってしまったり、オトクに利用できない可能性もあります。
できるだけ手間がかからず、素早く、オトクに利用するために、しっかり確認してくださいね。

 

申込はインターネットで

カードローンの主な申込方法には、インターネット、電話、自動契約機の3種類があります。

 

この中でオススメはインターネットでの申込です。
パソコンやスマホの操作に慣れていない人でも、直感的に申込をすることができます。

 

電話の場合、誰にも邪魔されずに腰を落ち着けて通話ができる時間が20分は必要です。
また、自動契約機では申込から契約までの流れを一カ所で完結することも可能ですが、審査の待ち時間を自動契約機周辺で過ごすことになるので、ムダな待ち時間ができてしまいます。

 

必要書類を用意しておきましょう。

インターネットでの申込が完了すると、次は審査の段階に入ります。
その間に、必要書類の準備しましょう。

 

プロミスとアイフルは審査完了後に提出するのですが、アコムの場合は申込後すぐに提出を求められます。
書類の写真を撮って、アップロードすることで提出を行います。

 

必要な書類は次の通りです。

 

【必要な書類】1.本人確認書類は必ず必要

申込をしているのがあなた本人であることを証明するための、本人確認書類は全員が提出しなければいけません。
本人確認書類として一番望ましいのは運転免許証です。
運転免許証を持っていない人は、パスポートや個人番号カード、健康保険証でもOKです。

 

ただし、健康保険証は顔写真が入っていないので、住民票や公共料金の領収書などが別途必要です。

 

【必要な書類】2.借入希望額によっては収入証明書が必要

希望する借入限度額によっては、収入を照明するための書類が必要です。

 

  • 借入限度額50万円を超える
  • 他社からの借入と今回の希望額が100万円を超える

 

上記のどちらかに当てはまる場合は、収入を証明するために、次のいずれかを提出しなければいけません。

 

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細(直近2ヶ月分と1年分の賞与明細)

 

審査の間、在籍確認の電話に注意

オフィス電話

 

審査は、あなたが入力した内容と、個人の信用情報を元に行われます。
その間に、在籍確認の電話が職場にかかってくるので注意しましょう。

 

在籍確認は、あなたが職場に所属していることを確認するための電話です。
これは、勤務先にカードローンの利用を知られたくないという人でも安心して大丈夫です。

 

電話口の担当者はカードローン会社の名前を名乗ることはなく、個人の名前でかかってきます。
もし電話口にあなたが出られなかったとしても、電話に出た人が
「〇〇は外出しております」
「〇〇は席を外しております」
と答えてくれれば、在籍確認は完了です。

 

もし会社の人に怪しまれるようなら、「クレジットカードを申し込んだ」とでも言っておけば、それ以上は追及されないでしょう。

 

審査結果が出たら契約手続き

審査の結果は電話かメールで連絡が入ります。
問題なく通過していたら、次は契約手続きに入ります。契約には2種類の方法があります。

 

振込で借入をしたいならインターネットで契約

銀行口座への振込で借入を希望するなら、インターネットで契約をしましょう。
アコムは既に必要書類を提出していますが、プロミス、アイフルはこの段階で提出をします。

 

書類の写真を撮影し、アップロードすることで提出ができます。
契約が完了すれば、会員ページにログインをして、すぐに振込融資をうけることができますよ。

 

ATMで借入をしたい人は自動契約機でカードを受け取り

カードのイラスト

 

ATMで現金を借入したい人は、自動契約機まで行けば、その場で契約とカード受け取りができます。

 

自動契約機のブースの中に設置してあるスキャナで書類の提出をするので、忘れずに持って行ってくださいね。
カードが発行されたら、スグに借入が可能です。

 

ブース横に設置してある自社のATMであれば手数料がかからないので、その場で借入しておくことをオススメします。

 

返済は口座振替に頼らない

30日以内であれば、借入した金額に利息は一切つきません。
無利息期間適用から30日に達した翌日から毎日利息がつくので、しっかり返済計画を立てて利用してくださいね。

 

返済方法は、口座振替を登録すれば便利なのですが、オススメしません。
なぜなら、口座振替は毎月最低限の金額しか引き落としされないからです。

 

最低限の金額しか返済しない状況になると、返済は長期化してしまい、せっかくの30日の無利息期間がムダになってしまいます。

 

返済はできる限り早く終わらせましょう。
返済方法は、手数料がかからない店頭窓口か自社のATMがオススメです。

 


 

30日無金利の特典は、早く返済を済ませることで、はじめてメリットが出ます。
せっかくの特典をムダにしないように、オトクに利用してくださいね。

 

当サイトおすすめのカードローンはこちら

30日間無金利

 

「30日間無金利のカードローンはいくつかあるけど、どこがおすすめ?」
「無金利って本当に一切の利息がつかないの?」

 

最初の30日間は一切の利息がつかないカードローンがいくつかありますが、自分に合ったカードローンがわからず、決めかねているのではないですか?

 

ここでは30日間無金利の特典があるオススメのカードローンを紹介し、利用する前の注意点や、申込から返済までの流れについて具体的に説明していきます。

 

30日間無金利のカードローンのおすすめ3選

早速、30日間無利息のカードローンを3つ紹介します。
どれも無金利期間だけでなく、即日融資が可能で、家族バレ対策もばっちりですよ。

 

後は、それぞれの特徴を見て、あなたのニーズにピッタリ合うカードローンを選んでくださいね。

 

アコム

 


3.0%〜18.0%

1万〜800万円

最短1時間

収入証明書:50万円まで不要(*1)
いつでも返せて、利息はご利用日数分だけ
・3項目の入力でお借入れ可能かわかる3秒診断
・ネットや提携ATMから24時間お借入・ご返済可能(*2)

 

アイフル

 


3.0%〜18.0%

800万円

最短1時間

収入証明書:50万円まで不要
・最短1時間融資可能
・自動審査あり
・3ステップで申込み完了
優先審査のサービスあり

 

プロミス

 


4.5%〜17.8%

1万〜500万円

最短1時間

収入証明書:50万円まで不要
初めての方は30日間利息ゼロ(*1)
・最短1時間融資可能!
・24時間いつでもお申込み可能
・3項目入力で簡単3秒診断
・最短10秒で銀行口座に振り込みされる
 素早い借入方法「瞬フリ」(*2)

 

各カードローンの注意点
アコム
※1 お借入れ総額により収入証明書が必要
※2 提携CD・ATMの詳細についてはアコムの
 ホームページでご確認ください。
プロミス
※1 メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要
※2 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座の登録が必要

 

業界最大手のアコムは楽天銀行への振込融資が24時間可能

金利 年3.0〜18.0%
最大限度額 800万円
30日無金利の条件
  • アコムでの契約がはじめて
  • 返済期日が「35日ごと」

 

アコムは業界内で最大手の消費者金融です。
店舗数も一番多いので、地方に住んでいる人でも、カード受け取りがしやすいですよ。

 

アコムの特徴は、振込融資で借入する際に、楽天銀行を振込先にすれば24時間借入が可能ということです。

 

普通は銀行の営業時間である15:00を過ぎてしまうと、振込が口座に反映されるのは翌営業日になってしまいますよね。
忙しくてなかなかATMの利用ができないけど、楽天銀行の口座を持っているという人は、振込融資が便利なアコムに申し込むと良いでしょう。

 

無利息期間を適用させるための条件は、アコムとの契約が初めてであることと、返済期日を「35日ごと」にすることです。

 

返済期日「35日ごと」とは、毎月決まった日付に返済するのではなく、最後に返済を行った日から35日後が次の返済日になるという方式です。
この場合、口座振替の登録ができないので注意してくださいね。

 

とにかく急いでいる人はアイフルへ!
スマホアプリで借入OK

金利 年3.0〜18.0%
最大限度額 800万円
30日無金利の条件
  • アイフルでの契約がはじめて
  • 「無担保キャッシングローン」への申し込み

 

ここで紹介するカードローン3社は、いずれも即日融資に対応しており、最短30分で審査が完了します。

 

しかし、休みの日の直前などは、審査が集中しやすく、もっと時間が長くかかってしまうこともあります。
その点、アイフルは急いでいる人を優先して審査をしてくれるというサービスがあります。

 

インターネットで申込をした後に、フリーダイヤルに電話をかけることで、他の人よりも早く審査をしてくれるのです。
1分でも早く借りたいという人はアイフルに申込をすると良いでしょう。

 

また、スマホアプリを使っての借入や返済も可能です。
セブン銀行ATMに限られますが、コンビニでいつでも利用できるのが嬉しいですね。

 

無利息期間の条件は、アイフルでの契約が初めてであることと、「無担保キャッシングローン」に申し込むことです。

 

「無担保キャッシングローン」とは、複数あるアイフルの商品の中の、通常のカードローンのことです。
それ以外の商品へ申込をする場合は適用外なので、注意してくださいね。

 

プロミスの無金利は初回借入時にスタート!
カード無しや24時間振込融資もあり

金利 年4.5〜17.8%
最大限度額 500万円
30日無金利の条件
  • プロミスでの契約がはじめて
  • メールアドレス登録
  • WEB明細利用

 

無金利の使い勝手を重視するのであれば、プロミスがオススメです。
他社の場合は、無金利期間が契約日の次の日から始まるので、とりあえず契約しておくということができません。

 

プロミスは初回借入日の次の日から無金利期間がスタートするので、ムダなく30日を使うことができます。

 

またプロミスの契約をインターネットでする場合、カードなしの選択が可能になります。
振込でしか借入ができなくなりますが、家族にばれたりカードをなくすリスクを無くすことができます。

 

さらに、アコムが楽天銀行への振込が24時間できるように、プロミスは一部を除いて原則24時間いつでも振込融資をうけることができます。

 

プロミスの無金利の条件は、はじめての契約であること以外に、メールアドレスの登録とWEB明細利用があります。

 

WEB明細とは、郵送で利用明細が送られてくるのではなく、インターネット上で明細が確認できるサービスです。
紙ベースで明細を残したい場合は、プリントアウトする必要がありますのでご注意ください。

 

無金利期間を有効に使うための注意点

注意

 

ここまで、無金利期間があるお勧めのカードローンを紹介しましたが、申込先は決まりましたか?
早速申込を始めたいところですが、その前に、オトクに利用するための注意点を確認しておきましょう。

 

無金利期間がいつから始まるのか確認しておく

30日間の無金利期間がいつから始まるのかを予め確認しておくことはとても重要です。

 

プロミスの場合は、初回借入日の翌日から30日間ですが、アコムとアイフルの場合は契約日の翌日が無金利期間が始まります。

 

契約日の翌日から30日間なので、即日融資のメリットを最大限に利用して、お金が必要になる日の前日に申込をしましょう。

 

金利だけでなく、利用手数料で損をしないように気を付ける

せっかく金利がかからないように気を付けていても、利用手数料に対して無頓着で、損をしてしまう人もいます。

 

コンビニATMで借入できるのは便利ですが、手数料が発生します。
ATMを利用する場合は、自社のATMか手数料がかからないATMを利用しましょう。
借入時だけでなく、返済時も手数料がかからないように注意してくださいね。

 

無金利期間をムダなく使う申込から返済までの流れ

紹介する女性

 

それでは、ここからは実際に申込をしてから返済をするまでの流れを説明しますね。
申込、契約、借入、返済には、様々な方法があります。

 

どれか一つでも間違うと、利用開始までに時間がかかってしまったり、オトクに利用できない可能性もあります。
できるだけ手間がかからず、素早く、オトクに利用するために、しっかり確認してくださいね。

 

申込はインターネットで

カードローンの主な申込方法には、インターネット、電話、自動契約機の3種類があります。

 

この中でオススメはインターネットでの申込です。
パソコンやスマホの操作に慣れていない人でも、直感的に申込をすることができます。

 

電話の場合、誰にも邪魔されずに腰を落ち着けて通話ができる時間が20分は必要です。
また、自動契約機では申込から契約までの流れを一カ所で完結することも可能ですが、審査の待ち時間を自動契約機周辺で過ごすことになるので、ムダな待ち時間ができてしまいます。

 

必要書類を用意しておきましょう。

インターネットでの申込が完了すると、次は審査の段階に入ります。
その間に、必要書類の準備しましょう。

 

プロミスとアイフルは審査完了後に提出するのですが、アコムの場合は申込後すぐに提出を求められます。
書類の写真を撮って、アップロードすることで提出を行います。

 

必要な書類は次の通りです。

 

【必要な書類】1.本人確認書類は必ず必要

申込をしているのがあなた本人であることを証明するための、本人確認書類は全員が提出しなければいけません。
本人確認書類として一番望ましいのは運転免許証です。
運転免許証を持っていない人は、パスポートや個人番号カード、健康保険証でもOKです。

 

ただし、健康保険証は顔写真が入っていないので、住民票や公共料金の領収書などが別途必要です。

 

【必要な書類】2.借入希望額によっては収入証明書が必要

希望する借入限度額によっては、収入を照明するための書類が必要です。

 

  • 借入限度額50万円を超える
  • 他社からの借入と今回の希望額が100万円を超える

 

上記のどちらかに当てはまる場合は、収入を証明するために、次のいずれかを提出しなければいけません。

 

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細(直近2ヶ月分と1年分の賞与明細)

 

審査の間、在籍確認の電話に注意

オフィス電話

 

審査は、あなたが入力した内容と、個人の信用情報を元に行われます。
その間に、在籍確認の電話が職場にかかってくるので注意しましょう。

 

在籍確認は、あなたが職場に所属していることを確認するための電話です。
これは、勤務先にカードローンの利用を知られたくないという人でも安心して大丈夫です。

 

電話口の担当者はカードローン会社の名前を名乗ることはなく、個人の名前でかかってきます。
もし電話口にあなたが出られなかったとしても、電話に出た人が
「〇〇は外出しております」
「〇〇は席を外しております」
と答えてくれれば、在籍確認は完了です。

 

もし会社の人に怪しまれるようなら、「クレジットカードを申し込んだ」とでも言っておけば、それ以上は追及されないでしょう。

 

審査結果が出たら契約手続き

審査の結果は電話かメールで連絡が入ります。
問題なく通過していたら、次は契約手続きに入ります。契約には2種類の方法があります。

 

振込で借入をしたいならインターネットで契約

銀行口座への振込で借入を希望するなら、インターネットで契約をしましょう。
アコムは既に必要書類を提出していますが、プロミス、アイフルはこの段階で提出をします。

 

書類の写真を撮影し、アップロードすることで提出ができます。
契約が完了すれば、会員ページにログインをして、すぐに振込融資をうけることができますよ。

 

ATMで借入をしたい人は自動契約機でカードを受け取り

カードのイラスト

 

ATMで現金を借入したい人は、自動契約機まで行けば、その場で契約とカード受け取りができます。

 

自動契約機のブースの中に設置してあるスキャナで書類の提出をするので、忘れずに持って行ってくださいね。
カードが発行されたら、スグに借入が可能です。

 

ブース横に設置してある自社のATMであれば手数料がかからないので、その場で借入しておくことをオススメします。

 

返済は口座振替に頼らない

30日以内であれば、借入した金額に利息は一切つきません。
無利息期間適用から30日に達した翌日から毎日利息がつくので、しっかり返済計画を立てて利用してくださいね。

 

返済方法は、口座振替を登録すれば便利なのですが、オススメしません。
なぜなら、口座振替は毎月最低限の金額しか引き落としされないからです。

 

最低限の金額しか返済しない状況になると、返済は長期化してしまい、せっかくの30日の無利息期間がムダになってしまいます。

 

返済はできる限り早く終わらせましょう。
返済方法は、手数料がかからない店頭窓口か自社のATMがオススメです。

 


 

30日無金利の特典は、早く返済を済ませることで、はじめてメリットが出ます。
せっかくの特典をムダにしないように、オトクに利用してくださいね。

 

当サイトおすすめのカードローンはこちら