MENU

今すぐ5万円借りたい時のおすすめの借入先

お金が飛んでいく

 

急にお金が必要になるという場面は、意外と多いものです。
もちろん、普段から貯金があれば問題はないのですが、ここぞというときにお金が足りなくてチャンスを逃すということはしたくないと思うことでしょう。

 

もちろん、その金額があまりに高額という場合には、すぐに準備することはかなり難しいですが、例えば必要なのが5万円程度というのであれば、何とかなりそうですよね。

 

ここでは、そんなときの力強い味方をご紹介します。

 

今すぐ5万円借りたい時は消費者金融を利用しよう

ひらめく女性

 

5万円程度の金額なら、家族や友人など身近な人にお願いして借りることもできるでしょう。

 

ですが、借金の依頼をして人間関係にヒビが入ることもありますし、そもそもその5万円が必要な理由が、家族や友人に話せない内容であることも考えられます。

 

出来れば家族などに内緒でお金を借りたいと思っている人の方が、大半なのではないでしょうか。

 

そんな時に助けになってくれるのが、消費者金融です。
もちろん銀行のカードローンや、信販系のキャッシングなどで借りるという手もありますが、そういったものよりも断然お勧めなのが、消費者金融のカードローンなのです。

 

では、なぜ消費者金融がお勧めなのか具体的に見ていきましょう。

 

大手の消費者金融は即日融資に対応

カードローン自体は、消費者金融に限らず銀行カードローンもあります。
それでも、消費者金融のカードローンがお勧め理由の一つに、即日融資が可能ということがあります。

 

銀行カードローンは、2018年の1月から、融資のための審査が厳しくなりました。
審査の段階に、必ず警察庁のデータベースへの照会が加わったのです。

 

これにより、今までは最短で即日融資が可能であった銀行のカードローンは、即日融資が不可能になりました。

 

この審査段階で警察庁のデータベースに照会しなければいけないという必須項目は、消費者金融には当てはまらないため、消費者金融は現在でも最短で即日融資が可能なのです。

 

ですから、手続きに時間をかけず今すぐお金が借りたいという人には、消費者金融がお勧めということになります。

 

それでも消費者金融と聞くと、怖いイメージがあるという人も少なくないでしょう。

 

しかしテレビCMで見かけるような大手消費者金融は、銀行の傘下に入っているものがほとんどです。
例えば、プロミスは三井住友銀行グループですし、アコムは三菱UFJフィナンシャルグループです。

 

このように、しっかりとした大手の銀行の傘下に入っているので、今の消費者金融は怖いイメージは全くありません。

 

利用者へのサービスが豊富なうえ無理な取り立ても無く、安心して利用することができますよ。

 

5万円かりたい時のおすすめカードローン

アコム

3.0%〜18.0%
 

1万〜800万円
 

最短1時間
 

50万円まで不要
(*1)

初めての方は最大30日間金利0円
・いつでも返せて、利息はご利用日数分だけ
・3項目の入力でお借入れ可能かわかる3秒診断
・ネットや提携ATMから24時間お借入・ご返済可能(*2)

アイフル

3.0%〜18.0%

800万円

最短1時間

50万円まで不要

・最短1時間融資可能
・自動審査あり
・3ステップで申込み完了
優先審査のサービスあり

プロミス

4.5%〜17.8%

1万〜500万円

最短1時間

50万円まで不要

初めての方は30日間利息ゼロ(*1)
・最短1時間融資可能!
・24時間いつでもお申込み可能
・3項目入力で簡単3秒診断
・最短10秒で銀行口座に振り込みされる素早い借入方法「瞬フリ」(*2)

SMBCモビット
モビット
3.0%〜18.0%

1万〜800万円

最短即日

必要

10秒で簡易審査結果表示
・WEB完結なら電話連絡・郵送物なしでお申込みもご利用も
 ネットのみ(PC・スマートフォンからも申込み可能)
・WEB完結申込あり
・申込の曜日や時間帯によっては、融資が翌日以降の取扱と
 なる場合があります。
・安定した収入があれば申込可能

 

審査通過を確実にするためのコツ

審査通過のポイントを示す女性

 

もちろん、消費者金融もボランティアではなくビジネスなので、誰にでもすぐにお金を貸してくれるわけではありません。

 

お金を借りる前には、まず審査を通過しなければなりません。
では、審査を確実に通過するためにできることをピックアップしておきましょう。

 

提出書類は事前に準備

まずは審査を受けるにあたり、必要な書類を準備しておかなければいけません。

 

絶対に必要になるのが、本人確認書類です。
運転免許証、健康保険証、パスポートなどの中から、必ず一点は必要になります。

 

とはいえ、それらのどれも持っていないという場合もあるかもしれません。
そのような場合には、印鑑証明書や住民基本台帳カードなどで代用することが可能な場合もありますので、消費者金融に直接相談してみましょう。

 

本人確認ができる身分証明書以外にも、書類が必要なケースもあります。
融資を行った場合に本当に返済が可能かどうかを判断するために、収入証明書が必要になるケースがあります。

 

融資希望金額が50万円を超える高額な時や、他社の借入との総額が100万円を超える際には必ず必要になりますが、それ以外にも過去に金融事故を起こしている場合などに、提出を求められることがあります。

 

収入証明書として利用できるものとしては、源泉徴収票や確定申告書、所得証明書や課税証明書、また給与明細書が挙げられます。

 

借りる金額などによって必要な書類が変わってきますので、きちんと確認し事前に準備しておきましょう。

 

借入希望額は最低限必要な金額に

審査に通過するために知っておきたいことの2つ目は、融資の希望額が多くなればなるほど審査に通過しにくいということです。

 

金額が多くなるほど、貸す側である消費者金融もリスクは大きくなりますので、やはり審査に慎重になります。
ですから、借入希望額は、最低限必要な額にとどめるようにしましょう。

 

もし必要な額が5万円であれば、借入希望額の欄に5万円と記入するのがベターです。
ですが、業者によっては融資が10万円からだったり、希望金額が選択肢になっているケースもありますので、融資を希望する際に確認しましょう。

 

また希望限度額を決めたとしても、申請額すべてを利用しなければならないということではないので、希望限度額を10万円にして実際は5万円を借りるという人も多くなっています。

 

在籍確認は確実に

審査段階で決して避けて通れないのが在籍確認です。
多くのカードローン会社の在籍確認は、職場に本人が実際に在籍しているか電話をかける場合がほとんどです。

 

この時問題になるのが、土日などのケースです。
在籍確認をしようにも職場が休みであれば当然在籍確認はできないので、土日に申し込む場合には注意が必要です。

 

ただ大手の消費者金融であれば、会社名の入っている健康保険証や社員証などを提出することで在籍確認の電話の代わりとしてくれるケースもあるようなので、事前にオペレータに相談してみるといいでしょう。

 

5万円を今すぐ借りたい時の借入先を選ぶポイント

タイムリミット

 

では、今すぐ5万円が借りたいという場合、どこで借りるかをどのように決めるといいのでしょうか。

 

借入先を選ぶ際のポイントを押さえておきましょう。

 

即日融資のタイムリミットを把握しておこう

即日融資を希望する場合、まず最も重要なポイントは、申込時間や融資を受けることのできるタイムリミットです。

 

どんなに、希望する借入先があるとしても、営業をしていなければどうすることもできませんよね。
申込時間や無人契約機を利用できる時間のタイムリミットを調べておきましょう。

 

たいていの場合、審査時間のタイムリミットは21:00というケースが多いようです。
また、無人契約機であれば22:00まで利用可能のところがほとんどです。

 

無人契約機の営業時間

カードローン名 営業日 営業時間 注意点・備考
アコム 平日、土日祝日 8:00〜22:00 タッチパネル式
アイフル 平日、土日祝日 8:00〜22:00 オペレータと電話でやりとり
プロミス 平日、土日祝日 9:00〜22:00 タッチパネル式
SMBCモビット 設置場所により異なるので要確認 三井住友銀行内ローン契約機も利用可能

 

なお、銀行に振り込んで欲しい場合は15時がタイムリミットというケースが多いので、銀行に振り込んで欲しい場合は、審査時間などを考えて早めに申し込みを行うようにしましょう。

 

審査や融資のスピードの速さを確認

銀行のカードローンよりも消費者金融のカードローンがお勧めの理由は、審査や融資までの時間が短いということが挙げられます。

 

銀行のカードローンは、即日融資を行うことは不可能です。
それに対し、大手の消費者金融は最短30分で審査が行われるケースが多く、審査を通過できればそのまますぐに融資を受けられるところがほとんどです。

 

土日や夜間でも申込や融資が可能なカードローン

消費者金融は土日や夜間も問題なく申し込みを行うことが可能です。
ただし、融資を銀行などに振り込んでもらいたいと思っても振込先の金融機関のほうが営業していないため、翌営業日まで振り込みを行うことはできません。

 

銀行振り込みを希望する場合は、振込先の営業時間を考慮して余裕をもって申し込んでおくようにしましょう。

 

なお大手の消費者金融は、土日でも無人契約機でカード発行ができるようになっています。
WEBで申し込んだ後に無人契約機でカードを発行すれば、たいていその隣にATMが準備されていますので、その場で融資を受けることが可能です。

 

WEB完結なら来店不要で借入できる

WEB完結というものもあります。
こちらは、家から一歩も出ることなく申し込みから融資までWEB上で行うことができます。

 

一例として、プロミスのWeb完結の方法を取り上げてみましょう。
まず申し込み方法ですが、パソコンやスマートフォンなどで申し込むときに、契約方法の選択として「Web」を選択します。

 

その後審査があり、審査結果はメールもしくは電話のどちらか希望する方法で通知されます。

 

融資に関しては、三井住友銀行かジャパンネット銀行に口座がある場合、そちらの口座に24時間振り込み融資をしてくれます。

 

このように、申込から融資まですべて自宅で行うことができるのです。

 

30日間無利息サービスで5万円をお得に借りる

消費者金融が行っているサービスの一つに30日間無利息サービスというものがあります。契約の翌日、もしくは融資を受けた翌日から30日間、無利息で融資を受けることができるサービスです。

 

このサービスを利用して30日以内に返済を完了してしまえば、金利を全く払うことなくお金を借りることができますよ。

 

5万円借りた場合の金利はいくら?

金利を計算する

 

実際に5万円借りた場合、金利がどれくらいかかるのかを考えてみましょう。
5万円を借りると返済金利はいくらになるのか、また返済総額がいくらになるのかシミュレーションしてみました。
5万円を年18%の金利で借り、月に2,000円、5,000円、1万円を返済した場合のシミュレーションです。

 

月2,000円返済 月5,000円返済 月1万円返済
返済回数 32回 11回 6回
返済総額 63,121円 54,576円 52,375円
返済金利 13,121円 4,576円 2,375円

プロミスのご返済期間シミュレーションで計算

 

返済期間が長くなればなるほど、返済金利が多くなることがわかりますね。

 

とは言え金利を減らすために、毎月確実に返済できる金額を超えた返済プランを立ててしまうと、後々生活することそのものが苦しくなってしまいます。

 

また逆に、毎月の返済額を少なくしすぎると、余計な金利を払わなければならなくなり、無駄な出費が増えてしまいます。
自分の返済能力をよく考えたうえで、毎月の返済額を決めるようにしましょう。

 


 

ここぞというときに融資を受けることを希望するのであれば、審査にかかる時間や融資までの時間を考えると、おすすめはやはり大手の消費者金融ということになります。

 

とはいえ、簡単に融資を受けることができるからと言って、計画もなしに融資を受けてしまうと返済に苦労してしまいかねません。

 

融資を受ける際には、本当に必要なものか、返済方法などに無理はないかというところまでしっかりと検討したうえで利用するようにしましょう。

お金が飛んでいく

 

急にお金が必要になるという場面は、意外と多いものです。
もちろん、普段から貯金があれば問題はないのですが、ここぞというときにお金が足りなくてチャンスを逃すということはしたくないと思うことでしょう。

 

もちろん、その金額があまりに高額という場合には、すぐに準備することはかなり難しいですが、例えば必要なのが5万円程度というのであれば、何とかなりそうですよね。

 

ここでは、そんなときの力強い味方をご紹介します。

 

今すぐ5万円借りたい時は消費者金融を利用しよう

ひらめく女性

 

5万円程度の金額なら、家族や友人など身近な人にお願いして借りることもできるでしょう。

 

ですが、借金の依頼をして人間関係にヒビが入ることもありますし、そもそもその5万円が必要な理由が、家族や友人に話せない内容であることも考えられます。

 

出来れば家族などに内緒でお金を借りたいと思っている人の方が、大半なのではないでしょうか。

 

そんな時に助けになってくれるのが、消費者金融です。
もちろん銀行のカードローンや、信販系のキャッシングなどで借りるという手もありますが、そういったものよりも断然お勧めなのが、消費者金融のカードローンなのです。

 

では、なぜ消費者金融がお勧めなのか具体的に見ていきましょう。

 

大手の消費者金融は即日融資に対応

カードローン自体は、消費者金融に限らず銀行カードローンもあります。
それでも、消費者金融のカードローンがお勧め理由の一つに、即日融資が可能ということがあります。

 

銀行カードローンは、2018年の1月から、融資のための審査が厳しくなりました。
審査の段階に、必ず警察庁のデータベースへの照会が加わったのです。

 

これにより、今までは最短で即日融資が可能であった銀行のカードローンは、即日融資が不可能になりました。

 

この審査段階で警察庁のデータベースに照会しなければいけないという必須項目は、消費者金融には当てはまらないため、消費者金融は現在でも最短で即日融資が可能なのです。

 

ですから、手続きに時間をかけず今すぐお金が借りたいという人には、消費者金融がお勧めということになります。

 

それでも消費者金融と聞くと、怖いイメージがあるという人も少なくないでしょう。

 

しかしテレビCMで見かけるような大手消費者金融は、銀行の傘下に入っているものがほとんどです。
例えば、プロミスは三井住友銀行グループですし、アコムは三菱UFJフィナンシャルグループです。

 

このように、しっかりとした大手の銀行の傘下に入っているので、今の消費者金融は怖いイメージは全くありません。

 

利用者へのサービスが豊富なうえ無理な取り立ても無く、安心して利用することができますよ。

 

5万円かりたい時のおすすめカードローン

アコム

 


3.0%〜18.0%

1万〜800万円

最短1時間

収入証明書:50万円まで不要(*1)
初めての方は最大30日間金利0円
・いつでも返せて、利息はご利用日数分だけ
・3項目の入力でお借入れ可能かわかる3秒診断
・ネットや提携ATMから24時間お借入・ご返済可能(*2)

 

アイフル

 


3.0%〜18.0%

800万円

最短1時間

収入証明書:50万円まで不要
・最短1時間融資可能
・自動審査あり
・3ステップで申込み完了
優先審査のサービスあり

 

プロミス

 


4.5%〜17.8%

1万〜500万円

最短1時間

収入証明書:50万円まで不要
初めての方は30日間利息ゼロ(*1)
・最短1時間融資可能!
・24時間いつでもお申込み可能
・3項目入力で簡単3秒診断
・最短10秒で銀行口座に振り込みされる
 素早い借入方法「瞬フリ」(*2)

 

SMBCモビット

 

モビット


3.0%〜18.0%

1万〜800万円

最短即日

収入証明書:必要
10秒で簡易審査結果表示
・WEB完結なら電話連絡・郵送物なしでお申込みもご利用も
 ネットのみ(PC・スマートフォンからも申込み可能)
・WEB完結申込あり
・申込の曜日や時間帯によっては、融資が
 翌日以降の取扱となる場合があります。
・安定した収入があれば申込可能

 

 

審査通過を確実にするためのコツ

審査通過のポイントを示す女性

 

もちろん、消費者金融もボランティアではなくビジネスなので、誰にでもすぐにお金を貸してくれるわけではありません。

 

お金を借りる前には、まず審査を通過しなければなりません。
では、審査を確実に通過するためにできることをピックアップしておきましょう。

 

提出書類は事前に準備

まずは審査を受けるにあたり、必要な書類を準備しておかなければいけません。

 

絶対に必要になるのが、本人確認書類です。
運転免許証、健康保険証、パスポートなどの中から、必ず一点は必要になります。

 

とはいえ、それらのどれも持っていないという場合もあるかもしれません。
そのような場合には、印鑑証明書や住民基本台帳カードなどで代用することが可能な場合もありますので、消費者金融に直接相談してみましょう。

 

本人確認ができる身分証明書以外にも、書類が必要なケースもあります。
融資を行った場合に本当に返済が可能かどうかを判断するために、収入証明書が必要になるケースがあります。

 

融資希望金額が50万円を超える高額な時や、他社の借入との総額が100万円を超える際には必ず必要になりますが、それ以外にも過去に金融事故を起こしている場合などに、提出を求められることがあります。

 

収入証明書として利用できるものとしては、源泉徴収票や確定申告書、所得証明書や課税証明書、また給与明細書が挙げられます。

 

借りる金額などによって必要な書類が変わってきますので、きちんと確認し事前に準備しておきましょう。

 

借入希望額は最低限必要な金額に

審査に通過するために知っておきたいことの2つ目は、融資の希望額が多くなればなるほど審査に通過しにくいということです。

 

金額が多くなるほど、貸す側である消費者金融もリスクは大きくなりますので、やはり審査に慎重になります。
ですから、借入希望額は、最低限必要な額にとどめるようにしましょう。

 

もし必要な額が5万円であれば、借入希望額の欄に5万円と記入するのがベターです。
ですが、業者によっては融資が10万円からだったり、希望金額が選択肢になっているケースもありますので、融資を希望する際に確認しましょう。

 

また希望限度額を決めたとしても、申請額すべてを利用しなければならないということではないので、希望限度額を10万円にして実際は5万円を借りるという人も多くなっています。

 

在籍確認は確実に

審査段階で決して避けて通れないのが在籍確認です。
多くのカードローン会社の在籍確認は、職場に本人が実際に在籍しているか電話をかける場合がほとんどです。

 

この時問題になるのが、土日などのケースです。
在籍確認をしようにも職場が休みであれば当然在籍確認はできないので、土日に申し込む場合には注意が必要です。

 

ただ大手の消費者金融であれば、会社名の入っている健康保険証や社員証などを提出することで在籍確認の電話の代わりとしてくれるケースもあるようなので、事前にオペレータに相談してみるといいでしょう。

 

5万円を今すぐ借りたい時の借入先を選ぶポイント

タイムリミット

 

では、今すぐ5万円が借りたいという場合、どこで借りるかをどのように決めるといいのでしょうか。

 

借入先を選ぶ際のポイントを押さえておきましょう。

 

即日融資のタイムリミットを把握しておこう

即日融資を希望する場合、まず最も重要なポイントは、申込時間や融資を受けることのできるタイムリミットです。

 

どんなに、希望する借入先があるとしても、営業をしていなければどうすることもできませんよね。
申込時間や無人契約機を利用できる時間のタイムリミットを調べておきましょう。

 

たいていの場合、審査時間のタイムリミットは21:00というケースが多いようです。
また、無人契約機であれば22:00まで利用可能のところがほとんどです。

 

無人契約機の営業時間

カード
ローン名
営業日 営業時間 注意点・備考
アコム 平日、土日祝日 8:00〜22:00 タッチパネル式
アイフル 平日、土日祝日 8:00〜22:00 オペレータと電話でやりとり
プロミス 平日、土日祝日 9:00〜22:00 タッチパネル式
SMBC
モビット
設置場所により異なるので要確認 三井住友銀行内ローン契約機も利用可能

 

なお、銀行に振り込んで欲しい場合は15時がタイムリミットというケースが多いので、銀行に振り込んで欲しい場合は、審査時間などを考えて早めに申し込みを行うようにしましょう。

 

審査や融資のスピードの速さを確認

銀行のカードローンよりも消費者金融のカードローンがお勧めの理由は、審査や融資までの時間が短いということが挙げられます。

 

銀行のカードローンは、即日融資を行うことは不可能です。
それに対し、大手の消費者金融は最短30分で審査が行われるケースが多く、審査を通過できればそのまますぐに融資を受けられるところがほとんどです。

 

土日や夜間でも申込や融資が可能なカードローン

消費者金融は土日や夜間も問題なく申し込みを行うことが可能です。
ただし、融資を銀行などに振り込んでもらいたいと思っても振込先の金融機関のほうが営業していないため、翌営業日まで振り込みを行うことはできません。

 

銀行振り込みを希望する場合は、振込先の営業時間を考慮して余裕をもって申し込んでおくようにしましょう。

 

なお大手の消費者金融は、土日でも無人契約機でカード発行ができるようになっています。
WEBで申し込んだ後に無人契約機でカードを発行すれば、たいていその隣にATMが準備されていますので、その場で融資を受けることが可能です。

 

WEB完結なら来店不要で借入できる

WEB完結というものもあります。
こちらは、家から一歩も出ることなく申し込みから融資までWEB上で行うことができます。

 

一例として、プロミスのWeb完結の方法を取り上げてみましょう。
まず申し込み方法ですが、パソコンやスマートフォンなどで申し込むときに、契約方法の選択として「Web」を選択します。

 

その後審査があり、審査結果はメールもしくは電話のどちらか希望する方法で通知されます。

 

融資に関しては、三井住友銀行かジャパンネット銀行に口座がある場合、そちらの口座に24時間振り込み融資をしてくれます。

 

このように、申込から融資まですべて自宅で行うことができるのです。

 

30日間無利息サービスで5万円をお得に借りる

消費者金融が行っているサービスの一つに30日間無利息サービスというものがあります。契約の翌日、もしくは融資を受けた翌日から30日間、無利息で融資を受けることができるサービスです。

 

このサービスを利用して30日以内に返済を完了してしまえば、金利を全く払うことなくお金を借りることができますよ。

 

5万円借りた場合の金利はいくら?

金利を計算する

 

実際に5万円借りた場合、金利がどれくらいかかるのかを考えてみましょう。
5万円を借りると返済金利はいくらになるのか、また返済総額がいくらになるのかシミュレーションしてみました。
5万円を年18%の金利で借り、月に2,000円、5,000円、1万円を返済した場合のシミュレーションです。

 

月2,000円返済 月5,000円返済 月1万円返済
返済回数 32回 11回 6回
返済総額 63,121円 54,576円 52,375円
返済金利 13,121円 4,576円 2,375円

プロミスのご返済期間シミュレーションで計算

 

返済期間が長くなればなるほど、返済金利が多くなることがわかりますね。

 

とは言え金利を減らすために、毎月確実に返済できる金額を超えた返済プランを立ててしまうと、後々生活することそのものが苦しくなってしまいます。

 

また逆に、毎月の返済額を少なくしすぎると、余計な金利を払わなければならなくなり、無駄な出費が増えてしまいます。
自分の返済能力をよく考えたうえで、毎月の返済額を決めるようにしましょう。

 


 

ここぞというときに融資を受けることを希望するのであれば、審査にかかる時間や融資までの時間を考えると、おすすめはやはり大手の消費者金融ということになります。

 

とはいえ、簡単に融資を受けることができるからと言って、計画もなしに融資を受けてしまうと返済に苦労してしまいかねません。

 

融資を受ける際には、本当に必要なものか、返済方法などに無理はないかというところまでしっかりと検討したうえで利用するようにしましょう。